タグ: ASKO

ガスかIHか・・・

リフォームや新築でキッチンを選ぶなら、自分好みの使いやすいキッチンが欲しいですよね。
そうなるとガスコンロにするか、IHにするか好みが分かれてきます。
いままでガスコンロを使っていた方は、ガスがいいという方も多いです。
かく言う私もずっとガスコンロを使っているので、家を建てたりする際は
ガスコンロがいいな~と思います。
ただ最近になってIHもありかも?と考えるようになりました。
少し前にお店に展示しているIHでお湯を沸かした時のことです。
驚きました。あっという間にすぐに湧くとはこのことかと。
電気の力、おそるべし。
ガスコンロでは、お湯が沸くまで結構待ちますよね。
フツフツしてからもちょっとかかります。
いつもガスコンロの前で沸騰をいまかいまかと待ち構えてしまいます。

お湯を沸かす以外にも、炒め物も焼きむらがでにくくていいですよね。
フラットなのでお掃除も楽です。
火を使わない分、安全ですよね。

ただ、ガスもやっぱり捨てがたいです。
中華鍋などはIHでは専用の五徳が必要だったりします。
IHはどうしても使える鍋が限られてしまいます。
一般的な土鍋は使えません。アルミや銅製のものも基本的には不可です。
その点、ガスは使えない鍋はほとんどないため楽です。

もしガスコンロを買うとしたら、超火力バーナーのついたコンロがいいですね。
超火力であおり炒めから、極とろ火でじっくり煮込み料理まで
ちょっと手の込んだ料理を作りたいときにあると料理の幅がひろがり楽しそうです。

結局、ガスもIHもどちらも欲しいという欲張りな結果になりました。
どちらもキッチンに取り付けることなどできるのでしょうか。

じつは、結構できちゃいます。
例えば2口のIHと1口のガスコンロを合わせれば3口の熱源がとれて
ちょうどいいサイズに収めることができます。
海外製では、GAGGENAU<ガゲナウ>のVarioシリーズやASKO<アスコ>の
1口超火力バーナー、AEG<アーエーゲー>の1口、2口ガスコンロなど
コンパクトなガスコンロやIHがでています。
日本製では、Rinnai<リンナイ>のマイチョイスシリーズなどおすすめですよ。

GAGGENAU Vario ※二口ガスコンロは日本での取り扱いはありません
AEG 二口ガスコンロ
HG30200B-B /二口IH
AHI326CA
ASKO 1口超火力バーナー
HG1365GB




HOME CHEF 開催レポート

3月30日(土)にFdcキッチンセミナー HOME CHEFを開催しました!
女性3名、男性1名の計4名にご参加いただき始まったHOME CHEFの様子をご紹介します。

4名とも各々でご参加いただき、はじめましての状態でスタート。
講師を務めていただいた天野 友江先生をはじめに、ちょっとした自己紹介を交えて
和やかな雰囲気で調理が始まりました。
天野先生の明るく気さくな人柄もあり、あっという間に笑い声の溢れる
アットホームな空間に。

今回のテーマは、「春のおもてなしレシピ」
天野先生おすすめの春野菜や珍しい野菜の数々を使ったメニューを作りました。
見た目にも美しい野菜たち。カラフルでかわいいですね。
作り方は意外と簡単なのにとっても本格的で美味しかったです!

フロートダイドコーロで展示中の海外製のキッチン機器を使っての調理に
参加者のみなさんも興味津々に楽しんでいただけたようです。
とくにGAGGENAU〈ガゲナウ〉のIHやバーベキューグリルは好評いただきました!

機器を使ってみて、調理したものを食べてみて伝わる魅力があると思います。
HOME CHEFは体験を通して、海外製キッチン機器の特徴を実感できる数少ない機会です。
ご興味のある方は、次回のHOME CHEFに是非ご参加ください!
次回は4月27日(土)を予定してます。(変更の可能性もあります)

デザートにはフレンチトーストを。
GAGGENAUのテッパンヤキを使い、みなさんで焼いてもらいました。
食用の花を散らして、見た目も素敵に…


キッチンセミナーのお知らせ【3月30日(土)開催】

Float dyed coalo主催の人気セミナーが帰ってきますよ!

今回、講師を務めていいただくのはテレビ出演もしている静岡の有名人です!!

