タグ: キッチン水栓

水栓もインテリアの一部として楽しみたい!

洗面台やキッチン、お風呂には当然ながら水栓(蛇口)がついていますよね。
イメージでいいので思い浮かべていただけますでしょうか。

イメージした水栓は何色でしたか?


こんな感じのピカピカのシルバーをイメージした方がほとんどではないでしょうか。
光沢のあるクロムメッキ塗装で一般的にクローム色と呼ばれる色です。
昔から水栓といえばクローム色ですよね。
公共施設やデパートなどでも多く採用されています。

不思議なのですが、キッチンやバスルームを決める際には、キッチンのワークトップの色、
バスタブの色などいくつか選べますが、
なぜ水栓はクローム色がほとんどなのでしょうか。
せっかく周りの色をコーディネートしたのに、水栓だけギラギラのクローム色なのは
不思議な感じがします。もちろん、クローム色は合わせやすい色なので
コーディネートが台無しになるようなことはないと思います。
ただ、細部までこだわりたい方にとっては、気になる部分です。

水栓も含めたコーディネートをしたい…!
そんな方におすすめなのが、海外製のカラー水栓です。
日本製でもカラー水栓はありますが種類が少ないので、デザインもカラー展開も
豊富な海外製の方が、好みの物を選べると思いますよ。

カラー水栓を使ったキッチンやバスルームのイメージはこんな感じです↓

インテリアとして、キッチンやバスルームをとらえてみると
どんどんこだわりたくなってきますよね。
実際、キッチンなどは使っている時間よりも使っていない時間が長いです。
リビングダイニングからみたキッチンが、インテリアの一部として存在している…
想像しただけでも暮らす喜びがこみ上げてきますね。

イメージに上げたようなキッチンやバスルームは、既製品のシステムキッチンやユニットバスでは難しいです。

選択肢としては、オーダーキッチン、在来バス、特注ユニットバスになります。
量産型に比べて当然、お金も時間もかかりますが、とことんこだわりたい方は
ぜひ検討してみてくださいね。


お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11


個性的だけど使い勝手良し!なキッチン水栓

洗い物が楽しくなるキッチン水栓のご紹介です!

フロートダイドコーロの一押し商品といえば、海外製食器洗い機です。
洗い物をすべて機械に任せられる優れものですが、
洗い物は結構好きという方や苦にならないというご意見もチラホラ聞きます。

なので、今回は洗い物は手洗い派の皆さまにぜひおすすめしたいキッチン水栓のご紹介です。
洗い物がちょっと楽しくなる!かもしれません。

それがこちらのキッチン水栓です↓↓↓

マットブラックの他にステンレス調、クロームございます

アメリカでシェアトップクラスの水栓メーカー DELTA〈デルタ〉社のESQUE〈エスク〉という商品です。
デルタのキッチン水栓といえば、水栓に軽く触れるだけで水の出し止めが可能な
タッチテクノロジーがとても人気があります。
あえて触れるという動作を挟むことで、いわゆるタッチレス(赤外線センサーなど)で
ありがちな誤作動がおきません。
静電気に反応し、肌で触れれば反応するので、手が汚れていても手の甲や腕でタッチすれば水が使えます。
いちいちハンドルやレバーを開け閉めする必要が無いため、水や汚れで水栓の根本やシンクまわりが
びしゃびしゃにならないのでとてもありがたい機能ですね。

実際にタッチ水栓を使ってみた動画をYouTubeに上げましたのでぜひ!
https://youtu.be/1gnj3Gu1-4g

そしてこのエスク タッチ水栓は、ほかのデルタ水栓にない特別な機能が・・・!

それがこちら↓↓↓

シールドスプレーという特別な吐水ができます。
ご覧の通りぶわっと水の壁ができていますよね。
水がお皿に当たった際に、水の壁のおかげで水しぶきが水の壁の内側で起きています。
つまり、水はねがしにくいんです。
中心に一本通る水は、パワフルな吐水なので汚れ落ちが抜群。
水はねせず汚れもするする落ちるので、洗い物が楽しくなるかもしれませんよ!

