カテゴリー: バスルーム

お風呂ライフ楽しんでますか?

本日は10/26、いーおふろの日だと思いましたので、お風呂のお話です。
ちなみにお風呂の記念日は2/6と毎月26日だそうです。
無理が無い語呂合わせで好感が持てますね。

日本でこれから家を建てる方は99%以上がユニットバスを採用されることでしょう。
そんな現代社会において、個性的なお風呂のご依頼をいただけるというのは大変ありがたいことだと思います。

木や石、タイル、ホーローなど実は浴槽周りには意外とたくさんの素材をお選びいただけます。
また水栓も国内外問わずたくさんのデザインがあり、カラーを揃えてみたり、形状にこだわってみたりと選択肢は果てしなくあります。

水まわりのトラブルは家に深刻な被害をもたらしてしまう可能性があるため、住宅会社さんも工事的な面から見て、ユニットバスを勧められることがほとんどだと思います。

ただ、もし、今回アップした写真のようなバスルームにご興味のある方がいらっしゃいましたら、フロートダイドコーロまでお問い合わせいただければ嬉しいです。


賢くキレイに使える!先進的な洗面水栓のご紹介【DELTA tesla】

手洗いがかかせない日々が続いています。
今までも外から帰ってたら手洗いうがいは必要でしたが
私なんかはめんどくさがりなので結構ササっと洗って終わっちゃってました…
(今は念入りに洗っています!手荒れするくらいに!)
効果的な手洗いは指先や指の間、手首も含めてしっかり洗う必要があります。
バースデーソング2回分、約30秒間洗剤で洗うのがいいらしいですよ!

30秒も洗剤で洗っていると、当然一度水を止めたいですよね。もったいないですし。
でも、水栓のハンドルやレバーをいちいち閉めたり開けたりすると
水栓に泡が付いたり、水で根本がビシャビシャになっちゃいます。
こんなご時世だと、手を洗ったのに汚い手で触れたハンドルをもう一度触るのもなんか気になりますよね。

自動で水が出せる洗面用の水栓はいっぱいありますが
フロートダイドコーロのトイレでも使用しているDELTA<デルタ> タッチ&センサー機能付の水栓はとても便利です!

このブログでも度々紹介しているDELTA<デルタ>ですが、水栓を触れると水の出し止めができるタッチ水栓が有名です。
(詳しくは過去のブログをご覧くださいませ→)
キッチンではこのタッチ水栓がおすすめですが、洗面所ではタッチ&センサーが使い勝手がいいです。
先述のタッチ機能に加えて、手をかざすと水がでるセンサー機能を搭載しています。
タッチとタッチレスが共存している面白い水栓です。
センサーで水を使う場合、手をかざし数秒間水がでて自動で止まります。
一般的なセンサー水栓と同じように使えます。
そしてタッチ機能を使うと、一度触れてもう一度触れるまで水を出し続けることが可能なんです。
例えば、水を溜めたいようなときに、センサーだけだとずっと手をかざす必要がありますが、タッチ機能があればその手間が要りません。

普段はセンサー機能を使い、他の用途ではタッチ機能といった使い分けができるのがいいですね。
ちなみに、レバーを操作すると水量と温度調整が可能です。
レバーで水を止めてしまえば、タッチ機能もセンサー機能も止めることができます。
水を使いたくないときにセンサー機能が発動するのを止めることができるのはありがたいです。
さらに動力は乾電池なので、コンセントなど必要ありません。

必要な時に必要なだけ水を使う。手洗いが深く浸透した今だからこそ実践したい目標です。
そのサポートとして活躍すること間違いなしの水栓です。


水栓もインテリアの一部として楽しみたい!

洗面台やキッチン、お風呂には当然ながら水栓(蛇口)がついていますよね。
イメージでいいので思い浮かべていただけますでしょうか。

イメージした水栓は何色でしたか?


