タグ: 天板

オーダーキッチン、いかがですか?

日本で家を建てた場合、キッチンやお風呂は大体、大手メーカーさんのショールームに見学に行って選択されますよね。
メーカーキッチンはなんといってもスケールメリットがありますね。
大量に作ることで、高品質な素材でも、価格を抑えて販売することができます。
もちろんフロートダイドコーロでもお取り扱いしております。

ただ、毎日使う場所なので、こだわりの強い方も多く、設備や配置、高さ、デザインなど自分の理想に合うものが無い場合はオーダーキッチンという選択肢もあります。

例えばシンプルなステンレスキッチン。
衛生的で、作業スペースが広く確保されています。

食洗機があるため、シンクで鍋など洗う必要が無く、シンクを小さく設計することもできます。
そうすると作業スペースが確保できるので、キッチン自体を小さくしても、機能性が十分確保できます。

この事例では、シンクは小さくせず、多機能シンクを採用しました。
まな板や作業プレート、水切りプレートを内蔵しています。


他にはこんなキッチンも施工しました。

天板にセラミックストーンを採用した、L字キッチンとアイランド作業台です。
レンジフードもキッチンと同じ面材で覆っているので、悪目立ちせず美しく収まりました。
海外製オーブンは、ガスコンロの下に配置しなくていいので、目線の高さにビルトインすることで重たいグラタン皿の出し入れや、焼き色のチェックがしやすくなります。

扉は、こんな開き方にもできます。
こまごまとした、電子レンジやトースター、コーヒーサーバーなど蒸気レスの家電をこの扉の中に仕舞ってしまえば、見た目がすっきりとしますし、使うときも不便はありません。

アイランドの作業台です。
手前のスライド棚部分は炊飯器を置きます。上部についているのは蒸気排出ユニットです。
奥の空間にはゴミ箱を入れます。

キッチンに対して求めるものはそれぞれ皆様異なります。
オーダーキッチンなんて、一部のこだわりの強い人がやる特殊なことだなんて思わずに、まずはお気軽にご相談ください。


「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (後編)

こんにちは。小長井です。

 

前回、キッチンの天板でよく聞く「ジンダイ」には「人工大理石」と「人造大理石」という

全く別の物が混在されているということと、「人工大理石」について

お話ををさせていただきました。

 

 

今回は、「人造大理石」の中に、どんな種類があるのかお話していこうと思います。

 

 

人造大理石

原材料に天然の石を粉砕したものを使用し、セメントや樹脂で固めた半人工の素材です。

天然石の持つ重厚な質感や雰囲気を保ちつつ、天然石のデメリットをカバーします。

大理石や御影石などよりも硬く、耐摩耗性に優れています。

また吸水性が極めて低いため、汚れも染み込まず衛生的です。

キッチンの天板として使用するのにはぴったりの素材と言えます。

半面、価格はステンレスやベルト人工大理石に比べて高くなることがほとんどです。

 

この原材料の天然の石というのがポイントで、ここに何を入れるかで、

性能や価格、呼び方が変わってきます。

代表的なメーカーの製品と併せてご案内します。

 

クォーツストーン

粉砕した天然の水晶を樹脂で整形して作られます。

この水晶の比率が93%を超えるものをクォーツストーンと呼びます。

天然石の風合い、美しさはそのままに、人工大理石や天然石の弱点をカバーします。

調味料や飲み物ををこぼしたシミ、固いものをぶつけて天板が欠ける、

お酢や除光液による変色が起こりにくく、汚れにくく欠けないのお手入れも簡単です。

 

 

これはクォーツストーンの中でもサイルストーンというクォーツストーンのブランドの施工例です。

扉の加工がいかにも海外のキッチンらしいデザインですね。

ダイニングテーブルとキッチンに セメントスパ という商品を使っています。

 

こちらは チャコールソープストーン という商品の施工例です。

マットな質感は今のトレンドとして非常にスタイリッシュですし、

ランダムに入った模様が天然石さながらの重厚さも演出してくれます。

 

 

 

セラミックストーン

 

多種のな鉱物粒子を焼結させて作る素材です。

まな板無しで天板の上で食材がカットできる耐傷性、

熱い鍋をそのまま置いてももんだいない耐熱性、

表面にできてしまう目に見えない細かな穴を極限までなくしているため

液体が染み込まないため汚れにくい耐汚染性が魅力です。

 

 

こちらはセラミックストーンの中でデクトンというブランドの施工例です。

天板に ドムース という商品を使用しています。

マットブラック、人気ですね。

日本製品ではまだまだシルバー系が多いですが、水栓やタオルホルダーなど

マットブラックの商品がフロートダイドコーロでは人気です。

あえて白の丸みを帯びたシンクをアクセントにしているのがいいですね。

こういうキッチンも作ってみたいです。

 

 

こちらは トリリウム という商品を壁に貼っています。

錆っぽい風合いは、セラミックストーンならではです。

人工大理石や天然石、クォーツストーンでは出せない雰囲気です。

 

 

 

 

天板の素材は、他にもステンレス、タイル、天然石、メラミン、木など選択肢は様々です。

耐水性・耐熱性・耐汚性・耐久性・メンテナンス性・施工性

a.色合い・柄の種類
b.質感
c.汚れにくさ、傷つきにくさ
d.取り扱いしやすさ(硬さ)
e.継ぎ目・シンクとの接合
f.そして、価格

どの素材にもメリット・デメリットがありますので、またお話しできればと思っています。

 

 


「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (前編)

こんにちは。小長井です。

 

キッチンの天板(ワークトップ)の素材で「ジンダイ」という

言葉を聞いたことがある方も少なくはないと思います。

「人工大理石」を指していることが多いと思いますが、「人造大理石」というものもあります。

今回はそれぞれの特徴をお話していこうと思います。

長くなるので、2回に分けます。

 

 

人工大理石

大理石という名前ですが、大理石ではなく、天然石の成分も入っていません。

アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工の素材です。

キッチン天板の素材の中では比較的リーズナブルな価格ということもあり、

取り扱いが簡単なことからとてもメジャーな素材です。

様々な色や柄があり、型があれば大量生産もできます。

 

天板の素材の中では比較的柔らかいです。

研磨剤や硬いたわしでこすると傷がつきますが、

逆に傷を紙やすりでこすって削ってしまうということもできます。

 

ポリエステル系 (人工大理石)

ポリエステル樹脂に無機物を混入させて加熱し、加圧成型させたもののことをいいます。

ポリエステル系は、アクリル系よりも価格を抑えることができます。

ただし、質はアクリル系に劣ります。

紫外線に弱く、黄ばみなどの変色、反りを生じる可能性があります。

特に記載のない人工大理石は、ほぼポリエステル系です。

 

アクリル系 (人工大理石)

アクリル樹脂に無機物を混入させて加熱し、加圧成型させたもののことをいいます。

ポリエスエル系に比べて価格は上がりますが、耐熱性・耐汚性・強度・質感が向上します。

 

 

 

人造大理石

原材料に天然の石を粉砕したものを使用し、セメントや樹脂で固めた半人工の素材です。

天然石の持つ重厚な質感や雰囲気はそのままに、天然石のデメリットをカバーします。

大理石や御影石などよりも硬く、耐摩耗性に優れています。

また吸水性が極めて低いため、汚れも染み込まず衛生的です。

キッチンの天板として使用するのにはぴったりの素材と言えます。

半面、価格はステンレスやベルト人工大理石に比べて高くなることがほとんどです。

 

次回は人造大理石にどんな種類があるのか、お話したいと思います。