タグ: 輸入キッチン機器

5/19 HOME CHEF開催レポート

5月19日に開催した海外製調理機器を体験していただくキッチンセミナー
HOME CHEFの様子をご紹介します!
今回は日曜日に開催し、6名の方にご参加いただきました。
リピートで来てくださった方もいて嬉しい限りです。

最近はだいぶ暑くなってきましたので、天野先生に初夏を楽しむメニューを
考案していただきました。
メインはまるで専門店で食べるようなハンバーガーです!
野菜ソムリエ プロである天野先生が厳選したお野菜を好きなだけ挟んで
オリジナルバーガーを作りましたよ。
どんな重ね方にするかも楽しめるメニューですね。


牛100%のパテは焼き目を付けてからオーブンでじっくりふんわり焼きます。
焼き目を付ける際は、使ってみたい加熱機器で各自で焼いてもらいました。
IHにするかガスコンロにするか…はたまたテッパンヤキにするかはお好みで!

バーベキューグリルではそら豆を鞘ごと焼きました。
焼いただけなのにとても美味しいと評判です。溶岩石を使ったバーベキューグリルだからこそですね。

次回からは、なんと定期開催になります!!毎月第三土曜日を予定しています。
講師はもちろん、天野 友江先生ですよ!
ご興味のある方はぜひご参加ください。次回は6月15日(土)です。
詳細とご予約方法はこちらから



いつもの料理が変わる【GAGGENAU スチームオーブン】

煮る、焼く、蒸すetc.様々な調理が可能なスチームオーブン。できない料理は、炒め物と麺料理だけです。
海外製のビルトインオーブンといえば、洗練されたデザインや鍋ごと入る大容量が特徴といえます。
様々なメーカーがある中で、世界中で支持されるメーカーがこの
GAGGENAU〈ガゲナウ〉です。
ドイツで300年を越える歴史を持つガゲナウは、まさに憧れの存在です。
こだわり抜いた高い技術力が魅力です。

ビルトインスチームオーブンは、4段の天板用のラックがありますが
4段のどのラックに天板を乗せても均等に熱が伝わるように造られています。
通常、15度ほどの差が生じてしまうのですが、ガゲナウは、1~2度ほどしか誤差が出ません。
一度に、たくさんの調理をしても焼きむらなく均等に仕上げますよ。

ただ、焼いただけ、蒸しただけ、、、
それだけで普段の食材をグレードアップします。安いお肉もスチームでやわらかに。
特に煮物料理はおすすめですよ。焦がさずに鍋全体から熱がとどくため
火も味もしっかり入ります。かき混ぜる必要もないです。

もはやコンロの代わりにスチームオーブンを使ってしまいましょう。
食材を入れてスイッチを押すだけで、とっても美味しくなります。
手間をかけずとも毎日がごちそうですね。
調理にかける時間が減れば、家族や自分のために費やす時間も増えて
さらに幸せに楽しく過ごせること間違いなしです!


調理機器から考える、料理好きのためのオーダーキッチン

突然ですが、家の予算を考えたときに、

存外キッチンって高いんだなって思いませんでしたか?

私も住宅会社で働いてるときには、なんでこんなに高いのかなと思ってはいたんです。

でも、間取りや床と壁の素材、新しいデザインのタイルなんかは興味がありましたが

キッチンって割と、ショールームとお施主様任せで、大体標準品だったんですよね。

ですので、今回はどうして高く感じるのか、ざっくりですが簡単にお話ししますね。

 

本体は、そもそもただの箱じゃない。

シンプルな収納、例えばカラーボックスってすごく安いですよね。

3段の物で1000円前後くらいでしょうか。

そんなイメージをお持ちで、同じ収納の箱と思っていたら高いと感じるかもしれません。

収納家具とキッチンの違いは、なにがちがうのでしょうか。

 

・素材が違う。

ワークトップ、扉、躯体、ひきだしなど、適材適所で素材を変えています。

それぞれたくさん選択肢があって、驚かれる方も多いと思ます。

例えばカラーボックスの上で、カボチャを切ったり、パン生地をこねようと思います?