 

ブログでもご紹介していますが、フロートダイドコーロで展示中の

機器類の中には実際に使用可能な機器があります。

IHクッキングヒーターやガスコンロ、バーベキューグリル、テッパンヤキなど

海外製のビルトインキッチン機器を使える状態で展示しています。

そして、このセミナーでは参加者に実際に機器類を使っていただき、料理をしていただけます!

みんなで楽しい時間を過ごしながら輸入キッチン機器の魅力と実力をご体感いただき、

長所や短所などをご理解いただいた上でこれからご検討の新築や、リフォーム時の

ご参考にしていただけたら幸いです。

輸入キッチン機器と相性のいいおすすめキッチンツールもご用意しています。

Fdcキッチンセミナー HOMECHEF〈ホームシェフ〉

開催日:2019年3月30日(土)

時 間:11:00 ~ 14:00 ※試食、ご歓談を含む。

参加費:2,000円 ※2人でご参加の場合、合わせて3,000円です。

定 員:3 ~ 6名 ※火を使います。安全を考慮し、参加は中学生以上の方を対象とさせていただきます。

講 師:野菜ソムリエ ベジフルキューピット代表 天野友江氏

テレビ静岡で放送中の「てっぺん静岡」で木曜レギュラーコメンテーターとしておなじみの

天野友江氏に料理講師を務めていただきます。

野菜ソムリエとしてご活躍され、海外製キッチン機器の特徴を活かした美味しいお料理や

役に立つ野菜の知識などご紹介していただきます。

テーマ『春のおもてなしレシピ』

・春野菜のグリル~オリジナルディップを添えて~

・新玉ねぎのファルシー 極とろ火煮込み

・アサリと筍のフライパンパエリア

・春野菜のラザニア

・ふわふわフレンチトースト

【ご予約方法】

必要事項:ご氏名・ご住所・電話番号・メールアドレス

・電話から 054-202-7870

・ウェブから コンタクトフォーム

詳しくはこちらをご覧ください。↓↓↓

HOME_CHEF20190330.pdf


手作りチョコの革命?

バレンタインが近づいてきました。

学生のお子さんがいるご家庭では、バレンタインに配るチョコの試作などで

連日甘い香りが漂っているのではないでしょうか。

 

バレンタインに限らずお菓子作りが好きな方にとって、チョコは欠かせない存在ですよね。

生地に混ぜるのも良し、コーティングに使うのも良し。

何れにしても固めた状態のチョコは、溶かさなければなりませんよね。

ですがお菓子作りに不慣れな人にとって、チョコを溶かすのは結構鬼門なのです。

湯煎している途中で水が入ってしまったり、普通に火にかけて溶かそうとしたり...(笑)

もちろんチョコは台無し、焦げてしまいました。

チョコは火にかけたらいけないんだという教訓を得たわけですが

じつはその常識を覆す製品があるのです...(2機種ご紹介します)

 

GAGGENAU ハイカロリーバーナーは、最高出力は6kW。また最小出力は0.25kW。

強火から極弱火まで幅広い火力が魅力の一口コンロです。

 

ASKO ガスコンロは、1口、4口、5口コンロとサイズ展開が豊富です。

レストランのオープンキッチンのようなデザイン性と本格的な火力が魅力です。

なんと!!どちらも極とろ火でチョコレートを直接鍋で溶かすことができます!

すごいですよね。たしかな技術力だからこそ実現できるのです。

 

↑↑フロートダイドコーロで展示しているASKO 4口ガスコンロ HG1825AB です。

わかりますでしょうか?じつは青いところは火です。

チョコを溶かす以外にも、何時間もじっくり煮込む料理などにおすすめです。

そして強火ならパラッパラのチャーハンが作れます。

家庭用にはない強火ととろ火で普段の料理からお菓子作りまで大活躍すること間違いなしです!

 

 


外国ではスタンダードな食洗機!日本製と何が違う?

 

海外の家庭では、当たり前のようについているビルトイン食洗機。

その見た目は、日本製とは全く異なります。そして使い方も異なります。

まずは、海外製食洗機の外観をご覧ください↓↓↓

画像はGAGGENAU

キッチンの高さほどの大きさがあります。扉を開けると大きなカゴがあるようにかなりの大容量です。

横幅は、60cmタイプと45cmタイプがあります。画像は60cmタイプです。(メーカーによります)

 

こんな大きい必要はあるのかと疑問に思いますよね。

4人家族なら毎食後使ったとしてかなりスカスカになります。スペースがもったいないくらいです。

では、なぜこんな大きいサイズなのか。それは…

一日分をまとめ洗いするから

なんです!

