カテゴリー: キッチン

GAGGENAUといえばバーベキューグリル!

GAGGENAU(ガゲナウ)という、ビルトインキッチン機器のブランドをご存知でしょうか?
日本では正直なところ、あまり耳なじみが無いかもしれません。
けれど、世界的にみるとハイブランドとして知名度が高く、例えば男性が憧れる高級外車や腕時計、女性で言えばバッグや貴金属のトップブランド、それらのキッチン機器バージョンとイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

ガゲナウの機器の魅力はなんといっても性能の良さです。
個人的なイメージですが、一般的なブランドの様に、売りやすい価格帯でそれなりの機能の製品を出すことはなく、妥協無しの最高のパーツや機能を組み合わせて、最高の物を作ったらなかなかいいお値段になってしまいましたが、良い製品なので当然買ってもらえますよね?
といった毅然とした強気の姿勢を感じる良いブランドだと思っています。

その中でも、ガゲナウらしいなと思える私の好きな製品は、写真中央のバーベキューグリルです。

この上で野菜でも肉でも食材を置いてくれたら最高においしく焼き上げるグリルを作ったらこうなりました。
という声が聞こえてきそうなバーベキューグリルです。
網の下には電熱線があり、その下には溶岩の石が入っています。
溶岩を温めることで遠赤外線で食材を焼き上げます。遠赤外線はガスに比べ食材の水分を逃がしません。
ただここに載せるだけで、パサパサつきがなく、しっとりふっくらジューシーに美味しそうな焼き目をつけて焼きあがります。

お客様に実際に野菜を焼いてもらうこともあります。
本音を言えば、野菜なんてどの調理器具で焼いても、そこまで差はないと思っていました。
でも、食べてみると全然違います。

焼きたてはもちろん美味しいのですが、違いが分かりやすいのは、誰にも食べられることなく、鉄板で放置されてしまった野菜でした。焼肉やバーベキューでよくある光景ですね。
かわいそうに食べきれずに焦げたり鉄板に忘れられた野菜たち…
ガゲナウのバーベキューグリルの上にもそんな野菜があったので食べてみたところ、状況に反して美味しかったので驚きました。
焦げの部分がそんなに嫌な味がしないし、パサパサしておらずジューシーでした。

真偽の程は定かではありませんが、ガゲナウは本当は炭火焼をやりたかったそうです。メンテナンス性や焼き上がりなど総合的に検討して溶岩石になったのだとか。

どの家庭にもぜひ!とは言いにくい嗜好性の高めな製品ではありますが、美味しく焼き物をすることだけを考えたらこうなりましたといった風情の、ガゲナウのべーべキューグリルは非常に魅力的な製品です。

そして、フロートダイドコーロではスタッフを若干名募集しております。
・料理が好きな人(苦手でももちろん大丈夫です。私も苦手なので…笑)
・建築業界の経験者、または興味のある人
・いつか家を建てるときに、ちょっと普通じゃないこともやってみたい人
などなど詳しくは こちら をご覧ください。


気持ちのいい包丁

フロートダイドコーロの隠れた人気アイテムで、 風味絶佳ECHIZEN の包丁があります。
使い勝手を知ってご自身用に購入される方が多いですが、包丁は“未来を切り開く”という願いを込めて結婚祝いや新築祝いにご購入いただくことも少なくありません。
例年、フロートダイドコーロでは年末に この風味絶佳ECHIZEN 包丁のエキシビジョンを開催しておりました。
試し切りは勿論、福井から職人さんをお招きして包丁研ぎを行うなど、毎年来てくださるお客様も多いイベントですが、今年はコロナウイルスの影響でやむなく断念いたしました。

よく切れる包丁は使っていて本当に気分がいいです。
ねぎの薄皮、鳥の皮などがスパッと切れなくなったら、包丁を研いであげてください。

料理はいい道具を使うと失敗が少なく、気分よく料理を楽しむことができます。
料理が苦手だから、高い器具はもったいないと思うのは間違いです。
切れない包丁で苦戦して包丁に苦手意識を持ったり、熱効率の悪いオーブンでケーキがうまく膨らまなかったり、そんなことを繰り返していたら、料理を作るモチベーションが上がらない悪循環に入ってしまいます。

