カテゴリー: 水栓

賢くキレイに使える!先進的な洗面水栓のご紹介【DELTA tesla】

手洗いがかかせない日々が続いています。
今までも外から帰ってたら手洗いうがいは必要でしたが
私なんかはめんどくさがりなので結構ササっと洗って終わっちゃってました…
(今は念入りに洗っています!手荒れするくらいに!)
効果的な手洗いは指先や指の間、手首も含めてしっかり洗う必要があります。
バースデーソング2回分、約30秒間洗剤で洗うのがいいらしいですよ!

30秒も洗剤で洗っていると、当然一度水を止めたいですよね。もったいないですし。
でも、水栓のハンドルやレバーをいちいち閉めたり開けたりすると
水栓に泡が付いたり、水で根本がビシャビシャになっちゃいます。
こんなご時世だと、手を洗ったのに汚い手で触れたハンドルをもう一度触るのもなんか気になりますよね。

自動で水が出せる洗面用の水栓はいっぱいありますが
フロートダイドコーロのトイレでも使用しているDELTA<デルタ> タッチ&センサー機能付の水栓はとても便利です!

このブログでも度々紹介しているDELTA<デルタ>ですが、水栓を触れると水の出し止めができるタッチ水栓が有名です。
(詳しくは過去のブログをご覧くださいませ→)
キッチンではこのタッチ水栓がおすすめですが、洗面所ではタッチ&センサーが使い勝手がいいです。
先述のタッチ機能に加えて、手をかざすと水がでるセンサー機能を搭載しています。
タッチとタッチレスが共存している面白い水栓です。
センサーで水を使う場合、手をかざし数秒間水がでて自動で止まります。
一般的なセンサー水栓と同じように使えます。
そしてタッチ機能を使うと、一度触れてもう一度触れるまで水を出し続けることが可能なんです。
例えば、水を溜めたいようなときに、センサーだけだとずっと手をかざす必要がありますが、タッチ機能があればその手間が要りません。

普段はセンサー機能を使い、他の用途ではタッチ機能といった使い分けができるのがいいですね。
ちなみに、レバーを操作すると水量と温度調整が可能です。
レバーで水を止めてしまえば、タッチ機能もセンサー機能も止めることができます。
水を使いたくないときにセンサー機能が発動するのを止めることができるのはありがたいです。
さらに動力は乾電池なので、コンセントなど必要ありません。

必要な時に必要なだけ水を使う。手洗いが深く浸透した今だからこそ実践したい目標です。
そのサポートとして活躍すること間違いなしの水栓です。


水栓もインテリアの一部として楽しみたい!

洗面台やキッチン、お風呂には当然ながら水栓(蛇口)がついていますよね。
イメージでいいので思い浮かべていただけますでしょうか。

イメージした水栓は何色でしたか?


こんな感じのピカピカのシルバーをイメージした方がほとんどではないでしょうか。
光沢のあるクロムメッキ塗装で一般的にクローム色と呼ばれる色です。
昔から水栓といえばクローム色ですよね。
公共施設やデパートなどでも多く採用されています。

不思議なのですが、キッチンやバスルームを決める際には、キッチンのワークトップの色、
バスタブの色などいくつか選べますが、
なぜ水栓はクローム色がほとんどなのでしょうか。
せっかく周りの色をコーディネートしたのに、水栓だけギラギラのクローム色なのは
不思議な感じがします。もちろん、クローム色は合わせやすい色なので
コーディネートが台無しになるようなことはないと思います。
ただ、細部までこだわりたい方にとっては、気になる部分です。

水栓も含めたコーディネートをしたい…!
そんな方におすすめなのが、海外製のカラー水栓です。
日本製でもカラー水栓はありますが種類が少ないので、デザインもカラー展開も
豊富な海外製の方が、好みの物を選べると思いますよ。

カラー水栓を使ったキッチンやバスルームのイメージはこんな感じです↓

インテリアとして、キッチンやバスルームをとらえてみると
どんどんこだわりたくなってきますよね。
実際、キッチンなどは使っている時間よりも使っていない時間が長いです。
リビングダイニングからみたキッチンが、インテリアの一部として存在している…
想像しただけでも暮らす喜びがこみ上げてきますね。

