タグ: GAGGENAU

システムキッチンに海外製食洗機を入れたい方、ご相談ください。

最近、既成のシステムキッチンに海外製食洗機のMiele (ミーレ)GAGGENAU(ガゲナウ)Bosch(ボッシュ)ASKO(アスコ)AEG(アーエーゲー)を入れたいというお問い合わせを多くいただきます。

「リクエストしてみたものの、工務店さんやキッチンメーカーさんに、対応不可で断られてしまった」
「ネットで実際に入れている人がいたのに、うちは無理だといわれてしまった」
そんなご相談をいただきます。
もし、その答えに納得できず、もやもやした気持ちになっていらっしゃるのでしたら、一度フロートダイドコーロにご相談ください。

お断りされた原因の中には、もちろん物理的に機械の寸法が収まらない場合もありますが、今まで導入実例が無く不安なのでお断りする業者さんや、会社の規定で入れられる食洗機を縛っているなどの理由も少なからずあるからです。

フロートダイドコーロではLIXIL(リクシル)、TOCLAS(トクラス)、Cleanup(クリナップ)、タカラスタンダードなどのキッチンメーカーをはじめ、各工務店さんのオリジナルキッチンなどにも食洗機を収めている実績があります。
もちろんキッチンによっては入らない場合もあります。
その際はご希望の食洗機とは違うブランドなら収まるようでしたらご提案しますし、海外製食洗機は予洗いが要らないため、シンクの横に配置する必要が無いので、カップボードに収めるなど柔軟にご提案いたします。

もし、さらにきれいな収まりや、キッチンに対するこだわりがあるのでしたら、オーダーキッチンも承ります。


天板も人工大理石、ステンレス、エンジニアドストーン、タイル、セラミックストーンなど豊富な種類から自由にお選びいただけますし、キッチンの寸法も既製品とは違って数ミリ単位でオーダー可能です。

このキッチンの様に、下のラインを揃えたい場合、既成キッチンでは寸法に制約があり、叶わないことがあります。
もし細部までこだわられるのでしたら、オーダーキッチンが向いてるかもしれませんね。

ステンレスのシンプルなキッチンも人気があります。
収納の要不要、扉の開き方、抽斗の数も自由にお選びいただけます。

キッチンは、新築の際の全体の予算の割合の中で意外と多くを占めてます。
安い買い物ではありません。
そのうえ、長く住んでリフォームすることになった場合、真っ先に直す場所もキッチンやお風呂です。
毎日使う場所だから、こだわっていただきたいですし、海外製食洗機の便利さは一度体感していただきたいです。

フロートダイドコーロでは実際に動く4台の食洗機を含め、8台の食洗機を一度にご覧いただけます。




GAGGENAUといえばバーベキューグリル!

GAGGENAU(ガゲナウ)という、ビルトインキッチン機器のブランドをご存知でしょうか?
日本では正直なところ、あまり耳なじみが無いかもしれません。
けれど、世界的にみるとハイブランドとして知名度が高く、例えば男性が憧れる高級外車や腕時計、女性で言えばバッグや貴金属のトップブランド、それらのキッチン機器バージョンとイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

ガゲナウの機器の魅力はなんといっても性能の良さです。
個人的なイメージですが、一般的なブランドの様に、売りやすい価格帯でそれなりの機能の製品を出すことはなく、妥協無しの最高のパーツや機能を組み合わせて、最高の物を作ったらなかなかいいお値段になってしまいましたが、良い製品なので当然買ってもらえますよね?
といった毅然とした強気の姿勢を感じる良いブランドだと思っています。

その中でも、ガゲナウらしいなと思える私の好きな製品は、写真中央のバーベキューグリルです。

この上で野菜でも肉でも食材を置いてくれたら最高においしく焼き上げるグリルを作ったらこうなりました。
という声が聞こえてきそうなバーベキューグリルです。
網の下には電熱線があり、その下には溶岩の石が入っています。
溶岩を温めることで遠赤外線で食材を焼き上げます。遠赤外線はガスに比べ食材の水分を逃がしません。
ただここに載せるだけで、パサパサつきがなく、しっとりふっくらジューシーに美味しそうな焼き目をつけて焼きあがります。

