調理機器から考える、料理好きのためのオーダーキッチン

突然ですが、家の予算を考えたときに、

存外キッチンって高いんだなって思いませんでしたか?

私も住宅会社で働いてるときには、なんでこんなに高いのかなと思ってはいたんです。

でも、間取りや床と壁の素材、新しいデザインのタイルなんかは興味がありましたが

キッチンって割と、ショールームとお施主様任せで、大体標準品だったんですよね。

ですので、今回はどうして高く感じるのか、ざっくりですが簡単にお話ししますね。

 

本体は、そもそもただの箱じゃない。

シンプルな収納、例えばカラーボックスってすごく安いですよね。

3段の物で1000円前後くらいでしょうか。

そんなイメージをお持ちで、同じ収納の箱と思っていたら高いと感じるかもしれません。

収納家具とキッチンの違いは、なにがちがうのでしょうか。

 

・素材が違う。

ワークトップ、扉、躯体、ひきだしなど、適材適所で素材を変えています。

それぞれたくさん選択肢があって、驚かれる方も多いと思ます。

例えばカラーボックスの上で、カボチャを切ったり、パン生地をこねようと思います?

無理ですよね。荷重に耐えられなくて壊れそうですもん。

まな板濡れてたら、シミになりますしね。

でも、それらの作業は日々当たり前にキッチンで行われています。

水に強く、汚れに強く、傷がつきにくく、熱に強く…

キッチンに求められることは、とても多く、すべてが高い精度であればより快適です。

性能が良い素材を組み合わせて行けば、価格は当然上がってしまうのです。

 

それぞれの部位別の素材についてはまた改めてご説明いたします。

ちなみにこちらは過去の天板素材のブログです。

「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (前編)

「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (後編)

 

・レールが違う。

家具の引き出しだと、そもそもレールが無いものも多いですよね。

キッチンのショールームなどで、高いグレードと、安いグレードの

引き出しをぜひ開閉してみてください。

もしかすると、物が入っていないのでその場では少しわかりにくいかもしれません。

でも実際はそこに食器やビンなど重くて割れやすいものがぎっちりと入ります。

レールのグレードがもし一般の家具のレールをつけてしまえば、

カチャカチャと食器が音をたてたり、出し入れに力が必要になります。

 

 

・最新調理機器がセットされている

加熱機器、レンジフード(換気扇)、水栓、はどの家でも大体付けますよね。

それから人によっては、食洗器、浄水器、オーブン…

住宅会社さんによっては、「追加料金なしの標準品です」とは仰いますが

いずれにせよ無料ではないので、家具とは違って、機器類の料金が発生します。

 

長々とお話ししてまいりました。

さて、私が何を言いたいのかというとですね、

キッチンのこと、ちゃんと検討されてますか?と言いたいんです。

間取り、床と壁の色や素材は皆さんじっくり考えてらっしゃると思うんです。

 

キッチンは?キッチンは標準品から色だけ選んで、

少しオプションを検討しただけではありませんか…と、言いたいのです。

 

でもそれは、お客様が悪いんじゃないんです。

そもそも選択肢を与えられていないのですから。

見たことが無いものや知らないものを選べるわけがありません。

 

そもそもキッチンでどうしたいんでしょうか。

毎日の調理なんて当たり前すぎて、考えたことが無い方も多いと思います。

 

たとえば私だったら…

料理を作ることは得意ではないので調理機器はそんなにこだわりません。

予算に限りがあるなら、楽する方向にお金を使いたいです。

鍋やボウルも洗える海外製の食洗機をつけたいです。

で、自分で洗う気はないのでシンクは小さくていいです。

その分、ワークトップを散らかすと思うので作業スペースを広く欲しいです。

図面にしてみるとこんな感じでしょうか。

魚焼きグリルは、パンとかソーセージも焼きたいので欲しい…

IHじゃなくてガスがいいかも…

食洗機で洗ったお皿をそのまましまいたいから、食洗器は背面収納に入れてしまおうか…

そんなことを考えるのも楽しいものです。

 

私と違って料理好きの方ならなおさらですよね。

目線の高さのオーブン、とろ火と超過力のコンロ、遠赤外線で焼くグリル(!)

そんなアイテムも世の中には選択肢としてあるんです。

そこでこちらのイベント!

りょりを創るために、こんな機能が欲しい!これは外せない!

こういう料理が作りたい!

