夏と言えば!よく冷えたビールとほこほこの枝豆!!
よくできたもので、枝豆の旬は夏です。今美味しくいただかなくては、もったいないです。

そんな枝豆ですが、一般的な調理法は塩ゆでだと思います。
たまにおしゃれな居酒屋で、たまに焼き枝豆が出てくると、「なんだかおいしい気がする」「ちょっといい豆なのかな?」と思っておりました。

じつは、枝豆は焼くと美味しくなるんです。
枝豆はもともと糖を含いません。加熱されることで酵素が働き、糖が作られます。この酵素は、50℃~70℃の間で活発に働くため、じっくり加熱するとうまみがUPします。沸騰したお湯に入れてしまう塩ゆでだと、一気に過熱されるのでうまみを引き出す時間が短くなってしまいます。

初夏が旬のそら豆も、少し弱めの火でじっくり皮が焦げるまで焼いたら、美味しいと評判でした。


このちょっと見慣れない、調理機器が今回ご紹介するアイテムです。

そら豆が載っていないと、こんなヴィジュアルをしています。
バーベキューグリルという商品名で、お肉、魚、野菜など焼くだけでふっくらジューシーに仕上げてくれます。
その秘密は要岩石の遠赤外線効果!
網の下には、溶岩石が敷き詰められています。

これで焼いたら、枝豆も驚きのごちそうになります!



ブランド名:GAGGENAU(ガゲナウ)
製品名: バーベキューグリル
品番: VR 230 434 
寸法 : W×D×H 288×523×108.5 mm

ご予約をいただいた上で、食材をお持ち込みいただけば、実際にお使用いただく固とも可能です。
また、本機をはじめとした輸入調理機器を体感していただく料理教室も、第三土曜日に開催しております。
お気軽にお問い合わせください。