タグ: HOME CHEF

GAGGENAU バーベキューグリル×オニオンリングの豚バラ巻き

夏もいよいよ本番といった暑さです。
夏といえばバーベキュー!ですが、今年はなかなか難しそうですね…

自宅でもバーベキューはできますが、場所の確保や準備、後片付け、煙など面倒なのがネックです。
そこでご紹介したいのが、GAGGENAU(ガゲナウ)のバーベキューグリルです!
キッチンやカウンターに設置する必要があるビルトインタイプなので
設置工事が必要になりますが、いっそのことキッチンに組み込んでしまえば
日常使いでもちょっとした集まりでも大活躍間違いなし。
空調の効く屋内だから暑い夏も寒い冬も、一年を通して炭火で焼いたようなふっくら、ジューシーな焼き物が楽しめます。

中央がバーベキューグリル、左右はガゲナウの同シリーズで組合せが可能

炭火で焼いたような。なので炭は使いません。そして火も。
ガゲナウのバーベキューグリルは溶岩石と電気ヒーターを使って焼くんです。
電気ヒーターが溶岩石を熱して、その溶岩石からの熱で食材を焼き上げていきます。
炭火と同じ遠赤外線効果で、ただ焼くだけで美味しくなります。
いつもの食材で、簡単にごちそうが作れますよ。
炭火と違って、火加減の調整はノブを回せばOK。
キッチンにはレンジフードなど換気機能があるため、煙はあまり気にならないです。
しっかりグリルを加熱してから食材を焼くことで、煙の発生を抑制することもできます。
気になる片付けも、グリルは外れるようになっているためシンクで丸洗い可能。
溶岩石は都度変える必要はありません。(定期的に交換がおすすめです)

今回はガゲナウ バーベキューグリルを使って、オニオンリングの豚バラ巻きを作りました。一緒にお野菜もグリル!
IGTVとYouTubeで動画を公開中です。ぜひご覧ください!

View this post on Instagram

・ 輸入キッチン機器を使ってみたらどんな感じ? キッチンセミナー HOME CHEFの雰囲気をムービーで配信中 ・ 第5回は「GAGGENAUバーベキューグリル×オニオンリングの豚バラ巻き」 ・ 敷き詰められた溶岩石が遠赤外線効果を生み、ふっくらジューシーに焼き上げます。 ・ いつもの食材が焼くだけでごちそうに。毎日使いたくなる仕上がりです。 ・ 詳しいレシピはフロートダイドコーロスタッフブログにて公開中です↓ https://www.969001.net/blog/ ・ 今回で料理ムービーは終了です。次回からは趣向を変えたムービーを公開予定! ・ 海外製キッチン機器に興味がある方必見の内容ですよ。 ・ ぜひフォローしてチェックしてくださいね。 ・ お楽しみに! ・ ・ クセのあるライフスタイルを提唱したい。 HP https://www.969001.net/ ・ YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCd39yUOENHnzBagTznasgrw #floatdyedcoalo #ガゲナウ #gaggenau #バーベキュー #グリル #料理 #キッチン #台所 #インテリア #料理好きな人とつながりたい #オーブン料理 #オーダーキッチン #造作キッチン #マイホーム計画 #新築計画 #キッチン収納 #キッチンインテリア #家づくりアイデア #こだわりの家 #暮らしを愉しむ #アイランドキッチン #ペニンシュラキッチン #対面キッチン #フロートダイドコーロ #クッキングラム

A post shared by Float dyed coalo | フロートダイドコーロ (@floatdyedcoalo) on


YouTubeチャンネルはこちら
ぜひチャンネル登録してくださいね。

詳しいレシピをご紹介!