そんな目線からのヒアリングでキッチンのプランニングを行います。

完全予約制ですので、詳しくはこちらをどうぞ。

 

ちなみにほんの一部ですが、店内はこんな雰囲気です。

見たことのない機器が必ずあります。

知っていて選ばないのと、選び終わった後に知って後悔するのでは全く違います。

ぜひ一度ご来店ください。

以上、金曜日のブログ当番小長井でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


手作りチョコの革命?

バレンタインが近づいてきました。

学生のお子さんがいるご家庭では、バレンタインに配るチョコの試作などで

連日甘い香りが漂っているのではないでしょうか。

 

バレンタインに限らずお菓子作りが好きな方にとって、チョコは欠かせない存在ですよね。

生地に混ぜるのも良し、コーティングに使うのも良し。

何れにしても固めた状態のチョコは、溶かさなければなりませんよね。

ですがお菓子作りに不慣れな人にとって、チョコを溶かすのは結構鬼門なのです。

湯煎している途中で水が入ってしまったり、普通に火にかけて溶かそうとしたり...(笑)

もちろんチョコは台無し、焦げてしまいました。

チョコは火にかけたらいけないんだという教訓を得たわけですが

じつはその常識を覆す製品があるのです...(2機種ご紹介します)

 

GAGGENAU ハイカロリーバーナーは、最高出力は6kW。また最小出力は0.25kW。

強火から極弱火まで幅広い火力が魅力の一口コンロです。

 

ASKO ガスコンロは、1口、4口、5口コンロとサイズ展開が豊富です。

レストランのオープンキッチンのようなデザイン性と本格的な火力が魅力です。

なんと!!どちらも極とろ火でチョコレートを直接鍋で溶かすことができます!

すごいですよね。たしかな技術力だからこそ実現できるのです。

 

↑↑フロートダイドコーロで展示しているASKO 4口ガスコンロ HG1825AB です。

わかりますでしょうか?じつは青いところは火です。

チョコを溶かす以外にも、何時間もじっくり煮込む料理などにおすすめです。

そして強火ならパラッパラのチャーハンが作れます。

家庭用にはない強火ととろ火で普段の料理からお菓子作りまで大活躍すること間違いなしです!

 

 


個人的にワクワクするイスのお話

いつも文字が多くなってしまうので、今日はお写真多めの楽しいブログを目指してみます。

ご紹介するのは、このパピーが有名なブランド、Magis(マジス)の椅子です。

このパピー自体も、お子さんが座るイスとしても使えるデザインになっています。

お次に紹介するのはこちら↓

 

フライングカーペットという名前の椅子です。

どうやって座るのか一瞬悩みますよね。

底の部分が球体上になっていて、ちょっと揺れるんです。

さながらおとぎ話のようですね。

白いベースの上にラグを敷いてあるので、お気に入りの柄に変えることも可能です。

 

最後はこちら。

 

フロートダイドコーロに展示もしてある スパン です。

画像奥の黄色の状態で展示しているので、オブジェにしか見えないかもしれません。

座り方はこんな感じです。

 

これは楽しい!みんな笑顔ですね。

ブランコとかハンモックとか、ゆらゆら揺れることって心地いいんですよね。

 

フロートダイドコーロは水まわりのプロショップですが、

こんな商品もお取り寄せできます。

また何か楽しい商品を見つけたらお伝えしますね。

 

以上、金曜日のブログ当番、小長井でした。

 

 


寒さもあと少し…

2019年になりあっという間にもう2月に入りました。

今日は2月4日、立春です。

暦の上ではもう春になったんですね。

たしかに窓越しに感じる日差しはとても暖かく心地がいいです。

静岡でも梅の花が咲き始めているそうですよ。

写真は昨年撮影したもので、桃の花にメジロが来ていました。

撮影日は3月...一か月後にはこんな陽気を楽しめると思えば寒さも耐えられそうです。

 

とはいえ寒い季節には寒い季節なりの楽しみもあります。

とくに温かい鍋や煮込み料理は、冷えた体に染みわたり最高においしいですよね。

ビルトインの大きなオーブンなら鍋ごと突っ込んで簡単においしい煮込み料理ができますよ。

鍋全体から熱が入るため均等にしっかり火が入ります。かき混ぜないため煮崩れもしにくいですよ。

今シーズンの寒さもあと少しで終わりです。寒い季節を温かな料理で楽しみ切りましょう。

 


キッチンに丁度いいセンサー付きごみ箱

 

キッチンに立っているときって、ちょっと手が汚れた状態に

なってることって少なくないと思います。

 

果物を切って、果汁がついている。

ひき肉をこねて、手がオイリー。

食器を洗うため、スポンジと手があわあわあわ…

 

そんな状態で、水栓を触りたくないですよね?