こんな感じのピカピカのシルバーをイメージした方がほとんどではないでしょうか。
光沢のあるクロムメッキ塗装で一般的にクローム色と呼ばれる色です。
昔から水栓といえばクローム色ですよね。
公共施設やデパートなどでも多く採用されています。

不思議なのですが、キッチンやバスルームを決める際には、キッチンのワークトップの色、
バスタブの色などいくつか選べますが、
なぜ水栓はクローム色がほとんどなのでしょうか。
せっかく周りの色をコーディネートしたのに、水栓だけギラギラのクローム色なのは
不思議な感じがします。もちろん、クローム色は合わせやすい色なので
コーディネートが台無しになるようなことはないと思います。
ただ、細部までこだわりたい方にとっては、気になる部分です。

水栓も含めたコーディネートをしたい…!
そんな方におすすめなのが、海外製のカラー水栓です。
日本製でもカラー水栓はありますが種類が少ないので、デザインもカラー展開も
豊富な海外製の方が、好みの物を選べると思いますよ。

カラー水栓を使ったキッチンやバスルームのイメージはこんな感じです↓

インテリアとして、キッチンやバスルームをとらえてみると
どんどんこだわりたくなってきますよね。
実際、キッチンなどは使っている時間よりも使っていない時間が長いです。
リビングダイニングからみたキッチンが、インテリアの一部として存在している…
想像しただけでも暮らす喜びがこみ上げてきますね。

イメージに上げたようなキッチンやバスルームは、既製品のシステムキッチンやユニットバスでは難しいです。

選択肢としては、オーダーキッチン、在来バス、特注ユニットバスになります。
量産型に比べて当然、お金も時間もかかりますが、とことんこだわりたい方は
ぜひ検討してみてくださいね。


お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11


憧れのパウダールーム


SNSなどで海外のインテリアをみるとその自由さに憧れてしまいますね。
いつか家を建てるならこんな風にしたい!というアイデアで溢れています。
実際にこれから家を建てる方や検討している方はついつい熱中してしまうのではないでしょうか。
リビングのみならずバスルームやパウダールーム、キッチンなども気になりますよね。

イメージ:DURAVIT〈デュラビット〉

日本では洗面台がセット品になっていることが多いです。
使い勝手がよく、収納が豊富なのが特徴かと思います。
最近ではデザインも増えていますが、こだわりたい人にはまだまだ物足りないのではないでしょうか。
せっかくのマイホーム、こだわりたいですよね。
意外と盲点かもしれませんが、そもそもセット品から選ぶ必要はないのです。

水栓も洗面ボウルもミラーもカウンターも一つひとつ選んで組み合わせていくことが理想的です。
ただ世界中にそれぞれのメーカーがあり、製品があり、選択肢は数え切れません。
たとえ欲しい水栓や洗面ボウルがあっても組み合わせができるものなのかも考えなければいけません。
(そういう点ではセット品はありがたいです…)
全てを比較するわけにはいかないけど、妥協したくない、こだわりたいという方は
もちろんいらっしゃいます。
フロートダイドコーロではそういった方のこだわりやイメージをもとに
パウダールームや洗面キャビネットのご提案もしていますよ。

フロートダイドコーロで展示中です

こちらはフロートダイドコーロオリジナルの洗面キャビネットです。
ワイド1200mmの広々としたシンクやローズゴールドカラーの水栓が目を惹きます。
キャビネットの表面にはFENIXという高機能面材を使用しています。
こういった他にはない洗面キャビネットをお探しならぜひご相談ください。

フロートダイドコーロで展示中です
フロートダイドコーロで展示中です





新型コロナウイルス…思わぬ余波です。

先日のブログでもお伝えしましたが、新型コロナウィルスの影響が住宅業界にも出ています。
どんなに僅かな部品にでも中国製品を使っていれば、部品が入ってこないため製品自体が作れません。
既に国産メーカーの食洗機やコンロ、トイレ、ユニットバスなど住宅設備注文が受け付けてもらえない製品が多数出ています。

こんな時に、あまり売り込みのブログを書くのもどうかとは思う気持ちもありますが、こんな時だからこそ海外製の住宅設備も検討の視野に入れてもらえればいいなと思います。

日本で家を建てるとなると、やはり大手メーカーさんのシステムキッチンやユニットバスをご覧になられて設備を決められる方がほとんどです。
日本人の気質に合った製品を、大量生産でコストパフォーマンス良く作られた製品ですので勿論魅力的です。

ただ、海外製もまた違った魅力があることをこの機会にぜひ知っていただきたいです。

カラーバリエーションやデザイン性に優れていたり、容量が大きいことで使いやすかったり、作りがタフなので思い切り使い倒してもらってOKだったり…

国内メーカーも海外メーカーもそれぞれ異なった魅力があります。
世界規模のマーケットに向けて生産されているので、現在のような混乱した状況下でも在庫のある製品もまだまだあります。

もしよかったら、一度フロートダイドコーロに海外製住宅設備機器を見に来てください。




深刻な便器不足。海外製品でしたら在庫がございます。

新型コロナウィルスの影響が住宅業界にも出ています。
どんなに僅かな部品にでも中国製品を使っていれば、部品が入ってこないため製品自体が作れません。
既に国産メーカーの食洗機など住宅備え付け家電も在庫に限りが見えてきておりますが、特に深刻なのは便器です。
温水洗浄便座や、それをセットした製品は現時点で注文不可能な状況の物もあります。

