月別: 2020年5月

GAGGENAU テッパンヤキ×焼きりんご バニラアイス添え

世界最高峰のビルトインキッチン機器メーカーとして
世界中に多くのファンを持つGAGGENAU(ガゲナウ)。

1683年にドイツ、ガゲナウで創立以来、常に最高水準を求め技術開発を進めています。
代理店である当ショップでも使うことができる実機を多数展示していますが
そのクオリティの高さにはいつもほれぼれします…!

食洗機、冷凍冷蔵庫、オーブン、IHなど様々な製品を展開していますが
その中でも特に目を惹くのがこちら↓

ビルトイン加熱機器、varioシリーズです。
今回、左端の「テッパンヤキ」(商品名です)を使用して焼きりんごを作ってみました!

その名の通り鉄板焼きができる加熱機器ですが、ガゲナウが作るテッパンヤキは
ただの鉄板焼きではありません…
一見、ホットプレートが埋め込まれているだけのようですが
その性能は比べ物にならないほど素晴らしいものです。
120℃から240℃の範囲内で正確な温度設定ができ、プレートの中央でも端でも
その温度差は1℃もない程度だそう…
これこそガゲナウのすごさです。高い技術力とたゆまない技術開発から生まれたテッパンヤキです。
今回はりんごを高温で焼き、ブラウンシュガーをふりかけキャラメリゼしました。
全体がキレイに均一に焼けて、キャラメリゼも簡単にカリッと出来ました!

加熱機器といえば、ガスコンロかIHかの2択がほとんどですが
調理方法に合わせて加熱機器をかえてしまうなんて、料理好きにはたまらない最高のキッチンになりますね!

テッパンヤキを使った焼きリンゴを作る動画をInstagram(IGTV)で公開中です!
もし皆さんの自宅に置いたらどんな料理を作りますか?
考えるとワクワクしちゃいますね。
ぜひ動画をみてイメージをさらに膨らませてみてください!

詳しいレシピをご紹介!
【焼きりんご バニラアイス添え】
材料
・りんご       1個
・バター      30g
・ブラウンシュガー 50g
・バニラアイス   適量
・シナモンパウダー お好みで

作り方
① りんごは皮付きのままクシ型に切る
②バターを溶かしたテッパンヤキにりんごをのせしんなりするまで焼く
③ブラウンシュガーを多めに振り入れ、溶かしながらりんごをキャラメリゼして仕上げる
④器に盛り付け、バニラアイスを添え、お好みでシナモンパウダーをどうぞ


お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11



鳥好きの方におすすめです

北欧の美しい食器ブランド iittala(イッタラ)。
御殿場アウトレットから撤退してしまい、なかなか静岡で購入する機会が減ってさみしい限りです。
専門店ではないので点数は多くないですが、静岡市の両替町にある三保原屋LOFTさんにお取り扱いがあるのでたまに見に行きます。

このたびフロートダイドコーロでもイッタラにまつわる商品を展示、販売開始しました。

↓それはこちらです。↓

光のオブジェリンナットシリーズです。

フィンランド語で鳥を意味するリンナット。
鳥の形をしたふわりとした温かな光を放つデザイン性の高い照明は、マジスとイッタラ、オイバ・トイッカのコラボレーションによるものです。

イッタラの鳥と言えば有名ですね。
↓こういった製品をご覧になられたことはございませんか?



元々は1970年代からオイバ・トイッカがイッタラと協働し、デザインした吹きガラスの「Birds by Toikka」に始まります。
このBirdsをマジスのポリカーボネイト回転成型技術によって形成、LEDモジュールランプとして生まれ変わったLinnutは、吹きガラスにみられるBirdsの質感を可能な限り再現、充電式のコードレス仕様で置く場所を選ばず、移動も自由自在。また、タッチ式スイッチにより調光も可能、透過光の豊かな濃淡が空間に広がります。
フロートダイドコーロでは
SULO “L”(梟)とKIRRASSI(鳥)、PALTURI (梟)を展示しております。