ということで以前、タッチ式の水栓をご紹介させていただきました。

過去のブログはこちら

この状態で水栓以外にも触りたい場所ってあると思うんです。

そう、ごみ箱ですね。

ザ☆生活感 を放つ存在。でもないと困る。

そんな時はこちらのごみ箱はいかがでしょうか。

このごみ箱はこんな感じで使用できます。

センサーで反応はもちろん、タッチでも反応します。

ショールームには45リットルを展示していますが、サイズや形違いの

商品も多数展開しております。

 

ぜひ、パカパカとオープンをしに、ショールームまでお立ち寄りください。

 

以上金曜日のブログ当番、小長井でした。


冬の底冷えを和らげる【VORNADO サーキュレーター】

 

サーキュレーターといえば、夏というイメージですが

じつは冬にも大活躍するってご存知でしたか?

 

サーキュレーターは扇風機とは違い、体に風を当てて使う物ではありません。

サーキュレーターは空気を循環させるためのアイテムです。

壁や天井に向けて使うと、効果的に空気を循環させます。

 

暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ溜まっていきますよね。

せっかく温めた空気は天井へ、冷たい空気は足元へ…

温めてるのに底冷えする現象が起きてしまいます。

 

空気を循環させれば、足下も快適に過ごせますよ。

普段より暖かさを感じるため、温度を低めに設定しても十分温かいと思います。

フロートダイドコーロのオフィスやショップ内にもサーキュレーターを

設置していますが、つけるのとつけないのでは暖かさが全く違います。

暖かさを感じるのも早い気がします。

 

VORNADOのサーキュレーターは、サイズやデザインが豊富なので

部屋の広さ、インテリアに応じたサーキュレーターが選べますよ。

一年を通して、快適な生活のサポートをしてくれます。そしてエコです。

一家に一台、いや、一部屋に一台!!

 


オーダーキッチンの製作も承ります

最近、HPのリニューアルに向けて、いろんな海外ブランドについて調べています。

このブランドはこういうこだわりがあってこの分野が得意なんだな、とか

創業から100年以上の歴史と、これだけの業界内でのシェアがあるんだな、とか

日本で未発売の洗面ボウルすごくかわいいなぁとか、

発見がたくさんあって興味深いです。

 

しかし本当に、限りなく多くのブランドがあって、選ぶのは難しいですね…。

デザイン、価格、サイズはもちろん、機器同士の相性も考慮しなくてはなりません。

「ネットで見て可愛い水栓とボウルを買ったら高さが合わなくて付けられなかった」

なんて悲劇はそこらじゅうで結構起こっています。

 

フロートダイドコーロでは機器の販売はもちろん、

キッチン、バスルーム、パウダールームの設計施工も行っております。

サイズ、付けたい機器、好きなデザインなどをお聞きして、

図面とお見積りを起こしていきます。

このお客様はキューブ型アイランドキッチンをご希望でした。

とにかくシンクが広いことが優先でしたのでシンクの幅は1m20cm。

使わないときはシンクに蓋をして作業スペースに出来ます。

海外製食洗機は予洗いをせずお皿をセットするため、

シンクと離れた位置に配置できるため、このようなレイアウトでも全く問題がありません。

こんな感じの資料でお打合せをしていきます。

(資料のレイアウトは少しずつ改善しているので変更になることも有ります)

 

以前に、設計事務所の設計士さんからいただいた言葉で

「オーダーキッチンってもっと大ごとかと思っていましたが、案外敷居が低いんですね」

と言われたのが今でも印象に残っています。

 

新築、リフォーム問わず、まずはお見積りからぜひご相談ください。

 

以上、金曜日のブログ当番 小長井でした。

 

 


外国ではスタンダードな食洗機!日本製と何が違う?

 

海外の家庭では、当たり前のようについているビルトイン食洗機。

その見た目は、日本製とは全く異なります。そして使い方も異なります。

まずは、海外製食洗機の外観をご覧ください↓↓↓

画像はGAGGENAU

キッチンの高さほどの大きさがあります。扉を開けると大きなカゴがあるようにかなりの大容量です。

横幅は、60cmタイプと45cmタイプがあります。画像は60cmタイプです。(メーカーによります)

 

こんな大きい必要はあるのかと疑問に思いますよね。

4人家族なら毎食後使ったとしてかなりスカスカになります。スペースがもったいないくらいです。

では、なぜこんな大きいサイズなのか。それは…

一日分をまとめ洗いするから

なんです!

