タグ: オーダーキッチン

オーダーキッチン、いかがですか?

日本で家を建てた場合、キッチンやお風呂は大体、大手メーカーさんのショールームに見学に行って選択されますよね。
メーカーキッチンはなんといってもスケールメリットがありますね。
大量に作ることで、高品質な素材でも、価格を抑えて販売することができます。
もちろんフロートダイドコーロでもお取り扱いしております。

ただ、毎日使う場所なので、こだわりの強い方も多く、設備や配置、高さ、デザインなど自分の理想に合うものが無い場合はオーダーキッチンという選択肢もあります。

例えばシンプルなステンレスキッチン。
衛生的で、作業スペースが広く確保されています。

食洗機があるため、シンクで鍋など洗う必要が無く、シンクを小さく設計することもできます。
そうすると作業スペースが確保できるので、キッチン自体を小さくしても、機能性が十分確保できます。

この事例では、シンクは小さくせず、多機能シンクを採用しました。
まな板や作業プレート、水切りプレートを内蔵しています。


他にはこんなキッチンも施工しました。

天板にセラミックストーンを採用した、L字キッチンとアイランド作業台です。
レンジフードもキッチンと同じ面材で覆っているので、悪目立ちせず美しく収まりました。
海外製オーブンは、ガスコンロの下に配置しなくていいので、目線の高さにビルトインすることで重たいグラタン皿の出し入れや、焼き色のチェックがしやすくなります。

扉は、こんな開き方にもできます。
こまごまとした、電子レンジやトースター、コーヒーサーバーなど蒸気レスの家電をこの扉の中に仕舞ってしまえば、見た目がすっきりとしますし、使うときも不便はありません。

アイランドの作業台です。
手前のスライド棚部分は炊飯器を置きます。上部についているのは蒸気排出ユニットです。
奥の空間にはゴミ箱を入れます。

キッチンに対して求めるものはそれぞれ皆様異なります。
オーダーキッチンなんて、一部のこだわりの強い人がやる特殊なことだなんて思わずに、まずはお気軽にご相談ください。


調理法でうまみが変わる。枝豆を焼いてみよう


夏と言えば!よく冷えたビールとほこほこの枝豆!!
よくできたもので、枝豆の旬は夏です。今美味しくいただかなくては、もったいないです。

そんな枝豆ですが、一般的な調理法は塩ゆでだと思います。
たまにおしゃれな居酒屋で、たまに焼き枝豆が出てくると、「なんだかおいしい気がする」「ちょっといい豆なのかな?」と思っておりました。

じつは、枝豆は焼くと美味しくなるんです。
枝豆はもともと糖を含いません。加熱されることで酵素が働き、糖が作られます。この酵素は、50℃~70℃の間で活発に働くため、じっくり加熱するとうまみがUPします。沸騰したお湯に入れてしまう塩ゆでだと、一気に過熱されるのでうまみを引き出す時間が短くなってしまいます。

初夏が旬のそら豆も、少し弱めの火でじっくり皮が焦げるまで焼いたら、美味しいと評判でした。


このちょっと見慣れない、調理機器が今回ご紹介するアイテムです。

そら豆が載っていないと、こんなヴィジュアルをしています。
バーベキューグリルという商品名で、お肉、魚、野菜など焼くだけでふっくらジューシーに仕上げてくれます。
その秘密は要岩石の遠赤外線効果!
網の下には、溶岩石が敷き詰められています。

これで焼いたら、枝豆も驚きのごちそうになります!



ブランド名:GAGGENAU(ガゲナウ)
製品名: バーベキューグリル
品番: VR 230 434 
寸法 : W×D×H 288×523×108.5 mm

ご予約をいただいた上で、食材をお持ち込みいただけば、実際にお使用いただく固とも可能です。
また、本機をはじめとした輸入調理機器を体感していただく料理教室も、第三土曜日に開催しております。
お気軽にお問い合わせください。