イメージに上げたようなキッチンやバスルームは、既製品のシステムキッチンやユニットバスでは難しいです。

選択肢としては、オーダーキッチン、在来バス、特注ユニットバスになります。
量産型に比べて当然、お金も時間もかかりますが、とことんこだわりたい方は
ぜひ検討してみてくださいね。


お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11


憧れのパウダールーム


SNSなどで海外のインテリアをみるとその自由さに憧れてしまいますね。
いつか家を建てるならこんな風にしたい!というアイデアで溢れています。
実際にこれから家を建てる方や検討している方はついつい熱中してしまうのではないでしょうか。
リビングのみならずバスルームやパウダールーム、キッチンなども気になりますよね。

イメージ:DURAVIT〈デュラビット〉

日本では洗面台がセット品になっていることが多いです。
使い勝手がよく、収納が豊富なのが特徴かと思います。
最近ではデザインも増えていますが、こだわりたい人にはまだまだ物足りないのではないでしょうか。
せっかくのマイホーム、こだわりたいですよね。
意外と盲点かもしれませんが、そもそもセット品から選ぶ必要はないのです。

水栓も洗面ボウルもミラーもカウンターも一つひとつ選んで組み合わせていくことが理想的です。
ただ世界中にそれぞれのメーカーがあり、製品があり、選択肢は数え切れません。
たとえ欲しい水栓や洗面ボウルがあっても組み合わせができるものなのかも考えなければいけません。
(そういう点ではセット品はありがたいです…)
全てを比較するわけにはいかないけど、妥協したくない、こだわりたいという方は
もちろんいらっしゃいます。
フロートダイドコーロではそういった方のこだわりやイメージをもとに
パウダールームや洗面キャビネットのご提案もしていますよ。

フロートダイドコーロで展示中です

こちらはフロートダイドコーロオリジナルの洗面キャビネットです。
ワイド1200mmの広々としたシンクやローズゴールドカラーの水栓が目を惹きます。
キャビネットの表面にはFENIXという高機能面材を使用しています。
こういった他にはない洗面キャビネットをお探しならぜひご相談ください。

フロートダイドコーロで展示中です
フロートダイドコーロで展示中です





個性的だけど使い勝手良し!なキッチン水栓

洗い物が楽しくなるキッチン水栓のご紹介です!

フロートダイドコーロの一押し商品といえば、海外製食器洗い機です。
洗い物をすべて機械に任せられる優れものですが、
洗い物は結構好きという方や苦にならないというご意見もチラホラ聞きます。

なので、今回は洗い物は手洗い派の皆さまにぜひおすすめしたいキッチン水栓のご紹介です。
洗い物がちょっと楽しくなる!かもしれません。

それがこちらのキッチン水栓です↓↓↓

マットブラックの他にステンレス調、クロームございます

アメリカでシェアトップクラスの水栓メーカー DELTA〈デルタ〉社のESQUE〈エスク〉という商品です。
デルタのキッチン水栓といえば、水栓に軽く触れるだけで水の出し止めが可能な
タッチテクノロジーがとても人気があります。
あえて触れるという動作を挟むことで、いわゆるタッチレス(赤外線センサーなど)で
ありがちな誤作動がおきません。
静電気に反応し、肌で触れれば反応するので、手が汚れていても手の甲や腕でタッチすれば水が使えます。
いちいちハンドルやレバーを開け閉めする必要が無いため、水や汚れで水栓の根本やシンクまわりが
びしゃびしゃにならないのでとてもありがたい機能ですね。

実際にタッチ水栓を使ってみた動画をYouTubeに上げましたのでぜひ!
https://youtu.be/1gnj3Gu1-4g

そしてこのエスク タッチ水栓は、ほかのデルタ水栓にない特別な機能が・・・!

それがこちら↓↓↓

シールドスプレーという特別な吐水ができます。
ご覧の通りぶわっと水の壁ができていますよね。
水がお皿に当たった際に、水の壁のおかげで水しぶきが水の壁の内側で起きています。
つまり、水はねがしにくいんです。
中心に一本通る水は、パワフルな吐水なので汚れ落ちが抜群。
水はねせず汚れもするする落ちるので、洗い物が楽しくなるかもしれませんよ!