【オニオンリングの豚バラ巻き】
材料
・玉ねぎ           2個
・豚バラ薄切り肉      約12枚(玉ねぎのサイズによる)
・塩コショウ         適量
・薄力粉           適量

~ソース~
・玉ねぎ(くり抜いた部分)
・水             50g
・醤油          大さじ2
・料理酒         大さじ2
・はちみつ        大さじ2
・おろしにんにく    小さじ1/2

・ブラックペッパー    お好みで

作り方
①玉ねぎは皮をむき、1cmほどの厚さに輪切りに。
 輪切りにした玉ねぎの外側3枚ほどを残し、真ん中をくり抜く。(ドーナツのイメージ)
 くり抜いた部分はみじん切りに。(ソースに使う)
②豚バラ肉を広げ、片面に茶こしで薄力粉を薄く振り、玉ねぎにくるくると巻き付けていく。
 少し重なるようにきつめに巻くのがコツ。
 リング1つに対し2~3枚(玉ねぎのサイズによる)巻き終わったら手で軽くキュッキュと
 握り密着させながら形を整え塩コショウをして、バーベキューグリルに乗せ、こんがり焼いていく
~ソース~
③小さめのフライパンなどにみじん切りした玉ねぎなどソースの材料を入れ軽く煮詰める
④焼きあがったオニオンリングをソースのフライパンに入れ、全体に絡めたら盛り付け、お好みでブラックペッパーをかけて完成



料理監修 野菜ソムリエプロ ベジフルキューピット代表 天野友江氏

お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11


AEG 電気オーブン × ナスとトマトのラザニア

ドイツ、AEG(アーエーゲー)の電気オーブンは前回ご紹介した通り
大容量が嬉しいポイントですね。
鍋ごと煮込む料理やグラタンやラザニアなど大皿もラクラク入ります。
さらにオーブンの扉は4重のガラスになっていて、触れても安全な構造で安心です。
とてもクリアなので焼き加減もチェックしやすく最高のタイミングで焼き上げることができますよ!

今回、春巻きの皮を使ったお手軽なラザニアを作りました!
大皿でチーズをたっぷりのせて焼くと一段と美味しそうです。
まだまだ容量入るので、パーティーやおもてなし料理など品数が多い時もまとめてオーブンで焼き上げると時短です。
鍋ごとの煮込みやスープも加熱温度などが合えば入りますね。

料理動画をIGTVとYouTubeで公開中!
春巻きの皮がラザニアに大変身しますよ~!
詳しいレシピはブログの最後にご紹介します。

View this post on Instagram

輸入キッチン機器を使ってみたらどんな感じ? キッチンセミナー HOME CHEFの雰囲気をムービーで配信中 ・ 第4回は「AEG 電気オーブン×ナスとトマトのラザニア」 ・ 第3回に続きAEG電気オーブンでラザニアを作ります。 ・ 4層のガラス扉は熱を外に伝えにくく、庫内の様子がとてもクリアに確認できます。 ・ 理想の焼き加減を見逃しません。 ・ 詳しいレシピはフロートダイドコーロスタッフブログにて公開中です↓ https://www.969001.net/blog/ ・ 次回は7月24日(金)18:30配信です。 お楽しみに! ・ クセのあるライフスタイルを提唱したい。 HP https://www.969001.net/ ・ YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCd39yUOENHnzBagTznasgrw #aeg #ビルトインオーブン #キッチン #台所 #インテリア #料理好きな人と繋がりたい #オーブン料理 #オーダーキッチン #造作キッチン #マイホーム計画 #マイホーム記録 #新築計画 #キッチン収納 #背面収納 #キッチンインテリア #家づくりアイデア #こだわりの家 #暮らしを愉しむ #アイランドキッチン #ペニンシュラキッチン #対面キッチン

A post shared by Float dyed coalo | フロートダイドコーロ (@floatdyedcoalo) on


YouTubeチャンネルはこちら
ぜひチャンネル登録してくださいね。

またAEGの電気オーブンには、落ちにくい庫内の汚れを500度で焼き切るセルフクリーニングモードがついています。
熱分解で汚れを灰塵にして、終了後にサッと拭くだけで、こびり付いて取れなかった汚れをすっきり落とせます。※運転中は熱くなるため注意が必要です
これなら毎日使って汚れても安心ですね。

詳しいレシピをご紹介!

