タグ: 家電

とことん理想を追い求めたい【mabe 冷凍冷蔵庫 Fdc別注仕様】

じつは最近、冷蔵庫のカタログを新たに発行しました。
SNSでもカタログを出したことを紹介したので多くのお問い合わせ
資料請求をいただいています。嬉しい限りです。

どんな冷蔵庫かというと…

マットブラックの冷蔵庫(冷凍冷蔵庫)です。かっこいいですよね!
冷蔵庫は白物家電といわれてますし、やはり白が多いです。
清潔感はありますけど、全体のインテリアとしてみるとちょっと浮いて見えることがあります。
例えば、男前なインテリアで、キッチンやリビングをコーディネートしたのに
真っ白な冷蔵庫を置いたら目立ちますよね。せっかくのインテリアが台無しです。

もちろん、大手メーカー各社とも白以外にも冷蔵庫はあります。
ですが、この冷蔵庫は他とは一線を画します!

なにがそんなに違うかというと、色のバリエーションです。
なんと600色から好きな色の冷蔵庫を選べるんです!


そしてこのマットブラックはフロートダイドコーロ別注仕様…
マットな質感が他にはない特別な冷蔵庫です。

インテリアと合わせて、アクセントとして。
こんな冷蔵庫待ってた!という方いらっしゃるのではないですか?
気になる方は是非お問い合わせくださいね。カタログもお送りしますよ。
お問い合わせはこちらからhttps://www.969001.net/contact.html


世界初!!!ウールも大丈夫【洗濯乾燥機 AEG】

 

冬は、暖かく柔らかなニットを着ると、心まで温かな気持ちになりますね。

しかし、ニットは洗いたくても気軽には洗いにくいものです。

 

実は、世界で初めてウールマークから認定を受けた洗濯機があるんです!

ウール製品の洗濯に適していると認められたAEGの洗濯乾燥機。

それがこちら↓↓

 

ウールマークとは、ウール製品で高い品質基準をクリアしたことを示す品質保証マークです。

現在約140ヵ国で使用されている、世界的に認知度の高いマークです。

このマーク、見たことのある方がほどんどではないでしょうか。

さらに、この洗濯乾燥機は日本では珍しい温水での洗浄プログラムがあります。

デメリットとしては、布地によって熱に弱いものがあるため

温度の調整を気を付けなければいけないことです。

ですがAEGの洗濯乾燥機なら、洗浄コースごとに選べる温度が決まっているため安心ですよ。

 

温水で洗うメリットは、汚れ落ちの良さです。

海外製の洗濯機に温水が多いのは、多くの地域で硬水を使用するからといわれます。

硬水は、通常泡立ちが悪いため温水で洗浄力を上げるのが目的です。

日本では軟水がほとんどですが、洗浄力が上がることには変わりないので嬉しいですね。

 

 

 

【今回ご紹介した製品】

ブランド:AEG (アーエーゲー)

アイテム:洗濯乾燥機AWW12746

詳細:洗濯容量最大7kg 乾燥容量最大4kg

洗浄プログラム:選択可能温度

cottons(木綿):90℃、60℃、50℃、40℃、30℃、水

mixed(混紡):60℃、50℃、40℃、30℃、水

delicates(デリケート):40℃、30℃、水

fast20(簡易洗濯):30℃

wool(ウール):40℃、30℃、水(乾燥不可)