動画のフルバージョンはYouTubeで見られます
https://youtu.be/541t1rAZQiw

フロートダイドコーロではこのエスク タッチ水栓を常時展示中です。
ぜひ実物を使ってみてください。
お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11


キッチンに主役級の水栓を【GROHE・DELTA】

 

こんにちは。Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

キッチンは日々の生活を支える大切な場所ですね。

最近ではオープンキッチンを導入される家庭が多いようです。

料理中に家族とコミュニケーションをとれるので、

家族との時間を大切にできる点が人気の理由です。

 

作業場所が人目に触れやすくなるという点もありますが

レイな状態を維持しようという気持ちになるので

むしろ、清潔感を保ち易いのではないでしょうか。

 

スタイリッシュなオープンキッチンで最も目を引くものといったら

キッチン水栓ではないかと思います。

 

 

海外製の水栓には存在感、デザイン性、機能性に優れた製品が

たくさんあります。

キッチンの顔としてお気に入りの水栓を探してみませんか。

 

【今回ご紹介したメーカー】

GROHE(グローエ):ドイツ

特徴:世界最大級のシェアをもつ水回り製品のリーディングカンパニーです。

品質、技術、デザイン、そしてサスティナビリティの4つのブランド価値のもと、

水を楽しむ喜び“Pure Freude an Wasser” をお客様にお届けするために、

創業以来、水栓金具のパイオニアとして機能的で高品質な製品を

造り出すことに惜しみない情熱と努力を注いできました。

DELTA(デルタ):アメリカ

特徴:デルタはデルタフォーセットカンパニーのフラッグシップブランドです。

世界中のシェラトン、ヒルトンなどの有名ホテルでも多数採用され

アメリカの国民的ブランドともいえるシェアを持つブランドです。

水栓金具からアクセサリーまでカラーとシリーズを揃えることができ、

クラシカルからモダンなデザインまで幅広いラインナップが

デルタ製品を楽しむことができる魅力の一つです。

 

 

 

 

 

 


一度体験してしまうと忘れられない快適さ【DELTA タッチ水栓】

DELTA(デルタ)というメーカーをご存知でしょうか。
航空会社の方ではなく、水栓金具メーカーです。
世界65か国で販売されており、本国アメリカではキッチン水栓のシェアはトップクラスです。
フロートダイドコーロでもDELTA水栓を展示していますが、
展示を使ってみたお客さんはいつも「すごい!!」と驚かれます。

世界中の人々を惹きつけるデルタの水栓は一体何が、すごいのでしょうか。

デルタ水栓の一番の特徴というのが、タッチテクノロジーです。
恐らく、今皆さんが想像しているのはセンサー式の自動水栓ではないでしょうか。
デルタのタッチ水栓は、こういったセンサー式とは全く異なり、その上使いやすい水栓なんです。
さっそく、そのタッチ水栓を見てみましょう!

タッチ水栓とは、触れることで水の出し止めができるということなんです。
しかも、デルタ タッチ水栓はシャワーヘッドを除く本体のどこを触れても反応するんです!
シャワーヘッドはつかんで引き出すものなので、あえて反応しない作りです。

このテクノロジーは静電気に反応して作用するため、皮膚であれば問題ありません。
たとえば、肉をこねてべたべたな手や泡だらけの手、料理をしていると当然手が汚れます。
水で流したいのに、汚れた手でレバーやハンドルを触るのは嫌ですよね…
その結果、後で汚れたレバーやハンドルを掃除するしかありません。
そんな、使いにくくてめんどくさい!を変えてくれるのが、このタッチ水栓。
汚れていない腕や手の甲などで軽く水栓に触れるだけで水を使えます。
清潔に使えるのはストレスがなくていいですよ!

