タグ: 体験

遠赤外線は予想以上にすごかった【GAGGENAU バーベキューグリル】

GAGGENAU(ガゲナウ)という、ビルトインキッチン機器メーカーがあります。
日本では正直なところ、あまり耳なじみが無いかもしれません。

けれど、世界的にみるとハイブランドとして知名度が高く、例えば男性が憧れる高級外車や腕時計、女性で言えばバッグや貴金属のトップブランドをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

ガゲナウの機器の魅力はなんといっても性能の良さですね。
売りやすい一般的な価格帯でそれなりの機能の製品を出すことはなく、妥協無しの全力の製品しかないと思っています。

例えば他の海外製食洗機が庫内の洗浄状況を測るセンサーがA方式かB方式のいずれかを採用しているとしたら、ガゲナウは両方とも採用してしまう。
ホットケーキや卵焼きを焼いた時の焼き色のムラが発生しない様、均一に熱が加わることを追い求めた加熱機器、テッパンヤキ(製品名です。画像左)など、どの機器もこだわりが満載です。

このシリーズは組み合で自分好みの加熱機器ができます。
加熱機器の口数を増やしたり、アイランドキッチンであえて話して設置するのもいいかもしれません。

たとえば写真中央のバーベキューグリルもすごいんです。
特に手間をかけなくても、ただ焼くだけでおいしくなる。そんなフレーズが浮かぶ調理機器です。
網の下には電熱線があり、その下には溶岩の石が入っています。

遠赤外線効果で鶏の皮はパリッと。ふっくらジューシーに焼き上がり、食欲をそそる良い香りが広がります。

お客様に実際に野菜を焼いてもらうこともあります。
野菜なんて何で焼いても、そこまで差はないんじゃないかなと思っていました。

でも、食べてみると全然違うんです。
焼きたてはもちろん美味しいのですが、違いが分かりやすいのは、誰にも食べられることなく、鉄板で放置されてしまった野菜でした。

焼肉やバーベキューでよくある光景ですよね。
かわいそうに食べきれずに焦げたり鉄板に忘れられた野菜たち…
ガゲナウのバーベキューグリルの上にもそんな野菜があったので食べてみたんです。
そしたら、状況に反して美味しかったので驚きました。
焦げの部分がそんなに嫌な味がしないし、パサパサじゃなくてジューシーだったんです。

遠赤外線はガスに比べ食材の水分を逃がしません。
ただ網に載せるだけでパサパサにならず、しっとりふっくらジューシーに焼けるのは、素晴らしいなと思いました。

今回ご紹介した加熱機器はGAGGENAU(ガゲナウ)社製、バーベキューグリル VR 230 434でした。

このグリル、12/21(土)に開催する、キッチンセミナーHOME CHEFで実際に体験していただくことができます。
気になる方は ホームページ をご参照ください。


Halloween、楽しく過ごされましたか?

先日の10/31はハロウィンでしたね。

仮装パーティーはちょっと…というかたでも、コンビニやスーパーでハロウィンパッケージのお菓子を買われたり、カボチャを使った献立を考えたりと少しずつ日本でもなじみのある行事になりつつあります。

先日のキッチンセミナー・ホームシェフでは輸入調理機器を使ってハロウィンにぴったりなメニューを作りました。

テーマ:魔女のキッチンでハロウィンパーティー!
・丸ごとオーブン焼き!カボチャのミートグラタン
・黒ゴマチキンとブラックサラダ
・色とりどり野菜のBBQ串
・魔女のポタージュスープ
・悪魔のデザート

名前を聞いただけではさっぱりわからない、天野先生のハロウィンスペシャルレシピです。


丸ごとオーブン焼き!カボチャのミートグラタン は大きなカボチャの綿と種を取り、ミートソースをイン。
チーズをのせてこんがりオーブンで焼きました。

海外製のオーブンは大容量なので、8人くらいで食べると丁度よさそうな大きさのカボチャも2つ並べて焼けそうです。
容量が大きいほど、全体の温度を均一にしやすいというメリットもあります。
パーティーの様に品数を作りたいときは、かけた手間以上に華やかに見えて、焼き上がり後もほったらかしで保温できるオーブン料理はありがたいですね。