動画のフルバージョンはYouTubeで見られます
https://youtu.be/541t1rAZQiw

フロートダイドコーロではこのエスク タッチ水栓を常時展示中です。
ぜひ実物を使ってみてください。
お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11


マットな質感が魅力です

フロートダイドコーロではバスルームやキッチンの設備機器を扱っており
海外製のデザイン性に優れた製品を豊富に取り扱っています。
日々新製品が登場する中、マットな質感の製品がとても増えてきています。

水栓でいえば、マットブラックやマットホワイトなど、
いままでのツヤツヤのクローム(シルバー)色とは異なるカラーも人気が高まっています。

フロートダイドコーロ 展示

水栓に限らず、マットな質感の洗面ボウルも登場していますよ。
目を惹く存在感を持ちながら、空間の中に溶け込むのが魅力的です。

SCARABEO 4月1日 発売開始


クローム色の水栓とホワイトの洗面ボウルでは、ありきたりでつまらないという方におすすめ。
水栓と洗面ボウルを両方ともマットにしたり、どちらか一方をマットに。
なんて使い方も素敵ですね。

DURAVIT 洗面ボウル
フロートダイドコーロ 展示

今回は洗面の水栓と洗面ボウルをご紹介しましたが
バスルームのシャワーやキッチンの水栓、カウンター材などでもマットな製品を
扱っているので、こんなのある?というご希望あれば
是非お問い合わせくださいませ!
フロートダイドコーロ WEBサイト↓
https://www.969001.net/


キッチンに主役級の水栓を【GROHE・DELTA】

 

こんにちは。Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

キッチンは日々の生活を支える大切な場所ですね。

最近ではオープンキッチンを導入される家庭が多いようです。

料理中に家族とコミュニケーションをとれるので、

家族との時間を大切にできる点が人気の理由です。

 

作業場所が人目に触れやすくなるという点もありますが

レイな状態を維持しようという気持ちになるので

むしろ、清潔感を保ち易いのではないでしょうか。

 

スタイリッシュなオープンキッチンで最も目を引くものといったら

キッチン水栓ではないかと思います。

 

 

海外製の水栓には存在感、デザイン性、機能性に優れた製品が

たくさんあります。

キッチンの顔としてお気に入りの水栓を探してみませんか。

 

【今回ご紹介したメーカー】

GROHE(グローエ):ドイツ

特徴:世界最大級のシェアをもつ水回り製品のリーディングカンパニーです。

品質、技術、デザイン、そしてサスティナビリティの4つのブランド価値のもと、

水を楽しむ喜び“Pure Freude an Wasser” をお客様にお届けするために、

創業以来、水栓金具のパイオニアとして機能的で高品質な製品を

造り出すことに惜しみない情熱と努力を注いできました。

DELTA(デルタ):アメリカ

特徴:デルタはデルタフォーセットカンパニーのフラッグシップブランドです。

世界中のシェラトン、ヒルトンなどの有名ホテルでも多数採用され

アメリカの国民的ブランドともいえるシェアを持つブランドです。

水栓金具からアクセサリーまでカラーとシリーズを揃えることができ、

クラシカルからモダンなデザインまで幅広いラインナップが

デルタ製品を楽しむことができる魅力の一つです。

 

 

 

 

 

 


一度体験してしまうと忘れられない快適さ【DELTA タッチ水栓】

DELTA(デルタ)というメーカーをご存知でしょうか。
航空会社の方ではなく、水栓金具メーカーです。
世界65か国で販売されており、本国アメリカではキッチン水栓のシェアはトップクラスです。
フロートダイドコーロでもDELTA水栓を展示していますが、
展示を使ってみたお客さんはいつも「すごい!!」と驚かれます。

世界中の人々を惹きつけるデルタの水栓は一体何が、すごいのでしょうか。

デルタ水栓の一番の特徴というのが、タッチテクノロジーです。
恐らく、今皆さんが想像しているのはセンサー式の自動水栓ではないでしょうか。
デルタのタッチ水栓は、こういったセンサー式とは全く異なり、その上使いやすい水栓なんです。
さっそく、そのタッチ水栓を見てみましょう!