お客様に実際に野菜を焼いてもらうこともあります。
本音を言えば、野菜なんてどの調理器具で焼いても、そこまで差はないと思っていました。
でも、食べてみると全然違います。

焼きたてはもちろん美味しいのですが、違いが分かりやすいのは、誰にも食べられることなく、鉄板で放置されてしまった野菜でした。焼肉やバーベキューでよくある光景ですね。
かわいそうに食べきれずに焦げたり鉄板に忘れられた野菜たち…
ガゲナウのバーベキューグリルの上にもそんな野菜があったので食べてみたところ、状況に反して美味しかったので驚きました。
焦げの部分がそんなに嫌な味がしないし、パサパサしておらずジューシーでした。

真偽の程は定かではありませんが、ガゲナウは本当は炭火焼をやりたかったそうです。メンテナンス性や焼き上がりなど総合的に検討して溶岩石になったのだとか。

どの家庭にもぜひ!とは言いにくい嗜好性の高めな製品ではありますが、美味しく焼き物をすることだけを考えたらこうなりましたといった風情の、ガゲナウのべーべキューグリルは非常に魅力的な製品です。

そして、フロートダイドコーロではスタッフを若干名募集しております。
・料理が好きな人(苦手でももちろん大丈夫です。私も苦手なので…笑)
・建築業界の経験者、または興味のある人
・いつか家を建てるときに、ちょっと普通じゃないこともやってみたい人
などなど詳しくは こちら をご覧ください。


手作りチョコレート、うまくできましたか?

料理が苦手だから、使いこなせないから、と安価な調理機器を購入したものの、結局うまく作れず、お菓子作りの苦手意識がついてしまうことがあります。

なかなか火が通らず生だったり焼き過ぎたり、レシピ通りに作っているのにお菓子が膨らまなかったり、そんな経験はありませんか?
そのせいで、せっかく作っても悲しい気持ちになってしまい、ますます料理をすることが嫌いになってしまう…。

果たしてそれは、料理を作る人だけに問題があるのでしょうか?


例えばオーブンは、値段と機能が比例します。
それは設定メニューの数だけではなく、例えば扉を支えるヒンジパーツなども製品本体価格によって変わってきます。
安価なパーツはそれなりに劣化しますので、180℃にオーブンを予熱したつもりでも、実際は扉から熱が漏れて180℃に達していないというのはごく当たり前にある話です。
希望の温度で焼いていなければ、ケーキが膨らまなかったり、程よい焼き目がつかなかったりという失敗は起こって当然のことと言えます。

作りたい料理を再現するための設備や調理機器があると料理が楽しくなります。 ASKOガスクックトップは、湯煎の手間なくチョコレートをそのまま鍋にかけて溶かせる、極とろ火はもちろんのこと、中華料理もおまかせな極強火も可能です。

自信をもって快適に楽しく料理するために、調理機器にこだわってみることは決して贅沢ではないと思います。

そして、フロートダイドコーロではスタッフを若干名募集しております。
・料理が好きな人(苦手でももちろん大丈夫です。私も苦手なので…笑)
・建築業界の経験者、または興味のある人
・いつか家を建てるときに、ちょっと普通じゃないこともやってみたい人
などなど詳しくは こちら をご覧ください。


Miele以外の食器洗い機もお取り扱いしています

G7000シリーズの食洗機が12/3より販売開始です。
とはいうものの、早々に終売してしまったG6620、G6722の後継機となる G7104(洗剤自動投入無し)G 7314は既に出荷スタートしています。
バスケット形状の変更、スマホ対応、洗剤の自動投入などの機能が追加されています。

