タグ: 輸入ビルトインキッチン機器

手作りチョコの革命?

バレンタインが近づいてきました。

学生のお子さんがいるご家庭では、バレンタインに配るチョコの試作などで

連日甘い香りが漂っているのではないでしょうか。

 

バレンタインに限らずお菓子作りが好きな方にとって、チョコは欠かせない存在ですよね。

生地に混ぜるのも良し、コーティングに使うのも良し。

何れにしても固めた状態のチョコは、溶かさなければなりませんよね。

ですがお菓子作りに不慣れな人にとって、チョコを溶かすのは結構鬼門なのです。

湯煎している途中で水が入ってしまったり、普通に火にかけて溶かそうとしたり...(笑)

もちろんチョコは台無し、焦げてしまいました。

チョコは火にかけたらいけないんだという教訓を得たわけですが

じつはその常識を覆す製品があるのです...(2機種ご紹介します)

 

GAGGENAU ハイカロリーバーナーは、最高出力は6kW。また最小出力は0.25kW。

強火から極弱火まで幅広い火力が魅力の一口コンロです。

 

ASKO ガスコンロは、1口、4口、5口コンロとサイズ展開が豊富です。

レストランのオープンキッチンのようなデザイン性と本格的な火力が魅力です。

なんと!!どちらも極とろ火でチョコレートを直接鍋で溶かすことができます!

すごいですよね。たしかな技術力だからこそ実現できるのです。

 

↑↑フロートダイドコーロで展示しているASKO 4口ガスコンロ HG1825AB です。

わかりますでしょうか?じつは青いところは火です。

チョコを溶かす以外にも、何時間もじっくり煮込む料理などにおすすめです。

そして強火ならパラッパラのチャーハンが作れます。

家庭用にはない強火ととろ火で普段の料理からお菓子作りまで大活躍すること間違いなしです!

 

 


「ジンダイ」の天板って一言でくくれません (後編)

こんにちは。小長井です。

 

前回、キッチンの天板でよく聞く「ジンダイ」には「人工大理石」と「人造大理石」という

全く別の物が混在されているということと、「人工大理石」について

お話ををさせていただきました。

 

 

今回は、「人造大理石」の中に、どんな種類があるのかお話していこうと思います。

 

 

人造大理石

原材料に天然の石を粉砕したものを使用し、セメントや樹脂で固めた半人工の素材です。

天然石の持つ重厚な質感や雰囲気を保ちつつ、天然石のデメリットをカバーします。

大理石や御影石などよりも硬く、耐摩耗性に優れています。

また吸水性が極めて低いため、汚れも染み込まず衛生的です。

キッチンの天板として使用するのにはぴったりの素材と言えます。

半面、価格はステンレスやベルト人工大理石に比べて高くなることがほとんどです。

 

この原材料の天然の石というのがポイントで、ここに何を入れるかで、

性能や価格、呼び方が変わってきます。

代表的なメーカーの製品と併せてご案内します。

 

クォーツストーン

粉砕した天然の水晶を樹脂で整形して作られます。

この水晶の比率が93%を超えるものをクォーツストーンと呼びます。

天然石の風合い、美しさはそのままに、人工大理石や天然石の弱点をカバーします。

調味料や飲み物ををこぼしたシミ、固いものをぶつけて天板が欠ける、

お酢や除光液による変色が起こりにくく、汚れにくく欠けないのお手入れも簡単です。

 

 

これはクォーツストーンの中でもサイルストーンというクォーツストーンのブランドの施工例です。

扉の加工がいかにも海外のキッチンらしいデザインですね。

ダイニングテーブルとキッチンに セメントスパ という商品を使っています。

 

こちらは チャコールソープストーン という商品の施工例です。

マットな質感は今のトレンドとして非常にスタイリッシュですし、

ランダムに入った模様が天然石さながらの重厚さも演出してくれます。

 

 

 

セラミックストーン

 

多種のな鉱物粒子を焼結させて作る素材です。

まな板無しで天板の上で食材がカットできる耐傷性、

熱い鍋をそのまま置いてももんだいない耐熱性、

表面にできてしまう目に見えない細かな穴を極限までなくしているため

液体が染み込まないため汚れにくい耐汚染性が魅力です。

 

 

こちらはセラミックストーンの中でデクトンというブランドの施工例です。

天板に ドムース という商品を使用しています。

マットブラック、人気ですね。

日本製品ではまだまだシルバー系が多いですが、水栓やタオルホルダーなど

マットブラックの商品がフロートダイドコーロでは人気です。

あえて白の丸みを帯びたシンクをアクセントにしているのがいいですね。

こういうキッチンも作ってみたいです。

 

 

こちらは トリリウム という商品を壁に貼っています。

錆っぽい風合いは、セラミックストーンならではです。

人工大理石や天然石、クォーツストーンでは出せない雰囲気です。

 

 

 

 

