タグ: キッチン

システムキッチンに海外製食洗機を入れたい方、ご相談ください。

最近、既成のシステムキッチンに海外製食洗機のMiele (ミーレ)GAGGENAU(ガゲナウ)Bosch(ボッシュ)ASKO(アスコ)AEG(アーエーゲー)を入れたいというお問い合わせを多くいただきます。

「リクエストしてみたものの、工務店さんやキッチンメーカーさんに、対応不可で断られてしまった」
「ネットで実際に入れている人がいたのに、うちは無理だといわれてしまった」
そんなご相談をいただきます。
もし、その答えに納得できず、もやもやした気持ちになっていらっしゃるのでしたら、一度フロートダイドコーロにご相談ください。

お断りされた原因の中には、もちろん物理的に機械の寸法が収まらない場合もありますが、今まで導入実例が無く不安なのでお断りする業者さんや、会社の規定で入れられる食洗機を縛っているなどの理由も少なからずあるからです。

フロートダイドコーロではLIXIL(リクシル)、TOCLAS(トクラス)、Cleanup(クリナップ)、タカラスタンダードなどのキッチンメーカーをはじめ、各工務店さんのオリジナルキッチンなどにも食洗機を収めている実績があります。
もちろんキッチンによっては入らない場合もあります。
その際はご希望の食洗機とは違うブランドなら収まるようでしたらご提案しますし、海外製食洗機は予洗いが要らないため、シンクの横に配置する必要が無いので、カップボードに収めるなど柔軟にご提案いたします。

もし、さらにきれいな収まりや、キッチンに対するこだわりがあるのでしたら、オーダーキッチンも承ります。


天板も人工大理石、ステンレス、エンジニアドストーン、タイル、セラミックストーンなど豊富な種類から自由にお選びいただけますし、キッチンの寸法も既製品とは違って数ミリ単位でオーダー可能です。

このキッチンの様に、下のラインを揃えたい場合、既成キッチンでは寸法に制約があり、叶わないことがあります。
もし細部までこだわられるのでしたら、オーダーキッチンが向いてるかもしれませんね。

ステンレスのシンプルなキッチンも人気があります。
収納の要不要、扉の開き方、抽斗の数も自由にお選びいただけます。

キッチンは、新築の際の全体の予算の割合の中で意外と多くを占めてます。
安い買い物ではありません。
そのうえ、長く住んでリフォームすることになった場合、真っ先に直す場所もキッチンやお風呂です。
毎日使う場所だから、こだわっていただきたいですし、海外製食洗機の便利さは一度体感していただきたいです。

フロートダイドコーロでは実際に動く4台の食洗機を含め、8台の食洗機を一度にご覧いただけます。




気持ちのいい包丁

フロートダイドコーロの隠れた人気アイテムで、 風味絶佳ECHIZEN の包丁があります。
使い勝手を知ってご自身用に購入される方が多いですが、包丁は“未来を切り開く”という願いを込めて結婚祝いや新築祝いにご購入いただくことも少なくありません。
例年、フロートダイドコーロでは年末に この風味絶佳ECHIZEN 包丁のエキシビジョンを開催しておりました。
試し切りは勿論、福井から職人さんをお招きして包丁研ぎを行うなど、毎年来てくださるお客様も多いイベントですが、今年はコロナウイルスの影響でやむなく断念いたしました。

よく切れる包丁は使っていて本当に気分がいいです。
ねぎの薄皮、鳥の皮などがスパッと切れなくなったら、包丁を研いであげてください。

料理はいい道具を使うと失敗が少なく、気分よく料理を楽しむことができます。
料理が苦手だから、高い器具はもったいないと思うのは間違いです。
切れない包丁で苦戦して包丁に苦手意識を持ったり、熱効率の悪いオーブンでケーキがうまく膨らまなかったり、そんなことを繰り返していたら、料理を作るモチベーションが上がらない悪循環に入ってしまいます。