既にG7000シリーズのお見積りも何台か提出させていただきましたが、やはりMieleは人気ですね。
予算、乾燥性能、保証期間、バスケット形状などを考えると、Mieleだけでなく他のブランドにも、少し目を向けていただけると、選択肢が広がるのでお勧めです。

GAGGENAU(ガゲナウ)Bosch(ボッシュ)AEG(アーエーゲー)ASKO(アスコ)といった魅力的なブランドは他にもあるんです。
Mieleは日本から見るとトップシェアの高級ブランドのイメージが強いですが、もっとハイブランドもありますし、世界シェアの多いブランドもあることはあまり知られていません。

海外製食器洗い機=Miele で即決してしまうよりも、他のブランドと比較したうえで一番お気に入りの製品を選んでもらえたらいいなと思います。



そして、フロートダイドコーロではスタッフを若干名募集しております。
・料理が好きな人(苦手でももちろん大丈夫です。私も苦手なので…笑)
・建築業界の経験者、または興味のある人
・いつか家を建てるときに、ちょっと普通じゃないこともやってみたい人
などなど詳しくは こちら をご覧ください。


ちょっとしたパーティーを開催しました

スタッフが退職することになったため、サプライズパーティーが実行されました。
普通なら、どこかのお店で会食ですが、フロートダイドコーロには何しろキッチンツールがたくさんありますし、コロナの影響でお休みしてはおりますが、お料理教室を開催してくださる講師の天野友江先生も身近にいらっしゃいます。
(天野先生は野菜ソムリエの他に 豆腐マイスター ・雑穀エキスパート・だしソムリエ など数々の食のエキスパートでありながらキュートな笑顔と人当たりの良さが大人気の方なんです。)

というわけで、定価82万円のGAGGENAUスチームオーブンなど、さまざまな機器を使ったお料理を作っていただきました。

ちなみにGAGGENAUの 定価82万円のスチームオーブン では野菜をローストしました。
30%のスチームを当てながら180℃でロースト。焦げやパサつきもなく、じゅわっと甘みのある焼き上がりでした。
人参が安納芋(特にねっとりと甘みのあるサツマイモ)のような焼き上がりです。
定価30万円くらいのオーブンでポテトも焼いてみたのですが、食べ比べると確かにかなり差がありました。

これは決して30万円のオーブンが悪いということではありません。
オーブンの良さは値段と比例する部分がとても大きいので、もし、5万円程度のオーブンと比較していればさらに差が出たと思います。
このあたりは予算と使いやすさ、仕上がりを実際に比較してもらうとわかりやすいなと思います。

そんなわけで、美味しく楽しい送別会の時間を過ごすことができました。

残念ながら今回退職することになってしまったスタッフですが、ショップに遊びに来てくれたり、いつか家を建てる際に相談してもらったり、何なら復職していただいたりも心待ちにしておりますが、今は、これから先彼女に幸せなことや楽しいことがたくさん待ち受けていますようにと願うばかりです。


そして、フロートダイドコーロではスタッフを若干名募集しております。
・料理が好きな人(苦手でももちろん大丈夫です。私も苦手なので…笑)
・建築業界の経験者、または興味のある人
・いつか家を建てるときに、ちょっと普通じゃないこともやってみたい人
などなど詳しくは こちら をご覧ください。


GAGGENAU スチールオーブン×MARCATO クッキープレス

新しく展示を始めたGAGGENAU〈ガゲナウ〉スチームオーブンを使用して
クッキーを作っていただきました!
調理してくださったのは、フロートダイドコーロで一押しのキッチンツールメーカー、レズレーを販売している
サンテミリオンの古屋さんです。
今回は、パスタマシーンで人気の高いMARCATO〈マルカート〉社のクッキープレスを使い
ガゲナウのスチームオーブンでクッキーを焼きました。