無理ですよね。荷重に耐えられなくて壊れそうですもん。

まな板濡れてたら、シミになりますしね。

でも、それらの作業は日々当たり前にキッチンで行われています。

水に強く、汚れに強く、傷がつきにくく、熱に強く…

キッチンに求められることは、とても多く、すべてが高い精度であればより快適です。

性能が良い素材を組み合わせて行けば、価格は当然上がってしまうのです。

 

それぞれの部位別の素材についてはまた改めてご説明いたします。

ちなみにこちらは過去の天板素材のブログです。

「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (前編)

「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (後編)

 

・レールが違う。

家具の引き出しだと、そもそもレールが無いものも多いですよね。

キッチンのショールームなどで、高いグレードと、安いグレードの

引き出しをぜひ開閉してみてください。

もしかすると、物が入っていないのでその場では少しわかりにくいかもしれません。

でも実際はそこに食器やビンなど重くて割れやすいものがぎっちりと入ります。

レールのグレードがもし一般の家具のレールをつけてしまえば、

カチャカチャと食器が音をたてたり、出し入れに力が必要になります。

 

 

・最新調理機器がセットされている

加熱機器、レンジフード(換気扇)、水栓、はどの家でも大体付けますよね。

それから人によっては、食洗器、浄水器、オーブン…

住宅会社さんによっては、「追加料金なしの標準品です」とは仰いますが

いずれにせよ無料ではないので、家具とは違って、機器類の料金が発生します。

 

長々とお話ししてまいりました。

さて、私が何を言いたいのかというとですね、

キッチンのこと、ちゃんと検討されてますか?と言いたいんです。

間取り、床と壁の色や素材は皆さんじっくり考えてらっしゃると思うんです。

 

キッチンは?キッチンは標準品から色だけ選んで、

少しオプションを検討しただけではありませんか…と、言いたいのです。

 

でもそれは、お客様が悪いんじゃないんです。

そもそも選択肢を与えられていないのですから。

見たことが無いものや知らないものを選べるわけがありません。

 

そもそもキッチンでどうしたいんでしょうか。

毎日の調理なんて当たり前すぎて、考えたことが無い方も多いと思います。

 

たとえば私だったら…

料理を作ることは得意ではないので調理機器はそんなにこだわりません。

予算に限りがあるなら、楽する方向にお金を使いたいです。

鍋やボウルも洗える海外製の食洗機をつけたいです。

で、自分で洗う気はないのでシンクは小さくていいです。

その分、ワークトップを散らかすと思うので作業スペースを広く欲しいです。

図面にしてみるとこんな感じでしょうか。

魚焼きグリルは、パンとかソーセージも焼きたいので欲しい…

IHじゃなくてガスがいいかも…

食洗機で洗ったお皿をそのまましまいたいから、食洗器は背面収納に入れてしまおうか…

そんなことを考えるのも楽しいものです。

 

私と違って料理好きの方ならなおさらですよね。

目線の高さのオーブン、とろ火と超過力のコンロ、遠赤外線で焼くグリル(!)

そんなアイテムも世の中には選択肢としてあるんです。

そこでこちらのイベント!

りょりを創るために、こんな機能が欲しい!これは外せない!

こういう料理が作りたい!

そんな目線からのヒアリングでキッチンのプランニングを行います。

完全予約制ですので、詳しくはこちらをどうぞ。

 

ちなみにほんの一部ですが、店内はこんな雰囲気です。

見たことのない機器が必ずあります。

知っていて選ばないのと、選び終わった後に知って後悔するのでは全く違います。

ぜひ一度ご来店ください。

以上、金曜日のブログ当番小長井でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


寒さもあと少し…

2019年になりあっという間にもう2月に入りました。

今日は2月4日、立春です。

暦の上ではもう春になったんですね。

たしかに窓越しに感じる日差しはとても暖かく心地がいいです。

静岡でも梅の花が咲き始めているそうですよ。

写真は昨年撮影したもので、桃の花にメジロが来ていました。

撮影日は3月...一か月後にはこんな陽気を楽しめると思えば寒さも耐えられそうです。

 

