日本の住宅はほぼユニットバスが採用されています。
大手メーカー各社が創り出すユニットバスは
・誰にでも簡単に施工できて
・難しい技術無しで水漏れしなくて
・大量生産でコストカット
という優れものなのです。

では、ユニットバス以外にどんな選択肢があるのかと言いますと、【在来浴室(ざいらいよくしつ)】、いわゆるオーダーのお風呂になります。

壁、床、天井、浴槽、水栓、形や大きさも自由にデザインできます。
デメリットはユニットバスとは対照的に
・誰にでも簡単に施工できません。
・安易な施工は水漏れのリスクがあります。
・大量生産できないのでコストは割高になります。

ただ、完成した現場を見ると、やはりこだわりのあるお風呂はいいなと思える素敵な空間に仕上がっています。
今回はフロードダイドコーロでの施工実例をご紹介します。

こちらは全面改修の戸建て住宅です。
十和田石と檜の浴槽、横には常滑焼の丸い浴槽を水風呂として使っています。
浴槽の素材も豊富な選択肢から選べることが在来浴室の魅力の一つです。
例えばこの浴槽には一部檜が使用されていますが、滑らかな肌触りと木の香りは檜ならではです。
半面、腐らないように乾燥させたり、乾き過ぎないように長期旅行時などは水を入れた桶を近くに置いておくなどケアが必要です。

ユニットバスでもよくつかわれているFRP。
海外のホテルなどでおなじみの鋳物ホーロー、鋼鈑ホーロー。
デザイン次第でスタイリッシュに仕上がるステンレス。
独特の風合いと重厚感が魅力の焼き物や天然石。
香りと肌触りが魅力的な檜をはじめとする木製。
などなど、浴槽の素材だけでも本当は豊富な選択肢があります。


そこまで個性的でなくていいけれど、ユニットバスでは物足りないといった方には、ハーフユニットのお風呂がおすすめです。

こちらはフロートダイドコーロオリジナルのハーフユニットのバスルームです。
壁と床、水栓金具を選んでいただく点はユニットバスと似ていますが、ユニットバスは壁の面ごとに大きなバスパネルをはめてあるので少し平坦な印象になります。
そのおかげで、お手入れがしやすいというメリットがありますが、もし、お手入れ以上に雰囲気の良さを優先させたいということであれば、タイルはいい素材だと思います。

機能、デザイン、サイズ、予算…お施主様ごとに求めるものは異なりますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。