タグ: 海外製

カラー水栓が人気です【Paffoni パフォーニ】

フロートダイドコーロの展示の中でも目を惹くのがこちらの洗面キャビネット。
ゴールド系をアクセントにしながらも落ち着いた印象でとても素敵ですよね。

幅広の洗面器には、2個水栓を取付けています。
ローズゴールドの愛らしいカラーリングで、ギラギラしすぎない柔らかな印象です。


この水栓は、もちろん一般的な水栓の色であるクローム(銀色のキラキラ)もありますが
クローム、ローズゴールドの他に6色のカラーから選べるんですよ。(全部で8色です!)

この水栓はイタリア、Paffoni〈パフォーニ〉社のものです。
イタリアといえば食の都というイメージが強いですが、物づくりの国としても有名ですね。
特にデザインにおいては日本でも人気の高いプラダやグッチ、フェラーリ、フィアットなどなど多くの有名企業が本社を置いています。
Paffoni社は1953年、イタリア・ポグノで創業した老舗企業で、デザイン性、性能の高さから世界中で愛され続けています。

壁付の水栓もあり、昨今のトレンドであるマットブラックカラーもあります。
フロートダイドコーロではキッチン水栓、洗面水栓あわせて9台を展示していますよ!
そしてオリジナルのPaffoniカタログが先日完成しました!
普通の水栓はつまらない、デザインにはこだわりたい、そんな方におすすめしたい水栓です。
資料請求やご来店のお問い合わせはこちらから
お気軽にお問い合わせください。




レンタルスペース始めました

8/23はキッチンセミナーHOME CHEFの特別版として、セミナー+キャッシュオンデリバリー式バースタイルで営業いたしました。
野菜ソムリエの天野先生の自慢の野菜たちと、美味しいお料理を楽しみながら、 輸入調理機器の使い勝手を体験していただくイベントです。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

静岡県初登場のバキュームドロワーをはじめ、海外製スチームオーブンなど、通常フロートダイドコーロで展示していない調理機器も、当日限りで展示、実演されました。

バキュームドロワーで真空調理をすると、少ない調味料で短時間で味が染み込みます。この日はマグロのさくを綱にしたり、果物を白ワインでコンポートにしたり、干しシイタケをあっという間に戻したりの実演が披露されました。

スチーム加熱の枝豆やスナップエンドウは、お湯でゆでるより、歯ごたえしゃっきり、うまみが濃厚でした。

天野先生が作ってくれたフード。一番人気は牛すじの赤ワイン煮込みでした。

ちなみにこのショールームはレンタルスペースとしてもお使いいただけます。
お料理教室や、ワークショップ、住宅会社様のキッチンセミナーなど
調理器具も使える空間なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


YOUTUBE チャンネル開設しております

海外製食洗機をご購入希望のお客様から、よく聞かれることと言えば、「どの食洗機も同じに見えるので、違いを簡単にまとめて欲しい」ということです。


何度も繰り返しご覧いただけるように、1分ほどの動画をご用意いたしました!

どちらもドイツのブランドで、BOSCH(ボッシュ)とAEG(アーエーゲー)です。

他の機種もFloatdyedcoaloのYoutubeチャンネルでご紹介しておりますが、この2ブランドは現在キャンペーンを実施中です。


ボッシュは保証が5年に延長、さらに庫内洗浄剤と食器用リンスのプレゼントがございます。
アーエーゲーは食器洗い機とオーブンのご購入で割引価格になっております。
割引が無くてもAEGの60cm食洗機は定価で298,000円という比較的手の出しやすい価格設定になっております。

どちらも実機の展示もしておりますので是非ご検討ください。


食洗機をはじめとする、さまざまな水回り機器をご紹介する、FloatdyedcoaloのYoutubeチャンネルをぜひご覧ください。


毎日使いたい!ビルトインオーブンで食卓を華やかに。

新しいキッチンを入れるなら、どんな調理家電を買おうか、悩みますよね。
炊飯器やミキサー、トースター、エスプレッソマシン…
普段の調理をサポートしてくれるありがたいアイテムです。
そんな中でも、お料理好きなら絶対あってほしいと思うのが
オーブンだと思います!


