こんにちは。小長井です。

 

ここ2日ほど連続して、

「システムキッチンに海外製食洗機って入れられますか?」

というお問い合わせの電話がかかってきております。

 

なかなか悩ましい質問だなと思っています。

 

 

海外製食洗機を入れたい場合、食洗器本体のサイズより低い

80㎝の高さのキッチンでは無理です。

85㎝の高さのキッチンなら入るかもしれません。

かもしれないというのは、重厚感を出すために天板が厚い

デザインだったりすると、入らない可能性があります。

また、キッチンに立った時につま先が当たる部分を蹴込み(けこみ)と

いうのですが、この部分の形状も気になります。

食洗機の扉開閉の都合上、蹴込の高さにある程度の条件があります。

これがキッチンと合わないほど、入れることができたとしても格好が悪い仕上がりとなります。

せっかく作るキッチンですから、ただ食洗器が入ってればいいってことはないですよね。

どこまでのデザインを許せるのか、お施主様によって異なるので何とも断言ができないです。

 

とはいえ、かっこいいに越したことはないと思うんです。

せっかく海外製食洗機の相談をしてくださったのですから、最善の提案ができればと思っています。

 

まずは「食洗機をキッチン内に収めない」という考え方。

海外製の食洗器を使用する際は、予洗い禁止なんです。

海外製食洗機は、お皿をすすぎながら、水に含まれる汚れを測って

洗い方や時間を調整します。

予洗いをしてしまうと、きれいだから洗わなくていいお皿だと判断し

洗い方を変えてしまうんです。

食器を洗いたくないから、食洗器を導入するのです。

予洗いは禁止です。

 

予洗いをしないということは

食洗機の隣にシンクを配置する必要がないということです。

だから背面収納に組み込んでもいいですし、

極端な話、ダイニングテーブルの横に単体で置いたっていいんです。

ちなみに150㎝の身長の人がキッチンを使うのであれば、高さは80㎝がいいかもしれません。

コンロはガス派の方なら、五徳の高さもあるのでなおさらです。

食洗機は必ずしもキッチンに組み込まなくていいと思っていただくと

プランニングの選択肢がかなり広がります。

 

 

もう一つはオーダーキッチンにしてしまうことです。

これなら確実に、海外製食洗機がきれいに収まります。

海外製食洗機を導入されているということは、大きなお鍋や

オーブンの天板などは食洗機で洗いますよね。

つまり、シンクの大きさを小さくすることができます。

作業スペースが広くなるのは魅力ですし、

あるいはコスト調整のためにキッチンを少し小さくしてもいいかもしれません。