タグ: キッチン

欲望のままに欲しい物ランキング -2019年7月版-

不定期に掲載される、スタッフ小長井の主観のみのブログです。
取り扱い製品の中から、今、私が欲しいものをご紹介します。

まずは第3位!

レトロ感漂うシルエットが可愛い、Vornade社のサーキュレーターです。
この度新色のホワイトも登場しました。
フロートダイドコーロには赤とクロームが1台ずつご用意してあります。
他のカラーはお取り寄せさせていただきます。

扇風機の様に見えますが、空間全体の空気を混ぜることで、エアコンやストーブなどの効きをよくすることができます。吹き抜けや広いLDKのある家にはお勧めです。

私は連日の雨のため、洗濯物を室内干ししているので、じめじめ対策に今ちょうどほしくなっています。



続きまして、第2位!

ペンキが垂れているデザインの照明。画像と色違いの卓上型のホワイトです。
照明は足りているのですが、可愛い…。共栄デザインの liquid lampです。
展示スペースの都合で、アウトレット品などもあるので、このお得な機会購入したい気持ちと、単純に置く場所が無い悩みとで戦っております。
遊び心があって可愛いんですよね。

そして、第1位!

今月の1位はMAGIS(マジス)社のSPUN(スパン)です。
どんよりした天気のせいか、今回のランキングはまったり自分一人で楽しむ方向に心が傾いているようです。

この椅子はぐるんと回転するので、座ると笑顔を通り越して声をあげて笑ってしまうというアイテムです。揺れるような動きをする、ブランコとかハンモックとかってなんだか楽しい気分になりますよね。

次のランキング日誌はいつになるかわかりませんが、夏野菜を楽しく調理できるキッチンツールや、夏だからこその快適バスアイテムがランクインするといいなと思っております。

いずれの商品もお取り扱いしておりますので、気になるものがございましたらスタッフまでお声がけください。


デザイン性と機能性。どちらも譲れない方へ【キッチン 浄水器】

暑い季節になると、つめた~い飲み物が欲しくなります。
ついついペットボトルのお茶やジュースを買ってしまいますが
経済的ではないですよね。
これから夏休みでお子さんが家にいる時間が長くなったり、部活動で水筒を
持っていくことも増えます。
冷蔵庫にお茶や麦茶の作り置きをしている家庭がほとんどではないでしょうか。

煮出して作ったり、水出しで作ったり。種類や好みにより様々ありますが
全てに共通していることといえば、「水」を使っていることです。
当たり前ですが、水分が無ければ飲み物として成り立ちません。
ウォーターサーバーやミネラルウォーターを使う家庭もありますが、一般的にはキッチンの水栓(蛇口)からですよね。

多くの過程では浄水器を付けていると思います。
浄水器専用の水栓を別に設けることもありますが、デザインがバラバラになったり
スペース的に厳しいという声も多いです。

大手メーカーで見る浄水機能付きの水栓はなんだかぼてっとしてます…
デザインか機能か…どちらかしか選べないなんて嫌ですよね!
私はどっちも欲しいです!
こんなお店に勤めていると、海外のめちゃめちゃかっこいい水栓を
毎日当たり前のように拝んでおります。
当然、そういった水栓を付けたいと思うわけですが
浄水器付きの海外製の水栓というのもなかなかレアです。

じゃあどうするのか。
かっこいい水栓のまま、浄水機能を付ける。そんなことが……

…できちゃうんです!!!
こちらの画像をみてください↓

水栓 DORNBRACHT(ドンブラハ)

給水管の途中に浄水器を設置しています。
ここを通ってお水がでるため、浄水されたきれいなお水がでるんですね。
画像の水栓以外にも、好きな水栓に取り付けることができます。
この画期的な浄水器はキッツマイクロフィルターのオアシックスプレミアムという製品です。

デザインを損なわせないで、浄水機能を備えることができるなんて
最高にありがたいです。
この浄水器は日本のメーカーで、性能も抜群!浄水器を通すことで
水の出が悪くなることもありません。

穴開けなどの工事はないので、今お使いの水栓に取り付けることもできますよ。
お湯と水がでる混合栓に取り付ける場合、給湯管からのお水は水道水のため
ぬるま湯にすると浄水と水道水が混じりますので、ご注意くださいね。
浄水だけを使う場合は、レバーなどを給水に振り切ればOKですよ。