冷たいものが恋しい季節です

すっかり暑くなりましたね。
暑い日が増えるほど、かき氷系のシャリシャリした食感のアイスが売れるそうです。

じつは私の本日のお昼ご飯のデザートは、ガリガリ君でした。
暑い日は冷たいものが恋しくなります。

そんなわけで、本日は冷たいものをたくさん買いだめできる、おしゃれで便利な冷蔵庫のご紹介です。

向かって右の扉が冷蔵庫、左の扉が冷凍庫という、いかにも海外らしいスタイリッシュなデザインです。 この冷凍冷蔵庫は、実は電気だけでなく、水道も引き込んでいます。
内部には浄水器が搭載されており、左側中央のディスペンサーから、 冷えた浄水と氷を取り出すことができます。 

希望のボタンを押すと、水や氷がこんな感じで出てきます。

使いたいときに、家族が使い切ってしまってミネラルウォーターを常備したり、氷の給水が無くなるのは本当に快適です。補充されていない…!という、地味だけどよくあるイライラが解消されます。


【今回ご紹介したアイテム】
ブランド名:mabe(マーベ)
商品ジャンル:冷凍冷蔵庫
品番:MSMS2LG
定格内容積 : 623L (冷凍室:193L 冷蔵室:430L)
外形寸法 :913(W)x763[693*](D)x1,765(H)mm[*はハンドルを除いた値]

※試運転可能な実機の展示がございますので、試してみたい方はお気軽ご来店ください。

10:30~18:30 火曜定休



キッチンにあったら、ちょっと便利だなと思える機能


フロートダイドコーロではオーダーキッチンや背面収納も作成しております。

海外製の食洗器やオーブンをビルトインするにあたって、それならここを広くして…ここは予算を抑えて…使いやすいようにこっちは高さを変えて…
なんていうお話の中で図面案を作っていきます。

オーダーキッチンのパーツを探していると、ふいに魅力的なパーツを見つけることがあります。
そんなちょっと便利なパーツを少しだけご紹介しますね。

口数とかいろいろあるのですが、これは目隠し付きコンセント。
マットな質感なのでそもそも悪目立ちしにくいのですが、隠してしまうことができるという。
写真の商品は3口なので少し大きいですが、2口や1口はもっとスッキリします。

最近では百均やホームセンターのケースをうまく組み合わせて、きれいに収納されている方も増えていますね。
キッチン用に特化されたデザインや強度のアイテムなので、同じようにプチプラとはいきませんが、このまな板立てなど便利だなと思います。

せっかくキッチンを考えるのなら、必要なものと不要なものをきちんと取捨選択しながら、理想のキッチンを作りたいですね。
他にも小技のきいたアイテムはたくさんありますので、少しずつご紹介したいと思います。

以上、金曜日のブログ当番、小長井でした。


キッチンを広くしたい!


料理には様々な工程がありますよね。
食材を洗う、切る、置く、焼く。
それぞれの工程のためにシンクがあり、作業スペースがあり、加熱機器があります。
広くて食材や食器を洗いやすいシンクがあって、仕込み途中の食材や盛り付け用の皿を
広げて置けるスペースがあり、同時進行で加熱ができるような
多口のコンロがあったらうれしいですよね。

でも間取りの関係や予算の都合で大きなキッチンを取り入れるのは大変です。
もちろん掃除も大変ですよね。

広いスペースをとるのが難しいなら、どこかを狭くしたり妥協する必要がでてきます。
そこで今回は、シンクのスペースをどうするかについて考えていきたいと思います。

シンクの使い方といえば、前述したように食材を洗ったり、食器を洗う使い方が主です。
食器を洗う際に食器をまとめてシンクに置きたいという方は
やはり大きなシンクがあってほしいですよね。
ですがその分、作業スペースが削られていってしまいます。
せっかく広いシンクがあっても物を置いたり、切ったりするスペースが狭いと
作業がしづらくちょっとストレスを感じちゃいそうです。

そこでおすすめしたいのが段付きのシンクです。
写真のように段がシンク内についています。ここにプレートをひっかければ
あっという間に作業スペースが!

※ショールーム展示品のため色々な水栓を付けています。

可動式なので、使わないときは取り外せます。
しかもまな板として使えるプレートや水切り穴が開いたプレートもありますよ。
シンクの上で食材を切って、すぐさま汚れを水で流すことができます。
スペースを賢く使えば、普通のキッチンが広々としたキッチンへと変わります。
オーダーキッチンならシンクのサイズも自由に選べますよ!