気分よく調理できる素敵なツールをぜひ体感しに来てください。


料理作りが嫌いになるのは調理器具のせいかもしれません

寒い季節、くつくつととろ火で煮込んだ温かな料理が恋しい季節です。
くつくつごくとろ火で煮込むのに最適な調理機器と言えば、ASKO(アスコ)のガスクックトップです。
日本製では安全面を重視しているので、あまり弱い火や強い火は出せないように設定されていますが、スウェーデンブランドのASKOなら、弱火も強火も自由自在です。

丸ごとの玉ねぎをくりぬいて、そこに味付けした豚ひき肉とみじん切りにした玉ねぎを詰めて、一緒にコンソメスープを入れてくつくつ煮込みます。
火力が強すぎると形が崩れてしまうので、じっくりゆっくり火を通します。
玉ねぎとスープをお皿に盛り付け、パセリを散らしたらできあがり。
シンプルな手順でもうまみたっぷりの存在感ある一皿の完成です。


作りたい料理を再現するための設備や調理機器があると料理が楽しくなります。 ASKOガスクックトップは、湯煎の手間なくチョコレートを溶かせる極とろ火はもちろんのこと、中華料理もおまかせな極強火も可能です。

料理が苦手だから、使いこなせないから、と簡易な調理機器を購入すると、温度管理などがうまくいかず、失敗につながってしまうことが良くあります。
なかなか火が通らず生だったり焼き過ぎたり、レシピ通りに作っているのにお菓子が膨らまなかったり、そんな経験はありませんか?
そのせいで、せっかく作っても悲しい気持ちになってしまい、ますます料理をすることが嫌いになってしまう…。

自信をもって快適に楽しく料理するために、調理機器にこだわってみることは決して贅沢ではないと思います。



そして、フロートダイドコーロではスタッフを若干名募集しております。
・料理が好きな人(苦手でももちろん大丈夫です。私も苦手なので…笑)
・建築業界の経験者、または興味のある人
・いつか家を建てるときに、ちょっと普通じゃないこともやってみたい人
などなど詳しくは こちら をご覧ください。


海外製食器洗い機は大容量です

最近、日本製のシステムキッチンに海外製食器洗い機をいれたいというお問い合わせが増えています。

個の扉は全て海外製の食洗機で一般家庭用の大きさです。
業務用ではありません。

よごれの強い物や大きなお皿は下段に入れます。
お鍋やフライパンも入ります。

中段には3食分の食器がたっぷりと入ります。
右側のお椀は上下で2個ずつ入っています。

一番上の段にはカトラリーやフライ返しなどが入ります。

フロートダイドコーロには各社の製品がありますので、見比べてお選びいただけます。
キッチンメーカーで対応を断られた方もぜひご相談ください。
海外製食洗機を採用する方法をご提案します。


秋こそ、オーブン料理!

家族が家にいる時間が増えたことで、家族のケアといつもの家事と…と忙しさが激増している方も多いのではないでしょうか。
そんな方にぜひ考えていただきたいのは、オーブンでのほったらかし調理の活用です。

材料を入れてタイマーをセットしておけば、付きっ切りで火の番をする必要もなく、希望する時間に熱々のお料理が完成している。
当たり前と言えば当たり前のことですが、そこまでオーブンを活用できている方は意外と多くない気がしています。

オーブン料理はほったらかしで手間をかけずに調理できるのに、華やかな仕上がりになることもうれしいポイントです。

秋の美味しい食材を使えば、かかる手間に比べてはるかに華やかな見た目のパーティー料理が作れます。

カボチャにミートソースを詰めて、チーズをかけて焼けばハロウィンにもピッタリなカボチャの丸ごとローストが完成します。

葡萄とチキン、ハーブをローストすれば、家庭料理で出てきたらちょっと驚くお洒落な逸品が仕上がります。

フロートダイドコーロでは目線の高さに設置できる大容量のビルトインオーブンをご提案しています。

現在は値段と性能のバランスが素晴らしいと好評のAEGを展示していますが、10月中にはほかのブランドも追加展示予定です。
実際にご使用いただけますので、気になる方はぜひお問い合わせください。