1ヶ月限定 Kawaii空間です

黒をベースに、ビビッドなイエローグリーンがテーマカラーのフロートダイドコーロですが、1ヶ月限定でピンククレープ色の可愛い冷蔵庫を展示しています。

周りの小物たちとあいまって、なんだか可愛らしい空間になりました。
正面から見るとこんな感じです。

mabe社のこの冷凍冷蔵庫は600色以上から 好きな色をお選びいただくことが可能です。
ご自宅はもちろん、 コーポレートカラーに合わせて、ショップや事務所に置くこともおすすめです。
ご希望があれば、ロゴマークを入れることもできますので、ぜひご相談ください。



28日は鶏の日

26日くらいには、もうすぐ鶏の日だなと覚えているのですが、当日は大体忘れてしまっていて、30日以降に思い出します。
鶏の日には何があるのかと言えば、そう、某フライドチキンチェーン店の鶏の日パックというお得な限定商品が購入できるのです。

あの味付けはなかなか自宅では出せないことと、なにより揚げ物を作るのが面倒なので、できれば作るより購入したい派です。

とはいえ、たまには揚げ物を作らなければならないこともあるでしょう。
そんな時に、すこしでも快適に作業できるキッチンの設備をご紹介します。

1.シンク

多機能なシンクは、まな板やバット、水切りを必要に応じてシンク内に設けることができます。
シンク内で作業できると、こぼしてしまった卵液や粉類もさっと流せるので便利です。

2.水栓

人の体にある静電気に反応して、水を出したり止めたりできる水栓です。
粉や油のついた手で水栓を触らなくていいというのは、一度体感してしまうとあまりの便利さに、普通の水栓に戻れなくなります。

3.食器洗い機

食器洗い機は、大容量の物がおすすめです。
お湯だと熱で固まってしまう、粉や卵。たっぷりと油の付いた鍋や食器。
全て食器洗い機に放り込んでしまいましょう。


めんどくさいや煩わしいが減れば、料理の時間はもっと楽しくなります。
気軽に揚げ物をしやすい環境が整えば、お家で某フライドチキンチェーン店のフライドチキンやビスケットの再現レシピに挑戦してみようかな、なんて気になれるかもしれませんね。


調理法でうまみが変わる。枝豆を焼いてみよう


夏と言えば!よく冷えたビールとほこほこの枝豆!!
よくできたもので、枝豆の旬は夏です。今美味しくいただかなくては、もったいないです。

そんな枝豆ですが、一般的な調理法は塩ゆでだと思います。
たまにおしゃれな居酒屋で、たまに焼き枝豆が出てくると、「なんだかおいしい気がする」「ちょっといい豆なのかな?」と思っておりました。

じつは、枝豆は焼くと美味しくなるんです。
枝豆はもともと糖を含いません。加熱されることで酵素が働き、糖が作られます。この酵素は、50℃~70℃の間で活発に働くため、じっくり加熱するとうまみがUPします。沸騰したお湯に入れてしまう塩ゆでだと、一気に過熱されるのでうまみを引き出す時間が短くなってしまいます。

初夏が旬のそら豆も、少し弱めの火でじっくり皮が焦げるまで焼いたら、美味しいと評判でした。


このちょっと見慣れない、調理機器が今回ご紹介するアイテムです。

そら豆が載っていないと、こんなヴィジュアルをしています。
バーベキューグリルという商品名で、お肉、魚、野菜など焼くだけでふっくらジューシーに仕上げてくれます。
その秘密は要岩石の遠赤外線効果!
網の下には、溶岩石が敷き詰められています。

これで焼いたら、枝豆も驚きのごちそうになります!



ブランド名:GAGGENAU(ガゲナウ)
製品名: バーベキューグリル
品番: VR 230 434 
寸法 : W×D×H 288×523×108.5 mm

ご予約をいただいた上で、食材をお持ち込みいただけば、実際にお使用いただく固とも可能です。
また、本機をはじめとした輸入調理機器を体感していただく料理教室も、第三土曜日に開催しております。
お気軽にお問い合わせください。



キッチンにあったら、ちょっと便利だなと思える機能


フロートダイドコーロではオーダーキッチンや背面収納も作成しております。

海外製の食洗器やオーブンをビルトインするにあたって、それならここを広くして…ここは予算を抑えて…使いやすいようにこっちは高さを変えて…
なんていうお話の中で図面案を作っていきます。