アイランドキッチンなど人目に触れやすいキッチンに段付きのシンクを使えば
急な来客などの際に汚れた食器などをさっとシンクの中に隠して
プレートでフタをするなんてこともできますね!

大きなシンクとは全く逆に小さいシンクを取付けるのもありだと思います。
というのも、大きなシンクが必要なのは鍋や大皿などを手洗いするからですよね。
それならば、そもそも洗い物をしなければ小さいシンクでも問題ないはずです。

洗い物をしないなんてことが実際にできるのかと思うかもしれません。
しかし、結構できちゃうんです。そう!食洗機があれば!
特に今人気が高い海外製の食洗機なら、大容量なので鍋も大皿もお茶碗もまとめて
洗うことができます。しかも面倒な予洗いが不要です。
手洗いでの使用水量の約9分の1ほどしか水を使わない上に、省エネ設計なので
手洗いに比べてランニングコストが安くお得ですよ。

食器を洗う必要がなければ、大きなシンクも必要ないですから
シンクを小さくして作業スペースを大きくとったり、多口のコンロを取付けたり
することができます。
食洗機という手もなかなかありだと思いませんか?

今回はシンクについて考えてみました。
工夫することで間取りに合ったお好みのキッチンを実現することができるかもしれません。


ASKO(アスコ)食洗器D5556XXL

スウェーデンの家電ブランド、ASKO。
デザインがかっこいいんですよ。

そんなASKOの最新カタログが届きました!
今後発売予定のワクワクする調理機器情報も載っております。

ガスコンロ、食洗器の他に、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、レンジフード、オーブンにバキュームドロワーまで!
ASKOでトータルコーディネートが楽しめます。

加熱機器はガスです。
直火で苦も無くチョコレート滑らかに溶かせるほどの超とろ火と、プロの料理人にも愛される超高火力でお料理が楽しくなります。

D5556XXLは現在日本国内に流通している家庭用食洗器で最大ではないでしょうか?
4段もラックがあるため、一度に大量の食器が洗えます。

また、他の海外メーカーは、ラックの深さは大体同じくらいなのですが、ASKOだけとても深いです。お椀やどんぶりを頻繁に使う方には、相性が良い機種と言えます。

1つご注意いただきたい点としては、D5556XXLは大容量のため、高さが85cmのキッチンには入りません。85cmの高さに入る他の機種もございますし、キッチンの仕様次第では入らない場合もございますので、スタッフまでお尋ねください。

ちなみに、D5556XXLの展示使用実機を展示品売却特価にてご案内しております。
ご興味がございましたらぜひ、お問い合わせください。


HOME CHEF 開催レポート

3月30日(土)にFdcキッチンセミナー HOME CHEFを開催しました!
女性3名、男性1名の計4名にご参加いただき始まったHOME CHEFの様子をご紹介します。

4名とも各々でご参加いただき、はじめましての状態でスタート。
講師を務めていただいた天野 友江先生をはじめに、ちょっとした自己紹介を交えて
和やかな雰囲気で調理が始まりました。
天野先生の明るく気さくな人柄もあり、あっという間に笑い声の溢れる
アットホームな空間に。

今回のテーマは、「春のおもてなしレシピ」
天野先生おすすめの春野菜や珍しい野菜の数々を使ったメニューを作りました。
見た目にも美しい野菜たち。カラフルでかわいいですね。
作り方は意外と簡単なのにとっても本格的で美味しかったです!

フロートダイドコーロで展示中の海外製のキッチン機器を使っての調理に
参加者のみなさんも興味津々に楽しんでいただけたようです。
とくにGAGGENAU〈ガゲナウ〉のIHやバーベキューグリルは好評いただきました!

機器を使ってみて、調理したものを食べてみて伝わる魅力があると思います。
HOME CHEFは体験を通して、海外製キッチン機器の特徴を実感できる数少ない機会です。
ご興味のある方は、次回のHOME CHEFに是非ご参加ください!
次回は4月27日(土)を予定してます。(変更の可能性もあります)

デザートにはフレンチトーストを。
GAGGENAUのテッパンヤキを使い、みなさんで焼いてもらいました。
食用の花を散らして、見た目も素敵に…


いよいよ明日は調理イベント!

