カテゴリー: キッチン

デザイン性と機能性。どちらも譲れない方へ【キッチン 浄水器】

暑い季節になると、つめた~い飲み物が欲しくなります。
ついついペットボトルのお茶やジュースを買ってしまいますが
経済的ではないですよね。
これから夏休みでお子さんが家にいる時間が長くなったり、部活動で水筒を
持っていくことも増えます。
冷蔵庫にお茶や麦茶の作り置きをしている家庭がほとんどではないでしょうか。

煮出して作ったり、水出しで作ったり。種類や好みにより様々ありますが
全てに共通していることといえば、「水」を使っていることです。
当たり前ですが、水分が無ければ飲み物として成り立ちません。
ウォーターサーバーやミネラルウォーターを使う家庭もありますが、一般的にはキッチンの水栓(蛇口)からですよね。

多くの過程では浄水器を付けていると思います。
浄水器専用の水栓を別に設けることもありますが、デザインがバラバラになったり
スペース的に厳しいという声も多いです。

大手メーカーで見る浄水機能付きの水栓はなんだかぼてっとしてます…
デザインか機能か…どちらかしか選べないなんて嫌ですよね!
私はどっちも欲しいです!
こんなお店に勤めていると、海外のめちゃめちゃかっこいい水栓を
毎日当たり前のように拝んでおります。
当然、そういった水栓を付けたいと思うわけですが
浄水器付きの海外製の水栓というのもなかなかレアです。

じゃあどうするのか。
かっこいい水栓のまま、浄水機能を付ける。そんなことが……

…できちゃうんです!!!
こちらの画像をみてください↓

水栓 DORNBRACHT(ドンブラハ)

給水管の途中に浄水器を設置しています。
ここを通ってお水がでるため、浄水されたきれいなお水がでるんですね。
画像の水栓以外にも、好きな水栓に取り付けることができます。
この画期的な浄水器はキッツマイクロフィルターのオアシックスプレミアムという製品です。

デザインを損なわせないで、浄水機能を備えることができるなんて
最高にありがたいです。
この浄水器は日本のメーカーで、性能も抜群!浄水器を通すことで
水の出が悪くなることもありません。

穴開けなどの工事はないので、今お使いの水栓に取り付けることもできますよ。
お湯と水がでる混合栓に取り付ける場合、給湯管からのお水は水道水のため
ぬるま湯にすると浄水と水道水が混じりますので、ご注意くださいね。
浄水だけを使う場合は、レバーなどを給水に振り切ればOKですよ。


オーダーキッチン、いかがですか?

日本で家を建てた場合、キッチンやお風呂は大体、大手メーカーさんのショールームに見学に行って選択されますよね。
メーカーキッチンはなんといってもスケールメリットがありますね。
大量に作ることで、高品質な素材でも、価格を抑えて販売することができます。
もちろんフロートダイドコーロでもお取り扱いしております。

ただ、毎日使う場所なので、こだわりの強い方も多く、設備や配置、高さ、デザインなど自分の理想に合うものが無い場合はオーダーキッチンという選択肢もあります。

例えばシンプルなステンレスキッチン。
衛生的で、作業スペースが広く確保されています。

食洗機があるため、シンクで鍋など洗う必要が無く、シンクを小さく設計することもできます。
そうすると作業スペースが確保できるので、キッチン自体を小さくしても、機能性が十分確保できます。

この事例では、シンクは小さくせず、多機能シンクを採用しました。
まな板や作業プレート、水切りプレートを内蔵しています。


他にはこんなキッチンも施工しました。

天板にセラミックストーンを採用した、L字キッチンとアイランド作業台です。
レンジフードもキッチンと同じ面材で覆っているので、悪目立ちせず美しく収まりました。
海外製オーブンは、ガスコンロの下に配置しなくていいので、目線の高さにビルトインすることで重たいグラタン皿の出し入れや、焼き色のチェックがしやすくなります。

