作者別: <span class="vcard">konagai</span>

BAPS店のKitchenBaseさんがOPENしました

先日6/20に浜松市浜北区宮口に、新しくBAPS店の KITCHEN BASE さんがOPENしました!
BAPS店というのは、Bosch Appliance Partner Shop の略称で、ボッシュの家電を取り扱う公式認定店です。
最近注目されているボッシュの食洗機も勿論展示されています。

海外製食洗機は基本的に扉が別売りのため、 KITCHEN BASE さんではモールテックス塗装で仕上げた、アートな扉になっています。

このキッチンを正面から見るとこんな感じです。
(当日は盛況で写真が撮れなかったため、HPより画像をお借りしました)

岩を削り出したような角ばったシルエットは KITCHEN BASE 桟のオリジナルデザインです。

ビールストーンの天板とモールテックス塗装で仕上げた、アートな水まわりがお好きな方には、たまらない空間が広がっています。

KITCHEN BASE(キッチンベース)
〒434-0004 静岡県浜松市浜北区宮口3456-5
https://kitchenbase.net/
※予約制となっておりますので、ご予約の上で足をお運びください



GAGGENAU(ガゲナウ)の テッパンヤキ VP230-434

新しい生活様式が求められる中、外出するのはまだ気が引ける…。
そんな日々にはネットサーフィンがはかどります。
フロートダイドコーロではyoutubeで動画も配信中です。

1分ほどの動画でビルトイン機器の簡単な使い方や、バスルーム、キッチンの情報を配信しております。
チャンネルへはこちらからどうぞ。

今回は新しい試みの動画のご紹介です。

フロートダイドコーロでは、輸入キッチン機器を実際にご使用いただいて、魅力や使い勝手を知っていただいた上で、キッチン作りの参考にしていただくためのイベントを月に一度開催しております。

ただ、今の世情を鑑みますと、なかなかイベントの実施は難しいため、それならば動画で配信してみようという試みです。

今回は動画内でGAGGENAU(ガゲナウ)の テッパンヤキ VP230-434を使用して、焼きリンゴのバニラアイス添えを作ります。

レシピ、調理は天野友江先生です。

情報番組てっぺん静岡でお料理コーナーを担当されていたなどの実績を持ち、野菜ソムリエ・豆腐マイスター ・雑穀エキスパート・だしソムリエ など数々の食のエキスパートでありながらキュートな笑顔と人当たりの良さが魅力の素敵な先生です。

今回の焼きリンゴもそうですが、複雑な手順は無いのに、美味しくて見栄えの良い素敵なレシピをお披露目してくれます。

次の動画はASKOガスクックトップ HG1825AB を使用して、玉ねぎの美味しいレシピをお披露目予定です。
思わず作りたくなるレシピ、使ってみたくなる海外製調理機器をぜひお楽しみに。


海外製食洗機が欲しい!

絶対に喜ばれると自信を持って言えるプレゼント。
それは海外製食洗機です!私も欲しいです!!

突然ですが、令和の世の中、服を手洗いしている方ってどれくらいいるんでしょうか。
洗濯機を持っていない一人暮らしの学生さんや、洗濯機にかけられないデリケートな衣類でないかぎり、皆さん洗濯機にお任せじゃないでしょうか。

海外製食洗機も汚れた食器を入れれば、手洗い不要で洗ってくれます。
よほどひどい焦げ付きなら難しいですが、衣類だってワインのシミや、ひどい泥汚れなんかは洗濯機にかける前に洗剤を馴染ませたり、ひと手間を加えますよね。
それでも基本的には洗濯機任せで、家事を行ううえで大いに役に立っているはずです。それなのになぜ、食器はいまだに手洗いの方や、予洗いをして食洗器にかける方が多いんでしょう?

海外製食器洗い機は予洗いが不要です。
食べ残しを捨てたら、べたべた、ぬるぬる、カピカピな食器やお鍋を食器洗い機にイン。あとは洗浄されて、ある程度乾きあがった状態まで機械にお任せです。
私みたいなめんどくさがりは食洗機対応の包丁やまな板を購入して、一切スポンジで手洗いしない生活をしたいです。

食器や鍋をシンクで洗わないのなら、シンクを小さくすることができます。
同じ広さの作業スペースは確保しつつキッチン自体を小さくできるので、浮いたお金を食洗機購入の費用に回す、なんていう考え方もできますね。

最近多いご相談は、システムキッチンに海外製食洗機を組み込みたいというご相談です。
建築会社さんやキッチンメーカーさんから、対応が難しいとお断りされてしまったとしても、施主支給でなんとかして海外製食洗機を組み込みたいという熱いご要望をいただきます。
もし、一度断られてしまったけれど、やはり海外製食洗機に興味があるという方はぜひご相談ください。

また一口に海外製食器洗い機と言っても、Miele(ミーレ)、GAGGENAU(ガゲナウ)、ASKO(アスコ)、BOSCH(ボッシュ)、AEG(アーエーゲー)とメーカーも複数社あります。