明日3/30はショールームの調理機器を実際に使って、調理をするイベント当日です。

とろ火コンロ で丸ごと玉ねぎをコトコト煮込む
溶岩石のBBQグリル で春野菜をシンプルに焼いてみる
大容量オーブン でラザニアをほったらかし調理してみる
そんな感じで、キッチンで調理する楽しさをお伝えする体験会です。

個人的な主観ですけど、 海外の調理機器は、料理を楽しむ方向に進化している気がします。
チョコレートを直火で簡単に溶かせる超とろ火から、 煽り炒めの中華料理や、フランベしやすい高火力も自在です。

日本は安心と手間のかからなさに向けて進化している気がします。
料理を失敗しない安心や、機器トラブルの回避、掃除のしやすさなどの安心です。
どちらもそれぞれ魅力がありますが、日本製の機器に比べて 海外製機器を知ってもらう機会はとても少ないと思います。 

ちなみに今回の講師は、てっぺん静岡でもおなじみの天野先生です。

海外製調理機器の魅力がわかりやすく伝わるお料理を相談したら、想像をはるかに超えるおいしそうなメニューをたくさん考えてくださって、今からとっても楽しみです。


ちなみに天野先生は野菜ソムリエコミュニティの会長さんでもありますので、時間次第では、これからの美味しい春野菜の見分け方や、切り方で変わる食感や味のお話もちょっと織り込めるかもっておっしゃってました。

イベントの様子は後日ブログでアップするかと思います。

気になった方はぜひ、次回はご参加くださいませ。



調理機器から考える、料理好きのためのオーダーキッチン

突然ですが、家の予算を考えたときに、

存外キッチンって高いんだなって思いませんでしたか?

私も住宅会社で働いてるときには、なんでこんなに高いのかなと思ってはいたんです。

でも、間取りや床と壁の素材、新しいデザインのタイルなんかは興味がありましたが

キッチンって割と、ショールームとお施主様任せで、大体標準品だったんですよね。

ですので、今回はどうして高く感じるのか、ざっくりですが簡単にお話ししますね。

 

本体は、そもそもただの箱じゃない。

シンプルな収納、例えばカラーボックスってすごく安いですよね。

3段の物で1000円前後くらいでしょうか。

そんなイメージをお持ちで、同じ収納の箱と思っていたら高いと感じるかもしれません。

収納家具とキッチンの違いは、なにがちがうのでしょうか。

 

・素材が違う。

ワークトップ、扉、躯体、ひきだしなど、適材適所で素材を変えています。

それぞれたくさん選択肢があって、驚かれる方も多いと思ます。

例えばカラーボックスの上で、カボチャを切ったり、パン生地をこねようと思います?

無理ですよね。荷重に耐えられなくて壊れそうですもん。

まな板濡れてたら、シミになりますしね。

でも、それらの作業は日々当たり前にキッチンで行われています。

水に強く、汚れに強く、傷がつきにくく、熱に強く…

キッチンに求められることは、とても多く、すべてが高い精度であればより快適です。

性能が良い素材を組み合わせて行けば、価格は当然上がってしまうのです。

 

それぞれの部位別の素材についてはまた改めてご説明いたします。

ちなみにこちらは過去の天板素材のブログです。

「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (前編)

「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (後編)

 

・レールが違う。

家具の引き出しだと、そもそもレールが無いものも多いですよね。

キッチンのショールームなどで、高いグレードと、安いグレードの

引き出しをぜひ開閉してみてください。

もしかすると、物が入っていないのでその場では少しわかりにくいかもしれません。

でも実際はそこに食器やビンなど重くて割れやすいものがぎっちりと入ります。

レールのグレードがもし一般の家具のレールをつけてしまえば、

カチャカチャと食器が音をたてたり、出し入れに力が必要になります。

 

 

・最新調理機器がセットされている

加熱機器、レンジフード(換気扇)、水栓、はどの家でも大体付けますよね。

それから人によっては、食洗器、浄水器、オーブン…

住宅会社さんによっては、「追加料金なしの標準品です」とは仰いますが

いずれにせよ無料ではないので、家具とは違って、機器類の料金が発生します。

 