扉は、こんな開き方にもできます。
こまごまとした、電子レンジやトースター、コーヒーサーバーなど蒸気レスの家電をこの扉の中に仕舞ってしまえば、見た目がすっきりとしますし、使うときも不便はありません。

アイランドの作業台です。
手前のスライド棚部分は炊飯器を置きます。上部についているのは蒸気排出ユニットです。
奥の空間にはゴミ箱を入れます。

キッチンに対して求めるものはそれぞれ皆様異なります。
オーダーキッチンなんて、一部のこだわりの強い人がやる特殊なことだなんて思わずに、まずはお気軽にご相談ください。


毎日使いたい!ビルトインオーブンで食卓を華やかに。

新しいキッチンを入れるなら、どんな調理家電を買おうか、悩みますよね。
炊飯器やミキサー、トースター、エスプレッソマシン…
普段の調理をサポートしてくれるありがたいアイテムです。
そんな中でも、お料理好きなら絶対あってほしいと思うのが
オーブンだと思います!


オーブンといえば、家電量販店で見かける置き型がほとんどです。
結構大きな家電ですから、どこに置こうか、コンセントどうしようか考えなければならないです。
しかし!新しいキッチンを入れるなら、思い切ってビルトインすることだって
できちゃうんです!!
置き場もコンセントも予め用意できる。
憧れのアイレベルにオーブンを設置できる。もちろんコンロ下も可。
そして、ビルトインオーブンは庫内が広い!

庫内が広ければ、料理の幅がグッと広がります。
置き型では庫内が狭く難しかった鍋調理も余裕。
じつはオーブンって、鍋ごと入れた煮込み調理が得意なんですよ。
上下左右から均等に熱が伝わるため、かき混ぜる必要もなくムラなく火が通ります。
材料と味付けをしたら、鍋ごとオーブンへ!手を掛けずに美味しい煮込み料理ができちゃいます。
忙しい日でも、もう一品をオーブンに任せれば簡単に豪華な食卓に。
もう手抜きなんて言わせません!

白米とけんちん汁をオーブンで。
ツリーパン、オニオンスープ、デザートにベイクドアップルをまとめて調理。

お菓子作りや特別な料理をするイメージが強いオーブンですが
日常使いこそその能力を発揮します。
オーブンをコンロと並ぶ調理機器として活用してみてはいかがでしょうか。

ビルトインというと海外なイメージですよね。
日本でも海外製ビルトインオーブンを取り入れる方が増えています。
日本で人気が高いオーブンといえば、Miele(ミーレ)でしょうか。
ドイツのメーカーで、日本の大手メーカーのキッチンカタログにも載っていたりします。
電子レンジ付きオーブンがあるのは、今のところミーレだけです。
日本人の使い方に合ったオーブンですね。

Miele

世界最高峰のオーブンをお探しなら、やはりGAGGENAU(ガゲナウ)です。
こちらもドイツのメーカーで、値段以上の優れた性能が世界中から高い評価を得ています。
いつもの普通の食材を焼くだけでごちそうに変える、そんなオーブンです。

GAGGENAU

価格と機能のバランスが良いのが、AEG(アーエーゲー)のオーブン。
様々なアシスト機能があっても全く使わない、複雑な機能は要らないという方におすすめです。
高い操作性とシンプルながらも充分な機能、確かな性能が特徴です。
AIなどにおまかせよりも、自分好みに使いたいお料理好きの方に満足いただけるオーブンですよ。

AEG

ここまではすべて電気オーブンでしたが、やっぱりガス派!!にご紹介したいのが
Bertazzoni(ベルタゾーニ)のガスオーブン。
食の都、そして物作りの国としても名高いイタリアのメーカーです。
食に厳しいイタリア人に愛され、世界60ヵ国に展開しています。
力強いガスの火力が、電気オーブンにはないスピードと仕上がりを生み出します。
操作は驚くほどシンプルで、ノブが3つ。温度とタイマーとコンベクションファンの設定だけ。
長い付き合いになるオーブンだからこそ、普遍的な使い勝手を追求します。