オーダーキッチンのパーツを探していると、ふいに魅力的なパーツを見つけることがあります。
そんなちょっと便利なパーツを少しだけご紹介しますね。

口数とかいろいろあるのですが、これは目隠し付きコンセント。
マットな質感なのでそもそも悪目立ちしにくいのですが、隠してしまうことができるという。
写真の商品は3口なので少し大きいですが、2口や1口はもっとスッキリします。

最近では百均やホームセンターのケースをうまく組み合わせて、きれいに収納されている方も増えていますね。
キッチン用に特化されたデザインや強度のアイテムなので、同じようにプチプラとはいきませんが、このまな板立てなど便利だなと思います。

せっかくキッチンを考えるのなら、必要なものと不要なものをきちんと取捨選択しながら、理想のキッチンを作りたいですね。
他にも小技のきいたアイテムはたくさんありますので、少しずつご紹介したいと思います。

以上、金曜日のブログ当番、小長井でした。


キッチンを広くしたい!


料理には様々な工程がありますよね。
食材を洗う、切る、置く、焼く。
それぞれの工程のためにシンクがあり、作業スペースがあり、加熱機器があります。
広くて食材や食器を洗いやすいシンクがあって、仕込み途中の食材や盛り付け用の皿を
広げて置けるスペースがあり、同時進行で加熱ができるような
多口のコンロがあったらうれしいですよね。

でも間取りの関係や予算の都合で大きなキッチンを取り入れるのは大変です。
もちろん掃除も大変ですよね。

広いスペースをとるのが難しいなら、どこかを狭くしたり妥協する必要がでてきます。
そこで今回は、シンクのスペースをどうするかについて考えていきたいと思います。

シンクの使い方といえば、前述したように食材を洗ったり、食器を洗う使い方が主です。
食器を洗う際に食器をまとめてシンクに置きたいという方は
やはり大きなシンクがあってほしいですよね。
ですがその分、作業スペースが削られていってしまいます。
せっかく広いシンクがあっても物を置いたり、切ったりするスペースが狭いと
作業がしづらくちょっとストレスを感じちゃいそうです。

そこでおすすめしたいのが段付きのシンクです。
写真のように段がシンク内についています。ここにプレートをひっかければ
あっという間に作業スペースが!

※ショールーム展示品のため色々な水栓を付けています。

可動式なので、使わないときは取り外せます。
しかもまな板として使えるプレートや水切り穴が開いたプレートもありますよ。
シンクの上で食材を切って、すぐさま汚れを水で流すことができます。
スペースを賢く使えば、普通のキッチンが広々としたキッチンへと変わります。
オーダーキッチンならシンクのサイズも自由に選べますよ!

アイランドキッチンなど人目に触れやすいキッチンに段付きのシンクを使えば
急な来客などの際に汚れた食器などをさっとシンクの中に隠して
プレートでフタをするなんてこともできますね!

大きなシンクとは全く逆に小さいシンクを取付けるのもありだと思います。
というのも、大きなシンクが必要なのは鍋や大皿などを手洗いするからですよね。
それならば、そもそも洗い物をしなければ小さいシンクでも問題ないはずです。

洗い物をしないなんてことが実際にできるのかと思うかもしれません。
しかし、結構できちゃうんです。そう!食洗機があれば!
特に今人気が高い海外製の食洗機なら、大容量なので鍋も大皿もお茶碗もまとめて
洗うことができます。しかも面倒な予洗いが不要です。
手洗いでの使用水量の約9分の1ほどしか水を使わない上に、省エネ設計なので
手洗いに比べてランニングコストが安くお得ですよ。

食器を洗う必要がなければ、大きなシンクも必要ないですから
シンクを小さくして作業スペースを大きくとったり、多口のコンロを取付けたり
することができます。
食洗機という手もなかなかありだと思いませんか?

今回はシンクについて考えてみました。
工夫することで間取りに合ったお好みのキッチンを実現することができるかもしれません。


いよいよ明日は調理イベント!