オーブンといえば、家電量販店で見かける置き型がほとんどです。
結構大きな家電ですから、どこに置こうか、コンセントどうしようか考えなければならないです。
しかし!新しいキッチンを入れるなら、思い切ってビルトインすることだって
できちゃうんです!!
置き場もコンセントも予め用意できる。
憧れのアイレベルにオーブンを設置できる。もちろんコンロ下も可。
そして、ビルトインオーブンは庫内が広い!

庫内が広ければ、料理の幅がグッと広がります。
置き型では庫内が狭く難しかった鍋調理も余裕。
じつはオーブンって、鍋ごと入れた煮込み調理が得意なんですよ。
上下左右から均等に熱が伝わるため、かき混ぜる必要もなくムラなく火が通ります。
材料と味付けをしたら、鍋ごとオーブンへ!手を掛けずに美味しい煮込み料理ができちゃいます。
忙しい日でも、もう一品をオーブンに任せれば簡単に豪華な食卓に。
もう手抜きなんて言わせません!

白米とけんちん汁をオーブンで。
ツリーパン、オニオンスープ、デザートにベイクドアップルをまとめて調理。

お菓子作りや特別な料理をするイメージが強いオーブンですが
日常使いこそその能力を発揮します。
オーブンをコンロと並ぶ調理機器として活用してみてはいかがでしょうか。

ビルトインというと海外なイメージですよね。
日本でも海外製ビルトインオーブンを取り入れる方が増えています。
日本で人気が高いオーブンといえば、Miele(ミーレ)でしょうか。
ドイツのメーカーで、日本の大手メーカーのキッチンカタログにも載っていたりします。
電子レンジ付きオーブンがあるのは、今のところミーレだけです。
日本人の使い方に合ったオーブンですね。

Miele

世界最高峰のオーブンをお探しなら、やはりGAGGENAU(ガゲナウ)です。
こちらもドイツのメーカーで、値段以上の優れた性能が世界中から高い評価を得ています。
いつもの普通の食材を焼くだけでごちそうに変える、そんなオーブンです。

GAGGENAU

価格と機能のバランスが良いのが、AEG(アーエーゲー)のオーブン。
様々なアシスト機能があっても全く使わない、複雑な機能は要らないという方におすすめです。
高い操作性とシンプルながらも充分な機能、確かな性能が特徴です。
AIなどにおまかせよりも、自分好みに使いたいお料理好きの方に満足いただけるオーブンですよ。

AEG

ここまではすべて電気オーブンでしたが、やっぱりガス派!!にご紹介したいのが
Bertazzoni(ベルタゾーニ)のガスオーブン。
食の都、そして物作りの国としても名高いイタリアのメーカーです。
食に厳しいイタリア人に愛され、世界60ヵ国に展開しています。
力強いガスの火力が、電気オーブンにはないスピードと仕上がりを生み出します。
操作は驚くほどシンプルで、ノブが3つ。温度とタイマーとコンベクションファンの設定だけ。
長い付き合いになるオーブンだからこそ、普遍的な使い勝手を追求します。

Bertazzoni

気になるオーブンはありましたか?
私は、お金が許すならガゲナウのオーブンが欲しいです…
だって焼くだけで美味しくなるなんて最高じゃないですか!
今のうちにキッチン用の貯金でも始めよう…かな……


いつもの料理が変わる【GAGGENAU スチームオーブン】

煮る、焼く、蒸すetc.様々な調理が可能なスチームオーブン。できない料理は、炒め物と麺料理だけです。
海外製のビルトインオーブンといえば、洗練されたデザインや鍋ごと入る大容量が特徴といえます。
様々なメーカーがある中で、世界中で支持されるメーカーがこの
GAGGENAU〈ガゲナウ〉です。
ドイツで300年を越える歴史を持つガゲナウは、まさに憧れの存在です。
こだわり抜いた高い技術力が魅力です。