ライトアップした姿をぜひフロートダイドコーロでご覧ください。


お湯に強い食品汚れ、水に強い食品汚れ

本日5/22は卵の日だそうです。
【たま(≒◯丸)ご(5)】の語呂合わせと、【ニ(2)ワのニ(2)ワトリ】の語呂合わせにちなんで、 全日本うまいもん推進協議会が5月21日に記念日を制定しました。
…ちょっと良くわからないですが、卵の日だそうです。

お手頃価格で、黄色と白が見た目も鮮やか。いろんな食材と組み合わせやすい卵ですが、 とろとろの半熟卵の黄身って、放置してしまうと結構頑固にお皿にくっついてしまいませんか?
お水に少しつけて置けば落とせますが、水につけ忘れると、洗いたいタイミングに洗えなかったり、頑張ってゴリゴリ洗うことになるのでちょっとがっかりします。

卵はご存知の通り熱を加えると固まる性質があります。
そのため卵の汚れはお湯でなくお水で落とす方が落としやすいです。

海外製の食器洗い機は、給水と言って水を引き込んで設置します。
日本製の食器洗い機は、給湯と言ってお湯を引き込んで設置します。
海外製食洗機は水でスタートしてコースによっては70度ほどのお湯まで温度を上げていくので、卵のような水で落としやすい汚れも、油のようなお湯で落としやすい汚れもそれぞれに効果があります。
また、急激な温度変化が少ないため、食器に優しいというメリットもあります。

食洗器の導入、買い替えをご検討中の皆様、実際に機械の展示がございます。展示機種はGAGGENAU(ガゲナウ)Bosch(ボッシュ)ASKO(アスコ)AEG(アーエーゲー)です。
展示はございませんがMiele(ミーレ)国産各メーカーのお取り扱いもございます。
食洗機に合わせたキャビネットやキッチンの作成、国産システムキッチンへの組み込み、入れ替えも多数事例がございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


愛鳥週間なのだそうです。

 5/10~5/16は愛鳥週間(バードウィーク)です。
今回はフロートダイドコーロで見ることのできる鳥をご紹介します。

まずはペンギンです。

これは卓上に置く塩入れです。
こしょう、一味…大群で並べるとかわいいかもしれませんが、残念ながら見た目で区別は難しいですね。
少量ですが、DIESELの食器や、よく切れる包丁などキッチンツールのお取り扱いもございます。

次はこちら。ロゴの先頭に鳥がいます。

DURAVIT(デュラビット)はドイツで200年以上の歴史を持つ老舗の衛生陶器メーカーです。
ロゴの先頭にいるのはヨーロッパオオライチョウという鳥です。

ヨーロッパオオライチョウはDURAVITが創業したブラックフォレストに生息するキジ科の大きな鳥です。
デュラビットという名前は日本でこそ耳なじみのないメーカーかもしれませんが、とても素敵な製品を生み出している海外ではメジャーなブランドです。
そして、海外製の水回り製品のトップブランドは、一流デザイナーにデザインを依頼することが多々あります。

DURAVITでも数多くのデザイナーとコラボしており、日本人にわかりやすいのは浅草のビール会社のビルでおなじみのフィリップスタルクもたくさんのデザインシリーズを手掛けています。
(余談ですけど、フラムドール金の炎は縦に3本立てたかったらしいですね)

そんなDURAVIT製品、更にフィリップスタルクデザインの製品もフロートダイドコーロには多数展示がございます。

また、店内にはこっそりあひるちゃんもおります。



賢くキレイに使える!先進的な洗面水栓のご紹介【DELTA tesla】

手洗いがかかせない日々が続いています。
今までも外から帰ってたら手洗いうがいは必要でしたが
私なんかはめんどくさがりなので結構ササっと洗って終わっちゃってました…
(今は念入りに洗っています!手荒れするくらいに!)
効果的な手洗いは指先や指の間、手首も含めてしっかり洗う必要があります。
バースデーソング2回分、約30秒間洗剤で洗うのがいいらしいですよ!