明日3/30はショールームの調理機器を実際に使って、調理をするイベント当日です。

とろ火コンロ で丸ごと玉ねぎをコトコト煮込む
溶岩石のBBQグリル で春野菜をシンプルに焼いてみる
大容量オーブン でラザニアをほったらかし調理してみる
そんな感じで、キッチンで調理する楽しさをお伝えする体験会です。

個人的な主観ですけど、 海外の調理機器は、料理を楽しむ方向に進化している気がします。
チョコレートを直火で簡単に溶かせる超とろ火から、 煽り炒めの中華料理や、フランベしやすい高火力も自在です。

日本は安心と手間のかからなさに向けて進化している気がします。
料理を失敗しない安心や、機器トラブルの回避、掃除のしやすさなどの安心です。
どちらもそれぞれ魅力がありますが、日本製の機器に比べて 海外製機器を知ってもらう機会はとても少ないと思います。 

ちなみに今回の講師は、てっぺん静岡でもおなじみの天野先生です。

海外製調理機器の魅力がわかりやすく伝わるお料理を相談したら、想像をはるかに超えるおいしそうなメニューをたくさん考えてくださって、今からとっても楽しみです。


ちなみに天野先生は野菜ソムリエコミュニティの会長さんでもありますので、時間次第では、これからの美味しい春野菜の見分け方や、切り方で変わる食感や味のお話もちょっと織り込めるかもっておっしゃってました。

イベントの様子は後日ブログでアップするかと思います。

気になった方はぜひ、次回はご参加くださいませ。



海外製調理機器、体感イベント開催決定!【2019.3.30】

海外製の調理機器に不安を感じる方って、正直たくさんいると思います。

「壊れやすそう。」「修理がめんどくさそう。」

…そんなことは決してありません。

 

海外製品の多くは、日本の輸入元の会社がまとめて仕入れています。

そこから、日本全国大小さまざまな企業が購入して、

消費者の皆さんのお手元にお届けします。

 

輸入元さんも商売ですので、海外製をやたらなんでも仕入れてはおりません。

・日本人の生活や習慣に合う機能やデザイン

・日本語での取扱説明書の作成や、保証などの設定

・壊れてしまった時のための各パーツの在庫保持

などなど、輸入製品を売るにあたって手間をかけて準備をしています。

こういう部分があって初めて販売ができるので、当然ですが

トラブル、アフターが頻発するようなものは販売したくありません。

例えばBOSCHの輸入元の日本グリーンパックスは地方自治体に、

環境分野で関わっているのがメイン業務の50年続く企業だったりします。

 

個人的な主観ですけど、

海外の調理機器は、料理を楽しむ方向に進化している気がします。

チョコレートを直火で簡単に溶かせる超とろ火から、

煽り炒めの中華料理や、フランベしやすい高火力も自在です。

日本は安心ですかね。

料理を失敗しない安心や、機器トラブルの回避、掃除のしやすさなどの安心です。

どちらもそれぞれ魅力がありますが、日本製の機器に比べて

海外製機器を知ってもらう機会はとても少ないと思います。

 

3月30日に海外製調理機器の魅力を体感していただく料理教室を開催します。

とろ火コンロ で丸ごと玉ねぎをコトコト煮込む

溶岩石のBBQグリル で春野菜をシンプルに焼いてみる

大容量オーブン でラザニアをほったらかし調理してみる

そんな感じで、キッチンで調理する楽しさをお伝えする体験会です。

 

講師も素敵です。

「てっぺん静岡」でお料理コーナーを担当されている、

野菜ソムリエの天野友江さんです。

静岡産の美味しい春野菜の見極め方、野菜ごとに合う切り方なども

楽しく教えてくださいます。

———————————————————

Fdcキッチンセミナー HOMECHEF〈ホームシェフ〉

開催日:2019年3月30日(土)

時 間:11:00 ~ 14:00 ※試食、ご歓談を含む。

参加費:2,000円 ※2人でご参加の場合、合わせて3,000円です。

定 員:3 ~ 6名 ※火を使います。安全を考慮し、参加は中学生以上の方を対象とさせていただきます。

講 師:野菜ソムリエ ベジフルキューピット代表 天野友江氏

テレビ静岡で放送中の「てっぺん静岡」で木曜レギュラーコメンテーターとしておなじみの

天野友江氏に料理講師を務めていただきます。

 

 

【ご予約方法】

必要事項:ご氏名・ご住所・電話番号・メールアドレス

・電話から 054-202-7870

・ウェブから コンタクトフォーム

詳しくはこちらをご覧ください。↓↓↓

HOMECHEFご案内.pdf

 

 

 


調理機器から考える、料理好きのためのオーダーキッチン

突然ですが、家の予算を考えたときに、

存外キッチンって高いんだなって思いませんでしたか?