とはいえ寒い季節には寒い季節なりの楽しみもあります。

とくに温かい鍋や煮込み料理は、冷えた体に染みわたり最高においしいですよね。

ビルトインの大きなオーブンなら鍋ごと突っ込んで簡単においしい煮込み料理ができますよ。

鍋全体から熱が入るため均等にしっかり火が入ります。かき混ぜないため煮崩れもしにくいですよ。

今シーズンの寒さもあと少しで終わりです。寒い季節を温かな料理で楽しみ切りましょう。

 


明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

本年もFloat dyed coaloおよびスタッフブログをよろしくお願いいたします。

2019年も海外製の面白いアイテムや素敵なアイテムをたくさんご紹介させていただきます。

 

年が明けてからあっという間に一週間が経ちましたね。

今日は、七草です。七草がゆを食べて、無病息災を願いましょう。

 

皆様にとって、今年も健康で幸せな一年でありますように!


キッチンに主役級の水栓を【GROHE・DELTA】

 

こんにちは。Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

キッチンは日々の生活を支える大切な場所ですね。

最近ではオープンキッチンを導入される家庭が多いようです。

料理中に家族とコミュニケーションをとれるので、

家族との時間を大切にできる点が人気の理由です。

 

作業場所が人目に触れやすくなるという点もありますが

レイな状態を維持しようという気持ちになるので

むしろ、清潔感を保ち易いのではないでしょうか。

 

スタイリッシュなオープンキッチンで最も目を引くものといったら

キッチン水栓ではないかと思います。

 

 

海外製の水栓には存在感、デザイン性、機能性に優れた製品が

たくさんあります。

キッチンの顔としてお気に入りの水栓を探してみませんか。

 

【今回ご紹介したメーカー】

GROHE(グローエ):ドイツ

特徴:世界最大級のシェアをもつ水回り製品のリーディングカンパニーです。

品質、技術、デザイン、そしてサスティナビリティの4つのブランド価値のもと、

水を楽しむ喜び“Pure Freude an Wasser” をお客様にお届けするために、

創業以来、水栓金具のパイオニアとして機能的で高品質な製品を

造り出すことに惜しみない情熱と努力を注いできました。

DELTA(デルタ):アメリカ

特徴:デルタはデルタフォーセットカンパニーのフラッグシップブランドです。

世界中のシェラトン、ヒルトンなどの有名ホテルでも多数採用され

アメリカの国民的ブランドともいえるシェアを持つブランドです。

水栓金具からアクセサリーまでカラーとシリーズを揃えることができ、

クラシカルからモダンなデザインまで幅広いラインナップが

デルタ製品を楽しむことができる魅力の一つです。

 

 

 

 

 

 


火力が命【ASKO 超火力ガスバーナー】

 

こんにちは。Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

中華屋さんで食べるチャーハン。

パラっとしててとてもおいしいですよね。

家でも作れたらいいのですが、いざ作ってみると

べちゃっとして、プロのチャーハンとはまるで別の料理だな~と

思っちゃいます。

 

プロの技もあると思いますが根本的に火力が違います…

家庭でチャーハンを作るときは鍋を振るうと冷めてしまい

べちゃっとなるみたいですよ…

 

家庭でも本格的な料理ができるコンロをお探しなら

ASKOのガスコンロはいかがでしょうか?

最も火力の強いバーナーは6.0キロカロリーです。

一般的な家庭用コンロの強火で4.0キロカロリー程なのでかなり強いです。

4口タイプ、5口タイプがあります。

また、一口超火力ガスバーナーもあるので

IHと組み合わせて使うことも可能ですよ。

バーナーの火は2種類に切り替えられます。

通常は炎の熱を外にこぼさない内炎式で加熱し

直径の大きな鍋を使う際は炎が外に広がる外炎式にチェンジできます。

調理の内容や、鍋のサイズに合わせて熱を効率的に使えます。

火加減を自由自在に操って、家庭料理の幅をぐんと広げちゃいましょう!

