タグ: 食洗機

システムキッチンに海外製食洗機を入れたい方、ご相談ください。

最近、既成のシステムキッチンに海外製食洗機のMiele (ミーレ)GAGGENAU(ガゲナウ)Bosch(ボッシュ)ASKO(アスコ)AEG(アーエーゲー)を入れたいというお問い合わせを多くいただきます。

「リクエストしてみたものの、工務店さんやキッチンメーカーさんに、対応不可で断られてしまった」
「ネットで実際に入れている人がいたのに、うちは無理だといわれてしまった」
そんなご相談をいただきます。
もし、その答えに納得できず、もやもやした気持ちになっていらっしゃるのでしたら、一度フロートダイドコーロにご相談ください。

お断りされた原因の中には、もちろん物理的に機械の寸法が収まらない場合もありますが、今まで導入実例が無く不安なのでお断りする業者さんや、会社の規定で入れられる食洗機を縛っているなどの理由も少なからずあるからです。

フロートダイドコーロではLIXIL(リクシル)、TOCLAS(トクラス)、Cleanup(クリナップ)、タカラスタンダードなどのキッチンメーカーをはじめ、各工務店さんのオリジナルキッチンなどにも食洗機を収めている実績があります。
もちろんキッチンによっては入らない場合もあります。
その際はご希望の食洗機とは違うブランドなら収まるようでしたらご提案しますし、海外製食洗機は予洗いが要らないため、シンクの横に配置する必要が無いので、カップボードに収めるなど柔軟にご提案いたします。

もし、さらにきれいな収まりや、キッチンに対するこだわりがあるのでしたら、オーダーキッチンも承ります。


天板も人工大理石、ステンレス、エンジニアドストーン、タイル、セラミックストーンなど豊富な種類から自由にお選びいただけますし、キッチンの寸法も既製品とは違って数ミリ単位でオーダー可能です。

このキッチンの様に、下のラインを揃えたい場合、既成キッチンでは寸法に制約があり、叶わないことがあります。
もし細部までこだわられるのでしたら、オーダーキッチンが向いてるかもしれませんね。

ステンレスのシンプルなキッチンも人気があります。
収納の要不要、扉の開き方、抽斗の数も自由にお選びいただけます。

キッチンは、新築の際の全体の予算の割合の中で意外と多くを占めてます。
安い買い物ではありません。
そのうえ、長く住んでリフォームすることになった場合、真っ先に直す場所もキッチンやお風呂です。
毎日使う場所だから、こだわっていただきたいですし、海外製食洗機の便利さは一度体感していただきたいです。

フロートダイドコーロでは実際に動く4台の食洗機を含め、8台の食洗機を一度にご覧いただけます。




手荒れしないためにも海外製の食洗機がおすすめです

すっかり寒くなりましたね。
それでも一年間の中で一番寒いのは1月下旬から2月中旬なのでまだまだ寒くなるわけで…

お湯を使ってお皿洗いをしてしまう季節なわけです。お湯は油の粘度を下げてくれるので、さらりと汚れが落ちやすくなりますし、最近の食器用洗剤はつるっつと汚れが落ちて気持ちがいいですよね。
…その強力なコンビが手肌を守る油脂までついでにきれいさっぱり洗い流してくれちゃうわけで…

楽しくもない食器洗いをするために、冷たいのを我慢するか、手荒れを我慢するかなんて、嫌な話ですね。そんなわけで、本日は食洗機のお話です。手荒れ対策の面からみると、食器洗い機はとてもいいです。
特に海外製の食洗器がいいです。

「国産と海外製って違うの?同じ食洗機でしょ?」
そう思った方にこそ知っていただきたいのです。
国産の食器洗い乾燥機は、においや故障などの庫内トラブル対策として予洗いが必要です。
使った食器はお水につけて置いてから食洗器にセットする方がいいとされています。
海外製食器洗い機は、予洗いしないでください
すすぎながら、水の中の汚れをセンサーで測定して洗い上げますのでソースや油は付いたまま入れていただきたいです。そもそも、皿洗いがしたくなくて食器洗い機を買うのですから個人的に予洗いってどうなのかなと思っています。

予洗いまでしたら、ついでに洗ってしまっても変わらない気がするんですよね…というわけで、手荒れ防止の点からみると、海外製食器洗い機がおすすめというお話でした。

そして、フロートダイドコーロではスタッフを若干名募集しております。
・料理が好きな人(苦手でももちろん大丈夫です。私も苦手なので…笑)
・建築業界の経験者、または興味のある人
・いつか家を建てるときに、ちょっと普通じゃないこともやってみたい人
などなど詳しくは こちら をご覧ください。


食洗機はキッチンになくてもいいんです

小柄な奥様で、80㎝の高さのキッチンがいいけれど、海外製食洗機も欲しくてキッチンの高さを85㎝や90㎝に上げなくてはならないと悩んでいる方はいませんか?
他にも、キッチンの海外製食洗機を組み込めないけれど、やっぱり海外製食洗機がいい…そんな方もいませんか?

