料理には様々な工程がありますよね。
食材を洗う、切る、置く、焼く。
それぞれの工程のためにシンクがあり、作業スペースがあり、加熱機器があります。
広くて食材や食器を洗いやすいシンクがあって、仕込み途中の食材や盛り付け用の皿を
広げて置けるスペースがあり、同時進行で加熱ができるような
多口のコンロがあったらうれしいですよね。

でも間取りの関係や予算の都合で大きなキッチンを取り入れるのは大変です。
もちろん掃除も大変ですよね。

広いスペースをとるのが難しいなら、どこかを狭くしたり妥協する必要がでてきます。
そこで今回は、シンクのスペースをどうするかについて考えていきたいと思います。

シンクの使い方といえば、前述したように食材を洗ったり、食器を洗う使い方が主です。
食器を洗う際に食器をまとめてシンクに置きたいという方は
やはり大きなシンクがあってほしいですよね。
ですがその分、作業スペースが削られていってしまいます。
せっかく広いシンクがあっても物を置いたり、切ったりするスペースが狭いと
作業がしづらくちょっとストレスを感じちゃいそうです。

そこでおすすめしたいのが段付きのシンクです。
写真のように段がシンク内についています。ここにプレートをひっかければ
あっという間に作業スペースが!

※ショールーム展示品のため色々な水栓を付けています。

可動式なので、使わないときは取り外せます。
しかもまな板として使えるプレートや水切り穴が開いたプレートもありますよ。
シンクの上で食材を切って、すぐさま汚れを水で流すことができます。
スペースを賢く使えば、普通のキッチンが広々としたキッチンへと変わります。
オーダーキッチンならシンクのサイズも自由に選べますよ!

アイランドキッチンなど人目に触れやすいキッチンに段付きのシンクを使えば
急な来客などの際に汚れた食器などをさっとシンクの中に隠して
プレートでフタをするなんてこともできますね!

大きなシンクとは全く逆に小さいシンクを取付けるのもありだと思います。
というのも、大きなシンクが必要なのは鍋や大皿などを手洗いするからですよね。
それならば、そもそも洗い物をしなければ小さいシンクでも問題ないはずです。

洗い物をしないなんてことが実際にできるのかと思うかもしれません。
しかし、結構できちゃうんです。そう!食洗機があれば!
特に今人気が高い海外製の食洗機なら、大容量なので鍋も大皿もお茶碗もまとめて
洗うことができます。しかも面倒な予洗いが不要です。
手洗いでの使用水量の約9分の1ほどしか水を使わない上に、省エネ設計なので
手洗いに比べてランニングコストが安くお得ですよ。

食器を洗う必要がなければ、大きなシンクも必要ないですから
シンクを小さくして作業スペースを大きくとったり、多口のコンロを取付けたり
することができます。
食洗機という手もなかなかありだと思いませんか?

今回はシンクについて考えてみました。
工夫することで間取りに合ったお好みのキッチンを実現することができるかもしれません。