カテゴリー: キッチン

よごれものVS食洗器

フロートダイドコーロでは月に一度、キッチンにご興味のある方を対象に、料理教室を通して海外製調理機器を体験していただくイベントを開催しています。

料理教室の前日は、食洗器の実力をご体感いただくために、いつも凶悪なよごれものを作成するという作業があります。
できるだけ自分が洗いたくないもので調理器具などを意図的に汚す作業は、すこしだけドキドキ、そわそわします。

カレーをじっくり焦がしてみました。
汚れがお鍋になじむように、一晩放置したら完成です。


実際のご家庭では、カレーを食べたら鍋だけじゃすまないですよね。

カレーとお米がへばりついた、人数分のカレー皿とスプーンもあるはずです。
小鉢やコップもそれぞれあることでしょう。
食後すぐに洗うか、水につけ置きして後で洗うか…
考えると少し憂鬱な気分になります。


ほかにも、納豆卵ご飯のお椀や、コーヒーやお茶を飲んで放置した口紅付きのカップ、グラタン皿、などなど、手ごわい汚れを色々再現しております。

ぜひ、料理教室を通して、食洗器はもちろんのこと、さまざまなキッチン機器の性能を体験してみてください。



欲望のままに欲しい物ランキング -2019年5月版-

2019年5月現在、スタッフの小長井が欲しいものを欲望のままにランキング。
設置の手間や場所、費用のことなどは置いておいて、ただ単純に欲しいものをまとめてみました。

こんなものがあるんだな、程度に気楽にお読みいただければ幸いです。

では早速、第3位!

DELTA(デルタ) トリンシック マットブラック

これはキッチンに付ける水栓です。
欲しいポイントとしては、タッチ式という機能面と、すっきりした色とデザインですね。
泡や油の付いた指で水栓に触れなくても、腕まくりした腕や肘で水をコントロールできるので、水栓の掃除が格段に楽になります。


続きまして、第2位!

GAGGENAU(ガゲナウ) ビルトインスチームオーブン

まず、見た目からして、格好良いじゃないですか。
オーブンってなかなか壊れないので、これから買うのならタンク式のスチーム付きがいいなと思っています。
加熱水蒸気方式だと油で揚げなくても、カリっと揚げ物のように仕上がるというので、ぜひ試してみたいですね。
焼く、煮る、蒸す、揚げる…そんなメニューができてしまう憧れのオーブンです。


さて、5月現在私が一番欲しい物、
堂々の第1位はこちらです!!

ASKO(アスコ) 食洗器 DFI675

お皿洗いは嫌いなので、鍋なんてもっと洗いたくない。
オーブン料理に使った、こびりついた食器を洗うのなんてほんと嫌な私にとっては、食洗器は欲しくてたまらないアイテムです。
包丁もセラミックを買って、食洗器に入れたいタイプです。

食洗機は各ブランドそれぞれの魅力があるので迷うのですが、今の気分はアスコでした。 この機種の魅力は、なんといっても大容量!
ラックの形が個性的で、椀やどんぶりなど深さのある食器を好む人には、特に相性がいいと思います。

熱風乾燥機能があるため、扉は閉じたままでお皿がカラッと乾くのもめんどくさがりの私にはうれしい限りです。



以上、5月現在、スタッフ小長井の欲しい物ランキングでした。


キッチンを広くしたい!


料理には様々な工程がありますよね。
食材を洗う、切る、置く、焼く。
それぞれの工程のためにシンクがあり、作業スペースがあり、加熱機器があります。
広くて食材や食器を洗いやすいシンクがあって、仕込み途中の食材や盛り付け用の皿を
広げて置けるスペースがあり、同時進行で加熱ができるような
多口のコンロがあったらうれしいですよね。

でも間取りの関係や予算の都合で大きなキッチンを取り入れるのは大変です。
もちろん掃除も大変ですよね。

広いスペースをとるのが難しいなら、どこかを狭くしたり妥協する必要がでてきます。
そこで今回は、シンクのスペースをどうするかについて考えていきたいと思います。

シンクの使い方といえば、前述したように食材を洗ったり、食器を洗う使い方が主です。
食器を洗う際に食器をまとめてシンクに置きたいという方は
やはり大きなシンクがあってほしいですよね。
ですがその分、作業スペースが削られていってしまいます。
せっかく広いシンクがあっても物を置いたり、切ったりするスペースが狭いと
作業がしづらくちょっとストレスを感じちゃいそうです。

そこでおすすめしたいのが段付きのシンクです。
写真のように段がシンク内についています。ここにプレートをひっかければ
あっという間に作業スペースが!