黒ゴマチキン は 何も説明されずに出てきたら、ちょっと不安になりそうなくらい黒かったです。
すりごまと黒ゴマをたっぷり纏わせたチキンを焼いていきます。
ただ、チキンが見えないので焼き色がわかりにくく集中力が必要です。
オーブンになれている方なら、これもオーブンで焼いてしまえば気を使わなくていいかもしれませんね。

ハロウィンカラーのサラダと一緒に盛り付けることで、すごく美味しそうです。

ブラックサラダのブラックはひじきでした。
すりおろしニンジンのドレッシングと紫キャベツでハロウィン感が素敵でした。

今回大活躍したオーブンはAEG(アーエーゲー) の電気オーブン BP831460MMでした。
ビルトインなので目線の高さで調理できること、大容量なので温度管理がしやすくむらなく焼けること、価格に対してセンサーがついているなど機能面が優秀でコストパフォーマンスに優れた機器です。

次回のホームシェフは11/16(土)開催です。秋の味覚を家庭で楽しむ和食になりそうです。ぜひお気軽にお問い合わせください。

ちなみに、このショールームはレンタルスペースとしてもご利用いただけます。 



明日はキッチンセミナーHOME CHEF開催です

フロートダイドコーロでは海外製調理機器を使用したお料理教室を第三土曜日に開催しています。
次回のホームシェフは10/19(土)、そういよいよ明日開催です。
ハロウィンパーティーにぴったりなカボチャを使ったパーティー料理なので今からとても楽しみです。


このセミナーの特徴として料理を作る合間合間に、調理機器の説明をさせていただいております。
たとえば、手ごわい汚れものをたくさん用意して食洗器にかけてみます。

黒こげのカレーなべや、かぴかぴに張り付いた納豆ご飯茶碗、放置された茶渋付きのカップなど…
「こんな汚れを海外製食洗機で洗って欲しい!」そんなリクエストもうけつけております。
海外製食洗機は展示が7台、可動可能な機種が4台ありますので、希望機種のリクエストも承ります。

他には、あまり見る機会のないこんな加熱機器も使用します。

左は「テッパンヤキ」ドイツ製なのにテッパンヤキという品名です。
右は「バーベキューグリル」溶岩石が入っているので、遠赤外線でふっくら焼けます。お肉を焼くのもおすすめです。

海外製のビルトインオーブンは、目線の高さに設置できます。
また大容量なのでお鍋も入ります。
オーブンは焼き上がり後に急激に温度が下がらないため、保温庫の役割も果たすので、放置料理に最適です。

こんなお話も交えながら、美味しいお料理を楽しく作りませんか。
皆様のご参加をお待ちしております。


9/21 キッチンセミナー HOME CHEF開催レポート


こんにちは!一昨日開催したキッチンセミナー HOME CHEFの様子をご報告いたします!

今回は秋らしいほっこりメニューを皆さんで作っていきました。
ご参加のお客様のなかには、リピートで来てくださった方やお隣愛知県から
HOME CHEFのためにお越しくださった方もいらっしゃいました。
今回で6回目の開催となるHOME ですが、様々な方にご参加いただけてうれしいです!

皆さんでニョッキをいちから作ったり、天野先生おすすめの果物を使ったお肉料理など
見た目にも華やかで、楽しい料理教室となりました。
海外製のキッチン機器を体験できる場所は全国的にも珍しく
料理はもちろんのことキッチン機器にも皆さん興味津々でいらっしゃいました。

もしご自宅の新築やリフォームを検討中でしたら、一度海外製のキッチン機器を
体験しにいらしてください。
デザイン性、使いやすさ、機能性をぜひおためしあれ!

次回開催は10月19日(土) 10:30~13:30です。
まだまだ参加者募集中です!
ハロウィンにぴったりなおもてなしメニューを予定していますよ。