そんな方には発想の転換をおすすめします。
海外製食洗機はキッチンに組み込む必要はないんです。
シンクの横に食洗機を置く必要があるのは、予洗いが必要な食洗器を設置する場合や、その名残です。
海外製食洗機は予洗いをせずにお皿やお鍋を投入できますので、背面収納に配置することもおすすめです。

キッチンはハウスメーカーさんお勧めの物をお選びいただいて、背面収納に食洗器を組み込むことも可能です。
このお家では、高い位置に食洗器を設置しており、腰への負担を軽減しています。
フロートダイドコーロでは海外製食洗機をただ販売するのではなく、機器の特性を生かしたキッチンレイアウトなどもご提案しております。


本日はキッチン・バスの日(家庭文化の日)

ブログのネタに困ると、つい、今日は何の日なのか調べてネタにしがちです。
が、本日11月2日はなんと!キッチン・バスの日(家庭文化の日)だそうです。
Float dyed coaro←フロートダイドコーロ←フロとダイドコロ←風呂と台所
な店名ですから、これはもはやフロートダイドコーロの日と言ってもいいのかもしれません。
(ちなみに真のフロートダイドコーロの日は始業の9月10日と思われます…)


ではなぜ11月2日がキッチン・バスの日かと言いますと、
11月3日の「文化の日」の前日に家庭文化のあり方を考える日にしようと
キッチン・バス工業会が制定したそうです。また、KitchenのK、 Bathの Bがアルファベットの11番目と2番目というのもポイントだそうで。
相変わらず記念日というのは力業が多いですね。

さて、フロートダイドコーロがどんなショップなのか。
今更かもしれませんが説明の動画をUPしております。

ぜひこの機会にご覧いただけたら幸いです。
ちなみにサムネイルのインパクト大のこちらの動画↓
この食器がすべて一度の運転で全部入ります。

こちらもぜひご覧ください。


海外製食器洗い機は大容量です

最近、日本製のシステムキッチンに海外製食器洗い機をいれたいというお問い合わせが増えています。

個の扉は全て海外製の食洗機で一般家庭用の大きさです。
業務用ではありません。

よごれの強い物や大きなお皿は下段に入れます。
お鍋やフライパンも入ります。

中段には3食分の食器がたっぷりと入ります。
右側のお椀は上下で2個ずつ入っています。

一番上の段にはカトラリーやフライ返しなどが入ります。

フロートダイドコーロには各社の製品がありますので、見比べてお選びいただけます。
キッチンメーカーで対応を断られた方もぜひご相談ください。
海外製食洗機を採用する方法をご提案します。


YOUTUBEチャンネルもぜひご覧ください

文字を読んで内容を把握することと、実物を見て内容を把握することだと、後者の方が理解しやすいかなと思います。
フロートダイドコーロではたくさんの輸入機器を展示していますが、外出を控えている方や、遠方の方にはYOUTUBE チャンネルがおすすめです。

たとえば、普通の水栓に見える下記の水栓ですが、動画で見るとわかる便利な機能があります。

動画で見ていただくと、便利な水栓だと感じていただけるかと思います。
この水栓のシリーズははフロートダイドコーロの中でもトップクラスの人気を誇っています。

他には海外製の食器洗い機も人気です。
「日本製と海外製って何が違うの? 」
「お店に行くほどじゃないけれど、ちょっと様子を見てみたい」
そんな方は1分ほどの動画からご覧いただくといいかもしれません。