 

【今回ご紹介した商品】

ブランド名:ASKO(アスコ)

商品ジャンル:ガスコンロ


ステンレスのある生活【お手入れ】

こんにちは!

Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

三回に渡りステンレス製品についてご紹介してきましたが

今回はステンレスのお手入れについてです!

 

ステンレスはその名の通り錆びにくいのが特徴ですが

実は苦手なものがあり、そのせいで錆びてしまうこともあります…

 

一つ目の原因は塩素です。

ステンレスとは鋼にクロムやニッケルを混ぜた合金です。

クロムが空気中の酸素と結合すると表面に薄い酸化被膜というものを作ります。

実は、これに覆われているため錆の原因である酸素と鉄が直接触れなくなり

錆びにくい金属となるのです。

この酸化皮膜は傷などで壊れてもすぐに再生されます。

しかし、塩素イオンにさらされると皮膜は壊れやすく、再生も阻害されてしまいます。

酸化皮膜が壊れたところから酸素と鉄が触れてしまい錆びてしまいます。

醤油やソースなど塩分の強いもの、塩素系の洗剤などが付着した状態が続くと錆びてしまいます。

 

二つ目の原因はもらい錆びです。

空き缶や鉄製のフライパンなど錆びやすいものをステンレスの上に放置していると

空き缶やフライパンから出た錆がステンレスに付着してしまいます。

ステンレス自体が錆びているわけではなく、錆がこびり付いている状態です。

 

ステンレスをいつまでもきれいにお使いいただくためには

日頃のお手入れがとても大切です。

 

一日の終わりや夕食後の片づけの時など汚れがこびり付かないうちに取り除くことがポイントです。

錆びの原因となる醤油などの塩素はすぐに洗い流しましょう。

空き缶や包丁、錆びやすい鍋類などは長時間放置しないよう気をつけてください。

ステンレスに曇りや水垢を出さないためには、台所用洗剤をつけたスポンジで洗い

水でよくすすぎ、空拭きして水滴をしっかりとふき取りましょう。

 

大切に扱うことで、末永く使うことができます。

大切に使う分、愛着も湧きますね。

ステンレスのある生活を、ご家庭に取り入れてみませんか。


ステンレスのある生活【ステンレスキッチン】

こんにちは!

Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

今回は第三弾ステンレスのある生活をご紹介いたします!

 

ご家庭でステンレスといえばやはりキッチン関係だと思います。

清掃性の良さから清潔な状態を保てるのでいいですよね。

ステンレスは弾力性があるため陶器やガラスのものを置くときに衝撃を

吸収しやすく、石材のワークトップなどと比べて食器が割れにくいという点もあります。

傷は付きやすいですがそれもまた味わいですね。

また、プロの厨房のようなかっこよさも魅力のひとつです。

厨房よりもインテリアのように楽しめるデザインを

お求めの方もいらっしゃると思います。

オーダーキッチンならばステンレスを使いながら

自分好みの素敵なキッチンを作ることもできますよ!

 

 


どんな水栓がお好みですか?

 

こんにちは!

Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

みなさまは洗面化粧台につける水栓といったら

どんなものをイメージされますか?

 

色はシルバーで捻るタイプの蛇口やレバータイプなどが

一番に思いつくのではないかと思います。

 

ショールームには海外メーカーの様々な水栓を展示しています。

水の流れを見ることのできる水栓や

ホワイトやブラック、ゴールドなど色のついた美しい水栓などなど…

スタンダードなものから一風変わったものまで…

 

水栓ってデザインに溢れていてどれにしようかって迷えるものなんです。

洗面台の水栓までこだわりを追求できるのってワクワクしますよね!

そんな素敵な家づくりをいつか私もしたいものです。

【今回ご紹介した商品】

ブランド名:Paffoni(パフォーニ)

品名:RINGO マットブラック

 

Float dyed coalo 営業時間10:30~18:00 火曜定休