30秒も洗剤で洗っていると、当然一度水を止めたいですよね。もったいないですし。
でも、水栓のハンドルやレバーをいちいち閉めたり開けたりすると
水栓に泡が付いたり、水で根本がビシャビシャになっちゃいます。
こんなご時世だと、手を洗ったのに汚い手で触れたハンドルをもう一度触るのもなんか気になりますよね。

自動で水が出せる洗面用の水栓はいっぱいありますが
フロートダイドコーロのトイレでも使用しているDELTA<デルタ> タッチ&センサー機能付の水栓はとても便利です!

このブログでも度々紹介しているDELTA<デルタ>ですが、水栓を触れると水の出し止めができるタッチ水栓が有名です。
(詳しくは過去のブログをご覧くださいませ→)
キッチンではこのタッチ水栓がおすすめですが、洗面所ではタッチ&センサーが使い勝手がいいです。
先述のタッチ機能に加えて、手をかざすと水がでるセンサー機能を搭載しています。
タッチとタッチレスが共存している面白い水栓です。
センサーで水を使う場合、手をかざし数秒間水がでて自動で止まります。
一般的なセンサー水栓と同じように使えます。
そしてタッチ機能を使うと、一度触れてもう一度触れるまで水を出し続けることが可能なんです。
例えば、水を溜めたいようなときに、センサーだけだとずっと手をかざす必要がありますが、タッチ機能があればその手間が要りません。

普段はセンサー機能を使い、他の用途ではタッチ機能といった使い分けができるのがいいですね。
ちなみに、レバーを操作すると水量と温度調整が可能です。
レバーで水を止めてしまえば、タッチ機能もセンサー機能も止めることができます。
水を使いたくないときにセンサー機能が発動するのを止めることができるのはありがたいです。
さらに動力は乾電池なので、コンセントなど必要ありません。

必要な時に必要なだけ水を使う。手洗いが深く浸透した今だからこそ実践したい目標です。
そのサポートとして活躍すること間違いなしの水栓です。


水栓もインテリアの一部として楽しみたい!

洗面台やキッチン、お風呂には当然ながら水栓(蛇口)がついていますよね。
イメージでいいので思い浮かべていただけますでしょうか。

イメージした水栓は何色でしたか?


こんな感じのピカピカのシルバーをイメージした方がほとんどではないでしょうか。
光沢のあるクロムメッキ塗装で一般的にクローム色と呼ばれる色です。
昔から水栓といえばクローム色ですよね。
公共施設やデパートなどでも多く採用されています。

不思議なのですが、キッチンやバスルームを決める際には、キッチンのワークトップの色、
バスタブの色などいくつか選べますが、
なぜ水栓はクローム色がほとんどなのでしょうか。
せっかく周りの色をコーディネートしたのに、水栓だけギラギラのクローム色なのは
不思議な感じがします。もちろん、クローム色は合わせやすい色なので
コーディネートが台無しになるようなことはないと思います。
ただ、細部までこだわりたい方にとっては、気になる部分です。

水栓も含めたコーディネートをしたい…!
そんな方におすすめなのが、海外製のカラー水栓です。
日本製でもカラー水栓はありますが種類が少ないので、デザインもカラー展開も
豊富な海外製の方が、好みの物を選べると思いますよ。

カラー水栓を使ったキッチンやバスルームのイメージはこんな感じです↓

インテリアとして、キッチンやバスルームをとらえてみると
どんどんこだわりたくなってきますよね。
実際、キッチンなどは使っている時間よりも使っていない時間が長いです。
リビングダイニングからみたキッチンが、インテリアの一部として存在している…
想像しただけでも暮らす喜びがこみ上げてきますね。

イメージに上げたようなキッチンやバスルームは、既製品のシステムキッチンやユニットバスでは難しいです。

選択肢としては、オーダーキッチン、在来バス、特注ユニットバスになります。
量産型に比べて当然、お金も時間もかかりますが、とことんこだわりたい方は
ぜひ検討してみてくださいね。


お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11