世の中には、センサー式の自動水栓がありますよね。もちろん便利ではありますが、
よくあるのが、誤作動です。
赤外線センサーなどでは、センサーの前に手をかざせば反応しますが
キッチンのシンクという場所は、様々な作業をするため、ふとした動作で反応することも多いです。
いま水が出てほしくなかった!というタイミングででることありませんか?
思わぬタイミングで腕や服が水浸しに…なんてことも。

タッチ水栓はあえて触れるという動作を挟むことで、使いたい時にだけ使えます。
誤作動がないという点もストレスフリーにつながりますね。

キッチンでの作業がより効率的に、スムーズに気持ちよく進むのはありがたいです。
本当に便利で、私も展示中のタッチ水栓を使用することがあるのですが
あまりの使いやすさに、自宅の普通の水栓を無意識にタッチで使おうとするほどです。

シャワーヘッド付きなのでシンクの隅も流しやすいです。
吐水もシャワーへ切り替えることができ、途中で水を止めても次に水を出した際に
吐水はシャワーを維持できるので、止めるごとに切替する必要がありません。

デザイン、カラーも豊富なので様々なスタイルに合わせて選べる点もいいですね。





欲望のままに欲しい物ランキング -2019年5月版-

2019年5月現在、スタッフの小長井が欲しいものを欲望のままにランキング。
設置の手間や場所、費用のことなどは置いておいて、ただ単純に欲しいものをまとめてみました。

こんなものがあるんだな、程度に気楽にお読みいただければ幸いです。

では早速、第3位!

DELTA(デルタ) トリンシック マットブラック

これはキッチンに付ける水栓です。
欲しいポイントとしては、タッチ式という機能面と、すっきりした色とデザインですね。
泡や油の付いた指で水栓に触れなくても、腕まくりした腕や肘で水をコントロールできるので、水栓の掃除が格段に楽になります。


続きまして、第2位!

GAGGENAU(ガゲナウ) ビルトインスチームオーブン

まず、見た目からして、格好良いじゃないですか。
オーブンってなかなか壊れないので、これから買うのならタンク式のスチーム付きがいいなと思っています。
加熱水蒸気方式だと油で揚げなくても、カリっと揚げ物のように仕上がるというので、ぜひ試してみたいですね。
焼く、煮る、蒸す、揚げる…そんなメニューができてしまう憧れのオーブンです。


さて、5月現在私が一番欲しい物、
堂々の第1位はこちらです!!

ASKO(アスコ) 食洗器 DFI675

お皿洗いは嫌いなので、鍋なんてもっと洗いたくない。
オーブン料理に使った、こびりついた食器を洗うのなんてほんと嫌な私にとっては、食洗器は欲しくてたまらないアイテムです。
包丁もセラミックを買って、食洗器に入れたいタイプです。

食洗機は各ブランドそれぞれの魅力があるので迷うのですが、今の気分はアスコでした。 この機種の魅力は、なんといっても大容量!
ラックの形が個性的で、椀やどんぶりなど深さのある食器を好む人には、特に相性がいいと思います。

熱風乾燥機能があるため、扉は閉じたままでお皿がカラッと乾くのもめんどくさがりの私にはうれしい限りです。



以上、5月現在、スタッフ小長井の欲しい物ランキングでした。


一度使うと手放せないもの【デルタ タッチ式水栓】

 

水まわりって生活感が出やすい個所だと思います。

特に水栓金具は、購入時の輝きがどんどん失われていきがちですね。

くもり、うろこ汚れ、根元の変色…

できるだけ水栓本体を汚さないように使っていきたいとは思うのですが、

使用頻度が高い場所なだけに難しいです。

さて、このアワアワの手で水栓を触るのは嫌だな…と思うのです。

あとは、ひき肉をこねた後のオイリーな時も嫌ですね。

 

そんな時に、本当に便利だなと思うのがお店で普段使用している水栓なのです。

 

腕や手の甲で軽くタッチするだけっていう。これ、本当に便利なんですよ。

どのくらい便利かというと、自宅の水栓をたまにぺちっとタッチしてしまうくらいです。

…もちろん、一般的な水栓なので、ぺちっとしても水は出ませんけど。

 

 

 

【今回ご紹介したアイテム】

ブランド名:DELTA(デルタ)

商品ジャンル:キッチン水栓

品番:EssaTouch 9113T-AR-DST

特徴:スマートタッチテクノロジー。

ヘッド部はマグネットによる着脱式。

カラーバリエーションあり。