投稿者: <span class="vcard">konagai</span>

BOSCH食洗器キャンペーンは9月末まで


自宅で食事をする機会が増えている昨今、家計の負担になる光熱費や水道費、家事の手間は少しでも抑えたいものです。Bosch製の食器洗い機対象機種をキャンペーン期間中にお買い上げのお客様に食器洗い機庫内洗浄クリーナー2本(約6か月分)をプレゼントいたします。
期間はいよいよ2020年9月30日までです。

ちなみにフロートダイドコーロは Bosch Appliance Partner Shop / 略称BAPS(バップス)の認定店です。
認定店は、BOSCH家電を取り扱うプロショップです。
スタッフがご検討段階の製品紹介から設置、適切な使用方法の説明までをトータルにサポートします。


フロートダイドコーロでは試運転可能な機種を含め3機種のBosch食洗機の展示がございます。
この機会にぜひ足をお運びください。


オーダーキッチン設置現場です

フロートダイドコーロでは水まわりの設備機器の販売だけでなく、空間デザインのご提案なども行っています。
先日、オーダーキッチンを設計施工させていただいた、お引き渡し間近の現場にお邪魔してきました。

カウンターテーブル機能も備えたゆとりある広さのペニンシュラキッチンです。
背面収納の扉と、カウンター下部の素材が揃っているのはオーダーキッチンだからできることです。
もちろん、お施主様のこだわりが無ければ叶わないことなので、この景色を見せていただけたことは、とても貴重なことでとても嬉しく思っています。

水栓とシンク(排水口まで!)ブラックで重厚感と統一感が綺麗でした。
天板はセラミックストーンをご採用いただいたので、写真の通り重厚なデザインの魅力だけでなく、汚れが付きにくく、熱い鍋を置いたり直射日光に当たっていても変色しにくいなど機能面でも魅力的な素材です。

手前の扉は60㎝幅のGAGGENAU社の食器洗い機です。
予洗いせずに、カレーの鍋や納豆のついた食器などそのまま投入できるので、食器洗いのストレスから解放されます。

ずっと立っていただく場所なので、デザインも使い勝手もどちらも譲らずに、お施主様の希望をかなえられるキッチンを一緒に作っていけたらと思います。



Float dyed coaloって読めますか?

こんにちは。スタッフの小長井です。

突然ですが、店名であるFloat dyed coaloって、

なんて読むのか、お分かりになりますか?

フロートダイドコーロ と読みます。

フロトダイドコロ

フロ ト ダイドコロ

風呂と台所

つまり、水まわりのプロショップなのです。

特徴としては、輸入機器の取り扱いが多い点が挙げられます。

なかなか見たことのない機器ばかりではないでしょうか。

海外製の機器に対して、皆様はどんなイメージをお持ちでしょうか。

「壊れやすそう。国産が一番壊れないでしょ?」

「光熱費が高そう。省エネは日本製の方がいいでしょ」

「なんか海外の機器って、おおざっぱで繊細な設定とか無理そう」

そんな考えの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ一度お店にお越しいただきたいです。

考え方がガラッと変わります。

水まわりって楽しいんだ!って思っていただけるはずです。

どんな機能やデザインのものが有るのか知ったうえで、

選ばないことはもちろんあると思います。

でも知らずに、後悔はしていただきたくありません。

ちなみにフロートダイドコーロは海外製の水まわり製品に関して、

多くのブランドから公式にアフターメンテナンスを依頼されるなど

安心してお買い求めいただけます。

最近はオーダーキッチンのご相談もいただいております。

ぜひ一度、お気軽に足をお運びください。


野菜の日ですね

8/31は野菜の日ですね。
これは語呂合わせでわかりやすいです。
ちなみに1週前の8/24はドレッシングの日なんだそうです。
・8/31(野菜)の上にあるのでドレッシング
・8×3×1=24 野菜をかけると24なのでドレッシング
なるほど…わかりにくいですね。

カレンダーの並びから来る記念日と言えば毎月22日は、ローソンのプレミアムロールケーキに、お値段はいつものままでイチゴがトッピングされるのでうれしいです。
これは15(いちご)日の下が22日だからです。

さて、話がずれてしまいました。
野菜の日ということですので今の旬の野菜をいくつか挙げてみますと、ナス、パプリカ、トウモロコシ、枝豆、ピーマン、きゅうり、ズッキーニ、大葉、みょうが、新生姜、ニンニクなどがあります。

サラダはもちろん、BBQで網焼きにしたり、ラタトゥイユを煮込んだり、さっぱり浅漬けにしたりと、定番レシピが浮かんでくるおなじみの野菜たちです。
そんなおなじみの野菜のおなじみのレシピですが、調理器具を変えることで手間と仕上がりが変わります。