タッチ水栓とは、触れることで水の出し止めができるということなんです。
しかも、デルタ タッチ水栓はシャワーヘッドを除く本体のどこを触れても反応するんです!
シャワーヘッドはつかんで引き出すものなので、あえて反応しない作りです。

このテクノロジーは静電気に反応して作用するため、皮膚であれば問題ありません。
たとえば、肉をこねてべたべたな手や泡だらけの手、料理をしていると当然手が汚れます。
水で流したいのに、汚れた手でレバーやハンドルを触るのは嫌ですよね…
その結果、後で汚れたレバーやハンドルを掃除するしかありません。
そんな、使いにくくてめんどくさい!を変えてくれるのが、このタッチ水栓。
汚れていない腕や手の甲などで軽く水栓に触れるだけで水を使えます。
清潔に使えるのはストレスがなくていいですよ!

世の中には、センサー式の自動水栓がありますよね。もちろん便利ではありますが、
よくあるのが、誤作動です。
赤外線センサーなどでは、センサーの前に手をかざせば反応しますが
キッチンのシンクという場所は、様々な作業をするため、ふとした動作で反応することも多いです。
いま水が出てほしくなかった!というタイミングででることありませんか?
思わぬタイミングで腕や服が水浸しに…なんてことも。

タッチ水栓はあえて触れるという動作を挟むことで、使いたい時にだけ使えます。
誤作動がないという点もストレスフリーにつながりますね。

キッチンでの作業がより効率的に、スムーズに気持ちよく進むのはありがたいです。
本当に便利で、私も展示中のタッチ水栓を使用することがあるのですが
あまりの使いやすさに、自宅の普通の水栓を無意識にタッチで使おうとするほどです。

シャワーヘッド付きなのでシンクの隅も流しやすいです。
吐水もシャワーへ切り替えることができ、途中で水を止めても次に水を出した際に
吐水はシャワーを維持できるので、止めるごとに切替する必要がありません。

デザイン、カラーも豊富なので様々なスタイルに合わせて選べる点もいいですね。





ライフスタイルに合わせた水栓選び【Dornbracht Meta】

世界的なトレンドであるカラー水栓。
伝統的なクロムカラーは、どんなスタイルにも合わせやすい万能な色ですが
洗面空間の中で洗面器や水栓までインテリアとしてとらえるのなら
それに合わせたカラーコーディネートをしたいですよね。

昔とは違い、ネットやSNSなどで自分好みのスタイルや製品を探せる時代です。
せっかく家を買うのだから、これだというものを追求したい…
むしろ追求して然るべきだと思うのです。
毎日を共にする水栓が、こだわり抜いたものならば生活がより豊かになる。そう思います。

そして今回ご紹介したい製品が、ドイツ Dornbracht社〈ドンブラハ〉のMetaです。
今年の10月から発売開始した製品です。
本記事のテーマであるカラー水栓で、他のメーカーにはないとりわけ目を惹くカラーリングです。


Fashion
パステルグリーン/ライトローズ/グレーブルー/イエロー

Architectual
ライトグレー/ダークグレー/マットブラック
Urban
ダークプラチナマット

ドンブラハ社は、1950年創業、ドイツの高級水栓金具ブランドです。
「宝石のように美しい」と評される独創的なデザインと高品質を誇ります。
様々なニーズに答えたデザインは、シャープかつ先進的なものから、シックでゴージャスなものまで
バラエティーに富んでいます。