 

朝昼晩をまとめて夜に洗うことがメーカーからも推奨されています。

海外では、水は貴重な資源なので、いかにエコに洗うかが重要になります。(水道代も高いそうです)

毎食後ではなく、夜にまとめて洗えばかなり節電、節水ですよね。合理的です。

一回の運転で使う水量は約10リットルです。(60cmタイプ)

最新の日本製モデルとあまり変わりません。(p社最新機種45cmタイプ 標準使用水量9.0リットル)

さらに海外製食洗機では

予洗いが不要です!!

食べ終わったらそのまま食洗機へ入れてください。

ソースや焦げ付いた汚れもそのままでいいんです。(大きな残菜は取り除きます)

 

日本製では予洗いは必須なので、じつは結構水を使っています。

運転時の使用水量が少なくとも、手洗いで結局水を使ってしまっては食洗機を使う意味がないですよね。

 

ただ海外製食洗機は、まとめ洗いするため食器の数に余裕がないと、困ってしまいます。

日本では、マイお箸、マイ茶碗などは当たり前の家庭が多いと思います。

お箸を増やしたり、お箸だけは手洗いでなどと少し工夫が必要です。

もともと食器を集めるのが好きな方なら、お気に入りの食器たちの活躍の場が増えますね!

 

フロートダイドコーロで取り扱う海外製食洗機メーカーです↓↓↓

AEG…コンフォートリフトでかがまずに食器をセットできます。

ASKO…スウェーデン生まれ。国内最大容量の食洗機があります。

BOSCH…食洗機販売台数世界1を誇ります。

GAGGENAU…世界が憧れるハイブランドです。

Miele…日本国内で認知度が最も高いです。様々なモデルを展開しています。

 


海外製食洗機はお手入れもラクラク

 

海外製の食洗機は、使った食器ををそのまま入れることができます。

大きな残菜を取り除けば、ソースやカレー、焦げ付いた鍋もそのまま入れて大丈夫なんですよ。

とっても楽ちんな海外製食洗機ですが、お手入れの方はどうなんでしょうか?

 

海外製食洗機の構造はどのメーカーも似ていて、庫内の一番下に排水部分があります。

排水口にはフィルターがついており、洗浄で洗い落とされた残菜がたまります。

日々のお手入れはこのフィルターの掃除だけです。

 

海外製食洗機のおすすめの使い方は、一日分をまとめて夜に洗浄することですので、

夜中に運転して、翌朝に洗いあがった食器を取出し、フィルターを掃除します。

 

ちなみに、海外製食洗機の運転音はとても静がです。どのメーカーも図書館並みの静かさですよ。

 

フィルターの掃除方法も簡単で、流水でブラシやスポンジで洗ってください。

あとは、フィルターを元の場所へしっかりと固定して完了です。

 

メーカーによっては、フィルターの掃除が月に1回でいいという製品もありますよ。

 

毎日続く家事の負担は、もう機械に任せてしまいましょう。

海外製食洗機は、省エネルギー、節水に優れています。

家計にも優しく、空いた時間を家族や自分のために使うことができますよ。


食洗機用洗剤?食洗機ってどうやって洗っているの?

 

食洗機はどうやって食器を洗うのでしょうか。

手で洗う場合は泡で汚れを浮かしてごしごしと落としますよね。

食洗機の中では一体何がおきているのでしょう...

 

食洗機が食器の汚れを落とすためには3つの力がカギとなります。

一つは高温の水。40℃~70℃ほどの温水で洗浄します。

二つ目は水圧です。

そして三つ目が洗剤です。

高温水+水圧+洗剤の合わせ技で総合的に汚れを落とします。

 

実はこの洗剤は手洗い用の洗剤は使えません。

食洗機専用の洗剤があるのです。

 

何が違うかというと、汚れへのアプローチが違います。

先程手洗いでは泡で汚れを浮かすといいました。

そしてスポンジでこすり落とします。

食洗機では、実は汚れを溶かして落としているのです。

食洗機専用洗剤は汚れの元となるたんぱく質やデンプンを

分解する酵素と洗浄成分を配合しています。

そして水圧で洗い流すため、きれいに洗いあがります。

 

高温水は汚れの落ちを良くする上に、食器を乾燥しやすくします。

海外製食洗機は主に余熱乾燥を取り入れています。

ヒーターを使わず自然に乾燥させるものですが、食器が温かいと乾きが早くなります。

さらに各メーカーともいかに省エネルギーで食器を乾燥させるか研究開発しており

現行の最新モデルはどれもよく乾きますよ。(電気代も安いです!)