【ナスとトマトのラザニア】
材料
・ナス          中1本
・トマト         3個
・玉ねぎ        中1個
・おろしにんにく  小さじ1/2
・トマト水煮缶      1缶
・春巻きの皮       6枚
・モッツァレラチーズ   200g
・オリーブオイル   大さじ2
・塩コショウ       適宜

作り方
①ナスは縦に縞模様に皮をむき、5mm幅の輪切りに。トマトも同じ幅に。
 玉ねぎはうすくスライスする。春巻きの皮は4等分に切る。
②フライパンにオリーブオイルを入れ、ナスを焼く。焦げ目がついたら一旦取り出す。
 同じフライパンに再度オリーブオイル、にんにくを入れ玉ねぎを炒め、しんなりしたら
 トマト缶を足し10分程煮込み塩コショウで味を整えソースを作る
③耐熱皿にトマトソース→春巻きの皮→トマトナス→チーズの順で何層かに重ねていく
④最後にチーズをのせ、上下加熱モード 余熱無し温度200度、30分焼き、
 次にグリル加熱モード 温度300度、2~3分焼き様子をみながら焼き色を付ける
※加熱モードの詳細は『AEG ELECTRIC OVEN RECIPE BOOK』(頒布品)参照

料理監修 野菜ソムリエプロ ベジフルキューピット代表 天野友江氏

お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11
 


AEG 電気オーブン×チキンのレモンクリーム煮

オーブン料理というと手が込んでいて焼き加減など少し大変なイメージが付きがちです。
ですが、日常使いにこそオーブンはおすすめ!
海外では鍋ごとオーブンで調理する煮込み料理が一般的です。
鍋全体から熱が伝わるため、食材を混ぜる必要がありません。そのため煮崩れもしにくく、
全体に味がよく染みてとても美味しくなりますよ。
しかもオーブンに入れたらほったらかしなので、手間いらずです。

ビルトインタイプのオーブンは容量が大きく、大きめな鍋も余裕で入ります。
余ったスペースで、別の料理も一緒に調理可能で時短にも。
AEG(アーエーゲー)のビルトイン電気オーブンは、71Lの大容量。
設置場所は自由なので、コンロ下以外にも目線の高さに設置すれば中の様子が見やすく出し入れも楽です。

加熱モード16種類と豊富で、便利な付属品が豊富なのもうれしいポイントです。
ベーキングトレイは浅型2枚、深型1枚、ワイヤーシェルフ1枚が付属。
食材の中心温度を測れるフードセンサーも標準装備で、ローストビーフや大きな魚を調理する際に好みの焼き加減が楽しめます。
料理をスムーズに出し入れできるテレスコピックランナーも付いています。

今回は一押しの鍋ごと煮込み料理を作りました。
インスタグラムとYouTubeで公開中です。
ぜひアーエーゲーオーブンのサイズ感や使い勝手をご覧ください!
メニューはチキンのレモンクリーム煮。
出来上がりは、チキンはほろほろ、一緒に煮込んだじゃがいもはホクホク。絶品です。
蓋を開けた時のレモンのいい香りが食欲をそそります。

YouTubeチャンネルはこちら

詳しいレシピをご紹介!

【チキンのレモンクリーム煮】
材料
・鶏もも肉       2枚
・じゃがいも     中2個
・レモン        2個
・ニンニク      ひと片
・生クリーム     200ml
・白ワイン      100ml
・薄力粉      大さじ2
・塩コショウ      適量
・バター        20g
・パセポン(パセリのみじん切り)

下準備:鶏肉のお掃除(余分な脂や筋を取りドリップを拭き取る)