「単なる設備としてではなく、人々のライフスタイルにたいする価値観を表現するものである」
という哲学の基につくられた製品の数々は、世界中の人々を魅了しています。

鮮やかなカラーリングは、合わせる空間のスタイルに柔らかさや洗練された雰囲気など
様々な印象を与えます。

モノクロームの水栓は、エレガントに、そしてバランスのよい空間へと仕上げます。

ダークプラチナマットは自然な艶感と味わい深いダークグレーのコンビネーションでモダンな印象に。


ドンブラハ社の誇る上質な水栓は、ディテールまで美しく、使うたびに使う喜びを
感じさせてくれるような、そんな水栓だと思います。


カラー水栓が人気です【Paffoni パフォーニ】

フロートダイドコーロの展示の中でも目を惹くのがこちらの洗面キャビネット。
ゴールド系をアクセントにしながらも落ち着いた印象でとても素敵ですよね。

幅広の洗面器には、2個水栓を取付けています。
ローズゴールドの愛らしいカラーリングで、ギラギラしすぎない柔らかな印象です。


この水栓は、もちろん一般的な水栓の色であるクローム(銀色のキラキラ)もありますが
クローム、ローズゴールドの他に6色のカラーから選べるんですよ。(全部で8色です!)

この水栓はイタリア、Paffoni〈パフォーニ〉社のものです。
イタリアといえば食の都というイメージが強いですが、物づくりの国としても有名ですね。
特にデザインにおいては日本でも人気の高いプラダやグッチ、フェラーリ、フィアットなどなど多くの有名企業が本社を置いています。
Paffoni社は1953年、イタリア・ポグノで創業した老舗企業で、デザイン性、性能の高さから世界中で愛され続けています。

壁付の水栓もあり、昨今のトレンドであるマットブラックカラーもあります。
フロートダイドコーロではキッチン水栓、洗面水栓あわせて9台を展示していますよ!
そしてオリジナルのPaffoniカタログが先日完成しました!
普通の水栓はつまらない、デザインにはこだわりたい、そんな方におすすめしたい水栓です。
資料請求やご来店のお問い合わせはこちらから
お気軽にお問い合わせください。




デザイン性と機能性。どちらも譲れない方へ【キッチン 浄水器】

暑い季節になると、つめた~い飲み物が欲しくなります。
ついついペットボトルのお茶やジュースを買ってしまいますが
経済的ではないですよね。
これから夏休みでお子さんが家にいる時間が長くなったり、部活動で水筒を
持っていくことも増えます。
冷蔵庫にお茶や麦茶の作り置きをしている家庭がほとんどではないでしょうか。

煮出して作ったり、水出しで作ったり。種類や好みにより様々ありますが
全てに共通していることといえば、「水」を使っていることです。
当たり前ですが、水分が無ければ飲み物として成り立ちません。
ウォーターサーバーやミネラルウォーターを使う家庭もありますが、一般的にはキッチンの水栓(蛇口)からですよね。

多くの過程では浄水器を付けていると思います。
浄水器専用の水栓を別に設けることもありますが、デザインがバラバラになったり
スペース的に厳しいという声も多いです。

大手メーカーで見る浄水機能付きの水栓はなんだかぼてっとしてます…
デザインか機能か…どちらかしか選べないなんて嫌ですよね!
私はどっちも欲しいです!
こんなお店に勤めていると、海外のめちゃめちゃかっこいい水栓を
毎日当たり前のように拝んでおります。
当然、そういった水栓を付けたいと思うわけですが
浄水器付きの海外製の水栓というのもなかなかレアです。

じゃあどうするのか。
かっこいい水栓のまま、浄水機能を付ける。そんなことが……

…できちゃうんです!!!
こちらの画像をみてください↓

水栓 DORNBRACHT(ドンブラハ)

給水管の途中に浄水器を設置しています。
ここを通ってお水がでるため、浄水されたきれいなお水がでるんですね。
画像の水栓以外にも、好きな水栓に取り付けることができます。
この画期的な浄水器はキッツマイクロフィルターのオアシックスプレミアムという製品です。

デザインを損なわせないで、浄水機能を備えることができるなんて
最高にありがたいです。
この浄水器は日本のメーカーで、性能も抜群!浄水器を通すことで
水の出が悪くなることもありません。

穴開けなどの工事はないので、今お使いの水栓に取り付けることもできますよ。
お湯と水がでる混合栓に取り付ける場合、給湯管からのお水は水道水のため
ぬるま湯にすると浄水と水道水が混じりますので、ご注意くださいね。
浄水だけを使う場合は、レバーなどを給水に振り切ればOKですよ。