すっかり寒くなりましたね。

それでも一年間の中で一番寒いのは1月下旬から2月中旬なので

まだまだ寒くなるわけで…

お湯を使ってお皿洗いをしてしまう季節なわけです。

お湯は油の粘度を下げてくれるので、さらりと汚れが落ちやすくなりますし、

最近の食器用洗剤はつるっつと汚れが落ちて気持ちがいいですよね。

 

…その強力なコンビが手肌を守る油脂まで

ついでにきれいさっぱり洗い流してくれちゃうわけで…

 

楽しくもない食器洗いをするために、

冷たいのを我慢するか、手荒れを我慢するかなんて、嫌な話ですね。

 

そんなわけで、本日は食洗器のお話です。

手荒れ対策の面からみると、食器洗い機はとてもいいですよね。

特に海外製の食洗器がいいです。

 

「国産と海外製って違うの?同じ食洗機でしょ?」

そう思った方にこそ知っていただきたいのです。

国産の食器洗い乾燥機は、においや故障などの庫内トラブル対策として予洗いが必要です。

使った食器はお水につけて置いてから食洗器にセットする方がいいとされています。

 

海外製食器洗い機は、予洗いしないでください

すすぎながら、水の中の汚れをセンサーで測定して洗い上げますので

ソースや油は付いたまま入れていただきたいです。

 

 

そもそも、皿洗いがしたくなくて食器洗い機を買うのですから

個人的に予洗いってどうなのかなと思っています。

予洗いまでしたら、ついでに洗ってしまっても変わらない気がするんですよね…

 

 

というわけで、手荒れ防止の点からみると、海外製食器洗い機がおすすめというお話でした。

 

今回はこの季節だからこその手荒れと食洗器についてお話をしましたが、

・食器の収納量の違い

・乾燥具合の違い

・導入コストの違い

・ランニングコストの違い

・一日に使用する回数の違い

などなど、海外製と国内製の食洗器は案外別物の家電というお話もまたできればと思います。

 

さて、フロートダイドコーロの年内の営業は本日までです。

今年も一年大変お世話になりました。

2019年は1月4日までお休みをいただき、1月5日より営業いたします。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

以上、金曜日のブログ当番小長井でした。