月別: 2020年12月

手荒れしないためにも海外製の食洗機がおすすめです

すっかり寒くなりましたね。
それでも一年間の中で一番寒いのは1月下旬から2月中旬なのでまだまだ寒くなるわけで…

お湯を使ってお皿洗いをしてしまう季節なわけです。お湯は油の粘度を下げてくれるので、さらりと汚れが落ちやすくなりますし、最近の食器用洗剤はつるっつと汚れが落ちて気持ちがいいですよね。
…その強力なコンビが手肌を守る油脂までついでにきれいさっぱり洗い流してくれちゃうわけで…

楽しくもない食器洗いをするために、冷たいのを我慢するか、手荒れを我慢するかなんて、嫌な話ですね。そんなわけで、本日は食洗機のお話です。手荒れ対策の面からみると、食器洗い機はとてもいいです。
特に海外製の食洗器がいいです。

「国産と海外製って違うの?同じ食洗機でしょ?」
そう思った方にこそ知っていただきたいのです。
国産の食器洗い乾燥機は、においや故障などの庫内トラブル対策として予洗いが必要です。
使った食器はお水につけて置いてから食洗器にセットする方がいいとされています。
海外製食器洗い機は、予洗いしないでください
すすぎながら、水の中の汚れをセンサーで測定して洗い上げますのでソースや油は付いたまま入れていただきたいです。そもそも、皿洗いがしたくなくて食器洗い機を買うのですから個人的に予洗いってどうなのかなと思っています。

予洗いまでしたら、ついでに洗ってしまっても変わらない気がするんですよね…というわけで、手荒れ防止の点からみると、海外製食器洗い機がおすすめというお話でした。

そして、フロートダイドコーロではスタッフを若干名募集しております。
・料理が好きな人(苦手でももちろん大丈夫です。私も苦手なので…笑)
・建築業界の経験者、または興味のある人
・いつか家を建てるときに、ちょっと普通じゃないこともやってみたい人
などなど詳しくは こちら をご覧ください。


浄水器いかがでしょうか

皆様のキッチンでは、浄水器って使用されていますか?
キッチンを新しくする機会に導入されることが多いアイテムの1つです。

個人的に考える浄水器のメリットは
・塩素のにおいが軽減され、飲んだ時に美味しく感じられる
・貯水タンクや排水管の汚れや老朽化による水質低下の影響を受けない
・ランニングコストがペットボトルを買うより安い
・ボトルのごみが出ない
・備蓄用のボトルを補完する場所が不要
・常にろ過したての新鮮な状態で使える
・量を気にせずたっぷりと料理にも使える
このあたりかと思っています。

ちなみに、余談ですが「水道水は塩素のせいで体に悪くて臭い。」と思っている方も多いかと思いますが、これは半分正解で半分間違いです。
塩素によって菌の繁殖を防いでいますので、塩素を限りなく除去した水でつくった麦茶は、口当たりがよくおいしいですが、雑菌の繁殖を防ぐため、冷蔵保存で2日程度で飲み切っていただきたいデリケートな飲み物でもあります。

水質検査機関でお勤めの方の中には「水から塩素の臭いがするというのは安全の証明のようなものです。塩素のにおいのしない水を飲むことに抵抗があります」というかたもいるとか。70年飲み続けても健康被害は出ない程度の含有量です。

ミネラルウォーターの検査項目は10数項目ですが、水道水の検査って50を超える項目があるんです。日本の水道の検査基準はとても厳しく、安全な水がいつでも飲めます。そんな日本で、家族のために、より安全な水を、より美味しい水を、と考えて浄水器を選択される方に、ぜひご検討いただく際の選択肢に入れていただきたい浄水器はこちらです。

・デザインを損なわない
・性能の良さ
以上の2点を理由にこの浄水器をお勧めしたいです。

まずはデザインについてですが、カートリッジ内臓の水栓はカートリッジが入っている分、ぽってりとしたデザインになりがちです。大きいため存在感を感じ、好みが分かれるデザインだと思います。
けれど、この浄水器なら、お好みの水栓と組み合わせることができるためデザインを損なうことがありません。