ビルトインスチームオーブンは、4段の天板用のラックがありますが
4段のどのラックに天板を乗せても均等に熱が伝わるように造られています。
通常、15度ほどの差が生じてしまうのですが、ガゲナウは、1~2度ほどしか誤差が出ません。
一度に、たくさんの調理をしても焼きむらなく均等に仕上げますよ。

ただ、焼いただけ、蒸しただけ、、、
それだけで普段の食材をグレードアップします。安いお肉もスチームでやわらかに。
特に煮物料理はおすすめですよ。焦がさずに鍋全体から熱がとどくため
火も味もしっかり入ります。かき混ぜる必要もないです。

もはやコンロの代わりにスチームオーブンを使ってしまいましょう。
食材を入れてスイッチを押すだけで、とっても美味しくなります。
手間をかけずとも毎日がごちそうですね。
調理にかける時間が減れば、家族や自分のために費やす時間も増えて
さらに幸せに楽しく過ごせること間違いなしです!


ASKO(アスコ)食洗器D5556XXL

スウェーデンの家電ブランド、ASKO。
デザインがかっこいいんですよ。

そんなASKOの最新カタログが届きました!
今後発売予定のワクワクする調理機器情報も載っております。

ガスコンロ、食洗器の他に、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、レンジフード、オーブンにバキュームドロワーまで!
ASKOでトータルコーディネートが楽しめます。

加熱機器はガスです。
直火で苦も無くチョコレート滑らかに溶かせるほどの超とろ火と、プロの料理人にも愛される超高火力でお料理が楽しくなります。

D5556XXLは現在日本国内に流通している家庭用食洗器で最大ではないでしょうか?
4段もラックがあるため、一度に大量の食器が洗えます。

また、他の海外メーカーは、ラックの深さは大体同じくらいなのですが、ASKOだけとても深いです。お椀やどんぶりを頻繁に使う方には、相性が良い機種と言えます。

1つご注意いただきたい点としては、D5556XXLは大容量のため、高さが85cmのキッチンには入りません。85cmの高さに入る他の機種もございますし、キッチンの仕様次第では入らない場合もございますので、スタッフまでお尋ねください。

ちなみに、D5556XXLの展示使用実機を展示品売却特価にてご案内しております。
ご興味がございましたらぜひ、お問い合わせください。


トレンドを勉強してきます!!

こんにちは。Float dyed coaloスタッフの池谷です。

今日はこれからセミナーに参加しますよ。

同じ静岡市にある建材商社、リビエラ主催のタイルのトレンドセミナーです。

リビエラさんはイタリアンタイルを主に扱っていますので、

2019年最先端のタイルやデザインについて色々と学ばせていただこうと思います。

 

玄関をはじめに家づくりにはタイルが重要ですよね。

海外のようなタイル張りのリビングや寝室など憧れます。

輸入タイルだからこそ、まるでリゾートホテルにいるようなリビングも

かわいいモザイクタイルを使ったキッチンや洗面室も理想通りに仕上げることができます。

 

予算の都合や5年後、10年後も気に入るデザインかなど難しいところもあると思いますが

大きな面積を占める床や壁はこだわりを詰めたいところです。

カタログを見るだけでも想像が広がって楽しいですよ。

静岡と東京にショールームがあるので気になる方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

https://riviera.jp/showroom/

 


世界初!!!ウールも大丈夫【洗濯乾燥機 AEG】

 

冬は、暖かく柔らかなニットを着ると、心まで温かな気持ちになりますね。

しかし、ニットは洗いたくても気軽には洗いにくいものです。

 

実は、世界で初めてウールマークから認定を受けた洗濯機があるんです!

