カテゴリー: 電気オーブン

毎日使いたい!ビルトインオーブンで食卓を華やかに。

新しいキッチンを入れるなら、どんな調理家電を買おうか、悩みますよね。
炊飯器やミキサー、トースター、エスプレッソマシン…
普段の調理をサポートしてくれるありがたいアイテムです。
そんな中でも、お料理好きなら絶対あってほしいと思うのが
オーブンだと思います!


オーブンといえば、家電量販店で見かける置き型がほとんどです。
結構大きな家電ですから、どこに置こうか、コンセントどうしようか考えなければならないです。
しかし!新しいキッチンを入れるなら、思い切ってビルトインすることだって
できちゃうんです!!
置き場もコンセントも予め用意できる。
憧れのアイレベルにオーブンを設置できる。もちろんコンロ下も可。
そして、ビルトインオーブンは庫内が広い!

庫内が広ければ、料理の幅がグッと広がります。
置き型では庫内が狭く難しかった鍋調理も余裕。
じつはオーブンって、鍋ごと入れた煮込み調理が得意なんですよ。
上下左右から均等に熱が伝わるため、かき混ぜる必要もなくムラなく火が通ります。
材料と味付けをしたら、鍋ごとオーブンへ!手を掛けずに美味しい煮込み料理ができちゃいます。
忙しい日でも、もう一品をオーブンに任せれば簡単に豪華な食卓に。
もう手抜きなんて言わせません!

白米とけんちん汁をオーブンで。
ツリーパン、オニオンスープ、デザートにベイクドアップルをまとめて調理。

お菓子作りや特別な料理をするイメージが強いオーブンですが
日常使いこそその能力を発揮します。
オーブンをコンロと並ぶ調理機器として活用してみてはいかがでしょうか。

ビルトインというと海外なイメージですよね。
日本でも海外製ビルトインオーブンを取り入れる方が増えています。
日本で人気が高いオーブンといえば、Miele(ミーレ)でしょうか。
ドイツのメーカーで、日本の大手メーカーのキッチンカタログにも載っていたりします。
電子レンジ付きオーブンがあるのは、今のところミーレだけです。
日本人の使い方に合ったオーブンですね。

Miele

世界最高峰のオーブンをお探しなら、やはりGAGGENAU(ガゲナウ)です。
こちらもドイツのメーカーで、値段以上の優れた性能が世界中から高い評価を得ています。
いつもの普通の食材を焼くだけでごちそうに変える、そんなオーブンです。

GAGGENAU

価格と機能のバランスが良いのが、AEG(アーエーゲー)のオーブン。
様々なアシスト機能があっても全く使わない、複雑な機能は要らないという方におすすめです。
高い操作性とシンプルながらも充分な機能、確かな性能が特徴です。
AIなどにおまかせよりも、自分好みに使いたいお料理好きの方に満足いただけるオーブンですよ。

AEG

ここまではすべて電気オーブンでしたが、やっぱりガス派!!にご紹介したいのが
Bertazzoni(ベルタゾーニ)のガスオーブン。
食の都、そして物作りの国としても名高いイタリアのメーカーです。
食に厳しいイタリア人に愛され、世界60ヵ国に展開しています。
力強いガスの火力が、電気オーブンにはないスピードと仕上がりを生み出します。
操作は驚くほどシンプルで、ノブが3つ。温度とタイマーとコンベクションファンの設定だけ。
長い付き合いになるオーブンだからこそ、普遍的な使い勝手を追求します。

Bertazzoni

気になるオーブンはありましたか?
私は、お金が許すならガゲナウのオーブンが欲しいです…
だって焼くだけで美味しくなるなんて最高じゃないですか!
今のうちにキッチン用の貯金でも始めよう…かな……


いつもの料理が変わる【GAGGENAU スチームオーブン】

煮る、焼く、蒸すetc.様々な調理が可能なスチームオーブン。できない料理は、炒め物と麺料理だけです。
海外製のビルトインオーブンといえば、洗練されたデザインや鍋ごと入る大容量が特徴といえます。
様々なメーカーがある中で、世界中で支持されるメーカーがこの
GAGGENAU〈ガゲナウ〉です。
ドイツで300年を越える歴史を持つガゲナウは、まさに憧れの存在です。
こだわり抜いた高い技術力が魅力です。