Bertazzoni

気になるオーブンはありましたか?
私は、お金が許すならガゲナウのオーブンが欲しいです…
だって焼くだけで美味しくなるなんて最高じゃないですか!
今のうちにキッチン用の貯金でも始めよう…かな……


28日は鶏の日

26日くらいには、もうすぐ鶏の日だなと覚えているのですが、当日は大体忘れてしまっていて、30日以降に思い出します。
鶏の日には何があるのかと言えば、そう、某フライドチキンチェーン店の鶏の日パックというお得な限定商品が購入できるのです。

あの味付けはなかなか自宅では出せないことと、なにより揚げ物を作るのが面倒なので、できれば作るより購入したい派です。

とはいえ、たまには揚げ物を作らなければならないこともあるでしょう。
そんな時に、すこしでも快適に作業できるキッチンの設備をご紹介します。

1.シンク

多機能なシンクは、まな板やバット、水切りを必要に応じてシンク内に設けることができます。
シンク内で作業できると、こぼしてしまった卵液や粉類もさっと流せるので便利です。

2.水栓

人の体にある静電気に反応して、水を出したり止めたりできる水栓です。
粉や油のついた手で水栓を触らなくていいというのは、一度体感してしまうとあまりの便利さに、普通の水栓に戻れなくなります。

3.食器洗い機

食器洗い機は、大容量の物がおすすめです。
お湯だと熱で固まってしまう、粉や卵。たっぷりと油の付いた鍋や食器。
全て食器洗い機に放り込んでしまいましょう。


めんどくさいや煩わしいが減れば、料理の時間はもっと楽しくなります。
気軽に揚げ物をしやすい環境が整えば、お家で某フライドチキンチェーン店のフライドチキンやビスケットの再現レシピに挑戦してみようかな、なんて気になれるかもしれませんね。


待望の新製品登場です!【BOSCH 食器洗い機】

フロートダイドコーロで最も問い合わせが多いのは海外製食器洗い機です。
食器洗い機は共働きや子育て世代、シニア世代の家事負担を軽減してくれる優れもの。
その中でも海外製は予洗い不要、省エネ節水、大容量で1日分をまとめ洗いできるため
家計にも、環境にもやさしいのが特徴です。

そしてこの度、BOSCH(ボッシュ)から新しい食器洗い機が発売されます!
オールドアタイプ、カトラリートレイ付の食器洗い機です。
以前のオールドアタイプではカトラリーバスケットでしたが
この製品では広々としたカトラリートレイが搭載されました!

BOSCH SMV46TX016 60cm幅

お箸や豆皿などをおくのにぴったりです。フライ返しやお玉などにもちょうどいいですね。
洗いにくいおろし器やピーラーなんかもカトラリートレイにドンとおいて洗ってしまえば
手で洗うよりもきれいに洗いあがりますよ。
ちなみに、BOSCH食器洗い機で大好評いただいている乾燥促進システム ゼオライトドライも搭載しています。


BOSCH SMI69N75JP カトラリートレイでの使用例

オールドアタイプは海外で人気が高く、ドアパネルをキッチンと揃えれば
インテリアの一部として空間に溶け込みます。
そこに食器洗い機があることに気づかない程です。

※海外での使用イメージ

カトラリートレイ搭載でさらに使いやすくなったBOSCH 食器洗い機について
気になる方はぜひお問い合わせくださいね。
☏ 054-202-7870 営業時間10:30~18:00 定休日火曜
Float dyed coalo | フロートダイドコーロ
メールはこちらから→ CONTACT


調理法でうまみが変わる。枝豆を焼いてみよう


夏と言えば!よく冷えたビールとほこほこの枝豆!!
よくできたもので、枝豆の旬は夏です。今美味しくいただかなくては、もったいないです。

そんな枝豆ですが、一般的な調理法は塩ゆでだと思います。
たまにおしゃれな居酒屋で、たまに焼き枝豆が出てくると、「なんだかおいしい気がする」「ちょっといい豆なのかな?」と思っておりました。