そんな中 Duravit (デュラビット)社のスタルクデザインの洋風便器は即納可能で 本日2/28現在、在庫数もございます。

エンドユーザー様もプロユーザー様もぜひお気軽にご相談ください。

メーカー:Duravit
製品名 :Starck 3(スタルク3)
セット価格:定価488,000円(税別)
  (お問い合わせをいただきましたらお見積りさせていただきます)
納期:即納可

< 特徴 >
・日本仕様
・温水洗浄便座
・節電・節水
・ステンレスノズル
・ナイトライト (夜間ほんのり明るいセンサーライト)
・ワイヤレスリモコン (オーナーシートポジション)
・リフォーム対応仕様あり (排水芯調整可)

もちろん メンテナンスは全国対応です。
詳しい内容等はお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらからどうぞ。




マットな質感が魅力です

フロートダイドコーロではバスルームやキッチンの設備機器を扱っており
海外製のデザイン性に優れた製品を豊富に取り扱っています。
日々新製品が登場する中、マットな質感の製品がとても増えてきています。

水栓でいえば、マットブラックやマットホワイトなど、
いままでのツヤツヤのクローム(シルバー)色とは異なるカラーも人気が高まっています。

フロートダイドコーロ 展示

水栓に限らず、マットな質感の洗面ボウルも登場していますよ。
目を惹く存在感を持ちながら、空間の中に溶け込むのが魅力的です。

SCARABEO 4月1日 発売開始


クローム色の水栓とホワイトの洗面ボウルでは、ありきたりでつまらないという方におすすめ。
水栓と洗面ボウルを両方ともマットにしたり、どちらか一方をマットに。
なんて使い方も素敵ですね。

DURAVIT 洗面ボウル
フロートダイドコーロ 展示

今回は洗面の水栓と洗面ボウルをご紹介しましたが
バスルームのシャワーやキッチンの水栓、カウンター材などでもマットな製品を
扱っているので、こんなのある?というご希望あれば
是非お問い合わせくださいませ!
フロートダイドコーロ WEBサイト↓
https://www.969001.net/


快適な洗面空間を目指して。【LED内蔵ミラー】

毎日、朝晩と必ず使う洗面室。朝の身支度を効率よくするにも、
一日の終わりにゆったりとしたバスタイムを楽しむのにも、
快適な洗面空間が欠かせません。

水栓、洗面ボウル、収納、照明、タオル掛けなどのアクセサリー等々、
洗面空間に必要なものは多くありますが
今回は、ミラーをご紹介したいと思います。

身支度にはミラーが欠かせません。そして照明も。
いわゆる女優ライトがあると、顔に影ができずお化粧がはかどりますね。
ミラーの横に照明をつける方法もありますが、
今回ご紹介したいのがLED内蔵ミラーです。

こういった海外のインテリアアイディアやイメージでもよく見かけます。
内蔵されているため表面はフラットで、見た目もすっきりとした印象ですね。

フロートダイドコーロで扱っているLED内蔵ミラーがこちら!
↓↓↓

フロートダイドコーロ Multi Mirror |マルチミラー

このミラーは、内蔵のLED照明と曇り止めヒーター、そしてBluetoothで音楽が聴ける
スピーカー内蔵のマルチなミラーなんです!
操作ボタンもミラーに内蔵でタッチ式。
近未来的な感じがしてちょっとワクワクしちゃいますね!

もうひとつがこちらのミラー↓↓↓

フロートダイドコーロ Honest Mirror |ホーネストミラー


両サイドにLEDを内蔵した収納機能が付いたミラーキャビネットです。
何かとモノがあふれかえる洗面室。ミラーにも収納があるととても便利です。
ミラー兼扉があるので収納したものは普段は見えません。
生活感を気にせず使えるのもポイントです。
照明の操作方法は左下のセンサーへ手をかざすだけ。触れることなくさっと点けて、さっと消せます。
こちらも曇り止めヒーター内蔵で、照明と連動してオンオフできますよ。

どちらのミラーもサイズ展開が豊富!
マルチミラー ※縦横の方向性はありません
・900mm×600mm
・900mm×900mm
・1200mm×900mm ※掲載画像のサイズ

ホーネストミラー
・W600mm×H650mm 一面鏡
・W600mm×H900mm 一面鏡
・W750mm×H900mm 三面鏡
・W900mm×H900mm 三面鏡
・W1050mm×H900mm 三面鏡
・W1200mm×H900mm 三面鏡 ※掲載画像のサイズ

マルチミラーのサイズ違いとホーネストミラーのW1200mm三面鏡とH650mm一面鏡を展示中です。
お越しの際はぜひご覧くださいね。
気になる製品ありましたらお気軽にお問い合わせください!