私も住宅会社で働いてるときには、なんでこんなに高いのかなと思ってはいたんです。

でも、間取りや床と壁の素材、新しいデザインのタイルなんかは興味がありましたが

キッチンって割と、ショールームとお施主様任せで、大体標準品だったんですよね。

ですので、今回はどうして高く感じるのか、ざっくりですが簡単にお話ししますね。

 

本体は、そもそもただの箱じゃない。

シンプルな収納、例えばカラーボックスってすごく安いですよね。

3段の物で1000円前後くらいでしょうか。

そんなイメージをお持ちで、同じ収納の箱と思っていたら高いと感じるかもしれません。

収納家具とキッチンの違いは、なにがちがうのでしょうか。

 

・素材が違う。

ワークトップ、扉、躯体、ひきだしなど、適材適所で素材を変えています。

それぞれたくさん選択肢があって、驚かれる方も多いと思ます。

例えばカラーボックスの上で、カボチャを切ったり、パン生地をこねようと思います?

無理ですよね。荷重に耐えられなくて壊れそうですもん。

まな板濡れてたら、シミになりますしね。

でも、それらの作業は日々当たり前にキッチンで行われています。

水に強く、汚れに強く、傷がつきにくく、熱に強く…

キッチンに求められることは、とても多く、すべてが高い精度であればより快適です。

性能が良い素材を組み合わせて行けば、価格は当然上がってしまうのです。

 

それぞれの部位別の素材についてはまた改めてご説明いたします。

ちなみにこちらは過去の天板素材のブログです。

「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (前編)

「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (後編)

 

・レールが違う。

家具の引き出しだと、そもそもレールが無いものも多いですよね。

キッチンのショールームなどで、高いグレードと、安いグレードの

引き出しをぜひ開閉してみてください。

もしかすると、物が入っていないのでその場では少しわかりにくいかもしれません。

でも実際はそこに食器やビンなど重くて割れやすいものがぎっちりと入ります。

レールのグレードがもし一般の家具のレールをつけてしまえば、

カチャカチャと食器が音をたてたり、出し入れに力が必要になります。

 

 

・最新調理機器がセットされている

加熱機器、レンジフード(換気扇)、水栓、はどの家でも大体付けますよね。

それから人によっては、食洗器、浄水器、オーブン…

住宅会社さんによっては、「追加料金なしの標準品です」とは仰いますが

いずれにせよ無料ではないので、家具とは違って、機器類の料金が発生します。

 

長々とお話ししてまいりました。

さて、私が何を言いたいのかというとですね、

キッチンのこと、ちゃんと検討されてますか?と言いたいんです。

間取り、床と壁の色や素材は皆さんじっくり考えてらっしゃると思うんです。

 

キッチンは?キッチンは標準品から色だけ選んで、

少しオプションを検討しただけではありませんか…と、言いたいのです。

 

でもそれは、お客様が悪いんじゃないんです。

そもそも選択肢を与えられていないのですから。

見たことが無いものや知らないものを選べるわけがありません。

 

そもそもキッチンでどうしたいんでしょうか。

毎日の調理なんて当たり前すぎて、考えたことが無い方も多いと思います。

 

たとえば私だったら…

料理を作ることは得意ではないので調理機器はそんなにこだわりません。

予算に限りがあるなら、楽する方向にお金を使いたいです。

鍋やボウルも洗える海外製の食洗機をつけたいです。

で、自分で洗う気はないのでシンクは小さくていいです。

その分、ワークトップを散らかすと思うので作業スペースを広く欲しいです。

図面にしてみるとこんな感じでしょうか。

魚焼きグリルは、パンとかソーセージも焼きたいので欲しい…

IHじゃなくてガスがいいかも…

食洗機で洗ったお皿をそのまましまいたいから、食洗器は背面収納に入れてしまおうか…

そんなことを考えるのも楽しいものです。

 

私と違って料理好きの方ならなおさらですよね。

目線の高さのオーブン、とろ火と超過力のコンロ、遠赤外線で焼くグリル(!)

そんなアイテムも世の中には選択肢としてあるんです。

そこでこちらのイベント!

りょりを創るために、こんな機能が欲しい!これは外せない!

こういう料理が作りたい!

そんな目線からのヒアリングでキッチンのプランニングを行います。

完全予約制ですので、詳しくはこちらをどうぞ。

 

ちなみにほんの一部ですが、店内はこんな雰囲気です。

見たことのない機器が必ずあります。

知っていて選ばないのと、選び終わった後に知って後悔するのでは全く違います。

ぜひ一度ご来店ください。

以上、金曜日のブログ当番小長井でした。