気分よく調理できる素敵なツールをぜひ体感しに来てください。


食洗機はキッチンになくてもいいんです

小柄な奥様で、80㎝の高さのキッチンがいいけれど、海外製食洗機も欲しくてキッチンの高さを85㎝や90㎝に上げなくてはならないと悩んでいる方はいませんか?
他にも、キッチンの海外製食洗機を組み込めないけれど、やっぱり海外製食洗機がいい…そんな方もいませんか?

そんな方には発想の転換をおすすめします。
海外製食洗機はキッチンに組み込む必要はないんです。
シンクの横に食洗機を置く必要があるのは、予洗いが必要な食洗器を設置する場合や、その名残です。
海外製食洗機は予洗いをせずにお皿やお鍋を投入できますので、背面収納に配置することもおすすめです。

キッチンはハウスメーカーさんお勧めの物をお選びいただいて、背面収納に食洗器を組み込むことも可能です。
このお家では、高い位置に食洗器を設置しており、腰への負担を軽減しています。
フロートダイドコーロでは海外製食洗機をただ販売するのではなく、機器の特性を生かしたキッチンレイアウトなどもご提案しております。


パスタやうどんを生地から作りました!【ガゲナウ バキューマー】


家で過ごすことが多くなったこの頃、ちまたではキャンプや家で本格料理など
パーソナルに楽しく過ごす人が増えていますね。
さらに、家で過ごしているうちに家のあれこれを変えたい、新しくしたいという
欲求が増えていると聞きます…

そんな今だからこそ紹介したいのがガゲナウのバキューマーです。
バキューマーって聞きなじみのない言葉ですが、要は真空機です。
ビルトインで設置するタイプなので工事が必要ですが、見た目は圧倒的に格好いいですよ!

上はスチームオーブン、下はバキューマー

食材を真空パックする機械なので、定番の保存と最近人気の高い真空調理にも打って付け。
家電量販店で売られている小型真空機とは比べられないほど高性能です。
真空レベルは3段階あり、最も強いレベルで約99%の真空ができます。
この強力な真空で、パスタやうどんの生地をこねずに作ることだってできちゃいますよ!

軽く混ぜただけの状態で生地を真空にすると、水分が粉に自然と広がり
こねなくとも、コシのある生地になります。

今回は、フロートダイドコーロで一押しのキッチンツール、レズレーを扱っている
サンテミリオンの古屋さんにパスタとうどんを作っていただきました。
ちなみに、マルカートのパスタマシーンでパスタとうどんをカットしています。
スルスル切れる様は、見ていて気持ちがいいです。


パスタ作りは動画でも紹介中なのでぜひYouTubeチャンネルからご覧ください!
バスルーム キッチン専門店 / フロートダイドコーロ
https://www.youtube.com/channel/UCd39yUOENHnzBagTznasgrw

うどんでは、真空にしてから30分程休ませた程度で麺にしましたが
コシのあるいい麺になりました。一晩寝かせればもっとコシが出ますよ。
自宅で楽しめる、本格料理にバキューマーいかがですか?



海外製レンジ付オーブンといったら…【Miele G7000】

海外製のビルトインオーブンって、見た目もすっきりしていてかっこいいですよね。
日本ではオーブン調理より電子レンジ調理の方が一般的に多いので
電子レンジ付オーブンがあると便利です。
ちなみに、海外製では電子レンジ付オーブンはMiele〈ミーレ〉のみ。
さらに、ミーレでは新シリーズGeneration 7000 ビルトイン調理機器 20モデルを、2020年12月3日よ り順次発売していきますよ。
もちろん電子レンジ付オーブンも一新されました!