例えばラタトゥイユを作るなら、火の前で煮込むのではなく、鍋ごとオーブンに入れてしまうのはいかがでしょうか。

(画像はポトフです)
オーブンで煮込み料理をすると、野菜の煮崩れがほとんどなく、熱い思いもせず、希望の時間に温かな料理が仕上がっています。

焼き野菜はGAGGENAU(ガゲナウ)のBBQグリルで焼いてみてはいかがでしょうか。

このグリルは中に溶岩石が入っているので、素材の水分を残したまま、良い感じの網目をつけて焼き上げることができます。
チキンなど、塩コショウで焼くだけでごちそうになってしまいます。

浅漬けやマリネにはバキュームドロワーがおすすめです。

真空調理で作れば少ない調味液で、かつ短時間で味が染み込みます。

いつものレシピも改めて調理器具を見直すと新しい発見があるかもしれません。
フロートダイドコーロではこういった製品を多数お取り扱いしておりますので、お料理をより楽しみたい方も、お料をの手間を減らしたい方もお気軽にご相談ください。


去年の今頃は…

去年の8月末はキッチンセミナーHOME CHEFの特別版として、セミナー+キャッシュオンデリバリー式バースタイルのイベントを開催していました。
野菜ソムリエの天野先生の自慢の野菜たちと、美味しいお料理を楽しみながら、 輸入調理機器の使い勝手を体験していただくイベントで、静岡県初登場のバキュームドロワーをはじめ、海外製スチームオーブンなど、通常フロートダイドコーロで展示していない調理機器も、当日限りで展示、実演されました。

バキュームドロワーで真空調理をすると、少ない調味料で短時間で味が染み込みます。この日はマグロのさくを綱にしたり、果物を白ワインでコンポートにしたり、干しシイタケをあっという間に戻したりの実演が披露されました。

スチーム加熱の枝豆やスナップエンドウは、お湯でゆでるより、歯ごたえしゃっきり、うまみが濃厚でした。

今年はこういったイベントの開催が難しく、月に一度開催してた料理教室を通して輸入機器を体験していただく キッチンセミナーHOME CHEFの開催もままなりません。
残念ですが仕方のない事です。

一日でも早く、安心して楽しくイベントが開催できる日々に戻ることを願ってやみません。


Boschのキャンペーンは9月まで

自宅で食事をする機会が増えている昨今、家計の負担になる光熱費や水道費、家事の手間は少しでも抑えたいものです。Bosch製の食器洗い機対象機種をキャンペーン期間中にお買い上げのお客様に食器洗い機庫内洗浄クリーナー2本(約6か月分)をプレゼントいたします。
期間は2020年7月20日~2020年9月30日までです。

ちなみにフロートダイドコーロは Bosch Appliance Partner Shop / 略称BAPS(バップス)の認定店です。。
認定店は、BOSCH家電を取り扱うプロショップです。
スタッフがご検討段階の製品紹介から設置、適切な使用方法の説明までをトータルにサポートします。


フロートダイドコーロでは試運転可能な機種を含め3機種のBosch食洗機の展示がございます。
この機会にぜひ足をお運びください。


オーブン、食器洗い機、加熱機器などお試しいただけます

フロートダイドコーロでは実際に試運転可能なビルトインキッチン機器を数多く取り揃えています。
先日は愛知県からicaアソシエイツの皆様とお施主様がベルタゾーニ社のガスオーブンを試しにご来店いただきました。

日本で購入できる海外製ビルトインオーブンはほとんどが電気オーブンですので、ベルタゾーニのガスオーブンは、調理機器にこだわりのある方にはぜひ一度体験していただきたい機種です。

当日はご購入を検討されているお施主様が鮮やかな手つきで、調理を進められていました。今回調理するのは丸ごとのチキン。
前日から漬け込んだチキンがどんな仕上がりになるか、スタッフ一同ワクワクしながら見ておりました。

ベルタゾーニのオーブンはとてもシンプルで、温度管理と、クッキングアラーム程度の機能しかありません。
途中で油を塗ったり、ホイルをかけたり、仕上げは上段でパリッと焼き上げたりと、お料理が得意な奥様が、説明書も読まずに使いこなしていらっしゃいました。

初めて使うオーブンで堂々たる焼き上がりです。
店内に香ばしい香りが立ち込めます。

8~9人分くらいはあったチキンも、ぺろりとあっという間になくなってしましました。
私もちゃっかりご相伴にあずかりましたがしっとりジューシーなチキンはもちろんのこと、焼いただけのはずの人参やじゃがいももホクホクでとても美味しかったです。
○○様、ごちそうさまでした。
このオーブンでこんなにおいしい料理ができること、勉強させていただきました。

