月別: 2019年1月

冬の底冷えを和らげる【VORNADO サーキュレーター】

 

サーキュレーターといえば、夏というイメージですが

じつは冬にも大活躍するってご存知でしたか?

 

サーキュレーターは扇風機とは違い、体に風を当てて使う物ではありません。

サーキュレーターは空気を循環させるためのアイテムです。

壁や天井に向けて使うと、効果的に空気を循環させます。

 

暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ溜まっていきますよね。

せっかく温めた空気は天井へ、冷たい空気は足元へ…

温めてるのに底冷えする現象が起きてしまいます。

 

空気を循環させれば、足下も快適に過ごせますよ。

普段より暖かさを感じるため、温度を低めに設定しても十分温かいと思います。

フロートダイドコーロのオフィスやショップ内にもサーキュレーターを

設置していますが、つけるのとつけないのでは暖かさが全く違います。

暖かさを感じるのも早い気がします。

 

VORNADOのサーキュレーターは、サイズやデザインが豊富なので

部屋の広さ、インテリアに応じたサーキュレーターが選べますよ。

一年を通して、快適な生活のサポートをしてくれます。そしてエコです。

一家に一台、いや、一部屋に一台!!

 


オーダーキッチンの製作も承ります

最近、HPのリニューアルに向けて、いろんな海外ブランドについて調べています。

このブランドはこういうこだわりがあってこの分野が得意なんだな、とか

創業から100年以上の歴史と、これだけの業界内でのシェアがあるんだな、とか

日本で未発売の洗面ボウルすごくかわいいなぁとか、

発見がたくさんあって興味深いです。

 

しかし本当に、限りなく多くのブランドがあって、選ぶのは難しいですね…。

デザイン、価格、サイズはもちろん、機器同士の相性も考慮しなくてはなりません。

「ネットで見て可愛い水栓とボウルを買ったら高さが合わなくて付けられなかった」

なんて悲劇はそこらじゅうで結構起こっています。

 

フロートダイドコーロでは機器の販売はもちろん、

キッチン、バスルーム、パウダールームの設計施工も行っております。

サイズ、付けたい機器、好きなデザインなどをお聞きして、

図面とお見積りを起こしていきます。

このお客様はキューブ型アイランドキッチンをご希望でした。

とにかくシンクが広いことが優先でしたのでシンクの幅は1m20cm。

使わないときはシンクに蓋をして作業スペースに出来ます。

海外製食洗機は予洗いをせずお皿をセットするため、

シンクと離れた位置に配置できるため、このようなレイアウトでも全く問題がありません。

こんな感じの資料でお打合せをしていきます。

(資料のレイアウトは少しずつ改善しているので変更になることも有ります)

 

以前に、設計事務所の設計士さんからいただいた言葉で

「オーダーキッチンってもっと大ごとかと思っていましたが、案外敷居が低いんですね」

と言われたのが今でも印象に残っています。

 

新築、リフォーム問わず、まずはお見積りからぜひご相談ください。

 

以上、金曜日のブログ当番 小長井でした。

 

 


外国ではスタンダードな食洗機!日本製と何が違う?

 

海外の家庭では、当たり前のようについているビルトイン食洗機。

その見た目は、日本製とは全く異なります。そして使い方も異なります。

まずは、海外製食洗機の外観をご覧ください↓↓↓

画像はGAGGENAU

キッチンの高さほどの大きさがあります。扉を開けると大きなカゴがあるようにかなりの大容量です。

横幅は、60cmタイプと45cmタイプがあります。画像は60cmタイプです。(メーカーによります)

 

こんな大きい必要はあるのかと疑問に思いますよね。

4人家族なら毎食後使ったとしてかなりスカスカになります。スペースがもったいないくらいです。

では、なぜこんな大きいサイズなのか。それは…

一日分をまとめ洗いするから

なんです!

 

朝昼晩をまとめて夜に洗うことがメーカーからも推奨されています。

海外では、水は貴重な資源なので、いかにエコに洗うかが重要になります。(水道代も高いそうです)

毎食後ではなく、夜にまとめて洗えばかなり節電、節水ですよね。合理的です。

一回の運転で使う水量は約10リットルです。(60cmタイプ)

最新の日本製モデルとあまり変わりません。(p社最新機種45cmタイプ 標準使用水量9.0リットル)

さらに海外製食洗機では

予洗いが不要です!!

