毎日の家事はかなりの負担がかかりますよね。

ですが技術の開発、進化で今では機械が家事の手助けをしてくれます。

洗濯物は手ではなく洗濯機へ、ほうきから掃除機へ

そして、食器洗いは食洗機へ!!

 

食洗機は不経済というのは、まったくの誤解です。

手洗いでの消費水量がどれくらいかご存知ですか?

5分間流しっぱなしで約60リットルを消費しています。

もちろん、家庭により洗い物の量も時間も変わりますが、

仮に一回の食器洗いで60リットルの水を使ったとして食洗機はどれくらいなのでしょうか。

 

なんと、たったの10リットルなんです。

機種にもよりますが、最新の機種なら約10リットルで洗えるのです。

 

ですが、すべての食器が入らないという意見もよく聞きます。

そうなんです。がんばってキレイに入れても大きなフライパンや鍋は入りきらない…

結局はシンクで洗い物をするという…そもそも予洗いをしなければならない…

なんのために食洗機があるのかわからないですよね。

 

日本製の食洗機は小さく、予洗いが必要です。

ならば思い切って海外製の食洗機はどうでしょうか。

海外製食洗機は日本製の約3倍入る大容量です。

大きなフライパンと鍋を一緒に入れても余裕がありますよ。

なぜこんなに大容量なのかというと、1日分をまとめ洗いすることを前提としているのです。

朝使った食器を入れ、昼使った食器を追加し、夕食後に全部まとめて洗います。

もちろんお箸やお茶碗、食器類のストックが必要ですが…

 

さらに省エネルギー、節水は日本製よりも良いんです。

海外の方がエコロジーに厳しいですから各社かなり力を入れて開発しています。

 

そして、なんと予洗いが不要です。

大きな残菜を取り除けば、カレーもソースもそのまま入れて大丈夫です。

しっかりきれいにしてくれますよ!

 

食洗機があれば、洗い物の時間を家族との団らんや趣味の時間へ使うことができます。

食洗機を買うことは、ある意味時間を買っているのですね。

忙しい働く世代の人へおすすめです。

 

【今回ご紹介したアイテム】

ジャンル:海外製食器洗い機

取扱メーカー:AEG、ASKO、BOSCH、GAGGENAU、Miele

フロートダイドコーロショールームでは

現在7台の海外製食洗機を展示しています。

試運転可能な製品もございます。