「ASKOが入らなかったけれどMieleなら入った。」
「Mieleしか知らなかったけど、説明をきいたらBOSCHが良さそうかも」
「海外製は腰に負担がかかるからやめた方がいいって言われたけど、AEGなら腰の負担が少なそう」
「どんぶりやお椀みたいな日本らしい食器が入れやすいブランドはどれ?」
など、ご要望に合うメーカーを実機を見ながらご提案させていただきます。

遠方の方でもメールでご相談しながら、エリアによっては弊社で施工に伺いますし、難しい場合は当該エリアのショップもご紹介ができる場合もございます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。



鳥好きの方におすすめです

北欧の美しい食器ブランド iittala(イッタラ)。
御殿場アウトレットから撤退してしまい、なかなか静岡で購入する機会が減ってさみしい限りです。
専門店ではないので点数は多くないですが、静岡市の両替町にある三保原屋LOFTさんにお取り扱いがあるのでたまに見に行きます。

このたびフロートダイドコーロでもイッタラにまつわる商品を展示、販売開始しました。

↓それはこちらです。↓

光のオブジェリンナットシリーズです。

フィンランド語で鳥を意味するリンナット。
鳥の形をしたふわりとした温かな光を放つデザイン性の高い照明は、マジスとイッタラ、オイバ・トイッカのコラボレーションによるものです。

イッタラの鳥と言えば有名ですね。
↓こういった製品をご覧になられたことはございませんか?



元々は1970年代からオイバ・トイッカがイッタラと協働し、デザインした吹きガラスの「Birds by Toikka」に始まります。
このBirdsをマジスのポリカーボネイト回転成型技術によって形成、LEDモジュールランプとして生まれ変わったLinnutは、吹きガラスにみられるBirdsの質感を可能な限り再現、充電式のコードレス仕様で置く場所を選ばず、移動も自由自在。また、タッチ式スイッチにより調光も可能、透過光の豊かな濃淡が空間に広がります。
フロートダイドコーロでは
SULO “L”(梟)とKIRRASSI(鳥)、PALTURI (梟)を展示しております。

ライトアップした姿をぜひフロートダイドコーロでご覧ください。


お湯に強い食品汚れ、水に強い食品汚れ

本日5/22は卵の日だそうです。
【たま(≒◯丸)ご(5)】の語呂合わせと、【ニ(2)ワのニ(2)ワトリ】の語呂合わせにちなんで、 全日本うまいもん推進協議会が5月21日に記念日を制定しました。
…ちょっと良くわからないですが、卵の日だそうです。

お手頃価格で、黄色と白が見た目も鮮やか。いろんな食材と組み合わせやすい卵ですが、 とろとろの半熟卵の黄身って、放置してしまうと結構頑固にお皿にくっついてしまいませんか?
お水に少しつけて置けば落とせますが、水につけ忘れると、洗いたいタイミングに洗えなかったり、頑張ってゴリゴリ洗うことになるのでちょっとがっかりします。

卵はご存知の通り熱を加えると固まる性質があります。
そのため卵の汚れはお湯でなくお水で落とす方が落としやすいです。

海外製の食器洗い機は、給水と言って水を引き込んで設置します。
日本製の食器洗い機は、給湯と言ってお湯を引き込んで設置します。
海外製食洗機は水でスタートしてコースによっては70度ほどのお湯まで温度を上げていくので、卵のような水で落としやすい汚れも、油のようなお湯で落としやすい汚れもそれぞれに効果があります。
また、急激な温度変化が少ないため、食器に優しいというメリットもあります。

食洗器の導入、買い替えをご検討中の皆様、実際に機械の展示がございます。展示機種はGAGGENAU(ガゲナウ)Bosch(ボッシュ)ASKO(アスコ)AEG(アーエーゲー)です。
展示はございませんがMiele(ミーレ)国産各メーカーのお取り扱いもございます。
食洗機に合わせたキャビネットやキッチンの作成、国産システムキッチンへの組み込み、入れ替えも多数事例がございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


愛鳥週間なのだそうです。

 5/10~5/16は愛鳥週間(バードウィーク)です。
今回はフロートダイドコーロで見ることのできる鳥をご紹介します。

まずはペンギンです。

これは卓上に置く塩入れです。
こしょう、一味…大群で並べるとかわいいかもしれませんが、残念ながら見た目で区別は難しいですね。
少量ですが、DIESELの食器や、よく切れる包丁などキッチンツールのお取り扱いもございます。

次はこちら。ロゴの先頭に鳥がいます。

DURAVIT(デュラビット)はドイツで200年以上の歴史を持つ老舗の衛生陶器メーカーです。
ロゴの先頭にいるのはヨーロッパオオライチョウという鳥です。

ヨーロッパオオライチョウはDURAVITが創業したブラックフォレストに生息するキジ科の大きな鳥です。
デュラビットという名前は日本でこそ耳なじみのないメーカーかもしれませんが、とても素敵な製品を生み出している海外ではメジャーなブランドです。
そして、海外製の水回り製品のトップブランドは、一流デザイナーにデザインを依頼することが多々あります。

DURAVITでも数多くのデザイナーとコラボしており、日本人にわかりやすいのは浅草のビール会社のビルでおなじみのフィリップスタルクもたくさんのデザインシリーズを手掛けています。
(余談ですけど、フラムドール金の炎は縦に3本立てたかったらしいですね)

そんなDURAVIT製品、更にフィリップスタルクデザインの製品もフロートダイドコーロには多数展示がございます。

また、店内にはこっそりあひるちゃんもおります。



のんびりと理想の水まわりを考えてみませんか?