 

朝昼晩をまとめて夜に洗うことがメーカーからも推奨されています。

海外では、水は貴重な資源なので、いかにエコに洗うかが重要になります。(水道代も高いそうです)

毎食後ではなく、夜にまとめて洗えばかなり節電、節水ですよね。合理的です。

一回の運転で使う水量は約10リットルです。(60cmタイプ)

最新の日本製モデルとあまり変わりません。(p社最新機種45cmタイプ 標準使用水量9.0リットル)

さらに海外製食洗機では

予洗いが不要です!!

食べ終わったらそのまま食洗機へ入れてください。

ソースや焦げ付いた汚れもそのままでいいんです。(大きな残菜は取り除きます)

 

日本製では予洗いは必須なので、じつは結構水を使っています。

運転時の使用水量が少なくとも、手洗いで結局水を使ってしまっては食洗機を使う意味がないですよね。

 

ただ海外製食洗機は、まとめ洗いするため食器の数に余裕がないと、困ってしまいます。

日本では、マイお箸、マイ茶碗などは当たり前の家庭が多いと思います。

お箸を増やしたり、お箸だけは手洗いでなどと少し工夫が必要です。

もともと食器を集めるのが好きな方なら、お気に入りの食器たちの活躍の場が増えますね!

 

フロートダイドコーロで取り扱う海外製食洗機メーカーです↓↓↓

AEG…コンフォートリフトでかがまずに食器をセットできます。

ASKO…スウェーデン生まれ。国内最大容量の食洗機があります。

BOSCH…食洗機販売台数世界1を誇ります。

GAGGENAU…世界が憧れるハイブランドです。

Miele…日本国内で認知度が最も高いです。様々なモデルを展開しています。

 


コンパクトキッチン、できました。

じつは、当店フロートダイドコーロのオリジナル商品というものが複数点あります。

今日はオリジナルのキッチン KOWCH(カウチ)をご紹介します。

 

いかがでしょう?

キッチン=箱 という概念を捨てて軽やかでキュートなデザインになりました。

 

「収納は欲しいし、コンロは3口以上欲しいし…」という方へのご提案というよりは、

アパート、マンションの新築やリフォームを検討中の大家さんや、

事務所やショールームなどと相性のいいキッチンだと思います。

がっつり料理するぞ!というよりはインテリアとして

空間のアクセントに愉しんでもらえるスタイルだと思います。

色も、赤、黒、白の3色展開です。

 

この部分、コーナーの丸みを帯びたフォルムが

技術面からすると、相当難易度が高いのです。

 

もちろんビジュアルだけでなく、コンパクトながらもKWCの水栓、Electroluxの2口IHコンロ

というきちんとした美しい設備を標準で備え付けています。

 

資料をご希望の方はこちらからメールでご連絡いただけます

赤いキッチンを展示しておりますので、ぜひお気軽にご来店ください。

 

 

 

 

 

 

 


料理好きのためのガスオーブン【ベルタゾーニ】

 

みなさまのご家庭にはオーブンはございますか?

 

日本では電気オーブンが主流ですよね。

ガスオーブンは製品の数も少なく、ガスを引く必要があるため

なかなか取り入れにくいかと思います。

 

しかし、もし新築をお考えでしたら、ガスオーブンも選択肢の中に入れてみませんか?

 

電気とガス、その違いと言ったらやはり火力です!!

ガスオーブンでは予熱の時間が圧倒的に早いです。そして、ムラなく焼くことができます。

外はカリっと中はしっとりとしたパンも焼けますよ。

どうせなら、デザイン性にもこだわりたいですよね。

実は、海外製の素敵なガスオーブンも日本に入ってきているんです!

 

卓越した物づくり技術、デザイン、豊かな食文化を誇るイタリアが生んだ

調理機器メーカー、ベルタゾーニ。

ベルタゾーニは世界的に有名な食の都パルマ近郊で誕生しました。

食と物づくりへのあくなき情熱によって生み出されたオーブンやコンロは、

世界60ヵ国以上で愛されています。

ベルタゾーニのガスオーブンがこちら↓↓

ステンレスと黒を基調とする洗練されたモダンデザイン。

シンプルな機能は、多くの料理好きから支持されています。

ビルトインのオーブンなので、目線の高さやコンロの下など自由に

キッチンへ組み込めば、理想の調理空間が生まれますよ。

 

【今回ご紹介したアイテム】

ジャンル:ガスオーブン

メーカー:ベルタゾーニ