タグ: 真空調理

ツナの日

今日は25日です。明後日は27日です。
無理やり感が否めませんが、毎月27日はツナの日なんだそうです。
ツナと呼ばずにシーチキンと呼ぶ方も少なくないですが、シーチキンというのは静岡市清水区にあります、はごろもフーズさんの商品名ですので、地元民としてはシーチキンが全国区というのはちょっとうれしい気がします。


そんなツナですが、実は自宅で作れるものなんですよね。


食べきれなかったマグロのお刺身の柵を用意します。
塩を振って少し冷蔵庫に30分ほど置いたら水分が出てきますので、水けをふきとります。
ニンニク、ローリエ、タイム、ローズマリーなどお好みのハーブと一緒に鍋にイン。
ひたひた迄のオリーブオイルをかけて、弱火でコトコト。
白くなって中まで火が通ればOKです。
マグロの大きさ次第ですが20~40分程度の加熱かと思われます。

スパイスを組み合わせたり、自作のツナはまた格別のおいしさの様です。

ちなみに家庭用の調理機器をたくさん扱っている弊社でツナを作るとしたら、ASKOバキュームドロワー ODV8127で作ります。

真空調理だと少しの調味液で味が染みるので、ちょっといいオリーブオイルで気兼ねなく作れて片付けもラクチンです。

きゅっと真空にしたら、あとは好きな温度でオーブン調理。

ツナなら63℃で35分くらいでしょうか。
オーブンはほったらかせるのでその間にもう一皿作ることができるので便利です。


8/23 HOME CHEF×Bar Typhoon Midsummer Night’s Home Chef 開催しました

こんにちは、フロートダイドコーロスタッフの池谷です。
先週の金曜日、夕方から開催したMidsummer Night’s Home Chef(真夏の夜のホームシェフ)
の様子をご報告いたします。

出入り自由なイベントでしたので、入れ代わり立ち代わり様々な方にご来場いただきました!
建築系のプロユーザーから、エンドユーザーまで。
お酒もあり、おいしい料理もあり、色々と語り合えるひとときとなりました。
以前HOME CHEFにご参加いただいた方もお越しくださり、リピートしていただけて嬉しい限りです!

料理を作ったのはHOME CHEFで講師を務める野菜ソムリエ プロの天野友江先生です。
採れたての野菜をふんだんに使ったお料理に皆さん舌鼓を打っていましたよ。

そして今回のメインイベントが、海外製調理機器を使ったデモンストレーションです!
普段のHOME CHEFでは体験型の料理教室を開いていますが、今回はデモンストレーションとして皆さんにご覧いただきました。
使った調理機器はこちら↓↓↓


北欧スウェーデンで誕生した家電ブランド ASKO の
スチームオーブン OCS8664SとバキュームドロワーODV8127Bです。
一番下は受注生産のスチームオーブンです。

なんと今年から国内に入荷し始めたばかりの新製品です!
私もはじめて製品をみましたが、見た目も機能もかなり心惹かれました。
デモンストレーションで作ったお料理は、自家製ツナとフルーツのコンポートです。
どちらもバキュームドロワーで真空パックにした後、スチームオーブンで低温で焼き上げました。
このバキュームドロワーすごいんですよ!液体を入れたまま真空パックができるんです。

皆さん興味津々に見入っていますね。
干しシイタケを戻すのにも、おすすめなんですよ。あっという間に戻ります。

スチームオーブンで低温調理したものは、しっとりとしていて味も染み染みでした。
皆さんに試食していただきましたが、大好評でした!

特別なHOME CHEFを皆さん思い思いに楽しんでいただけたようでなによりです。
来月からは通常開催です!
キッチンセミナーHOME CHEFは毎月第三土曜日昼に開催しています。
フロートダイドコーロで展示中の海外製調理機器を使い、天野先生とともに
お料理を楽しむセミナーです。
少人数制の体験型料理教室となりますので、ご参加希望の方はご予約くださいね。



いよいよ本日BARオープンです

今日のフロートダイドコーロはいつもとちょっと違います。
17時より、海外製調理機器に触れていただき、実際に調理を通して、機器の魅力を知っていただくHOME CHEFというイベントを開催します。

話は変わりますが、先日ミニトマトを大量にいただきました。
トマトをくれたのは、HOME CHEFの講師を務めてくださっている、野菜ソムリエの天野友江さんです。
天野さんセレクトの野菜は、美味しい物や変わったものが多く、とても楽しいです。

そんな天野さんからいただいたミニトマト。美味しいに違いないのですが、私は贅沢かもしれませんが割と冷凍保存してしまう派です。
水分の多い野菜なので、凍らせると食感が落ちてしまいます。
が、もともと私はトマトは生でより加熱や調理してから食べるので、解凍後の食感は特に気にしていません。それよりも凍らせておくと、ブドウの様に皮がするんとむけるのでとても便利です。

皮をむいたミニトマトは
・めんつゆに漬け込む→冷蔵庫で一晩寝かせて鰹節をかけて。トマトのお浸し。
・はちみつに漬け込む→冷蔵庫で一晩寝かせて食べる。凍らせてもおいしい。
という夏っぽい簡単レシピでいただきました。

こういった漬け込む系メニューは、バキュームドロワーがあるとはかどりますね。
ちなみに最近ASKO社のビルトインバキュームドロワーが日本市場に投入されました。

料理が苦手な私だと、こんな簡単すぎるレシピになりますが、
天野先生が作るとシンプルなのに華やかでおいしいメニューになります。
やはりプロはすごいなと思い知らされます。

女性に対して、こういう表現が適切かはわかりませんが、
天野先生、すごく可愛らしい方なんです。
外見だけじゃなく、話し方や、話の内容、食材に対する知識の深さ、
親しみやすい雰囲気ですので、会えばファンになってしまうと思います。

天野先生の自慢の野菜たちと、美味しいお料理を楽しみながら、
輸入調理機器の使い勝手を体験していただくイベントです。

もしかすると…バキュームドロワーも登場するかも…?!
通常フロートダイドコーロで展示していない調理機器も、当日限りで追加投入される予定です。

日 時 2019年 8月23日(金)   OPEN17:00 CLOSE22:00 
場 所 Float dyed coalo|フロートダイドコーロ        
     静岡市駿河区小黒3丁目9-11
料 金 入場無料 ドリンク・フードはキャッシュオンデリバリー  
野菜ソムリエ 天野友江氏による輸入機器を使用しての調理デモンストレーション
1回目 18:00~ 2回目 19:30~※状況により時間は変更になることがございます
ドレスコードとしてグリーンのアイテムを身に着けてください  
駐車場の台数に限りがありますので、公共交通機関をご利用ください
電話かメールにて事前予約をいただいた方にはワンドリンクプレゼント
054-202-7870 info@969001.net