※ショールーム展示品のため色々な水栓を付けています。

可動式なので、使わないときは取り外せます。
しかもまな板として使えるプレートや水切り穴が開いたプレートもありますよ。
シンクの上で食材を切って、すぐさま汚れを水で流すことができます。
スペースを賢く使えば、普通のキッチンが広々としたキッチンへと変わります。
オーダーキッチンならシンクのサイズも自由に選べますよ!

アイランドキッチンなど人目に触れやすいキッチンに段付きのシンクを使えば
急な来客などの際に汚れた食器などをさっとシンクの中に隠して
プレートでフタをするなんてこともできますね!

大きなシンクとは全く逆に小さいシンクを取付けるのもありだと思います。
というのも、大きなシンクが必要なのは鍋や大皿などを手洗いするからですよね。
それならば、そもそも洗い物をしなければ小さいシンクでも問題ないはずです。

洗い物をしないなんてことが実際にできるのかと思うかもしれません。
しかし、結構できちゃうんです。そう!食洗機があれば!
特に今人気が高い海外製の食洗機なら、大容量なので鍋も大皿もお茶碗もまとめて
洗うことができます。しかも面倒な予洗いが不要です。
手洗いでの使用水量の約9分の1ほどしか水を使わない上に、省エネ設計なので
手洗いに比べてランニングコストが安くお得ですよ。

食器を洗う必要がなければ、大きなシンクも必要ないですから
シンクを小さくして作業スペースを大きくとったり、多口のコンロを取付けたり
することができます。
食洗機という手もなかなかありだと思いませんか?

今回はシンクについて考えてみました。
工夫することで間取りに合ったお好みのキッチンを実現することができるかもしれません。


海外製食洗機のお問い合わせが増えています

もともと、フロートダイドコーロにご来店いただく動機のトップクラスである、海外製食洗機に対するお問い合わせ。

ここ最近は、キッチン本体に組み込むのはもちろんんこと、背面キャビネットに組み込むスタイルのお話が増えています。食洗機で洗って、周囲の食器棚に仕舞うという動線は、無駄が無いのでおすすめです。

他には思い切って、こんな感じの作業台をダイニングに配置するのもいいと思います。

このOPENの部分にゴミ箱を入れます。

食べ終わった食器から大きな残飯を捨てて食洗器にINするので、予洗いをしないため
食洗機とゴミ箱が隣接してれば完結できるんです。
予算とスペースに余裕があれば、この上部に食器収納をつけるのもいいですね。

ご家庭ごとに、求めているものは異なりますので、ぜひお話を聞かせてください。

食洗機も国内外合わせて9台展示しております。
一度にたくさんのブランドを見比べられるショップはそう多くないと思います。


いつもの料理が変わる【GAGGENAU スチームオーブン】

煮る、焼く、蒸すetc.様々な調理が可能なスチームオーブン。できない料理は、炒め物と麺料理だけです。
海外製のビルトインオーブンといえば、洗練されたデザインや鍋ごと入る大容量が特徴といえます。
様々なメーカーがある中で、世界中で支持されるメーカーがこの
GAGGENAU〈ガゲナウ〉です。
ドイツで300年を越える歴史を持つガゲナウは、まさに憧れの存在です。
こだわり抜いた高い技術力が魅力です。

ビルトインスチームオーブンは、4段の天板用のラックがありますが
4段のどのラックに天板を乗せても均等に熱が伝わるように造られています。
通常、15度ほどの差が生じてしまうのですが、ガゲナウは、1~2度ほどしか誤差が出ません。
一度に、たくさんの調理をしても焼きむらなく均等に仕上げますよ。

ただ、焼いただけ、蒸しただけ、、、
それだけで普段の食材をグレードアップします。安いお肉もスチームでやわらかに。
特に煮物料理はおすすめですよ。焦がさずに鍋全体から熱がとどくため
火も味もしっかり入ります。かき混ぜる必要もないです。

もはやコンロの代わりにスチームオーブンを使ってしまいましょう。
食材を入れてスイッチを押すだけで、とっても美味しくなります。
手間をかけずとも毎日がごちそうですね。
調理にかける時間が減れば、家族や自分のために費やす時間も増えて
さらに幸せに楽しく過ごせること間違いなしです!