ウール製品の洗濯に適していると認められたAEGの洗濯乾燥機。

それがこちら↓↓

 

ウールマークとは、ウール製品で高い品質基準をクリアしたことを示す品質保証マークです。

現在約140ヵ国で使用されている、世界的に認知度の高いマークです。

このマーク、見たことのある方がほどんどではないでしょうか。

さらに、この洗濯乾燥機は日本では珍しい温水での洗浄プログラムがあります。

デメリットとしては、布地によって熱に弱いものがあるため

温度の調整を気を付けなければいけないことです。

ですがAEGの洗濯乾燥機なら、洗浄コースごとに選べる温度が決まっているため安心ですよ。

 

温水で洗うメリットは、汚れ落ちの良さです。

海外製の洗濯機に温水が多いのは、多くの地域で硬水を使用するからといわれます。

硬水は、通常泡立ちが悪いため温水で洗浄力を上げるのが目的です。

日本では軟水がほとんどですが、洗浄力が上がることには変わりないので嬉しいですね。

 

 

 

【今回ご紹介した製品】

ブランド:AEG (アーエーゲー)

アイテム:洗濯乾燥機AWW12746

詳細:洗濯容量最大7kg 乾燥容量最大4kg

洗浄プログラム:選択可能温度

cottons(木綿):90℃、60℃、50℃、40℃、30℃、水

mixed(混紡):60℃、50℃、40℃、30℃、水

delicates(デリケート):40℃、30℃、水

fast20(簡易洗濯):30℃

wool(ウール):40℃、30℃、水(乾燥不可)


かわいいカエルが待ってます【Float dyed coalo】

 

こんにちは!Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

Float dyed coaloは静岡県静岡市にある、水回りの住宅設備機器を扱うお店です。

静岡駅より車で約10分です。ツインメッセ静岡の近く、もち吉さんのおとなりです。

ショールームには、国内外の素敵なアイテムを展示していますよ。

 

店内を見渡すとあちこちにとある生き物の姿が…

 

とっても可愛らしいカエルたちが皆様のご来店をお待ちしております!!!

 

 

 

ぷるぷる……耐えてます…!!!


炎とトイレと、時々、いぬ【フィリップ・スタルク】

先日、お休みをいただいて浅草を散策してきました小長井です。

浅草と言えば、浅草寺にホッピー通り、スカイツリーとフラムドール!

フラムドール?ご存じないですか?

それはこちらです ↓

 

アサヒビール本社のオブジェです。

本当は3本立てたかったみたいですが、1本横に転がるスタイルに。

デザインしたのは“フィリップ・スタルク”。

建築・インテリア・家具・食器など幅広い分野で精力的にデザインを手がけています。

 

本当にたくさんのプロダクトデザインを手掛けているので、

例えばドイツで200年続く衛生陶器で有名なDURAVIT(デュラビット)社からは

こんな感じのStarck1シリーズなどが出ています。

設計士の方のご自宅での採用率が高いことが品質の良さを裏付けています。

トイレ、バスタブ、洗面ボウルなどを、昔から生活に溶け込んでいるバケツやタライといった

道具の形状をアレンジし、表現することで、シンプルでナチュラルなデザインを完成させました。

 

美しいデザインのインテリアを生み出し数々の受賞歴を持つMAGIS(マジス)。

MAGISは、プラスチック成形技術とデザインに定評のある家具・家庭用品ブランドです。

シェーン サヴァンフランス語で「かしこい犬」と名付けられたこの犬は、

1つでチェアとテーブルの2つの役割をこなします。

子どもたちが思わず座りたくなってしまう、

大人たちはインテリアとして所有したくなってしまう、そんなデザインのインテリアです。

 

フロートダイドコーロのショウルームにはフィリップ・スタルク氏のデザインした

水まわりのアイテムがたくさん展示されています。

好きなデザイナーさんつながりで、ブランドを超えて空間をデザインするのも

楽しいかもしれませんね。