ビルトインスチームオーブンは、4段の天板用のラックがありますが
4段のどのラックに天板を乗せても均等に熱が伝わるように造られています。
通常、15度ほどの差が生じてしまうのですが、ガゲナウは、1~2度ほどしか誤差が出ません。
一度に、たくさんの調理をしても焼きむらなく均等に仕上げますよ。

ただ、焼いただけ、蒸しただけ、、、
それだけで普段の食材をグレードアップします。安いお肉もスチームでやわらかに。
特に煮物料理はおすすめですよ。焦がさずに鍋全体から熱がとどくため
火も味もしっかり入ります。かき混ぜる必要もないです。

もはやコンロの代わりにスチームオーブンを使ってしまいましょう。
食材を入れてスイッチを押すだけで、とっても美味しくなります。
手間をかけずとも毎日がごちそうですね。
調理にかける時間が減れば、家族や自分のために費やす時間も増えて
さらに幸せに楽しく過ごせること間違いなしです!


HOME CHEF 開催レポート

3月30日(土)にFdcキッチンセミナー HOME CHEFを開催しました!
女性3名、男性1名の計4名にご参加いただき始まったHOME CHEFの様子をご紹介します。

4名とも各々でご参加いただき、はじめましての状態でスタート。
講師を務めていただいた天野 友江先生をはじめに、ちょっとした自己紹介を交えて
和やかな雰囲気で調理が始まりました。
天野先生の明るく気さくな人柄もあり、あっという間に笑い声の溢れる
アットホームな空間に。

今回のテーマは、「春のおもてなしレシピ」
天野先生おすすめの春野菜や珍しい野菜の数々を使ったメニューを作りました。
見た目にも美しい野菜たち。カラフルでかわいいですね。
作り方は意外と簡単なのにとっても本格的で美味しかったです!

フロートダイドコーロで展示中の海外製のキッチン機器を使っての調理に
参加者のみなさんも興味津々に楽しんでいただけたようです。
とくにGAGGENAU〈ガゲナウ〉のIHやバーベキューグリルは好評いただきました!

機器を使ってみて、調理したものを食べてみて伝わる魅力があると思います。
HOME CHEFは体験を通して、海外製キッチン機器の特徴を実感できる数少ない機会です。
ご興味のある方は、次回のHOME CHEFに是非ご参加ください!
次回は4月27日(土)を予定してます。(変更の可能性もあります)

デザートにはフレンチトーストを。
GAGGENAUのテッパンヤキを使い、みなさんで焼いてもらいました。
食用の花を散らして、見た目も素敵に…


ちょっと豪華なおひるごはん【AEG オーブン】

 

このところ暑いですね。

残念ながら、夏バテで食欲の落ちない小長井です。

(ちょっとは食欲が落ち着くとありがたいです)

 

食欲は落ちないものの、料理をコンロの前で作るのは嫌なんです。

暑いですからね。

 

実は海外では、コンロって日本ほどガッツリ使わないそうですね。

火にかけながら味付けをしたり、油をなじませたら、あとはお鍋ごとオーブンへGO!

時間が来たら、焦げることなくOFFになりますし、

予定時間を過ぎても保温できているので、焦らなくていいのです。

そんなわけで、お昼ご飯をオーブンで焼いてみました。

野菜はパプリカ・ピーマン・ミニトマトをオリーブオイルとマジックソルトをさっとかけました。

ハンバーグは油をひかずに、そのまま直置きです。

200度で20分後には、どちらもおいしく食べごろでした。ラクチンです。

次回はぜひ、スープのお鍋も一緒に入れてしまいたいです。

 

 

焼き上がり少し前のタイミングで電話が鳴ったため、

オーブンをあけたのは焼き上がりから15分ほど経過していました。

それでも、焦げもせず、冷めもしない。

つきっきりじゃなくて、放置できるのはオーブン最大の魅力じゃないかと思います。

 

【今回ご紹介したアイテム】

ブランド名:AEG(アーエーゲー)

商品ジャンル:電気オーブン

品番:BP831460MM

特徴:食材の中心温度をしっかり測る、CTセンサー。

落ちにくい庫内の汚れを熱分解、セルフクリーニング機能。

重い食材の出し入れがスムーズ、テレスコピックランナー。

19種類の多彩な加熱モード。

 

※試運転可能な実機の展示がございますので、試しに調理してみたい方はお気軽にお電話ください。

054-202-7870 10:30~18:30 火曜定休