食べ終わったらそのまま食洗機へ入れてください。

ソースや焦げ付いた汚れもそのままでいいんです。(大きな残菜は取り除きます)

 

日本製では予洗いは必須なので、じつは結構水を使っています。

運転時の使用水量が少なくとも、手洗いで結局水を使ってしまっては食洗機を使う意味がないですよね。

 

ただ海外製食洗機は、まとめ洗いするため食器の数に余裕がないと、困ってしまいます。

日本では、マイお箸、マイ茶碗などは当たり前の家庭が多いと思います。

お箸を増やしたり、お箸だけは手洗いでなどと少し工夫が必要です。

もともと食器を集めるのが好きな方なら、お気に入りの食器たちの活躍の場が増えますね!

 

フロートダイドコーロで取り扱う海外製食洗機メーカーです↓↓↓

AEG…コンフォートリフトでかがまずに食器をセットできます。

ASKO…スウェーデン生まれ。国内最大容量の食洗機があります。

BOSCH…食洗機販売台数世界1を誇ります。

GAGGENAU…世界が憧れるハイブランドです。

Miele…日本国内で認知度が最も高いです。様々なモデルを展開しています。

 


コンパクトキッチン、できました。

じつは、当店フロートダイドコーロのオリジナル商品というものが複数点あります。

今日はオリジナルのキッチン KOWCH(カウチ)をご紹介します。

 

いかがでしょう?

キッチン=箱 という概念を捨てて軽やかでキュートなデザインになりました。

 

「収納は欲しいし、コンロは3口以上欲しいし…」という方へのご提案というよりは、

アパート、マンションの新築やリフォームを検討中の大家さんや、

事務所やショールームなどと相性のいいキッチンだと思います。

がっつり料理するぞ!というよりはインテリアとして

空間のアクセントに愉しんでもらえるスタイルだと思います。

色も、赤、黒、白の3色展開です。

 

この部分、コーナーの丸みを帯びたフォルムが

技術面からすると、相当難易度が高いのです。

 

もちろんビジュアルだけでなく、コンパクトながらもKWCの水栓、Electroluxの2口IHコンロ

というきちんとした美しい設備を標準で備え付けています。

 

資料をご希望の方はこちらからメールでご連絡いただけます

赤いキッチンを展示しておりますので、ぜひお気軽にご来店ください。

 

 

 

 

 

 

 


料理好きのためのガスオーブン【ベルタゾーニ】

 

みなさまのご家庭にはオーブンはございますか?

 

日本では電気オーブンが主流ですよね。

ガスオーブンは製品の数も少なく、ガスを引く必要があるため

なかなか取り入れにくいかと思います。

 

しかし、もし新築をお考えでしたら、ガスオーブンも選択肢の中に入れてみませんか?

 

電気とガス、その違いと言ったらやはり火力です!!

ガスオーブンでは予熱の時間が圧倒的に早いです。そして、ムラなく焼くことができます。

外はカリっと中はしっとりとしたパンも焼けますよ。

どうせなら、デザイン性にもこだわりたいですよね。

実は、海外製の素敵なガスオーブンも日本に入ってきているんです!

 

卓越した物づくり技術、デザイン、豊かな食文化を誇るイタリアが生んだ

調理機器メーカー、ベルタゾーニ。

ベルタゾーニは世界的に有名な食の都パルマ近郊で誕生しました。

食と物づくりへのあくなき情熱によって生み出されたオーブンやコンロは、

世界60ヵ国以上で愛されています。

ベルタゾーニのガスオーブンがこちら↓↓

ステンレスと黒を基調とする洗練されたモダンデザイン。

シンプルな機能は、多くの料理好きから支持されています。

ビルトインのオーブンなので、目線の高さやコンロの下など自由に

キッチンへ組み込めば、理想の調理空間が生まれますよ。

 

【今回ご紹介したアイテム】

ジャンル:ガスオーブン

メーカー:ベルタゾーニ

 

 


さりげないギフトにルームフレグランスはいかがでしょう?