ASKO(アスコ)食洗器D5556XXL

スウェーデンの家電ブランド、ASKO。
デザインがかっこいいんですよ。

そんなASKOの最新カタログが届きました!
今後発売予定のワクワクする調理機器情報も載っております。

ガスコンロ、食洗器の他に、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、レンジフード、オーブンにバキュームドロワーまで!
ASKOでトータルコーディネートが楽しめます。

加熱機器はガスです。
直火で苦も無くチョコレート滑らかに溶かせるほどの超とろ火と、プロの料理人にも愛される超高火力でお料理が楽しくなります。

D5556XXLは現在日本国内に流通している家庭用食洗器で最大ではないでしょうか?
4段もラックがあるため、一度に大量の食器が洗えます。

また、他の海外メーカーは、ラックの深さは大体同じくらいなのですが、ASKOだけとても深いです。お椀やどんぶりを頻繁に使う方には、相性が良い機種と言えます。

1つご注意いただきたい点としては、D5556XXLは大容量のため、高さが85cmのキッチンには入りません。85cmの高さに入る他の機種もございますし、キッチンの仕様次第では入らない場合もございますので、スタッフまでお尋ねください。

ちなみに、D5556XXLの展示使用実機を展示品売却特価にてご案内しております。
ご興味がございましたらぜひ、お問い合わせください。


4/27 HOME CHEF開催レポート


先月3/30に開催したHOME CHEFに引き続き
今回も野菜ソムリエ プロの天野 友江先生にお越しいただき
キッチンセミナー HOME CHEFを開催しました!
当日は6名の方にご参加いただき、フロートダイドコーロで展示中の
海外製の調理機器を実際に使って料理していただきました。

今回も天野先生にご用意いただいた採れたてのおいしい野菜をふんだんに使い
本格的な料理をみなさんで作りました。
野菜のの中には初めて見るような野菜も!(名前がヨコ文字で忘れてしまいました)
野菜はGAGGENAU<ガゲナウ>のバーベキューグリルで…
遠赤外性の効果と野菜本来のおいしさが掛け合わさりとてもおいしいと大好評です!


講師と距離が近く、チームプレーで進めていくのが少人数制のいいところですね。
終始、笑い声の溢れる楽しいセミナーとなりました。
参加者のみなさん、ありがとうございました!

内容も料理もボリュームがあるため、再度参加されたいという方も多いです。
次回開催は5月19日(日) 10:00 ~ 13:00ですので
気になる方は是非ご連絡ください。電話、HP、店頭でご予約承ります。
次回からは夏向けのレシピをご紹介しますよ。




ガスかIHか・・・

リフォームや新築でキッチンを選ぶなら、自分好みの使いやすいキッチンが欲しいですよね。
そうなるとガスコンロにするか、IHにするか好みが分かれてきます。
いままでガスコンロを使っていた方は、ガスがいいという方も多いです。
かく言う私もずっとガスコンロを使っているので、家を建てたりする際は
ガスコンロがいいな~と思います。
ただ最近になってIHもありかも?と考えるようになりました。
少し前にお店に展示しているIHでお湯を沸かした時のことです。
驚きました。あっという間にすぐに湧くとはこのことかと。
電気の力、おそるべし。
ガスコンロでは、お湯が沸くまで結構待ちますよね。
フツフツしてからもちょっとかかります。
いつもガスコンロの前で沸騰をいまかいまかと待ち構えてしまいます。

お湯を沸かす以外にも、炒め物も焼きむらがでにくくていいですよね。
フラットなのでお掃除も楽です。
火を使わない分、安全ですよね。

ただ、ガスもやっぱり捨てがたいです。
中華鍋などはIHでは専用の五徳が必要だったりします。
IHはどうしても使える鍋が限られてしまいます。
一般的な土鍋は使えません。アルミや銅製のものも基本的には不可です。
その点、ガスは使えない鍋はほとんどないため楽です。