このクッキープレスははんこを押すように生地を絞り出して立体的な形のクッキーにする道具です。
オーブン天板に直接ペタペタと絞っていくのは結構楽しいですよ!
親子でクッキー作りとかにもいいですね。型も20種ありハートや天使など可愛らしい形がいっぱいです。
しかも生地を絞り出すことでサクサクとした食感になるので、プロのような味になりますよ。

ガゲナウのスチームオーブンで予熱をして焼いていきますが
さすがガゲナウといった感じで、予熱が早かったです。
焼いているときも調理時間目安より早く焼き目が付いてカリッと仕上がりました!
というのもガゲナウのスチームオーブンは温度ムラがほとんどなく、
重厚なボディのおかげで設定温度通りの温度を正確に保ってくれます。
通常ドアを開け閉めすると温度がぐんと下がってしまうが、ガゲナウは復旧も早いので問題なし。 さすがですね!
じつは、一般的な置き型のオーブンなどでは設定温度よりも低い温度になっているそうです。
あたためてもどんどん熱が漏れているためなんだそう。
オーブンで失敗しがちなケーキのスポンジなどは、作り方よりオーブンの温度が設定より低いのが原因になることが多いんです。
その点、ガゲナウは正確な温度を実現できる作りなので料理の失敗が少ないんですよ。
料理が苦手な人にもおすすめなんです。

今回のクッキー作りの様子はYouTubeで公開しています。
ぜひご覧くださいませ!

バスルーム キッチン専門店 / フロートダイドコーロ
https://www.youtube.com/channel/UCd39yUOENHnzBagTznasgrw

詳しいレシピです!
材料
・薄力小麦粉 500g
・無塩バターまたはマーガリン 250g
・グラニュー糖(動画では粉砂糖) 200~250g
・牛乳 約75㏄(状態を見ながら)
・卵黄 4個
・塩 一つまみ(お好みで)

①薄力小麦粉をふるいにかけボウルに入れます
②バターを湯煎(50度~60度)にかけクリーム状になるまでゆっくり溶かします
③薄力小麦粉の入ったボウルにグラニュー糖を入れ、ウィスクで混ぜます
④③のボウルに湯煎したバターと卵黄を入れ、ヘラでやさしく均等になるまで混ぜます
牛乳は生地の状態を確認しながら、少しずつ加えてください(練らないように)
⑤均等に混ぜたら生地を棒状の形に整え、ラップをして冷蔵庫で冷やします
⑥冷やした生地をクッキープレスに入れ、お好きな絞口を選んで天板に直接絞ります
⑦180度に予熱したオーブンで20分焼きます


食洗機はキッチンになくてもいいんです

小柄な奥様で、80㎝の高さのキッチンがいいけれど、海外製食洗機も欲しくてキッチンの高さを85㎝や90㎝に上げなくてはならないと悩んでいる方はいませんか?
他にも、キッチンの海外製食洗機を組み込めないけれど、やっぱり海外製食洗機がいい…そんな方もいませんか?

そんな方には発想の転換をおすすめします。
海外製食洗機はキッチンに組み込む必要はないんです。
シンクの横に食洗機を置く必要があるのは、予洗いが必要な食洗器を設置する場合や、その名残です。
海外製食洗機は予洗いをせずにお皿やお鍋を投入できますので、背面収納に配置することもおすすめです。

キッチンはハウスメーカーさんお勧めの物をお選びいただいて、背面収納に食洗器を組み込むことも可能です。
このお家では、高い位置に食洗器を設置しており、腰への負担を軽減しています。
フロートダイドコーロでは海外製食洗機をただ販売するのではなく、機器の特性を生かしたキッチンレイアウトなどもご提案しております。


パスタやうどんを生地から作りました!【ガゲナウ バキューマー】


家で過ごすことが多くなったこの頃、ちまたではキャンプや家で本格料理など
パーソナルに楽しく過ごす人が増えていますね。
さらに、家で過ごしているうちに家のあれこれを変えたい、新しくしたいという
欲求が増えていると聞きます…

そんな今だからこそ紹介したいのがガゲナウのバキューマーです。
バキューマーって聞きなじみのない言葉ですが、要は真空機です。
ビルトインで設置するタイプなので工事が必要ですが、見た目は圧倒的に格好いいですよ!