自然乾燥は菌が繁殖する前に乾いてしまうので、実は衛生的なんです。

 

ちなみに、リンス剤を使うとさらに乾きがよくなりますよ。

表面張力を下げる働きがあり水分が乾きやすくなります。

グラスなどは水あとが残りにくくなりますのでおすすめです。

 

注意していただきたいのが、手洗い用洗剤を食洗機では絶対に使わないようにしてください。

手洗い用洗剤は泡がたちやすく、機械の故障につながります。

食洗機用洗剤で手洗いもやらないようにしてください。

 

 

 

 


海外製食洗機という選択

毎日の家事はかなりの負担がかかりますよね。

ですが技術の開発、進化で今では機械が家事の手助けをしてくれます。

洗濯物は手ではなく洗濯機へ、ほうきから掃除機へ

そして、食器洗いは食洗機へ!!

 

食洗機は不経済というのは、まったくの誤解です。

手洗いでの消費水量がどれくらいかご存知ですか?

5分間流しっぱなしで約60リットルを消費しています。

もちろん、家庭により洗い物の量も時間も変わりますが、

仮に一回の食器洗いで60リットルの水を使ったとして食洗機はどれくらいなのでしょうか。

 

なんと、たったの10リットルなんです。

機種にもよりますが、最新の機種なら約10リットルで洗えるのです。

 

ですが、すべての食器が入らないという意見もよく聞きます。

そうなんです。がんばってキレイに入れても大きなフライパンや鍋は入りきらない…

結局はシンクで洗い物をするという…そもそも予洗いをしなければならない…

なんのために食洗機があるのかわからないですよね。

 

日本製の食洗機は小さく、予洗いが必要です。

ならば思い切って海外製の食洗機はどうでしょうか。

海外製食洗機は日本製の約3倍入る大容量です。

大きなフライパンと鍋を一緒に入れても余裕がありますよ。

なぜこんなに大容量なのかというと、1日分をまとめ洗いすることを前提としているのです。

朝使った食器を入れ、昼使った食器を追加し、夕食後に全部まとめて洗います。

もちろんお箸やお茶碗、食器類のストックが必要ですが…

 

さらに省エネルギー、節水は日本製よりも良いんです。

海外の方がエコロジーに厳しいですから各社かなり力を入れて開発しています。

 

そして、なんと予洗いが不要です。

大きな残菜を取り除けば、カレーもソースもそのまま入れて大丈夫です。

しっかりきれいにしてくれますよ!

 

食洗機があれば、洗い物の時間を家族との団らんや趣味の時間へ使うことができます。

食洗機を買うことは、ある意味時間を買っているのですね。

忙しい働く世代の人へおすすめです。

 

【今回ご紹介したアイテム】

ジャンル:海外製食器洗い機

取扱メーカー:AEG、ASKO、BOSCH、GAGGENAU、Miele

フロートダイドコーロショールームでは

現在7台の海外製食洗機を展示しています。

試運転可能な製品もございます。


火力が命【ASKO 超火力ガスバーナー】

 

こんにちは。Float dyed coaloスタッフの池谷です。

 

中華屋さんで食べるチャーハン。

パラっとしててとてもおいしいですよね。

家でも作れたらいいのですが、いざ作ってみると

べちゃっとして、プロのチャーハンとはまるで別の料理だな~と

思っちゃいます。

 

プロの技もあると思いますが根本的に火力が違います…

家庭でチャーハンを作るときは鍋を振るうと冷めてしまい

べちゃっとなるみたいですよ…

 

家庭でも本格的な料理ができるコンロをお探しなら

ASKOのガスコンロはいかがでしょうか?

最も火力の強いバーナーは6.0キロカロリーです。

一般的な家庭用コンロの強火で4.0キロカロリー程なのでかなり強いです。

4口タイプ、5口タイプがあります。

また、一口超火力ガスバーナーもあるので

IHと組み合わせて使うことも可能ですよ。

バーナーの火は2種類に切り替えられます。

通常は炎の熱を外にこぼさない内炎式で加熱し

直径の大きな鍋を使う際は炎が外に広がる外炎式にチェンジできます。

調理の内容や、鍋のサイズに合わせて熱を効率的に使えます。

火加減を自由自在に操って、家庭料理の幅をぐんと広げちゃいましょう!

 

【今回ご紹介した商品】

ブランド名:ASKO(アスコ)

商品ジャンル:ガスコンロ