お料理上手で気さくなお施主様が、これだけフットワーク軽くいろんな機器を試されていれば、きっとご満足いただけるキッチンが完成するかと思います。
そしてお施主様のためにオーブンを実際に使える場所を探して、愛知から来てくださる設計士さんというのは、家づくりをする中で、とても頼もしいパートナーだろうなと感じました。

フロートダイドコーロではご予約いただけましたらさまざまな機器を実際にご使用いただけます。
実際に体験してから、我が家に導入するというのはとても大切なことだと思います。
ぜひお問い合わせください。


コンパクトに見えて実力派です

一般的な新築のキッチンの幅は約2m55㎝です。
先日オーダーで幅1m84㎝のキッチンを作成しました。
寸法だけ聞くと70㎝ですからおよそシンク1つ分ほど狭い寸法ですので、少し狭く機能性に欠けるミニキッチンを想像される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

作らせていただいたキッチンはこちらです。

想像されていたよりは、作業スペースも思いのほか広く収納力もありそうに見えませんか?
このキッチンはコンパクトながらも作業スペースを確保するためにシンクが狭くなっています。

コンロ幅が60㎝弱、作業スペースが60㎝強、シンクが55㎝弱といったレイアウトです。
通常のシンクより20㎝程小さいシンクを採用することで作業スペースを確保しています。シンクが小さいことで生じるデメリットは、大きな調理器具や食器が洗いにくいことが挙げられます。
しかしこのシンクは、元々食器を洗うつもりが無いので、すいかや、だいこん、カボチャなど大きな食材が洗えれば十分です。
洗わない食器はどうするのかと言えば、作業スペース下の幅45cmの海外製食洗機におまかせです。

今回採用したのはBosch(ボッシュ)のゼオライト乾燥付きSPI66M006です。
海外製食洗機は予洗いをせずに、残菜を捨てた程度で汚れた食器や鍋を入れて使用します。
そのためシンクは小さくて問題ないわけです。

フロートダイドコーロでは、食洗機をはじめとした海外製キッチン機器の販売やシステムキッチンへの設置などを行っておりますが、それだけでなく、使用方法から考えて、過剰な部分を削いで必要な部分に予算を回すコストパフォーマンスの良いキッチンもご提案しています。

新築、リフォームともにぜひご相談ください。


本日はGAGGENAU(ガゲナウ)勉強会です

本日はGAGGENAU(ガゲナウ)食洗機のメンテナンス勉強会を開催しております。
GAGGENAUは日本で購入できる輸入キッチン機器の中で最高級ブランドです。
妥協することなく追及された機能性、スマートな美しいデザインは他のブランドの追随を許さないといっても過言ではありません。

そんなガゲナウですから、食器洗い機も評判がいいです。

簡単に魅力を説明した1分ほどの動画はこちらです。

今日はこの食洗機のメンテナンス講習をフロートダイドコーロにて実施しています。弊社だけでなく、近隣店舗も招いて朝から夜までのみっちりと濃厚な勉強会です。

海外製食洗機は、誤った取付方法で設置されてしまうと、保証内であっても有償修理になってしまします。そのため、安心できる業者に設置してもらうことをおすすめしています。
GAGGENAUをはじめMiele、Bosch、ASKO、AEGなど各社海外製食洗機を取り扱っておりますので、ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。


BOSCH(ボッシュ)食洗機の勉強会を開催しました

フロートダイドコーロはBAPS加盟店として認定されております。
BAPSとはBosch Appliance Partner Shop の略でBOSCH(ボッシュ)家電を取り扱うプロショップです。

BOSCHの食洗機は大容量で、乾きも良く、コストパフォーマンスに優れているとご好評をいただいております。
1分ほどの簡単な説明動画はこちらです↓

BAPS会員ですのでよりBOSCHに詳しくなるため、近隣のBAPS加盟店さんを招いての勉強会も開催しております。
食洗機を横に倒してみたり、分解したりと盛りだくさんの内容でした。

「海外製食洗機は壊れやすいの?」と聞かれることが多いのですが、故障自体はあまりないように感じています。
アフテーメンテナンスで呼ばれる原因の一位は、食洗機用ではない泡立つタイプの食器用洗剤を混入してしまい、食洗機内で泡立ってしまいエラーを起こすというものが多いように感じます。

BOSCH海外製食洗機をお求めの際は、ぜひ安心のBAPS加盟店にご相談ください。