クリスマス、年末年始のご挨拶、これから訪れるバレンタイン…

人と会うことが増えるこの季節になると、ふと、思います。

 

気張り過ぎずに、ささやかだけど、さりげなくて、ちょっと珍しく、

おしゃれに見える、ちょっとしたギフトアイテムが有ればいいなって。

 

今回ご紹介するのはフロートダイドコーロの隠れた人気商品。

Scent Stick(セントスティック)です。

 

Scent Stickは香りのオイルを染み込ませたフレグランスアイテムです。

お部屋などに飾ると、空間がほのかに香り、使用本数によって芳香量を調整できます。

 

もともと、ディズニーランドの香りの演出のために開発されているので、

設定されている安全基準がとても高いです。

毒素や刺激、アレルギーのチェックはもちろん、

皮膚から香りの分子を取り込みにくいサイズ、形状にするという徹底ぶり。

 

ですから海外はもちろん、国内の商業施設でも実はかなり採用されています。

ご購入いただいたお客様とお話をすると、

「旅行で泊まったホテルの香りが素敵で、フロントで聞いたら

セントスティックを教えてもらったんです」

と、お話になる方が思いのほかいらっしゃいます。

ちなみに、体感された場所をお聞きすると、ホテルが一番多くて、

次にフィットネスなどのボディケアが多いです。

 

 

遠方にお住まいの方や、ご来店していただくお時間の無い方には通信販売も

行っておりますのでこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

 

【今回ご紹介したアイテム】

ブランド名:セントエアー

商品名:セントスティック

商品ジャンル:芳香剤

入数:標準パック 50本 / ホームパック 6本

長さ:12インチ(30.5cm)

スティック色:ナチュラル(ホワイト近似)

香りの持続時間:2〜3週間

ラインアップ

常時国内在庫あり ※1 セントスティック(50本入り) ※2 ホームパック(6本入り)

ホワイトティー&タイム ※1 ※2

ホワイトティー&フィグ ※1 ※2

チョコレートチップクッキー

ホットアップルパイ

ココナッツビーチ

ユーカリミント

ホワイトブロッサムティー

オーストラリアンコースト

フレッシュアップル

ピンクグレープフルーツ ※1

アジアンガーデン ※1

グレープフルーツ&ローズマリー ※1

タンジェリンスパークル

フラワーショップ

ブラックミンク

ラベンダーウッズ

パシフィックブリーズ

エキゾチックチューヤ

アドーラブル ※1

アガヴェ

ゴールデンバンブー ※1

パインフォレスト

※1※2の印が無い香りは、お取り寄せとなります(納期約1.5ヶ月)

税別価格:標準パック 12,000円 / ホームパック 2,000円

 


世界初!!!ウールも大丈夫【洗濯乾燥機 AEG】

 

冬は、暖かく柔らかなニットを着ると、心まで温かな気持ちになりますね。

しかし、ニットは洗いたくても気軽には洗いにくいものです。

 

実は、世界で初めてウールマークから認定を受けた洗濯機があるんです!

ウール製品の洗濯に適していると認められたAEGの洗濯乾燥機。

それがこちら↓↓

 

ウールマークとは、ウール製品で高い品質基準をクリアしたことを示す品質保証マークです。

現在約140ヵ国で使用されている、世界的に認知度の高いマークです。

このマーク、見たことのある方がほどんどではないでしょうか。

さらに、この洗濯乾燥機は日本では珍しい温水での洗浄プログラムがあります。

デメリットとしては、布地によって熱に弱いものがあるため

温度の調整を気を付けなければいけないことです。

ですがAEGの洗濯乾燥機なら、洗浄コースごとに選べる温度が決まっているため安心ですよ。

 

温水で洗うメリットは、汚れ落ちの良さです。

海外製の洗濯機に温水が多いのは、多くの地域で硬水を使用するからといわれます。

硬水は、通常泡立ちが悪いため温水で洗浄力を上げるのが目的です。

日本では軟水がほとんどですが、洗浄力が上がることには変わりないので嬉しいですね。

 

 

 

【今回ご紹介した製品】

ブランド:AEG (アーエーゲー)

アイテム:洗濯乾燥機AWW12746

詳細:洗濯容量最大7kg 乾燥容量最大4kg

洗浄プログラム:選択可能温度

cottons(木綿):90℃、60℃、50℃、40℃、30℃、水

mixed(混紡):60℃、50℃、40℃、30℃、水

delicates(デリケート):40℃、30℃、水

fast20(簡易洗濯):30℃

wool(ウール):40℃、30℃、水(乾燥不可)


明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

本年もFloat dyed coaloおよびスタッフブログをよろしくお願いいたします。

2019年も海外製の面白いアイテムや素敵なアイテムをたくさんご紹介させていただきます。

 

年が明けてからあっという間に一週間が経ちましたね。

今日は、七草です。七草がゆを食べて、無病息災を願いましょう。

 

皆様にとって、今年も健康で幸せな一年でありますように!