上はスチームオーブン、下はバキューマー

食材を真空パックする機械なので、定番の保存と最近人気の高い真空調理にも打って付け。
家電量販店で売られている小型真空機とは比べられないほど高性能です。
真空レベルは3段階あり、最も強いレベルで約99%の真空ができます。
この強力な真空で、パスタやうどんの生地をこねずに作ることだってできちゃいますよ!

軽く混ぜただけの状態で生地を真空にすると、水分が粉に自然と広がり
こねなくとも、コシのある生地になります。

今回は、フロートダイドコーロで一押しのキッチンツール、レズレーを扱っている
サンテミリオンの古屋さんにパスタとうどんを作っていただきました。
ちなみに、マルカートのパスタマシーンでパスタとうどんをカットしています。
スルスル切れる様は、見ていて気持ちがいいです。


パスタ作りは動画でも紹介中なのでぜひYouTubeチャンネルからご覧ください!
バスルーム キッチン専門店 / フロートダイドコーロ
https://www.youtube.com/channel/UCd39yUOENHnzBagTznasgrw

うどんでは、真空にしてから30分程休ませた程度で麺にしましたが
コシのあるいい麺になりました。一晩寝かせればもっとコシが出ますよ。
自宅で楽しめる、本格料理にバキューマーいかがですか?



海外製食器洗い機は大容量です

最近、日本製のシステムキッチンに海外製食器洗い機をいれたいというお問い合わせが増えています。

個の扉は全て海外製の食洗機で一般家庭用の大きさです。
業務用ではありません。

よごれの強い物や大きなお皿は下段に入れます。
お鍋やフライパンも入ります。

中段には3食分の食器がたっぷりと入ります。
右側のお椀は上下で2個ずつ入っています。

一番上の段にはカトラリーやフライ返しなどが入ります。

フロートダイドコーロには各社の製品がありますので、見比べてお選びいただけます。
キッチンメーカーで対応を断られた方もぜひご相談ください。
海外製食洗機を採用する方法をご提案します。


手軽にワンランク上の味わいを叶える【ビルトインオーブン】

最近、とてもはまっている食べ物があります。
それは、カルディの超人気アイテム、冷凍クロワッサン生地です!

カルディ公式サイトより

冷凍の生地を解凍して、オーブンで焼くだけ。
たったそれだけで焼きたてのクロワッサンが
自宅で食べれるんです!
本当に美味しいんです。美味しいんですが・・・
一つ気になっていることがあります・・
自宅で使っている普通のオーブンレンジだと、焼きムラが出てしまう・・・!!
せっかく美味しいのに、白い部分があったりすると
ちょっとテンションが下がってしまいますよね。

恐らく、熱気を対流させる機能がついていないことが原因だと思います。
いわゆるコンベクションファンですね。
フロートダイドコーロで展示中のAEG電気オーブンや
ベルタゾーニガスオーブンには当然ついています。
オーブンに特化しているので、レンジ機能とかはついていませんが
パンを外はカリッと中はふわっと仕上げるには欠かせない機能です。
ついつい、いつかこの海外製のオーブンで冷凍クロワッサンを焼けたなら
さぞきれいに焼き目が付いて美味しいんだろうなと考えてしまう日々です。

海外製のビルトインオーブンとなると、料理好きで料理が得意な人でないと
使いこなせずもったいないとなりそうですが、
最近では焼くだけのパン生地やグラタンやら簡単に手の込んだ料理を作れる時代です。
海外製の高性能なオーブンで、そういった料理をワンランク上の仕上がりにするのも
全然アリだなと思います。