GAGGENAU(ガゲナウ)という、ビルトインキッチン機器メーカーがあります。
日本では正直なところ、あまり耳なじみが無いかもしれません。

けれど、世界的にみるとハイブランドとして知名度が高く、例えば男性が憧れる高級外車や腕時計、女性で言えばバッグや貴金属のトップブランドをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

ガゲナウの機器の魅力はなんといっても性能の良さですね。
売りやすい一般的な価格帯でそれなりの機能の製品を出すことはなく、妥協無しの全力の製品しかないと思っています。

例えば他の海外製食洗機が庫内の洗浄状況を測るセンサーがA方式かB方式のいずれかを採用しているとしたら、ガゲナウは両方とも採用してしまう。
ホットケーキや卵焼きを焼いた時の焼き色のムラが発生しない様、均一に熱が加わることを追い求めた加熱機器、テッパンヤキ(製品名です。画像左)など、どの機器もこだわりが満載です。

このシリーズは組み合で自分好みの加熱機器ができます。
加熱機器の口数を増やしたり、アイランドキッチンであえて話して設置するのもいいかもしれません。

たとえば写真中央のバーベキューグリルもすごいんです。
特に手間をかけなくても、ただ焼くだけでおいしくなる。そんなフレーズが浮かぶ調理機器です。
網の下には電熱線があり、その下には溶岩の石が入っています。

遠赤外線効果で鶏の皮はパリッと。ふっくらジューシーに焼き上がり、食欲をそそる良い香りが広がります。

お客様に実際に野菜を焼いてもらうこともあります。
野菜なんて何で焼いても、そこまで差はないんじゃないかなと思っていました。

でも、食べてみると全然違うんです。
焼きたてはもちろん美味しいのですが、違いが分かりやすいのは、誰にも食べられることなく、鉄板で放置されてしまった野菜でした。

焼肉やバーベキューでよくある光景ですよね。
かわいそうに食べきれずに焦げたり鉄板に忘れられた野菜たち…
ガゲナウのバーベキューグリルの上にもそんな野菜があったので食べてみたんです。
そしたら、状況に反して美味しかったので驚きました。
焦げの部分がそんなに嫌な味がしないし、パサパサじゃなくてジューシーだったんです。

遠赤外線はガスに比べ食材の水分を逃がしません。
ただ網に載せるだけでパサパサにならず、しっとりふっくらジューシーに焼けるのは、素晴らしいなと思いました。

今回ご紹介した加熱機器はGAGGENAU(ガゲナウ)社製、バーベキューグリル VR 230 434でした。

このグリル、12/21(土)に開催する、キッチンセミナーHOME CHEFで実際に体験していただくことができます。
気になる方は ホームページ をご参照ください。