動画ではきれいな食器を入れていますが、実際はカレー鍋や納豆を食べた茶碗、出し忘れた昨日のお弁当箱など、残菜を捨てて予洗い無しで投入していただけます。

こんな感じの海外製水まわり製品の紹介動画がたくさんアップされています。
お時間のある時にぜひご覧ください。


BOSCH食洗器キャンペーンは9月末まで


自宅で食事をする機会が増えている昨今、家計の負担になる光熱費や水道費、家事の手間は少しでも抑えたいものです。Bosch製の食器洗い機対象機種をキャンペーン期間中にお買い上げのお客様に食器洗い機庫内洗浄クリーナー2本(約6か月分)をプレゼントいたします。
期間はいよいよ2020年9月30日までです。

ちなみにフロートダイドコーロは Bosch Appliance Partner Shop / 略称BAPS(バップス)の認定店です。
認定店は、BOSCH家電を取り扱うプロショップです。
スタッフがご検討段階の製品紹介から設置、適切な使用方法の説明までをトータルにサポートします。


フロートダイドコーロでは試運転可能な機種を含め3機種のBosch食洗機の展示がございます。
この機会にぜひ足をお運びください。


Boschのキャンペーンは9月まで

自宅で食事をする機会が増えている昨今、家計の負担になる光熱費や水道費、家事の手間は少しでも抑えたいものです。Bosch製の食器洗い機対象機種をキャンペーン期間中にお買い上げのお客様に食器洗い機庫内洗浄クリーナー2本(約6か月分)をプレゼントいたします。
期間は2020年7月20日~2020年9月30日までです。

ちなみにフロートダイドコーロは Bosch Appliance Partner Shop / 略称BAPS(バップス)の認定店です。。
認定店は、BOSCH家電を取り扱うプロショップです。
スタッフがご検討段階の製品紹介から設置、適切な使用方法の説明までをトータルにサポートします。


フロートダイドコーロでは試運転可能な機種を含め3機種のBosch食洗機の展示がございます。
この機会にぜひ足をお運びください。


コンパクトに見えて実力派です

一般的な新築のキッチンの幅は約2m55㎝です。
先日オーダーで幅1m84㎝のキッチンを作成しました。
寸法だけ聞くと70㎝ですからおよそシンク1つ分ほど狭い寸法ですので、少し狭く機能性に欠けるミニキッチンを想像される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

作らせていただいたキッチンはこちらです。

想像されていたよりは、作業スペースも思いのほか広く収納力もありそうに見えませんか?
このキッチンはコンパクトながらも作業スペースを確保するためにシンクが狭くなっています。

コンロ幅が60㎝弱、作業スペースが60㎝強、シンクが55㎝弱といったレイアウトです。
通常のシンクより20㎝程小さいシンクを採用することで作業スペースを確保しています。シンクが小さいことで生じるデメリットは、大きな調理器具や食器が洗いにくいことが挙げられます。
しかしこのシンクは、元々食器を洗うつもりが無いので、すいかや、だいこん、カボチャなど大きな食材が洗えれば十分です。
洗わない食器はどうするのかと言えば、作業スペース下の幅45cmの海外製食洗機におまかせです。

今回採用したのはBosch(ボッシュ)のゼオライト乾燥付きSPI66M006です。
海外製食洗機は予洗いをせずに、残菜を捨てた程度で汚れた食器や鍋を入れて使用します。
そのためシンクは小さくて問題ないわけです。

フロートダイドコーロでは、食洗機をはじめとした海外製キッチン機器の販売やシステムキッチンへの設置などを行っておりますが、それだけでなく、使用方法から考えて、過剰な部分を削いで必要な部分に予算を回すコストパフォーマンスの良いキッチンもご提案しています。

新築、リフォームともにぜひご相談ください。


本日はGAGGENAU(ガゲナウ)勉強会です

本日はGAGGENAU(ガゲナウ)食洗機のメンテナンス勉強会を開催しております。
GAGGENAUは日本で購入できる輸入キッチン機器の中で最高級ブランドです。
妥協することなく追及された機能性、スマートな美しいデザインは他のブランドの追随を許さないといっても過言ではありません。

そんなガゲナウですから、食器洗い機も評判がいいです。

簡単に魅力を説明した1分ほどの動画はこちらです。

今日はこの食洗機のメンテナンス講習をフロートダイドコーロにて実施しています。弊社だけでなく、近隣店舗も招いて朝から夜までのみっちりと濃厚な勉強会です。

海外製食洗機は、誤った取付方法で設置されてしまうと、保証内であっても有償修理になってしまします。そのため、安心できる業者に設置してもらうことをおすすめしています。
GAGGENAUをはじめMiele、Bosch、ASKO、AEGなど各社海外製食洗機を取り扱っておりますので、ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。