じつは、枝豆は焼くと美味しくなるんです。
枝豆はもともと糖を含いません。加熱されることで酵素が働き、糖が作られます。この酵素は、50℃~70℃の間で活発に働くため、じっくり加熱するとうまみがUPします。沸騰したお湯に入れてしまう塩ゆでだと、一気に過熱されるのでうまみを引き出す時間が短くなってしまいます。

初夏が旬のそら豆も、少し弱めの火でじっくり皮が焦げるまで焼いたら、美味しいと評判でした。


このちょっと見慣れない、調理機器が今回ご紹介するアイテムです。

そら豆が載っていないと、こんなヴィジュアルをしています。
バーベキューグリルという商品名で、お肉、魚、野菜など焼くだけでふっくらジューシーに仕上げてくれます。
その秘密は要岩石の遠赤外線効果!
網の下には、溶岩石が敷き詰められています。

これで焼いたら、枝豆も驚きのごちそうになります!



ブランド名:GAGGENAU(ガゲナウ)
製品名: バーベキューグリル
品番: VR 230 434 
寸法 : W×D×H 288×523×108.5 mm

ご予約をいただいた上で、食材をお持ち込みいただけば、実際にお使用いただく固とも可能です。
また、本機をはじめとした輸入調理機器を体感していただく料理教室も、第三土曜日に開催しております。
お気軽にお問い合わせください。



とことん理想を追い求めたい【mabe 冷凍冷蔵庫 Fdc別注仕様】

じつは最近、冷蔵庫のカタログを新たに発行しました。
SNSでもカタログを出したことを紹介したので多くのお問い合わせ
資料請求をいただいています。嬉しい限りです。

どんな冷蔵庫かというと…

マットブラックの冷蔵庫(冷凍冷蔵庫)です。かっこいいですよね!
冷蔵庫は白物家電といわれてますし、やはり白が多いです。
清潔感はありますけど、全体のインテリアとしてみるとちょっと浮いて見えることがあります。
例えば、男前なインテリアで、キッチンやリビングをコーディネートしたのに
真っ白な冷蔵庫を置いたら目立ちますよね。せっかくのインテリアが台無しです。

もちろん、大手メーカー各社とも白以外にも冷蔵庫はあります。
ですが、この冷蔵庫は他とは一線を画します!

なにがそんなに違うかというと、色のバリエーションです。
なんと600色から好きな色の冷蔵庫を選べるんです!


そしてこのマットブラックはフロートダイドコーロ別注仕様…
マットな質感が他にはない特別な冷蔵庫です。

インテリアと合わせて、アクセントとして。
こんな冷蔵庫待ってた!という方いらっしゃるのではないですか?
気になる方は是非お問い合わせくださいね。カタログもお送りしますよ。
お問い合わせはこちらからhttps://www.969001.net/contact.html


飽きるほど燻製が食べたいです。

ただただ燻製を作る日常を描いたマンガ、いぶり暮らしを読みました。

この2人が毎回毎回いろんなものを燻製にするんです。

茹で卵の燻製じゃなくて、味玉状態にしてから燻製にして、その卵でタルタルソースやポテトサラダを作っちゃったり。調味料を燻製したり、枝豆を燻製したり、燻製したサバのサンドイッチもおいしそうでした。これからの暑くなる季節、燻製とビールなんて最高ですよね。

そんなわけで、今私は燻製に興味深々なんです。
とはいえ、毎回屋外でBBQは面倒ですから、準備と片づけが簡単で、かつ室内で気軽にあれやこれやとスモークしたいわけです。

そこで私が今気になっている商品はこちら!


レズレー社のマルチスモーカー!