次に、性能の良さについてです。蛇口ちょっと付け足すタイプよりも、シンク下に置くタイプの方が性能がいいです。カートリッジが大きければ、不純物を取り除く為のフィルターを、たくさん詰め込めます。中身は大体、活性炭と中空糸フィルターが入っています。
そして、日本の歯医者さんで口をゆすぐお水を出す機械の8~9割はこのメーカーの浄水システムが採用されているという実績あるメーカーです。

フロートダイドコーロで大人気の海外製食器洗い機と組み合わせて使っていただければ、カートリッジの持ちも長くなりますし、
タッチ水栓と組み合わせていただいても機能性とデザインともに優れたコンビだと思います。


気持ちのいい包丁

フロートダイドコーロの隠れた人気アイテムで、 風味絶佳ECHIZEN の包丁があります。
使い勝手を知ってご自身用に購入される方が多いですが、包丁は“未来を切り開く”という願いを込めて結婚祝いや新築祝いにご購入いただくことも少なくありません。
例年、フロートダイドコーロでは年末に この風味絶佳ECHIZEN 包丁のエキシビジョンを開催しておりました。
試し切りは勿論、福井から職人さんをお招きして包丁研ぎを行うなど、毎年来てくださるお客様も多いイベントですが、今年はコロナウイルスの影響でやむなく断念いたしました。

よく切れる包丁は使っていて本当に気分がいいです。
ねぎの薄皮、鳥の皮などがスパッと切れなくなったら、包丁を研いであげてください。

料理はいい道具を使うと失敗が少なく、気分よく料理を楽しむことができます。
料理が苦手だから、高い器具はもったいないと思うのは間違いです。
切れない包丁で苦戦して包丁に苦手意識を持ったり、熱効率の悪いオーブンでケーキがうまく膨らまなかったり、そんなことを繰り返していたら、料理を作るモチベーションが上がらない悪循環に入ってしまいます。

気分よく調理できる素敵なツールをぜひ体感しに来てください。


料理作りが嫌いになるのは調理器具のせいかもしれません

寒い季節、くつくつととろ火で煮込んだ温かな料理が恋しい季節です。
くつくつごくとろ火で煮込むのに最適な調理機器と言えば、ASKO(アスコ)のガスクックトップです。
日本製では安全面を重視しているので、あまり弱い火や強い火は出せないように設定されていますが、スウェーデンブランドのASKOなら、弱火も強火も自由自在です。

丸ごとの玉ねぎをくりぬいて、そこに味付けした豚ひき肉とみじん切りにした玉ねぎを詰めて、一緒にコンソメスープを入れてくつくつ煮込みます。
火力が強すぎると形が崩れてしまうので、じっくりゆっくり火を通します。
玉ねぎとスープをお皿に盛り付け、パセリを散らしたらできあがり。
シンプルな手順でもうまみたっぷりの存在感ある一皿の完成です。


作りたい料理を再現するための設備や調理機器があると料理が楽しくなります。 ASKOガスクックトップは、湯煎の手間なくチョコレートを溶かせる極とろ火はもちろんのこと、中華料理もおまかせな極強火も可能です。

料理が苦手だから、使いこなせないから、と簡易な調理機器を購入すると、温度管理などがうまくいかず、失敗につながってしまうことが良くあります。
なかなか火が通らず生だったり焼き過ぎたり、レシピ通りに作っているのにお菓子が膨らまなかったり、そんな経験はありませんか?
そのせいで、せっかく作っても悲しい気持ちになってしまい、ますます料理をすることが嫌いになってしまう…。

自信をもって快適に楽しく料理するために、調理機器にこだわってみることは決して贅沢ではないと思います。



そして、フロートダイドコーロではスタッフを若干名募集しております。
・料理が好きな人(苦手でももちろん大丈夫です。私も苦手なので…笑)
・建築業界の経験者、または興味のある人
・いつか家を建てるときに、ちょっと普通じゃないこともやってみたい人
などなど詳しくは こちら をご覧ください。