PureLine (ピュアライン)はガラス面がブラック、ドアハンドル周辺がステンレスのデザインです。

VitroLine (ヴィトロライン) は全体がグラファイトグレーのガラス面で統一され、よりキッチンデザインに溶け込む高級感溢れるデザインです。
各製品カテゴリーの最上位モデルが用意されています。

新シリーズではオーブンヒーターとレンジが同時に使用できるようになり、調理時間の短縮が実現できます。

オーブンも欲しいけど、レンジが中心という方におすすめです!


YOUTUBEチャンネルもぜひご覧ください

文字を読んで内容を把握することと、実物を見て内容を把握することだと、後者の方が理解しやすいかなと思います。
フロートダイドコーロではたくさんの輸入機器を展示していますが、外出を控えている方や、遠方の方にはYOUTUBE チャンネルがおすすめです。

たとえば、普通の水栓に見える下記の水栓ですが、動画で見るとわかる便利な機能があります。

動画で見ていただくと、便利な水栓だと感じていただけるかと思います。
この水栓のシリーズははフロートダイドコーロの中でもトップクラスの人気を誇っています。

他には海外製の食器洗い機も人気です。
「日本製と海外製って何が違うの? 」
「お店に行くほどじゃないけれど、ちょっと様子を見てみたい」
そんな方は1分ほどの動画からご覧いただくといいかもしれません。

動画ではきれいな食器を入れていますが、実際はカレー鍋や納豆を食べた茶碗、出し忘れた昨日のお弁当箱など、残菜を捨てて予洗い無しで投入していただけます。

こんな感じの海外製水まわり製品の紹介動画がたくさんアップされています。
お時間のある時にぜひご覧ください。


カラーバリエーション豊富なキッチンシンクあります!

オーダーキッチンといえば、サイズや機能面、デザインと好みに合わせて作れるのが最大の魅力です。
そしてキッチンの見た目に大きく影響するのが、色ですね。
色で全体的な印象を操作したり、そんな細かなところまで?!というようなこだわりを実現するポイントとしても欠かせません。

天板や扉の色や柄は数え切れないほど豊富です。
最近ではキッチン水栓やガスコンロやIH、レンジフードまで数~十数種類のカラーバリエーションから
選べるのが当たり前となっていますね。
そんな中、意外と盲点なのがキッチンシンクです。
キッチンシンクといえばステンレスが根強い人気があります。清潔感と清掃性に優れている点がいいですね。
人工大理石のシンクは、カラーバリエーションがありますが、材質的に染みや黄ばみが付きやすいのが難点です。

ステンレスのように 清潔で清掃性に優れ染みが付かず、なおかつカラーバリエーションもある・・・
そんなキッチンシンクが、じつはあるんです・・・!

カラー:ブラックメタリック

こちらのシンクは、ステンレス製のシンクにクリスタルガラス釉薬をコーティングし焼き上げることで
高い清掃性とインテリアとしてキッチンを彩るカラーバリエーションを両立しました。
表面はガラス層なので、カレーなどによる染みや黄ばみも大丈夫。
土台がステンレスシンクなので幅や奥行のサイズはお好みで作ることができます。
カラーバリエーションも豊富です。ショップに色サンプルもご用意していますので
気になる方はご来店の際にお声がけください!


オーダーキッチン設置現場です

フロートダイドコーロでは水まわりの設備機器の販売だけでなく、空間デザインのご提案なども行っています。
先日、オーダーキッチンを設計施工させていただいた、お引き渡し間近の現場にお邪魔してきました。

カウンターテーブル機能も備えたゆとりある広さのペニンシュラキッチンです。
背面収納の扉と、カウンター下部の素材が揃っているのはオーダーキッチンだからできることです。
もちろん、お施主様のこだわりが無ければ叶わないことなので、この景色を見せていただけたことは、とても貴重なことでとても嬉しく思っています。

水栓とシンク(排水口まで!)ブラックで重厚感と統一感が綺麗でした。
天板はセラミックストーンをご採用いただいたので、写真の通り重厚なデザインの魅力だけでなく、汚れが付きにくく、熱い鍋を置いたり直射日光に当たっていても変色しにくいなど機能面でも魅力的な素材です。