YOUTUBEチャンネルもぜひご覧ください

文字を読んで内容を把握することと、実物を見て内容を把握することだと、後者の方が理解しやすいかなと思います。
フロートダイドコーロではたくさんの輸入機器を展示していますが、外出を控えている方や、遠方の方にはYOUTUBE チャンネルがおすすめです。

たとえば、普通の水栓に見える下記の水栓ですが、動画で見るとわかる便利な機能があります。

動画で見ていただくと、便利な水栓だと感じていただけるかと思います。
この水栓のシリーズははフロートダイドコーロの中でもトップクラスの人気を誇っています。

他には海外製の食器洗い機も人気です。
「日本製と海外製って何が違うの? 」
「お店に行くほどじゃないけれど、ちょっと様子を見てみたい」
そんな方は1分ほどの動画からご覧いただくといいかもしれません。

動画ではきれいな食器を入れていますが、実際はカレー鍋や納豆を食べた茶碗、出し忘れた昨日のお弁当箱など、残菜を捨てて予洗い無しで投入していただけます。

こんな感じの海外製水まわり製品の紹介動画がたくさんアップされています。
お時間のある時にぜひご覧ください。


野菜の日ですね

8/31は野菜の日ですね。
これは語呂合わせでわかりやすいです。
ちなみに1週前の8/24はドレッシングの日なんだそうです。
・8/31(野菜)の上にあるのでドレッシング
・8×3×1=24 野菜をかけると24なのでドレッシング
なるほど…わかりにくいですね。

カレンダーの並びから来る記念日と言えば毎月22日は、ローソンのプレミアムロールケーキに、お値段はいつものままでイチゴがトッピングされるのでうれしいです。
これは15(いちご)日の下が22日だからです。

さて、話がずれてしまいました。
野菜の日ということですので今の旬の野菜をいくつか挙げてみますと、ナス、パプリカ、トウモロコシ、枝豆、ピーマン、きゅうり、ズッキーニ、大葉、みょうが、新生姜、ニンニクなどがあります。

サラダはもちろん、BBQで網焼きにしたり、ラタトゥイユを煮込んだり、さっぱり浅漬けにしたりと、定番レシピが浮かんでくるおなじみの野菜たちです。
そんなおなじみの野菜のおなじみのレシピですが、調理器具を変えることで手間と仕上がりが変わります。

例えばラタトゥイユを作るなら、火の前で煮込むのではなく、鍋ごとオーブンに入れてしまうのはいかがでしょうか。

(画像はポトフです)
オーブンで煮込み料理をすると、野菜の煮崩れがほとんどなく、熱い思いもせず、希望の時間に温かな料理が仕上がっています。

焼き野菜はGAGGENAU(ガゲナウ)のBBQグリルで焼いてみてはいかがでしょうか。

このグリルは中に溶岩石が入っているので、素材の水分を残したまま、良い感じの網目をつけて焼き上げることができます。
チキンなど、塩コショウで焼くだけでごちそうになってしまいます。

浅漬けやマリネにはバキュームドロワーがおすすめです。

真空調理で作れば少ない調味液で、かつ短時間で味が染み込みます。

いつものレシピも改めて調理器具を見直すと新しい発見があるかもしれません。
フロートダイドコーロではこういった製品を多数お取り扱いしておりますので、お料理をより楽しみたい方も、お料をの手間を減らしたい方もお気軽にご相談ください。


オーブン、食器洗い機、加熱機器などお試しいただけます

フロートダイドコーロでは実際に試運転可能なビルトインキッチン機器を数多く取り揃えています。
先日は愛知県からicaアソシエイツの皆様とお施主様がベルタゾーニ社のガスオーブンを試しにご来店いただきました。

日本で購入できる海外製ビルトインオーブンはほとんどが電気オーブンですので、ベルタゾーニのガスオーブンは、調理機器にこだわりのある方にはぜひ一度体験していただきたい機種です。

当日はご購入を検討されているお施主様が鮮やかな手つきで、調理を進められていました。今回調理するのは丸ごとのチキン。
前日から漬け込んだチキンがどんな仕上がりになるか、スタッフ一同ワクワクしながら見ておりました。