今年は出かけることもできずに、家でゆっくり過ごすゴールデンウィークになりそうです。
皆様は家でどんな時間を過ごされましすか?
私は部屋の模様替えをしようかなと思っています。
賃貸なので模様替えしかできませんが、壁紙の貼り替えや水まわりの交換ができたら、随分と転換になるだろうなと思いました。

リフォームだと、新築の時よりもじっくり水まわりと向き合える気がします。
・日々使用している中で、こうだったらいいのにという具体的な不満。
・新築の時のように期限が決まっているうえ家全体を考える中での一部分ではなく、時間の制限もなく水まわりだけを考えればいいので集中できる。
・新築の時は無難な色を選びがちだが、リフォームの時は色や柄も選択肢に入れる方が多い。

新築の時は家全体を目まぐるしいスピードで決めていかなければならず、色や形、性能も手探り状態で選択していくため、無難なものを選択していく方が多いように感じます。

実際にリフォームするかどうかはこの際おいておいて、家時間が増えている今、ゆっくり理想の水まわりを考えてみるのはいかがでしょうか?
案外と充実した楽しい時間になると思いますし、実際にリフォームをすれば気分もリフレッシュして、家にいる時間をもっと好きになれると思います。


ルームフレグランス、セントスティックのご紹介

今回ご紹介するのは、セントエアー社のセントスティックです。

ガラス瓶などに立てかけるだけで手軽に使用可能な、ルームフレグランスのご紹介です。

その香りのみずみずしさはもちろんのこと、ディズニーリゾートの香りの演出を担うセントエアー社製のため、アレルギー反応や有害物質のチェックが厳格ですので安心してお使いいただけます。

その品質の良さが認められ、多くのホテルや会員制のジムなどで同社の業務用製品が採用されており、「宿泊したホテルの香りが良かったので、コンシェルジュに商品を聞いたの」なんていうお問い合わせも多い商品です。

実は最近もお客様から素敵なメールをいただいて、とてもうれしかったので今回ご紹介させていただきました。
「コロナウイルスの影響で家にこもる時間が増えている中、旅行先の素敵なホテルと同じ香りを嗅ぐことで、楽しかった旅行を思い出して気持ちが少し軽くなりました。」といった内容のご連絡でした。
香りは記憶と密接につながっていて、思いがけず様々な記憶を呼び覚ましてくれます。

暗いニュースが多く家にいなければならない時間が増えている中、心のリフレッシュに、ルームフレグランスはぴったりかもしれません。
これからの時期、母の日の贈り物にもおすすめです。

常時在庫は、ホワイトティータイムとホワイトティーフィグの2種類ですが、その他の香りもお取り扱い可能です。

時節柄外出を控えられている方。遠方にお住まいの方や、ご来店していただくお時間の無い方には通信販売も行っておりますのでこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。


新年度、水まわり製品各社の新カタログが発行されています

新型コロナウイルスの影響、皆様の方ではどのくらいありますでしょうか。
お取引先の都内の企業は在宅勤務やショールームの休館になっているところが多く、静岡との状況の違いを体感しています。

そんななかでも、コロナに負けず新年度のタイミングで各社から新製品のカタログが続々届いております。
プロユーザーの皆様、カタログ希望でしたらお電話やメールでぜひお問い合わせください。

エンドユーザーの皆様はこれらのカタログですと情報が多すぎて重量があるため、各社から出ている新製品のピックアップリーフレットをご用意いたします。

気になる方は下記より是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム


オーダーキッチンのご注文ありがとうございます

都内のマンションに納品したキッチンです。
ペニンシュラキッチンと背面収納を製作させていただきました。
プッシュオープンの引き出しのため、手掛けやハンドルをなくすことができるためスマートな印象のキッチンです。

次は愛知県の宿泊体験ができる施設に納品させていただいたキッチンです。

個人宅ではないので、ここで日々料理を作る想定ではないため、コンパクトでスタイリッシュに。
天板は天然石、側面はスチールという異素材の組み合わせが非日常的で、宿泊施設の中でアートの様な存在感を持たせました。

次は滋賀県の新築戸建て住宅です。

家の雰囲気に合わせ、マットなグレーを重ねています。
水栓、ハンドル、コンセント、加熱機器、レンジフードといった設備機器類もカラーを統一しました。
主張しすぎないフラットな印象のため、空間の続くリビングの家具はもちろん、あとから購入されるキッチンツールや観葉植物なとのインテリアが空間の主役として映えるキッチンです。

静岡県内はもちろんですが、ご相談いただけましたら近隣の県での施工も対応可能です。
新築やリフォームのご計画のある方は、キッチン、洗面、バスルームなど水まわりのトータルなご提案をいたしますので、ぜひご相談ください。