長々とお話ししてまいりました。

さて、私が何を言いたいのかというとですね、

キッチンのこと、ちゃんと検討されてますか?と言いたいんです。

間取り、床と壁の色や素材は皆さんじっくり考えてらっしゃると思うんです。

 

キッチンは?キッチンは標準品から色だけ選んで、

少しオプションを検討しただけではありませんか…と、言いたいのです。

 

でもそれは、お客様が悪いんじゃないんです。

そもそも選択肢を与えられていないのですから。

見たことが無いものや知らないものを選べるわけがありません。

 

そもそもキッチンでどうしたいんでしょうか。

毎日の調理なんて当たり前すぎて、考えたことが無い方も多いと思います。

 

たとえば私だったら…

料理を作ることは得意ではないので調理機器はそんなにこだわりません。

予算に限りがあるなら、楽する方向にお金を使いたいです。

鍋やボウルも洗える海外製の食洗機をつけたいです。

で、自分で洗う気はないのでシンクは小さくていいです。

その分、ワークトップを散らかすと思うので作業スペースを広く欲しいです。

図面にしてみるとこんな感じでしょうか。

魚焼きグリルは、パンとかソーセージも焼きたいので欲しい…

IHじゃなくてガスがいいかも…

食洗機で洗ったお皿をそのまましまいたいから、食洗器は背面収納に入れてしまおうか…

そんなことを考えるのも楽しいものです。

 

私と違って料理好きの方ならなおさらですよね。

目線の高さのオーブン、とろ火と超過力のコンロ、遠赤外線で焼くグリル(!)

そんなアイテムも世の中には選択肢としてあるんです。

そこでこちらのイベント!

りょりを創るために、こんな機能が欲しい!これは外せない!

こういう料理が作りたい!

そんな目線からのヒアリングでキッチンのプランニングを行います。

完全予約制ですので、詳しくはこちらをどうぞ。

 

ちなみにほんの一部ですが、店内はこんな雰囲気です。

見たことのない機器が必ずあります。

知っていて選ばないのと、選び終わった後に知って後悔するのでは全く違います。

ぜひ一度ご来店ください。

以上、金曜日のブログ当番小長井でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オーダーキッチンの製作も承ります

最近、HPのリニューアルに向けて、いろんな海外ブランドについて調べています。

このブランドはこういうこだわりがあってこの分野が得意なんだな、とか

創業から100年以上の歴史と、これだけの業界内でのシェアがあるんだな、とか

日本で未発売の洗面ボウルすごくかわいいなぁとか、

発見がたくさんあって興味深いです。

 

しかし本当に、限りなく多くのブランドがあって、選ぶのは難しいですね…。

デザイン、価格、サイズはもちろん、機器同士の相性も考慮しなくてはなりません。

「ネットで見て可愛い水栓とボウルを買ったら高さが合わなくて付けられなかった」

なんて悲劇はそこらじゅうで結構起こっています。

 

フロートダイドコーロでは機器の販売はもちろん、

キッチン、バスルーム、パウダールームの設計施工も行っております。

サイズ、付けたい機器、好きなデザインなどをお聞きして、

図面とお見積りを起こしていきます。

このお客様はキューブ型アイランドキッチンをご希望でした。

とにかくシンクが広いことが優先でしたのでシンクの幅は1m20cm。

使わないときはシンクに蓋をして作業スペースに出来ます。

海外製食洗機は予洗いをせずお皿をセットするため、

シンクと離れた位置に配置できるため、このようなレイアウトでも全く問題がありません。

こんな感じの資料でお打合せをしていきます。

(資料のレイアウトは少しずつ改善しているので変更になることも有ります)

 

以前に、設計事務所の設計士さんからいただいた言葉で

「オーダーキッチンってもっと大ごとかと思っていましたが、案外敷居が低いんですね」

と言われたのが今でも印象に残っています。

 

新築、リフォーム問わず、まずはお見積りからぜひご相談ください。

 

以上、金曜日のブログ当番 小長井でした。