作り方
①レモンは1個を5mm幅にスライス、ニンニクは軽く潰す。
 じゃがいもは4等分に切る。
②鶏肉身の厚みを均等にし4等分に切り、少し強めに塩コショウをし薄力粉をまぶす。
③鍋にバター、ニンニク、じゃがいも、鶏肉の皮目を下にし並べこんがりと焼く(中火)
④身の半分くらいが白くなってきたら裏返し、白ワイン、生クリーム、ひたひたになるくらいの水(分量外)を入れ沸騰したらレモンの輪切りをのせ、クッキングシートをかぶせ蓋をし鍋ごとオーブンへ。
⑤180度に予熱したオーブンで20分加熱→そのまま余熱で15分。
 塩コショウで味を調え、パセリをちらし、残りのレモンを絞って完成。

料理監修 野菜ソムリエプロ ベジフルキューピット代表 天野友江氏

お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11







ASKO ガスクックトップ×玉ねぎのファルシー 極トロ火煮込み



家庭用では出せない超火力や極トロ火が出せるガスコンロがあったらどんな料理を作りますか?
超火力で炒めればいつものチャーハンがお店のようなパラッとした仕上がりに。
極トロ火でじっくり煮込めばお肉がホロホロのビーフシチューも家で楽しめますよ。
料理をもっと楽しく、もっと追求したい!それも家のキッチンで!
そんな料理好きの方におすすめしたいのがASKO(アスコ)のガスクックトップです。

アスコはスウェーデン発のキッチン機器・ランドリー機器のメーカーです。
60年以上にわたり、高いパフォーマンス、品質を提供し、世界的にも人気が高いです。
末永く生活をサポートする存在として、アスコは耐久性、デザイン、環境への配慮など厳しい基準をクリアしています。

当ショップでも、アスコが見たいとご指名いただくことが多い人気の製品です。
プロの料理人の自宅キッチンに選ばれることも。

今回は極トロ火で玉ねぎのファルシーを作りました。
極トロ火は本当に弱い火なので、のぞき込まないと分からないくらい小さい火になります↓

極トロ火はチョコレートを鍋で直火で溶かせる程です。
火力調整は無制限。思いのままに使えます。

じっくりと時間をかけて煮込めば玉ねぎの繊維も柔らかく、とろとろに。
玉ねぎを丸ごと使う料理でも、煮崩れしにくくきれいに盛り付けができます。
見た目も妥協しません。

今回もアスコ ガスクックトップを使用したムービーを公開中!
IGTVとYouTubeでご覧いただけます。ぜひご覧くださいませ!

YouTubeチャンネルはこちら

詳しいレシピをご紹介!

【玉ねぎのファルシー 極トロ火煮込み】
材料
・玉ねぎ(中)         4個
・豚ひき肉         100g
・コンソメキューブ     1個
・水(煮込み用)
・パセポン(パセリのみじん切り)
★調味料
・醤油         小さじ2
・生姜(すりおろし)  小さじ1/2
・片栗粉        小さじ1
・塩コショウ       適量

作り方
①玉ねぎの皮をむき、上から1/3のところを横に切る
 (上の部分が蓋、下が器になる)
②器になる部分の中身をくり抜く(穴あき注意)
 くり抜いた中身はみじん切りに
③ボウルにひき肉、みじん切りした玉ねぎ、★調味料を入れ
 よく混ぜ合わせ肉たねを作る
④②の器に③の肉たねを詰め、玉ねぎの蓋をのせる
⑤玉ねぎのちょうどよく収まるサイズの鍋に並べ、玉ねぎが半分浸るほどの水、
 コンソメキューブを入れ火にかける
⑥沸騰しそうになったら極トロ火にし、柔らかくなるまで煮込む(20分程)
⑦器に盛り付けパセポンを散らして出来上がり

料理監修 野菜ソムリエプロ ベジフルキューピット代表 天野友江氏

お問い合わせはHPまたは電話から↓↓
HP https://www.969001.net/
TEL 054-202-7870 火曜定休 営業時間10:30~18:00
float dyed coalo | フロートダイドコーロ
〒422-8072 静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11





9/21 キッチンセミナー HOME CHEF開催レポート


こんにちは!一昨日開催したキッチンセミナー HOME CHEFの様子をご報告いたします!

