今日は11月22日。いい夫婦の日ですね。
女優の壇蜜さんも入籍されたそうでおめでたいです。
夫婦円満の一助になるかもしれないもの…それはキッチンです!

毎日、キッチンに立つって実はかなり大変だと思います。
火のそばにつきっきりで何かを煮込んだり、手の込んだ料理や多めに品数を作れば洗い物や掃除箇所が増える。
そういうネガティブな部分をキッチンにお任せできたら楽だと思いませんか?

今のキッチンは、家事のイライラや不便さを軽減すべくいろいろな機能がついています。

多機能なシンクは、まな板やバット、水切りを必要に応じて
シンク内に設けることができます。
シンク内で作業できると、こぼしてしまった卵液や粉類もさっと流せるので便利です。
人の体にある静電気に反応して、水を出したり止めたりできる水栓です。
粉や油のついた手で水栓を触らなくていいというのは、
一度体感してしまうとあまりの便利さに、普通の水栓に戻れなくなります。
海外製のキッチンに魚焼きグリルが無いのは、
オーブンをうまく活用するからです。
コンロの上では味付けをさっと行う程度で、
焼いたり煮たりは鍋ごとオーブンにインです。
火加減の調整が要らず、つきっきりでなくていい。
調理完了後も庫内で保温してくれるので便利です。
今時洗濯機のない家はないですよね。
食洗機も同じです。決してぜいたく品ではありません。
むしろランニングコストで言えば、水を使う量なんてはるかに少ないですし、
時間を有効に使えて、手荒れもしないというメリットばかりです。

さらにいうならば食洗機は大容量でラクチンな海外製がおすすめです。
洗うのが嫌なべたついた鍋や肉をこねたボウル、納豆ご飯のお茶碗も
予洗い無しでピカピカになります。
効率よく家事が終われば、時間と心にゆとりが生まれます。
お互いが楽しく過ごすために、キッチンに少し予算をかけてみるというのは、
これからへの先行投資としていいんじゃないかなと思います。