ベルタゾーニのオーブンはとてもシンプルで、温度管理と、クッキングアラーム程度の機能しかありません。
途中で油を塗ったり、ホイルをかけたり、仕上げは上段でパリッと焼き上げたりと、お料理が得意な奥様が、説明書も読まずに使いこなしていらっしゃいました。

初めて使うオーブンで堂々たる焼き上がりです。
店内に香ばしい香りが立ち込めます。

8~9人分くらいはあったチキンも、ぺろりとあっという間になくなってしましました。
私もちゃっかりご相伴にあずかりましたがしっとりジューシーなチキンはもちろんのこと、焼いただけのはずの人参やじゃがいももホクホクでとても美味しかったです。
○○様、ごちそうさまでした。
このオーブンでこんなにおいしい料理ができること、勉強させていただきました。

お料理上手で気さくなお施主様が、これだけフットワーク軽くいろんな機器を試されていれば、きっとご満足いただけるキッチンが完成するかと思います。
そしてお施主様のためにオーブンを実際に使える場所を探して、愛知から来てくださる設計士さんというのは、家づくりをする中で、とても頼もしいパートナーだろうなと感じました。

フロートダイドコーロではご予約いただけましたらさまざまな機器を実際にご使用いただけます。
実際に体験してから、我が家に導入するというのはとても大切なことだと思います。
ぜひお問い合わせください。


コンパクトに見えて実力派です

一般的な新築のキッチンの幅は約2m55㎝です。
先日オーダーで幅1m84㎝のキッチンを作成しました。
寸法だけ聞くと70㎝ですからおよそシンク1つ分ほど狭い寸法ですので、少し狭く機能性に欠けるミニキッチンを想像される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

作らせていただいたキッチンはこちらです。

想像されていたよりは、作業スペースも思いのほか広く収納力もありそうに見えませんか?
このキッチンはコンパクトながらも作業スペースを確保するためにシンクが狭くなっています。

コンロ幅が60㎝弱、作業スペースが60㎝強、シンクが55㎝弱といったレイアウトです。
通常のシンクより20㎝程小さいシンクを採用することで作業スペースを確保しています。シンクが小さいことで生じるデメリットは、大きな調理器具や食器が洗いにくいことが挙げられます。
しかしこのシンクは、元々食器を洗うつもりが無いので、すいかや、だいこん、カボチャなど大きな食材が洗えれば十分です。
洗わない食器はどうするのかと言えば、作業スペース下の幅45cmの海外製食洗機におまかせです。

今回採用したのはBosch(ボッシュ)のゼオライト乾燥付きSPI66M006です。
海外製食洗機は予洗いをせずに、残菜を捨てた程度で汚れた食器や鍋を入れて使用します。
そのためシンクは小さくて問題ないわけです。

フロートダイドコーロでは、食洗機をはじめとした海外製キッチン機器の販売やシステムキッチンへの設置などを行っておりますが、それだけでなく、使用方法から考えて、過剰な部分を削いで必要な部分に予算を回すコストパフォーマンスの良いキッチンもご提案しています。

新築、リフォームともにぜひご相談ください。


BOSCH(ボッシュ)食洗機の勉強会を開催しました

フロートダイドコーロはBAPS加盟店として認定されております。
BAPSとはBosch Appliance Partner Shop の略でBOSCH(ボッシュ)家電を取り扱うプロショップです。

BOSCHの食洗機は大容量で、乾きも良く、コストパフォーマンスに優れているとご好評をいただいております。
1分ほどの簡単な説明動画はこちらです↓

BAPS会員ですのでよりBOSCHに詳しくなるため、近隣のBAPS加盟店さんを招いての勉強会も開催しております。
食洗機を横に倒してみたり、分解したりと盛りだくさんの内容でした。

「海外製食洗機は壊れやすいの?」と聞かれることが多いのですが、故障自体はあまりないように感じています。
アフテーメンテナンスで呼ばれる原因の一位は、食洗機用ではない泡立つタイプの食器用洗剤を混入してしまい、食洗機内で泡立ってしまいエラーを起こすというものが多いように感じます。

BOSCH海外製食洗機をお求めの際は、ぜひ安心のBAPS加盟店にご相談ください。