天板の素材は、他にもステンレス、タイル、天然石、メラミン、木など選択肢は様々です。

耐水性・耐熱性・耐汚性・耐久性・メンテナンス性・施工性

a.色合い・柄の種類
b.質感
c.汚れにくさ、傷つきにくさ
d.取り扱いしやすさ(硬さ)
e.継ぎ目・シンクとの接合
f.そして、価格

どの素材にもメリット・デメリットがありますので、またお話しできればと思っています。

 

 


幻想的な結晶の贈り物【Perrocaliente Tempo Drop】

 

こんにちは!Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

最近は清々しい秋晴れが続いていますね。

安倍川の橋の上からは富士山の雪化粧を望むことができる季節になりました。

夏の間は、雲が多くてほとんどお目にかかれなかったのですが、

秋晴れのおかげで美しい姿を見ることができます。

 

朝や夜は少しずつ冬の気配も感じます。

日が沈むのが早いと気持ちも沈んでしまいがちです…

そんな時は、日々にちょっとした楽しみがあるといいですよね。

 

ストームグラスは19世紀に天候予測器として使用されてきました。

気候の変化に反応して結晶が生まれます。

いまだに謎が多く、実際に天気を予測するのは難しいですが、

日々変わっていく結晶に心癒されること間違いなしです。

Float dyed coaloでは、雑貨も一部扱っております。

(主に扱っているのは水回りの設備ですよ!)

プレゼントとしても大人気の商品です。

大切な方へ、幻想的で不思議な結晶を贈りませんか。

 

【今回ご紹介したアイテム】

ブランド:Perrocaliente(ペロカリエンテ)

商品名:Tempo Drop(テンポドロップ)

 


新色登場しました!【Vifa Reykjavik】

 

こんにちは。Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

お店でも使用しているBluetooth対応のポータブルスピーカー

Vifa Reykjavikから新色が登場しましたよ!

 

住宅設備をご覧にいらっしゃったお客様も

ついつい見入ってしまうおしゃれで高音質のスピーカーです。

 

この度、登場したカラーはこちらです↓↓↓

Ice Cave Blue (アイス・ケイブ・ブルー)

 

既存の Lavastone Black と同様に、アルマイト処理されたアルミニウムボディを採用しました。

Vifaで一番小さなスピーカーでありながら、その音質は素晴らしく、

持ち運びのしやすさ、ボディの丈夫さで人気の商品です。

 

ポータブルスピーカーをお探しのみなさま、

新色のReykjavikで生活を美しく彩りませんか?

 


かわいいカエルが待ってます【Float dyed coalo】

 

こんにちは!Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

Float dyed coaloは静岡県静岡市にある、水回りの住宅設備機器を扱うお店です。

静岡駅より車で約10分です。ツインメッセ静岡の近く、もち吉さんのおとなりです。

ショールームには、国内外の素敵なアイテムを展示していますよ。

 

店内を見渡すとあちこちにとある生き物の姿が…

 

とっても可愛らしいカエルたちが皆様のご来店をお待ちしております!!!

 

 

 

ぷるぷる……耐えてます…!!!


SFの世界?!日本とは違う進化を遂げていくIHコンロ【GAGGENAU】

涼しい日が増えましたね。虫の声もよく聞こえます。

夏バテ知らずのまま、食欲の秋に突入してしまった小長井です。

 

初めて見たときに一番衝撃を受けた展示品があります。

第一印象は「えっ?!なにこれすごいSFっぽい!」でした。

GAGGENAU(ガゲナウ)社のIHコンロでした。

百聞は一見に如かず ということで、こちらの動画をぜひご覧ください。

…すごいですよね。

シルバーの丸いものはツイストノブといいます。

くるくる回して温度や時間を設定できるので、毎回同じ設定にすれば、

炎を見ながら調整するガスよりも焦げ付きや生焼けなどの

お料理の失敗などを避けやすいと思います。

 

 

「壊れやすいんじゃないの?」

「見た目優先じゃないの?」

そんな感想を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし!このGAGGENAUというメーカーは本当にすごいんです。

会社の歴史は330年以上!

オーブンの歴史が87年。キッチンに組み込む加熱機器などの歴史は62年。

この年数を聞くと、簡単に「日本製より性能が劣るでしょ?」なんて言えなくなりませんか?

海外の人だって、壊れやすい製品を買わされたら普通に怒ります。

しかも、GAGGENAUはものづくりに定評のあるドイツ企業です。

料理をする人がより快適で、楽しく調理できるために何ができるのかを考えた結果、

GAGGENAUを使うだけで既存の調理機器よりも美味しく仕上げること、

加熱機器はムラなく均一で常に寸分の狂いもなく正確であること、

食洗機はコースに悩まずただ食器を入れるだけで最適に洗い上げること。

ガゲナウの職人たちの技術力で、調理する全ての人が快適に楽しくなれるように!

