タグ: オリジナルキッチン

キッチンにあったら、ちょっと便利だなと思える機能


フロートダイドコーロではオーダーキッチンや背面収納も作成しております。

海外製の食洗器やオーブンをビルトインするにあたって、それならここを広くして…ここは予算を抑えて…使いやすいようにこっちは高さを変えて…
なんていうお話の中で図面案を作っていきます。

オーダーキッチンのパーツを探していると、ふいに魅力的なパーツを見つけることがあります。
そんなちょっと便利なパーツを少しだけご紹介しますね。

口数とかいろいろあるのですが、これは目隠し付きコンセント。
マットな質感なのでそもそも悪目立ちしにくいのですが、隠してしまうことができるという。
写真の商品は3口なので少し大きいですが、2口や1口はもっとスッキリします。

最近では百均やホームセンターのケースをうまく組み合わせて、きれいに収納されている方も増えていますね。
キッチン用に特化されたデザインや強度のアイテムなので、同じようにプチプラとはいきませんが、このまな板立てなど便利だなと思います。

せっかくキッチンを考えるのなら、必要なものと不要なものをきちんと取捨選択しながら、理想のキッチンを作りたいですね。
他にも小技のきいたアイテムはたくさんありますので、少しずつご紹介したいと思います。

以上、金曜日のブログ当番、小長井でした。


オーダーキッチンの製作も承ります

最近、HPのリニューアルに向けて、いろんな海外ブランドについて調べています。

このブランドはこういうこだわりがあってこの分野が得意なんだな、とか

創業から100年以上の歴史と、これだけの業界内でのシェアがあるんだな、とか

日本で未発売の洗面ボウルすごくかわいいなぁとか、

発見がたくさんあって興味深いです。

 

しかし本当に、限りなく多くのブランドがあって、選ぶのは難しいですね…。

デザイン、価格、サイズはもちろん、機器同士の相性も考慮しなくてはなりません。

「ネットで見て可愛い水栓とボウルを買ったら高さが合わなくて付けられなかった」

なんて悲劇はそこらじゅうで結構起こっています。

 

フロートダイドコーロでは機器の販売はもちろん、

キッチン、バスルーム、パウダールームの設計施工も行っております。

サイズ、付けたい機器、好きなデザインなどをお聞きして、

図面とお見積りを起こしていきます。

このお客様はキューブ型アイランドキッチンをご希望でした。

とにかくシンクが広いことが優先でしたのでシンクの幅は1m20cm。

使わないときはシンクに蓋をして作業スペースに出来ます。

海外製食洗機は予洗いをせずお皿をセットするため、

シンクと離れた位置に配置できるため、このようなレイアウトでも全く問題がありません。

こんな感じの資料でお打合せをしていきます。

(資料のレイアウトは少しずつ改善しているので変更になることも有ります)

 

以前に、設計事務所の設計士さんからいただいた言葉で

「オーダーキッチンってもっと大ごとかと思っていましたが、案外敷居が低いんですね」

と言われたのが今でも印象に残っています。

 

新築、リフォーム問わず、まずはお見積りからぜひご相談ください。

 

以上、金曜日のブログ当番 小長井でした。

 

 


コンパクトキッチン、できました。

じつは、当店フロートダイドコーロのオリジナル商品というものが複数点あります。

今日はオリジナルのキッチン KOWCH(カウチ)をご紹介します。

 

いかがでしょう?

キッチン=箱 という概念を捨てて軽やかでキュートなデザインになりました。

 

「収納は欲しいし、コンロは3口以上欲しいし…」という方へのご提案というよりは、

アパート、マンションの新築やリフォームを検討中の大家さんや、

事務所やショールームなどと相性のいいキッチンだと思います。

がっつり料理するぞ!というよりはインテリアとして

空間のアクセントに愉しんでもらえるスタイルだと思います。

色も、赤、黒、白の3色展開です。

 

この部分、コーナーの丸みを帯びたフォルムが

技術面からすると、相当難易度が高いのです。

 

もちろんビジュアルだけでなく、コンパクトながらもKWCの水栓、Electroluxの2口IHコンロ

というきちんとした美しい設備を標準で備え付けています。

 

資料をご希望の方はこちらからメールでご連絡いただけます

赤いキッチンを展示しておりますので、ぜひお気軽にご来店ください。

 

 

 

 

 

 

 


「システムキッチンに海外製食洗機って入れられますか?」

こんにちは。小長井です。

 

ここ2日ほど連続して、

「システムキッチンに海外製食洗機って入れられますか?」

というお問い合わせの電話がかかってきております。

 

なかなか悩ましい質問だなと思っています。

 

 

海外製食洗機を入れたい場合、食洗器本体のサイズより低い

80㎝の高さのキッチンでは無理です。

85㎝の高さのキッチンなら入るかもしれません。

かもしれないというのは、重厚感を出すために天板が厚い

デザインだったりすると、入らない可能性があります。

また、キッチンに立った時につま先が当たる部分を蹴込み(けこみ)と

いうのですが、この部分の形状も気になります。

食洗機の扉開閉の都合上、蹴込の高さにある程度の条件があります。

これがキッチンと合わないほど、入れることができたとしても格好が悪い仕上がりとなります。

せっかく作るキッチンですから、ただ食洗器が入ってればいいってことはないですよね。

どこまでのデザインを許せるのか、お施主様によって異なるので何とも断言ができないです。

 

とはいえ、かっこいいに越したことはないと思うんです。

せっかく海外製食洗機の相談をしてくださったのですから、最善の提案ができればと思っています。

 

まずは「食洗機をキッチン内に収めない」という考え方。

海外製の食洗器を使用する際は、予洗い禁止なんです。

海外製食洗機は、お皿をすすぎながら、水に含まれる汚れを測って

洗い方や時間を調整します。

予洗いをしてしまうと、きれいだから洗わなくていいお皿だと判断し

洗い方を変えてしまうんです。

食器を洗いたくないから、食洗器を導入するのです。

予洗いは禁止です。

 

予洗いをしないということは

食洗機の隣にシンクを配置する必要がないということです。

だから背面収納に組み込んでもいいですし、

極端な話、ダイニングテーブルの横に単体で置いたっていいんです。

ちなみに150㎝の身長の人がキッチンを使うのであれば、高さは80㎝がいいかもしれません。

コンロはガス派の方なら、五徳の高さもあるのでなおさらです。

食洗機は必ずしもキッチンに組み込まなくていいと思っていただくと

プランニングの選択肢がかなり広がります。

 

 

もう一つはオーダーキッチンにしてしまうことです。

これなら確実に、海外製食洗機がきれいに収まります。

海外製食洗機を導入されているということは、大きなお鍋や

オーブンの天板などは食洗機で洗いますよね。

つまり、シンクの大きさを小さくすることができます。

作業スペースが広くなるのは魅力ですし、

あるいはコスト調整のためにキッチンを少し小さくしてもいいかもしれません。