手前の扉は60㎝幅のGAGGENAU社の食器洗い機です。
予洗いせずに、カレーの鍋や納豆のついた食器などそのまま投入できるので、食器洗いのストレスから解放されます。

ずっと立っていただく場所なので、デザインも使い勝手もどちらも譲らずに、お施主様の希望をかなえられるキッチンを一緒に作っていけたらと思います。



野菜の日ですね

8/31は野菜の日ですね。
これは語呂合わせでわかりやすいです。
ちなみに1週前の8/24はドレッシングの日なんだそうです。
・8/31(野菜)の上にあるのでドレッシング
・8×3×1=24 野菜をかけると24なのでドレッシング
なるほど…わかりにくいですね。

カレンダーの並びから来る記念日と言えば毎月22日は、ローソンのプレミアムロールケーキに、お値段はいつものままでイチゴがトッピングされるのでうれしいです。
これは15(いちご)日の下が22日だからです。

さて、話がずれてしまいました。
野菜の日ということですので今の旬の野菜をいくつか挙げてみますと、ナス、パプリカ、トウモロコシ、枝豆、ピーマン、きゅうり、ズッキーニ、大葉、みょうが、新生姜、ニンニクなどがあります。

サラダはもちろん、BBQで網焼きにしたり、ラタトゥイユを煮込んだり、さっぱり浅漬けにしたりと、定番レシピが浮かんでくるおなじみの野菜たちです。
そんなおなじみの野菜のおなじみのレシピですが、調理器具を変えることで手間と仕上がりが変わります。

例えばラタトゥイユを作るなら、火の前で煮込むのではなく、鍋ごとオーブンに入れてしまうのはいかがでしょうか。

(画像はポトフです)
オーブンで煮込み料理をすると、野菜の煮崩れがほとんどなく、熱い思いもせず、希望の時間に温かな料理が仕上がっています。

焼き野菜はGAGGENAU(ガゲナウ)のBBQグリルで焼いてみてはいかがでしょうか。

このグリルは中に溶岩石が入っているので、素材の水分を残したまま、良い感じの網目をつけて焼き上げることができます。
チキンなど、塩コショウで焼くだけでごちそうになってしまいます。

浅漬けやマリネにはバキュームドロワーがおすすめです。

真空調理で作れば少ない調味液で、かつ短時間で味が染み込みます。

いつものレシピも改めて調理器具を見直すと新しい発見があるかもしれません。
フロートダイドコーロではこういった製品を多数お取り扱いしておりますので、お料理をより楽しみたい方も、お料をの手間を減らしたい方もお気軽にご相談ください。


オーダーキッチンでできること【理想を現実にしたい!】

キッチンの収納に悩んでいませんか?
食品類とカトラリーや鍋は分けて入れたいけど、いつの間にか混ぜこぜになっていたり
忙しいとついつい大雑把になってしまいますよね…
食品はここに、カトラリーはこの引出に、と決まっていればきれいで使いやすいキッチンを維持できます。
なかなか理想的な収納を探すのが大変ならば、理想を作ってしまうのは同でしょうか?
オーダーキッチンなら理想的な使い方を現実にできますよ!

調味料やスパイスなどの食品を決まった場所に収納すれば、必要な時にぱっと探し出せていいですよね。
そういったスパイスラックは、種類も豊富です。フロートダイドコーロではすっきりとした
デザインのものを使うことが多いです。

いっそのこと冷蔵・冷凍以外の食品をまとめて収納することも可能です。
背の高いこの収納は収納量が多くフレームが細いので
ラベルやパッケージが見やすいので探しやすいです。
ストックの管理もしやすいのでおすすめです!

かさばりがちなカトラリーは間仕切りがあると便利です。
調理ばさみや包丁の収納にも。

100円ショップなどで間仕切りを揃えて使うこともできますが
予めキッチンに組み込まれているとデザインもスッキリして素敵ですね。

オーダーキッチンだからできること他にもたくさんあります。
ぜひご相談ください!


お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11