お風呂のオーダー承ります

日本の住宅はほぼユニットバスが採用されています。
大手メーカー各社が創り出すユニットバスは
・誰にでも簡単に施工できて
・難しい技術無しで水漏れしなくて
・大量生産でコストカット
という優れものなのです。

では、ユニットバス以外にどんな選択肢があるのかと言いますと、【在来浴室(ざいらいよくしつ)】、いわゆるオーダーのお風呂になります。

壁、床、天井、浴槽、水栓、形や大きさも自由にデザインできます。
デメリットはユニットバスとは対照的に
・誰にでも簡単に施工できません。
・安易な施工は水漏れのリスクがあります。
・大量生産できないのでコストは割高になります。

ただ、完成した現場を見ると、やはりこだわりのあるお風呂はいいなと思える素敵な空間に仕上がっています。
今回はフロードダイドコーロでの施工実例をご紹介します。

こちらは全面改修の戸建て住宅です。
十和田石と檜の浴槽、横には常滑焼の丸い浴槽を水風呂として使っています。
浴槽の素材も豊富な選択肢から選べることが在来浴室の魅力の一つです。
例えばこの浴槽には一部檜が使用されていますが、滑らかな肌触りと木の香りは檜ならではです。
半面、腐らないように乾燥させたり、乾き過ぎないように長期旅行時などは水を入れた桶を近くに置いておくなどケアが必要です。

ユニットバスでもよくつかわれているFRP。
海外のホテルなどでおなじみの鋳物ホーロー、鋼鈑ホーロー。
デザイン次第でスタイリッシュに仕上がるステンレス。
独特の風合いと重厚感が魅力の焼き物や天然石。
香りと肌触りが魅力的な檜をはじめとする木製。
などなど、浴槽の素材だけでも本当は豊富な選択肢があります。


そこまで個性的でなくていいけれど、ユニットバスでは物足りないといった方には、ハーフユニットのお風呂がおすすめです。

こちらはフロートダイドコーロオリジナルのハーフユニットのバスルームです。
壁と床、水栓金具を選んでいただく点はユニットバスと似ていますが、ユニットバスは壁の面ごとに大きなバスパネルをはめてあるので少し平坦な印象になります。
そのおかげで、お手入れがしやすいというメリットがありますが、もし、お手入れ以上に雰囲気の良さを優先させたいということであれば、タイルはいい素材だと思います。

機能、デザイン、サイズ、予算…お施主様ごとに求めるものは異なりますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。


トイレのインテリアまで遊び尽くす。

突然ですが、皆さんのご自宅のトイレ、どこのメーカーですか?
TOTOやリクシル、パナソニックなどなど…
錚々たる有名メーカーがほとんどかと思います。

では本題です!ペーパーホルダーやタオル掛け、手すりはどこのメーカーですか?



…知らないよ!という方がほとんどですよね。
そもそもトイレを買った際に同じメーカーのカタログから選ぶのが普通です。
ですが、メーカーのカタログに載っている商品数ってそんなに多くはありません。
載っている商品も樹脂製やメタル系の物が主ですよね。

今やトイレだってインテリアを気にする時代です。
トイレ本体の形や色を変えるのは難しくても、周辺のアクセサリーを好みのものにすれば
きっと、目指していたインテリアを叶えることができると思うのです。

世界の著名デザイン賞の1つに数えられるA’デザイン賞にて
2018 Sanitary Ware Design Category
SILVER AWARD (銀賞)を受賞したシリーズです。

ヨーロッパの古いアパートにありそうなクラシックなペーパーホルダーや
柔らかなラインがリラックスした空間を演出するタオルレール。
トレンドのマットブラックでぐっと空間を引き締めることもできます。
ゴールド系やシルバー系、照りを抑えた落ち着いたシルバーも。

フロートダイドコーロ 店内様子

トイレのメーカーカタログ以外にも種類がたくさんあります。
探せば求めていたものが見つかるはず!
フロートダイドコーロでもアクセサリーを多数展示していますので
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいね。

トイレ手洗いと合わせたトータルコーディネートも素敵ですよ。