こんにちは。小長井です。

 

キッチンの天板(ワークトップ)の素材で「ジンダイ」という

言葉を聞いたことがある方も少なくはないと思います。

「人工大理石」を指していることが多いと思いますが、「人造大理石」というものもあります。

今回はそれぞれの特徴をお話していこうと思います。

長くなるので、2回に分けます。

 

 

人工大理石

大理石という名前ですが、大理石ではなく、天然石の成分も入っていません。

アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工の素材です。

キッチン天板の素材の中では比較的リーズナブルな価格ということもあり、

取り扱いが簡単なことからとてもメジャーな素材です。

様々な色や柄があり、型があれば大量生産もできます。

 

天板の素材の中では比較的柔らかいです。

研磨剤や硬いたわしでこすると傷がつきますが、

逆に傷を紙やすりでこすって削ってしまうということもできます。

 

ポリエステル系 (人工大理石)

ポリエステル樹脂に無機物を混入させて加熱し、加圧成型させたもののことをいいます。

ポリエステル系は、アクリル系よりも価格を抑えることができます。

ただし、質はアクリル系に劣ります。

紫外線に弱く、黄ばみなどの変色、反りを生じる可能性があります。

特に記載のない人工大理石は、ほぼポリエステル系です。

 

アクリル系 (人工大理石)

アクリル樹脂に無機物を混入させて加熱し、加圧成型させたもののことをいいます。

ポリエスエル系に比べて価格は上がりますが、耐熱性・耐汚性・強度・質感が向上します。

 

 

 

人造大理石

原材料に天然の石を粉砕したものを使用し、セメントや樹脂で固めた半人工の素材です。

天然石の持つ重厚な質感や雰囲気はそのままに、天然石のデメリットをカバーします。

大理石や御影石などよりも硬く、耐摩耗性に優れています。

また吸水性が極めて低いため、汚れも染み込まず衛生的です。

キッチンの天板として使用するのにはぴったりの素材と言えます。

半面、価格はステンレスやベルト人工大理石に比べて高くなることがほとんどです。

 

次回は人造大理石にどんな種類があるのか、お話したいと思います。