 

繊細な工程が多いため、現在でも多くの機器を手作業で組み上げて作るというこだわり。

そんな職人魂を感じるこだわりの強いメーカーです。

GAGGENAU社の製品もたくさん展示しております。

・テッパンヤキ VP 230 434

・バーベキューグリル VR 230 434

・2口IHクッキングヒーター VI 230 134

・4口IHコンロ CI 262 113

・60㎝幅食洗器 DI 250 460

可動可能ですので、実際に調理してみたい方はお気軽にお問合せ下さい。


日常を華やかに【Villeroy&Boch 手洗器】

 

こんにちは!Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

今回はかわいらしい手洗器のご紹介です!

手洗器といえばつるつるピカピカの白い陶器ですよね。

多くは無地ですが中には素敵な柄がはいったものもあります。

それがこちら↓

MY NATUREという名前のついた手洗器です。

自然をモチーフにしたデザインで、

柄の表面はザラザラとしたさわり心地です。(柄以外は滑らかなさわり心地です)

滑らかな曲線の縁取りで、柔らかな印象です。

 

日々使うものだからこそ、元気になれるちょっとしたこだわりを

生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【今回ご紹介した商品】

ブランド名:Villeroy&Boch(ビレロイ&ボッホ)

ジャンル名:陶器手洗器

品名:MY NATURE

特徴:Villeroy&Bochはヨーロッパ最大の陶磁器メーカーです。

手作りの温もりと優しさを大切にするドイツのマイスター精神を今に受け継ぎ、

一つひとつ大切に作り上げました。

優雅なデザインと美しいフォルム、そして贅沢な質感で使う者を魅了します。

MY NATUREはオーバーフローなし。置き型手洗器。

容量7.3リットル、重量10キログラム。

 

Float dyed coalo 営業時間10:30~18:00 火曜定休


ステンレスのある生活【ステンレスキッチン】

こんにちは!

Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

今回は第三弾ステンレスのある生活をご紹介いたします!

 

ご家庭でステンレスといえばやはりキッチン関係だと思います。

清掃性の良さから清潔な状態を保てるのでいいですよね。

ステンレスは弾力性があるため陶器やガラスのものを置くときに衝撃を

吸収しやすく、石材のワークトップなどと比べて食器が割れにくいという点もあります。

傷は付きやすいですがそれもまた味わいですね。

また、プロの厨房のようなかっこよさも魅力のひとつです。

厨房よりもインテリアのように楽しめるデザインを

お求めの方もいらっしゃると思います。

オーダーキッチンならばステンレスを使いながら

自分好みの素敵なキッチンを作ることもできますよ!

 

 


どんな水栓がお好みですか?

 

こんにちは!

Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

みなさまは洗面化粧台につける水栓といったら

どんなものをイメージされますか?

 

色はシルバーで捻るタイプの蛇口やレバータイプなどが

一番に思いつくのではないかと思います。

 

ショールームには海外メーカーの様々な水栓を展示しています。

水の流れを見ることのできる水栓や

ホワイトやブラック、ゴールドなど色のついた美しい水栓などなど…

スタンダードなものから一風変わったものまで…

 

水栓ってデザインに溢れていてどれにしようかって迷えるものなんです。

洗面台の水栓までこだわりを追求できるのってワクワクしますよね!

そんな素敵な家づくりをいつか私もしたいものです。

【今回ご紹介した商品】

ブランド名:Paffoni(パフォーニ)

品名:RINGO マットブラック

 

Float dyed coalo 営業時間10:30~18:00 火曜定休


ステンレスのある生活【三代目板金屋 ORIGAMI】

 

こんにちは!Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

前回に引き続き、ステンレスのある生活をご紹介していきます。

 

ステンレスは錆びにくい、耐熱性、耐久性に優れている素材です。

清潔感があるため家具にもおすすめです。

今回はステンレスを使ったスツールなどをご紹介します。

 

静岡県静岡市は昔は駿河と呼ばれた土地です。

徳川家康公が駿府城で余生を過ごした地でもあります。

大御所時代、徳川家康公は駿河に全国から鎧や刀の職人を集めました。

かつて「金属の芸術家」と呼ばれた先人たちの技術と感性をルーツに

現在も職人たちがこの地で腕を磨いております。

 

三代目板金屋は板金のさらなる可能性に挑み、次世代へ引き継ぐため誕生しました。

切り、叩き、曲げの基本技術を磨き上げ、繊細なデザインをより美しく仕上げます。

ORIGAMIは折り紙で折ったような多角形と直線的なラインが特徴です。

ステンレス特有のかがやきがモダンな空間を生み出します。

鏡面仕上げでは鏡のように光を反射します。

ヘアライン仕上げでは鈍く光り輝き、落ち着いた印象です。

Float dyed coaloではORIGAMIの

コーヒーテーブル、ペンダントランプ、ハニカムの展示を行っております。

実物のかがやきをぜひご覧になってみてください。

 

【今回ご紹介した商品】

ブランド名:三代目板金屋

ジャンル名:家具

品名:Coffee table[Hexagon/Octagon]

Pendant lamp[Hexagon/Octagon]

Honeycomb

 

 

Float dyed coalo 営業時間10:30~18:00 火曜定休