値段設定は安価ではありませんが、このマルチスモーカーは1台3役なので、じつはかなりお得なアイテムだと思います。

まずは、スモーカーとして。
ベランダで段ボールスモークも楽しそうなのですが、におい問題でお隣さんからクレームが来るかもしれません。このスモーカーはシリコンの付いた蓋なので、においの漏れは少ないのですが、さらにコンロの上でスモークするので、換気扇で排気できます。
さらに蓋に温度計をはめ込んであるので、温度管理がしやすいです。
持ち手は金属なので熱くなりそうに見えますが、もちろんそんなことはありません。すっきりしたデザインと機能性が両立しています。

さらに、お鍋としても使えます。
レズレーのお鍋やフライパンは、その性能の良さから、キッチン機器の高級ブランドGAGGENAU(ガゲナウ)からも推奨品としてお墨付きをいただいております。

食材を支える金属網がありますから、鍋にお湯を張れば蒸し器にもなります。

楽に扱える調理機器が増えると、今まで挑戦しようとも思わなかった料理も気軽に作るようになります。料理下手の私からすると、燻製や蒸し料理が気軽に食卓に並ぶって、なんだか料理上級者っぽい感じがします。

ニンニクが入っている餃子や缶詰なんかも気軽にスモークしてみるとおいしいみたいです。
…ブログを書いていたら、なんだかおなかがすいてきました。


以上、金曜日のブログ当番 小長井でした。


キッチンにあったら、ちょっと便利だなと思える機能


フロートダイドコーロではオーダーキッチンや背面収納も作成しております。

海外製の食洗器やオーブンをビルトインするにあたって、それならここを広くして…ここは予算を抑えて…使いやすいようにこっちは高さを変えて…
なんていうお話の中で図面案を作っていきます。

オーダーキッチンのパーツを探していると、ふいに魅力的なパーツを見つけることがあります。
そんなちょっと便利なパーツを少しだけご紹介しますね。

口数とかいろいろあるのですが、これは目隠し付きコンセント。
マットな質感なのでそもそも悪目立ちしにくいのですが、隠してしまうことができるという。
写真の商品は3口なので少し大きいですが、2口や1口はもっとスッキリします。

最近では百均やホームセンターのケースをうまく組み合わせて、きれいに収納されている方も増えていますね。
キッチン用に特化されたデザインや強度のアイテムなので、同じようにプチプラとはいきませんが、このまな板立てなど便利だなと思います。

せっかくキッチンを考えるのなら、必要なものと不要なものをきちんと取捨選択しながら、理想のキッチンを作りたいですね。
他にも小技のきいたアイテムはたくさんありますので、少しずつご紹介したいと思います。

以上、金曜日のブログ当番、小長井でした。


5/19 HOME CHEF開催レポート

5月19日に開催した海外製調理機器を体験していただくキッチンセミナー
HOME CHEFの様子をご紹介します!
今回は日曜日に開催し、6名の方にご参加いただきました。
リピートで来てくださった方もいて嬉しい限りです。

最近はだいぶ暑くなってきましたので、天野先生に初夏を楽しむメニューを
考案していただきました。
メインはまるで専門店で食べるようなハンバーガーです!
野菜ソムリエ プロである天野先生が厳選したお野菜を好きなだけ挟んで
オリジナルバーガーを作りましたよ。
どんな重ね方にするかも楽しめるメニューですね。


牛100%のパテは焼き目を付けてからオーブンでじっくりふんわり焼きます。
焼き目を付ける際は、使ってみたい加熱機器で各自で焼いてもらいました。
IHにするかガスコンロにするか…はたまたテッパンヤキにするかはお好みで!

バーベキューグリルではそら豆を鞘ごと焼きました。
焼いただけなのにとても美味しいと評判です。溶岩石を使ったバーベキューグリルだからこそですね。

次回からは、なんと定期開催になります!!毎月第三土曜日を予定しています。
講師はもちろん、天野 友江先生ですよ!
ご興味のある方はぜひご参加ください。次回は6月15日(土)です。
詳細とご予約方法はこちらから