もしガスコンロを買うとしたら、超火力バーナーのついたコンロがいいですね。
超火力であおり炒めから、極とろ火でじっくり煮込み料理まで
ちょっと手の込んだ料理を作りたいときにあると料理の幅がひろがり楽しそうです。

結局、ガスもIHもどちらも欲しいという欲張りな結果になりました。
どちらもキッチンに取り付けることなどできるのでしょうか。

じつは、結構できちゃいます。
例えば2口のIHと1口のガスコンロを合わせれば3口の熱源がとれて
ちょうどいいサイズに収めることができます。
海外製では、GAGGENAU<ガゲナウ>のVarioシリーズやASKO<アスコ>の
1口超火力バーナー、AEG<アーエーゲー>の1口、2口ガスコンロなど
コンパクトなガスコンロやIHがでています。
日本製では、Rinnai<リンナイ>のマイチョイスシリーズなどおすすめですよ。

GAGGENAU Vario ※二口ガスコンロは日本での取り扱いはありません
AEG 二口ガスコンロ
HG30200B-B /二口IH
AHI326CA
ASKO 1口超火力バーナー
HG1365GB




HOME CHEF 開催レポート

3月30日(土)にFdcキッチンセミナー HOME CHEFを開催しました!
女性3名、男性1名の計4名にご参加いただき始まったHOME CHEFの様子をご紹介します。

4名とも各々でご参加いただき、はじめましての状態でスタート。
講師を務めていただいた天野 友江先生をはじめに、ちょっとした自己紹介を交えて
和やかな雰囲気で調理が始まりました。
天野先生の明るく気さくな人柄もあり、あっという間に笑い声の溢れる
アットホームな空間に。

今回のテーマは、「春のおもてなしレシピ」
天野先生おすすめの春野菜や珍しい野菜の数々を使ったメニューを作りました。
見た目にも美しい野菜たち。カラフルでかわいいですね。
作り方は意外と簡単なのにとっても本格的で美味しかったです!

フロートダイドコーロで展示中の海外製のキッチン機器を使っての調理に
参加者のみなさんも興味津々に楽しんでいただけたようです。
とくにGAGGENAU〈ガゲナウ〉のIHやバーベキューグリルは好評いただきました!

機器を使ってみて、調理したものを食べてみて伝わる魅力があると思います。
HOME CHEFは体験を通して、海外製キッチン機器の特徴を実感できる数少ない機会です。
ご興味のある方は、次回のHOME CHEFに是非ご参加ください!
次回は4月27日(土)を予定してます。(変更の可能性もあります)

デザートにはフレンチトーストを。
GAGGENAUのテッパンヤキを使い、みなさんで焼いてもらいました。
食用の花を散らして、見た目も素敵に…


いよいよ明日は調理イベント!

明日3/30はショールームの調理機器を実際に使って、調理をするイベント当日です。

とろ火コンロ で丸ごと玉ねぎをコトコト煮込む
溶岩石のBBQグリル で春野菜をシンプルに焼いてみる
大容量オーブン でラザニアをほったらかし調理してみる
そんな感じで、キッチンで調理する楽しさをお伝えする体験会です。

個人的な主観ですけど、 海外の調理機器は、料理を楽しむ方向に進化している気がします。
チョコレートを直火で簡単に溶かせる超とろ火から、 煽り炒めの中華料理や、フランベしやすい高火力も自在です。

日本は安心と手間のかからなさに向けて進化している気がします。
料理を失敗しない安心や、機器トラブルの回避、掃除のしやすさなどの安心です。
どちらもそれぞれ魅力がありますが、日本製の機器に比べて 海外製機器を知ってもらう機会はとても少ないと思います。 

ちなみに今回の講師は、てっぺん静岡でもおなじみの天野先生です。

海外製調理機器の魅力がわかりやすく伝わるお料理を相談したら、想像をはるかに超えるおいしそうなメニューをたくさん考えてくださって、今からとっても楽しみです。


ちなみに天野先生は野菜ソムリエコミュニティの会長さんでもありますので、時間次第では、これからの美味しい春野菜の見分け方や、切り方で変わる食感や味のお話もちょっと織り込めるかもっておっしゃってました。

イベントの様子は後日ブログでアップするかと思います。

気になった方はぜひ、次回はご参加くださいませ。