今回は秋らしいほっこりメニューを皆さんで作っていきました。
ご参加のお客様のなかには、リピートで来てくださった方やお隣愛知県から
HOME CHEFのためにお越しくださった方もいらっしゃいました。
今回で6回目の開催となるHOME ですが、様々な方にご参加いただけてうれしいです!

皆さんでニョッキをいちから作ったり、天野先生おすすめの果物を使ったお肉料理など
見た目にも華やかで、楽しい料理教室となりました。
海外製のキッチン機器を体験できる場所は全国的にも珍しく
料理はもちろんのことキッチン機器にも皆さん興味津々でいらっしゃいました。

もしご自宅の新築やリフォームを検討中でしたら、一度海外製のキッチン機器を
体験しにいらしてください。
デザイン性、使いやすさ、機能性をぜひおためしあれ!

次回開催は10月19日(土) 10:30~13:30です。
まだまだ参加者募集中です!
ハロウィンにぴったりなおもてなしメニューを予定していますよ。


5/19 HOME CHEF開催レポート

5月19日に開催した海外製調理機器を体験していただくキッチンセミナー
HOME CHEFの様子をご紹介します!
今回は日曜日に開催し、6名の方にご参加いただきました。
リピートで来てくださった方もいて嬉しい限りです。

最近はだいぶ暑くなってきましたので、天野先生に初夏を楽しむメニューを
考案していただきました。
メインはまるで専門店で食べるようなハンバーガーです!
野菜ソムリエ プロである天野先生が厳選したお野菜を好きなだけ挟んで
オリジナルバーガーを作りましたよ。
どんな重ね方にするかも楽しめるメニューですね。


牛100%のパテは焼き目を付けてからオーブンでじっくりふんわり焼きます。
焼き目を付ける際は、使ってみたい加熱機器で各自で焼いてもらいました。
IHにするかガスコンロにするか…はたまたテッパンヤキにするかはお好みで!

バーベキューグリルではそら豆を鞘ごと焼きました。
焼いただけなのにとても美味しいと評判です。溶岩石を使ったバーベキューグリルだからこそですね。

次回からは、なんと定期開催になります!!毎月第三土曜日を予定しています。
講師はもちろん、天野 友江先生ですよ!
ご興味のある方はぜひご参加ください。次回は6月15日(土)です。
詳細とご予約方法はこちらから



HOME CHEF 開催レポート

3月30日(土)にFdcキッチンセミナー HOME CHEFを開催しました!
女性3名、男性1名の計4名にご参加いただき始まったHOME CHEFの様子をご紹介します。

4名とも各々でご参加いただき、はじめましての状態でスタート。
講師を務めていただいた天野 友江先生をはじめに、ちょっとした自己紹介を交えて
和やかな雰囲気で調理が始まりました。
天野先生の明るく気さくな人柄もあり、あっという間に笑い声の溢れる
アットホームな空間に。

今回のテーマは、「春のおもてなしレシピ」
天野先生おすすめの春野菜や珍しい野菜の数々を使ったメニューを作りました。
見た目にも美しい野菜たち。カラフルでかわいいですね。
作り方は意外と簡単なのにとっても本格的で美味しかったです!

フロートダイドコーロで展示中の海外製のキッチン機器を使っての調理に
参加者のみなさんも興味津々に楽しんでいただけたようです。
とくにGAGGENAU〈ガゲナウ〉のIHやバーベキューグリルは好評いただきました!

機器を使ってみて、調理したものを食べてみて伝わる魅力があると思います。
HOME CHEFは体験を通して、海外製キッチン機器の特徴を実感できる数少ない機会です。
ご興味のある方は、次回のHOME CHEFに是非ご参加ください!
次回は4月27日(土)を予定してます。(変更の可能性もあります)

デザートにはフレンチトーストを。
GAGGENAUのテッパンヤキを使い、みなさんで焼いてもらいました。
食用の花を散らして、見た目も素敵に…