本日11月8日は「いいお肌の日 」です。スキンケアブランド「Dove」を発売するユニリーバ・ジャパンが「いい(11)は(8)だ」の語呂合せで制定しました。
ちなみに「よいお肌の日 4月18日」「 皮膚の日 11月22日」なんていうのも別であったりします。

少しずつ寒くなってきてお風呂が恋しくなってくるこの季節、今回はバスルームの中でもバスタブに注目してご紹介します。

日本のご家庭の9割以上はユニットバスです。施工しやすく、大量生産できるので値段に比べ機能も良いということで広く普及しています。
ちなみにユニットバスのバスタブは、一般的にFRPという船舶などに使われる繊維強化プラスチックが素材です。
多くの方はユニットバス外の選択肢が無いため、そもそもバスタブの素材はどんな選択肢があるのか、知る機会も考えることもありません。

せっかくですので、いくつかご紹介したいと思います。
まずは木製のお風呂!

檜(ひのき)風呂が有名ですが、ひば、こうやまき、さわらといった樹種を使うことも有ります。ひのきは水にぬれるとヒノキチオールという香り成分が広がります。檜風呂のいい匂いというのはこれです。人にリラックス効果を与え、害虫は嫌がるという何ともありがたい香りです。
木材は空気を含みますから、寒い冬でもヒヤッとしにくい肌触りの心地よさも魅力です。

デメリットは天然の素材なので、お手入れに手間がかかります。水のためっぱなしはNGですし、長期旅行でからっからに乾燥させてしまうこともNGです。
入浴後は排水し、軽くふいていただく。長期使用しないときは水を張ったバケツを置いていただくなど少しの手間がかかりますが、そこに愛着が湧く人もいらっしゃることでしょう。


こちらは雰囲気がガラッと変わりまして、童話で見るような猫脚のバスタブです。

こういったバスタブの素材はホーローが多いです。
琺瑯(ほうろう)はタカラスタンダードさんのキッチンや野田琺瑯さんの保存容器や鍋でおなじみの方もいらっしゃるかもしれません。
琺瑯は金属のベースにガラス質の釉薬をかけて焼き付けたものです。
ガラス室ならではのつややかで滑らかな触り心地と、保温性が高く、傷がつきにくく、カビが生えにくいという魅力があります。
ラグジュアリーなホテルでは、建築する際に、浴槽の素材は琺瑯で、と指示があることもしばしば。

半面、デメリットと言えば、重量があるため施工が大変な点と、ガラス質にひびが入ってしまえば、そこから錆が起こることです。


他にも、デザイン次第でスタイリッシュに仕上がるステンレス。
独特の風合いと重厚感が魅力の焼き物や天然石。
サウナを出た後の水風呂にぴったりな焼き物などなど、浴槽の素材だけでも本当は豊富な選択肢があります。

フロートダイドコーロでは、多様な浴槽をはじめ、日本全国でもあまり展示されていないスタイリッシュなユニットバスも数多く常設展示しております。